tシャツ シャツ 重ね着

Tシャツ+シャツの着こなし方

Tシャツとシャツを合わせる着こなし方

Tシャツ(白)・シャツ(チェック柄)・カーゴパンツ(黒)・ブーツ(茶色)

 

Tシャツとシャツを合わせた着こなし画像

 

Tシャツをインナーにシャツを合わせた重ね着は年中を通して使えるコーデです。夏は半袖にして涼しげに、冬はアウターをプラスすればOK。こちらのコーデは赤のチェック柄シャツに白Tシャツ、黒のカーゴパンツを合わせています。

 

派手な印象にならないようにシャツにある色にインナーを合わせていますシャツを前開けに着る場合、ボトムスは細身の物がおすすめです。足元はバランスの良い茶色をチョイス。白Tシャツが爽やかなキレイめカジュアルスタイルです。

 

 

Tシャツ(茶)・シャツ(白)・デニム(ブルーインディゴ)・スニーカー(白)

 

茶のTシャツに白のシャツを合わせた着こなし画像

 

トップスはカーキに近いブラウンのTシャツを着ています。シンプルなデザインでデニムにもカラーパンツにもマッチする便利なアイテムです。そんなTシャツの上からホワイトの7分袖シャツを羽織り、清潔感と爽やかな印象をプラス。

 

ボトムスはブルーインディゴのブーツカットデニムでカジュアル感と美脚効果をプラス。足元はホワイトのスニーカーでアクティブなコーディネートに仕上がっています。

 

 

Tシャツ(グレー)・シャツ(ネイビー)・チノパン(白)・サンダル(黒)

 

グレーのTシャツにネイビーのシャツを合わせた着こなし画像

 

ネイビーの半袖ボタンダウンシャツはキレイめな印象の1枚。ボタンを留めて着るとクールな印象になりますが、ここではインナーにグレーのTシャツを着て、その上から羽織るというカジュアルな着こなしをしています。

 

ボトムスは上半身と打って変わってホワイトのチノパンで爽やかなイメージに。テーパードシルエットで美脚効果もバッチリです。足元はサンダルを履くことで気取り過ぎないラフな大人の着こなしとなっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

Tシャツとシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

Tシャツとシャツの重ね着は私がよくするファッションの一つです。私は黒のTシャツを多くもっていますので、黒地のプリントTシャツに赤いチェックのシャツを合わせたりします。青や茶のシャツでは無難すぎるため、赤やオレンジなど明るい色のシャツを組み合わせるのがポイントです。カジュアルが前提ですので、下はストレートジーンズかチノパン、はきやすいスニーカーで問題ないと思います。また、ワンポイントでネックレスをつけるとさらにオシャレだと思います。【男性 30代】

生地が厚めのTシャツならシャツと重ね着をします(薄手のシャツだと安っぽい感じがするので避ける)。襟付きのシャツの上に厚手のTシャツを着るのですが、柄物と柄物の組み合わせはうるさくなるので避けます。襟付きシャツが柄物ならTシャツは無地、襟付きシャツが無地ならTシャツは無地または柄物というような感じで。あと襟付きシャツの色とパンツの色はあわせるか同系色でまとめると、全体的にしまってみせます。靴はカジュアルでシンプルなものがいいです。コンバースのローカットや無印良品の似たような靴で。例としては、以下のような感じです。「襟シャツ:緑色のチェックの柄」「Tシャツ:anvilのグレーのTシャツ」「パンツ:コーデュロイの緑のパンツ」「靴:無印用品のシンプルなスニーカー(黒)」

Tシャツとシャツを着こなすとしたら、シャツのデザインはシンプルなものがいいと思います。また色柄は生成りやペールトーン調の淡い色でシンプルなストライプやグレンチェック系、またTシャツは逆にネイビーやチャコールなどの濃い色で無地ライクなものがいいと思います。これでコーディネートにメリハリ月行きます。シャツはボタンをあまり止めないか、全てのボタンをはめないで、ラフに着こなしますので、ボトムスにジーンズやチノパンをあわせます。【男性 50代】

まずはTシャツですが、無地のものからデカプリントといろいろ種類がありますが、基本ジーンズです。たまに、カーゴパンツもありますが、ジーンズならオールオーケーって感じがします。そして、シャツには黒のスラックスです。白いシャツや黒いシャツ、後は淡い色なら黒のスラックスがよく似合います。たまに派手シャツですが、白いズボンや蛇柄のズボンで、ホストやチンピラスタイルもよく似合うと思います。【男性 20代】

私がTシャツとシャツを着こなすならば、プリントのついた白ではない原色のTシャツに白いシャツを上から羽織ります。前のボタンは開けっ放しでカジュアル感を全面的に出します。そのため、ズボンは青いジーンズが一番ぴったりでしょう。このコーディネートは大学生のようなさわやかな感じを相手に示すことができると思います。【男性 10代後半】

 

好感のもてるTシャツとシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

Tシャツとシャツの重ね着ってやんちゃっぽくて可愛いですよね。私の好きな感じは、色が鮮やかな重ね着です。無難な色同士で重ねるのも悪くはないのですが、すこし個性を出すために思い切った派手な色のシャツとTシャツで重ね着をしていると、私は好感が持てますね。だからといってごちゃごちゃにならずにうまく全体でバランスがとれていればなお良いです。【女性 20代】

男性のほとんどがTシャツとシャツという組み合わせの、ファッションをしたことがあると思いますが…中でも私が一番素敵だな〜と思う、着こなし方は、白い色の、割とタイト目なTシャツに、形がキレイな薄手生地のチェック柄のシャツを合わせている男性です。中に着るTシャツを白にすることで、一緒に合わせるアクセサリーも目立ちますし、何より白ということで清潔感がでて爽やかなイメージを持つことができます。上に羽織るチェック柄のシャツは、カジュアル感があり親しみやすいのに、きちんと自分に合った形のものを選ぶと、とてもスタイルが良く見えてオシャレな男性という風に見えると思います。【女性 20代】

Tシャツとシャツの組み合わせでは、半袖や七分丈など腕が見えるタイプのシャツを合わせているのが好きです。長袖やサイズが大きいシャツはボタンを開けて着るとダボッとしすぎてしまうような気がします。シャツのボタンを開けて着る時は、腕を見せて爽やかに着こなせていると好感が持てますね。Tシャツもシャツも、無地やワンポイントなどのシンプルなものが好きです。【女性 30代】

 

Tシャツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


Tシャツ+シャツの着こなし方関連ページ一覧

Tシャツ(白)の着こなし方
白Tシャツはデニムと合わせると爽やかでカジュアルな印象に決まります。ただ、それだけだとシンプルすぎるので、重ね着にしたりベルトを見せたり、またオシャレなサンダルやブレスレットをプラスするとなお良いです。
Tシャツ(黒)の着こなし方
黒×オリーブの組み合わせは男らしさを感じさせるクールなカジュアルスタイルにぴったりです。黒のTシャツ、オリーブカラーのボトムス、さらにインナーやベルトで少し見える程度に白を配色してあげるとバッチリです。
Tシャツ(赤)の着こなし方
赤色のTシャツはボーダーカットソーをインナーに、重ね着にすると着やすくなります。ボトムスは黒のカーゴパンツでカジュアルに、シューズも黒でまとめます。赤色のトップスをサラリと着こなすとオシャレ感もUPです。
Tシャツ(グレー)の着こなし方
グレーのTシャツ×ボーダー柄カットソーの重ね着に、ユーズド加工のデニムパンツ、レザーのサンダルでまとめれば男カジュアルスタイルの完成です。さらにレザーのベルトやブレスレットを加えればオシャレ度UPです。
Tシャツ(ネイビー)の着こなし方
ボーダー柄をインナーに、ネイビーのTシャツで重ね着し、カーゴパンツ、サンダルを合わせれば、気軽なのにカッコ良い、ラフ・カジュアルスタイルの完成です。ベルトやブレスレットなどをプラスすればオシャレ度UPです。
Tシャツ(緑)の着こなし方
緑のTシャツはベージュのボトムスと合わせると軽やかな印象に仕上がります。トップスは白カットソーなどと重ね着にしてもGOOD。茶色のベルトや黒のサンダルでまとめればダラッとした印象にならずに済みます。
Tシャツ(イエロー)の着こなし方
イエローのTシャツは明るくお洒落な雰囲気を演出してくれるうえに、グレーやデニムカラー、茶色、黒などとの相性も良いので使い易いアイテムです。Tシャツの重ね着とデニムパンツに、黒や茶色のアイテムでまとめます。
Tシャツ(ブラウン)の着こなし方
ブラウンのTシャツは同系色のカーゴパンツと合わせると、カジュアルながらも落ち着いた印象に仕上がります。また、トップスを重ね着にするとお洒落感もUP。足元は黒のスニーカーを選ぶと全体の配色がまとまります。
Tシャツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュのように柔らかな色味のTシャツは、男らしさを感じさせるアイテムとコーディネートするとGOODです。黒のカットソーと重ね着にし、テーパードシルエットデニムパンツ、黒のブーツを合わせれば完成です。
Tシャツ(チャコール)の着こなし方
チャコールのTシャツはベージュのボトムスと合わせると清潔感のある柔らかな印象に仕上がります。足元に茶色のブーツを持って来れば男らしさもUP。白のカットソーで重ね着にすれば、お洒落な休日コーデの完成です。
Tシャツ+カーディガンの着こなし方
Tシャツに合わせるカーディガンは色味にムラのある素材の物を選ぶと地味にならずに済みます。ボトムスはデニムパンツ、足元はスニーカーでカジュアル感をプラス。ネックレスを足すとよりオシャレな仕上がりになります。
Tシャツ+ポロシャツの着こなし方
ポロシャツは大人の男らしさを演出するのにピッタリなアイテムです。Tシャツをインナーに重ね着し、ボトムスとシューズは黒で大人っぽく纏めます。腕が見える程度の袖丈ならブレスレットを付けるとお洒落感UPです。
Tシャツ+カットソーの着こなし方
2種類のカットソーを重ね着する場合、上のTシャツを白、ボトムスはベージュまたはブラウン系にしておくと、インナーの色を選びやすくなります。オシャレに仕上げたい時はボーダー、シンプルに黒や白でもOKです。
Tシャツ+タンクトップの着こなし方
Tシャツの裾からインナーのタンクトップをのぞかせる重ね着は、タンクトップをトップスとボトムスの中間色にしたり、配色の差し色としてビビットカラーにしたりと、より一層オシャレを楽しみたい方におすすめです。
Tシャツ+デニムパンツの着こなし方
Tシャツとデニムパンツはとても相性が良いですが、一口にデニムパンツと言っても様々な種類があります。キレイめカジュアルやラフなど、男らしく決まるデニムの一つには、テーパードシルエットデニムが挙げられます。
Tシャツ+カーゴパンツの着こなし方
Tシャツとカーゴパンツのコーディネートではダラッとした印象になってしまわないように注意です。カーゴパンツは細めでしっかりした質感の物を選ぶとオシャレカジュアルにまとまります。靴は黒のスニーカーが無難です。
Tシャツ+クロップドパンツの着こなし方
Tシャツの重ね着、ベージュのクロップドパンツ、レザー素材のお洒落なサンダルで、夏にピッタリな爽やかコーデの完成です。ベージュのボトムスは黒や白、赤、ネイビーなど色々なカラーとの相性が良いので着回しも楽しめます。
Tシャツ+カラーパンツの着こなし方
男らしい黒のTシャツは、ベージュのカラーパンツと合わせると清潔感のある印象に仕上がります。また、白色のTシャツと重ね着にしたり、細めのブレスレットを付けたりしてもオシャレです。靴はブラウンを合わせます。
Tシャツ+チノパンの着こなし方
Tシャツ1枚をサラリと着る時は、ダラッとした印象になってしまわないように、シルエットをキレイに見せてくれるボトムスと合わせるのがおすすめです。また、ベージュのチノパンとなら男らしいカジュアル感を演出できます。
Tシャツ+ハーフパンツの着こなし方
Tシャツとハーフパンツのコーディネートは、黒×白×グレーといったモノクロカラーで配色すると子供っぽくならずに済みます。また、Tシャツは白をメインに重ね着すると爽やかな雰囲気で、夏にピッタリな装いになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP