ダウンベスト 青 着こなし

ダウンベスト(青)の着こなし方

ダウンベスト(青)の着こなし方

ダウンベスト(青)・シャツ(白)・カーゴパンツ(カーキ)・スニーカー(黒)

 

青のダウンベストにカーキ色のカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

青のダウンベストをアウターにするなら、シックなネイビー系を選び、インナーには白を取り入れるのがポイントです。青と白のコントラストが、互いの持つ清潔感や大人っぽい印象をさらに引き立てます。

 

カットソーやシャツなど、シルエットの綺麗なアイテムをチョイスします。それだけだと少しかちっとし過ぎるので、ボトムやシューズは気持ちカジュアルに。ローカットスニーカーなどを合わせると、落ち付いた中にも程良い軽さが生まれます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

青のダウンベストをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

バック・トゥ・ザ・フューチャーという映画を見て以来、ダウンベストが好きになりまして、今では会社の上司からも「ダウンベストを着ている君の姿は、バッターボックスに立つイチローみたいだね。」という賞賛をいただくまでになりました。ダウンベストを脱ぐ時は、投げ捨てずにそっと置くように気をつけています。ところで、私はフォーマルにも使えそうな感じのボタンダウンシャツやパーカーなどと青のダウンベストを合わせることが多いです。今の季節は、「体の部分は暖かいけど、腕の部分がなんか寒いぞ。」ということがよくあるので、バランスを崩さないようにしながら防寒にも気をつけてコーディネートしています。【男性 30代】

個人的に青のダウンベストはすごく好きなアイテムです。私が着ることが多いスタイルは、黄色のロングスリーブTシャツに合わせることです。個人的に青と黄色の組み合わせが一番しっくりくるからです。その次は赤かな。とにかくロングスリーブTシャツに合わせることがとても多いです。なので着られる季節は、本当に限られます。秋口が晩春に着ることが多いですね。【男性 30代】

 

好感のもてる男性の青のダウンベストの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

青のダウンベストってかっこいいですけど、着こなしを間違えるとラフすぎるというか釣りに出かけたお父さんみたいになってしまう可能性が…。ダウンの色自体が個性的で派手なので下のインナーは白などシンプルに決めてほしいと思います。同じく合わせるパンツも地味な色のだったり、シンプルなデニムのほうが素敵ですね。【女性 30代】  

カジュアルな青のダウンベストにはあえてきれいめな白シャツを合わせて清潔感のある落ち着いたカジュアルっていう感じに着て欲しいな。ボトムは黒のスキニーとかベージュの細めのカーゴパンツが合うと思う。黒とかベージュのワークキャップにコットン素材のショルダー、ざっくりした感じのニットマフラーをぐるっと巻くとおしゃれ。【女性 30代】

青のダウンベストは、チェックのシャツとの相性が良く、またどんな色のチェックでも比較的良く合うので、いろいろおしゃれに着回してほしいです。パンツはインディゴのジーンズかベージュのパンツ、カーキ色でも合いますね。わりと要素が多いコーディネートなので、アクセサリーなどは付けず、シンプルな革靴またはスニーカーでまとめてほしいです。【女性 30代】

ボリュームのありすぎるダウンベストは若干流行遅れな感じがするので、ほどよいボリュームのものを選んでほしいです。またダウンベストは、単色のものでもインパクト大のアイテムなので、合わせるアイテムは定番のデザインのシンプルなパーカーやニット、シャツがいいと思います。パンツはすっきりしたラインのもので、靴にボリュームのあるものを持って来ると全体のバランスがいいですよ。【女性 30代】

 

ベストの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ダウンベスト(青)の着こなし方関連ページ一覧

マウンテンベストの着こなし方
普段使いのカットソーを、いつもと違う雰囲気で着こなしたい時には、マウンテンベストを合わせてみるのもおススメです。ちょっとタフで、男らしい魅力を引き立てるマウンテンベストを、大人っぽく着こなすコツをご紹介します。
デニムベストの着こなし方
着こなしが難しいと思われがちな、デニムのベスト。一枚羽織るだけで印象を変えられる、便利なアイテムでもあります。デニムベストを上手くコーデに取り入れて、ワンランク上のオシャレを楽しむための着こなしをご紹介します。
ニット製ベストの着こなし方
ベストを取り入れたコーディネートは、着こなしが難しいと敬遠されがち。ニット素材のアイテムなら、そんな心配も不要です。ニットベストを使った大人っぽく優しいコーディネートを、写真と共にご紹介します。
ダウンベスト(黒)の着こなし方
秋冬に一枚は持っておきたい、定番ダウンベスト。中でもやっぱり、黒につい手が出てしまう人は少なくありません。少しハードで、それでいて品のある、黒のダウンベストを使ったバランス良いコーディネートをご紹介します。
ダウンベスト(赤)の着こなし方
ダウンベストと言えば、黒やカーキなどが定番色ですが、オシャレ上級者を目指すなら、赤などの暖色にもトライしておきたい所です。派手さと柔らかさをバランス良く取り入れた、赤のダウンベストの着こなしをご紹介します。
ダウンベスト(グレー)の着こなし方
コーデの配色が難しいダウンベストは、どのような色とでも合わせやすいグレーが使い易いです。インナーにデニムジャケット、ボトムスにカーゴパンツでカジュアルに決めて、足元は黒のトレッキングスニーカーでまとめます。
ダウンベスト(ブラウン)の着こなし方
カジュアルで子供っぽくなりがちなダウンベストも、落ち着きを感じさせる茶色であれば大人っぽく仕上がります。さらにインナーにニットカットソー、足元をバブーシュシューズで決めれば大人カジュアルコーデの完成です。
ダウンベスト+セーターの着こなし方
ダウンベストのインナーは、どのような色とでも合わせやすく、着やせ効果も期待できる黒色がおすすめです。特に、セーターなら暖かく過ごせます。ボトムスは、デニムならカジュアルに、シンプルなら大人っぽく仕上がります。
ダウンベスト+シャツの着こなし方
ダウンベストはカジュアルイメージの強いアイテムですが、インナーにシャツを合わせるとキレイめな印象に仕上がります。休日のオフコーデならクロップドパンツでゆったりと、足元はレザーチャッカブーツでまとめます。
ダウンベスト+パーカーの着こなし方
パーカーをインナーに、ダウンベストを合わせた重ね着スタイルはいつもと違ったダウンベストコーデを楽しめます。ジップアップタイプのパーカーならジップ部分がアクセントに。デニムパンツとスニーカーでまとめます。
ダウンベスト+カットソーの着こなし方
ダウンベストに合わせるインナーは、白や黒色が定番ですが、いつもとちょっと違った色合いにするとオシャレな雰囲気を楽しむことができます。例えば、グレーのダウンベストならチャコールのインナーがよく合います。
ダウンベスト+デニムパンツの着こなし方
男らしくカジュアルに決まるのがダウンベストとデニムパンツの組み合わせです。インナーには清潔感のある白シャツを。デニムパンツはユーズド加工が施された物だとお洒落感UPです。足元はスウェードシューズで決まりです。
ダウンベスト+カーゴパンツの着こなし方
カットソー、デニムジャケット、ダウンベストの重ね着にカーゴパンツを合わせればアクティブな印象のカジュアルスタイルの完成です。トップスの重ね着でオシャレ度も抜群。いろいろな場所に出かけたくなる冬の男コーデです。
ダウンベスト+カラーパンツの着こなし方
ダウンベストのようにカジュアル感の強いアイテムは、カラーパンツのようなシンプルボトムスと合わせると大人っぽくまとまります。ボトムスのカラーはベージュやブラウン系、シューズは黒や茶色を選ぶと失敗が少ないです。
ダウンベスト+クロップドパンツの着こなし方
流行のクロップドパンツにダウンベストを合わせると、大人のゆったりカジュアルコーデにまとめることができます。ポイントは、インナーにシャツ、シューズにレザーブーツなど、キレイめアイテムをチョイスする点です。
ベスト(黒)の着こなし方
白のカットソー、黒のカーゴパンツ、黒のサンダルというラフなスタイルも、黒のベストやアクセサリーをプラスすることで簡単にオシャレな雰囲気に仕上げる事ができます。また、黒×白のモノクロ配色で大人っぽさもUPです。
ベスト(グレー)の着こなし方
白シャツ、デニムパンツにグレーのベストで、キレイ感のあるカジュアルスタイルの完成です。ベストは色選びが難しく感じますが、グレーならどのような色とでも合わせやすく、重苦しさも感じさせないのでGOODです。
ベスト(ワインレッド)の着こなし方
気軽なオフコーデでも気を抜きたくない、という方にぴったりなのがワインレッドのベストを合わせたコーデです。白のカットソーとクロップドパンツのカジュアルコーデもワインレッドベストでキレイめにまとまります。
ベスト(白)の着こなし方
白のベストはホワイトカットソーと合わせると清潔感のある印象になります。また、この時ボトムスは濃い色の細身のものをチョイスすると全体のバランスがまとまりやすいです。オシャレサンダルでオフの日コーデの完成です。
ベスト(チャコール)の着こなし方
チャコールカラーのベスト、ホワイトVネックカットソー、デニムカーゴパンツ、バブーシュシューズのコーディネートで、気取りのない簡単オシャレスタイルの完成です。シンプルアイテムにベストをプラスするだけです。
ベスト(ボーダー)の着こなし方
ボーダー柄のベストは、Vネックの白カットソーやレザー素材のシューズとコーディネートすると大人っぽく爽やかな印象に仕上がります。ベストのボーダー柄がポイントなので、アイテムはシンプルな物とあわせてOKです。
ベスト(ジャガード)の着こなし方
オシャレ感と大人っぽさを演出してくれるのが、ジャガード柄のベストです。Vネックカットソー、デニムカーゴパンツ、バブーシュシューズとのコーデで、気取らずカッコよく決まります。ネックレスを合わせてもOKです。
ベスト(アーガイル)の着こなし方
上品な印象が強いアーガイル柄ベストは、白シャツと合わせてキレイ感を残しつつ、ボトムスとシューズにカジュアルなアイテムを選ぶと程よい抜け感が出て、堅苦しくならずに済みます。ボトムスはブラウン系がよく合います。
ベスト(フェイクレイヤード)の着こなし方
カッコよく決まるフェイクレイヤードベストは、ホワイトシャツ、デニム、スウェードバブーシュシューズでコーディネートすると程よいキレイめスタイルにまとまります。デニムは柔らかい印象の物と合わせるのがポイントです。
パーカーベストの着こなし方
パーカーベストは、かっちりし過ぎたり、男っぽ過ぎる着こなしをほどよくカバーしてくれます。なにか足りない気がすると物足りない感じがしたら、 パーカーベストで調整するとマッチすることがあります。
ベスト+ジャケットの着こなし方
ジャケットのインナーにベストを入れると、上半身が引き締まって見えます。上半身を白シャツ、グレーのベスト、黒ジャケットにするコーディネートや、黒ベストにグレーのジャケットが合わせやすいです。
ベスト+パーカーの着こなし方
インナーをシャツにして、その上にパーカーとベストを重ね着したりやインナーをカットソーにすると合わせやすいです。黒のベストならより合わせやすく、ピンクのベストは雰囲気が明るくなります。
ベスト+シャツの着こなし方
シャツにベストの重ね着は上品な雰囲気を演出してくれます。袖口や襟元に柄があしわられているなど、遊び心のあるシャツを選ぶとよりお洒落感がUP。カラーパンツを合わせ、さらに濃い色目のシューズ、帽子があれば完璧です。
ベスト+カットソーの着こなし方
ゆったりと着たいオフコーデは、白のUネックカットソー、ジャガード柄ベストで決まりです。ベージュのカラーパンツ、足元はレザーシューズでまとめます。ベストの前を少し開けてインナーの白をチラ見せするとお洒落です。
ベスト+カーディガンの着こなし方
ベストとカーディガンを組み合わせるなら、ベストを黒にすると色々なカラーとマッチするのでお勧めです。カーディガンの色がオレンジ、グレー、ネイビーなどでもしっかりとまとまります。
ベスト+セーターの着こなし方
スリムに見せたい場合は、薄手セーターとカットソーを重ね着した上にベストを合わせれば、着膨れもなくスタイル良く決まります。トップスをシンプルなきれいめにボトムスをラフにするとバランスのとれたカジュアルスタイルになります。
ベスト+Tシャツの着こなし方
白色Tシャツに黒のベストを合わせるだけで簡単にお洒落な雰囲気を演出する事ができます。ベストが全体を縦長に見せてくれるので着やせ効果も。気軽な装いならカーゴパンツ、サンダルを合わせればコーデの完成です。
ベスト+ポロシャツの着こなし方
白のポロシャツをインナーに、カジュアルなベストをオン、ボトムスにデニムパンツ、白のスニーカーで、男らしい爽やかなカジュアルスタイルに決まります。カジュアルだけどしっかりと決まるのがポロシャツの魅力です。
ベスト+デニムパンツの着こなし方
ベストをメインにキレイめスタイルにまとめたい時、インナーは白色シャツがおすすめです。袖がロールアップになっているものならオシャレ度UP。ボトムスはジンバブエコットンデニムパンツなら程よいキレイ感が保てます。
ベスト+カーゴパンツの着こなし方
キレイめスタイルが定番のベストは、Vネックカットソー、細身のカーゴパンツ、レザーシューズを合わせるとカジュアルスタイルが出来上がります。ベストをカジュアルに着こなすことでいつもと違った装いを楽しめます。
ベスト+チノパンの着こなし方
ジャガード柄のような柄物のベストはシンプルに白のインナーと合わせるのがおすすめです。また、ベージュのチノパンを合わせれば爽やかな印象にまとまります。足元はブラウンのレースアップブーツで大人っぽくまとめます。
ベスト+クロップドパンツの着こなし方
いつものコーデに軽く羽織るだけでオシャレな装いになるのがベストの魅力です。カットソー、クロップドパンツ、スニーカーといったアイテムとのコーディネートもOKです。カットソーとスニーカーは爽やかな白がおすすめです。
ベスト+カラーパンツの着こなし方
インナーにVネックの白カットソー、黒のベスト、ボトムスはベージュのカラーパンツで、手軽にオシャレが楽しめるコーディネートが出来上がります。休日にサッと出かけられるイメージで、足元にはサンダルをチョイス。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP