tシャツ 赤 着こなし

Tシャツ(赤)の着こなし方

Tシャツ(赤)の着こなし方

Tシャツ(赤)・5分袖カットソー(ボーダー)・カーゴパンツ(黒)・シューズ(黒)

 

赤のTシャツとボーダーのボーダー柄の5分袖カットソーを合わせた着こなし画像

 

赤は派手な印象があるのでなかなか着にくい、という方も多いのではないでしょうか。しかし、そんな赤をサラリと着こなせると見た目にもオシャレな印象に仕上がります。こちらは、赤Tシャツをトップスにインナーはボーダーカットソーボトムスは黒カーゴパンツのコーディネートです。

 

インナーを入れて重ね着風にする事で、トップスの赤Tシャツが着やすくなっています。足元をバブーシュシューズでまとめればキレイめカジュアルスタイルの完成です。

 

 

Tシャツ(赤)・カットソー(グレー)・デニムカーゴ(ユーズド)・シューズ(茶)

 

赤のTシャツにグレーのカットソーを合わせた着こなし画像

 

赤のプリントTシャツをグレーのカットソーとあわせ、レイヤードスタイルにして着こなしています。ユニークなデザインのTシャツは鮮やかな色ですが、カットソーがグレーなので派手になり過ぎません。

 

ボトムスはユーズド感のあるデニムで定番のカジュアルスタイルに。足元はブラウンのバブーシュシューズで大人っぽさを演出しています。小技としてブラウンのベルトをつけると締まりが出て、また良いアクセントにもなります。

 

 

Tシャツ(赤)・カットソー(白)・カラーパンツ(ベージュ)・ブーツ(茶)

 

赤のTシャツに白のカットソーを合わせた着こなし画像

 

トップスは、赤のTシャツにホワイトのカットソーを合わせた重ね着スタイル。赤と言っても落ち着いた色なのでいろいろなコーディネートに合わせやすく、インナーとしても使える1着です。

 

ボトムスはベージュのカラーパンツで落ち着いた印象となっています。足元はブラウンのレースアップブーツで重さを出していますが、夏はサンダルなどで足元を軽くしても爽やかなコーディネートに仕上がります。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

Tシャツ(赤)の着こなし方 A

Tシャツ(赤)・シャツ(グレー)・カーゴパンツ(青)・サンダル(茶)

 

赤Tシャツに襟付きシャツを合わせた着こなし画像

 

赤いTシャツはそれだけで情熱的など個性を表すと同時に、今流行の差し色となってくれます。またこのTシャツは真っ赤ではなく、杢調となっていますので、個性を強調し過ぎることがありません。柄を入れることでより若々しさを出してくれます。それにあわせたいのが上に羽織る襟付きシャツ。

 

上に一枚はおるだけで颯爽とした感じになり、よりオシャレに着こなせます。さらにパンツを少し濃い目の青にすることで、すっきりまとまった印象に。足元は初夏らしく茶色いサンダルでまとめています。サンダルはごてごてしたものよりスッキリしたシルエットのものがおすすめです。

 

 

Tシャツ(赤)・チノパン(白×黒)・シューズ(カーキ)

 

赤Tシャツにチェック柄のチノパンを合わせた着こなし画像

 

赤は赤でもワインレッドくらい濃い赤にすると引き締まった印象をあたえます。夏の太陽に負けないくらい濃い赤は、それだけで周りの人からの注目を浴びることは間違いありません。無地の赤でもさっと着るだけでかっこよく見えます。

 

パンツを合わせるなら柄パンもおすすめ。チェックのチノパンをひざ下まで折り曲げることで、ビーチにもプールサイドにも、街中にも似合うスタイルになります。足元のアンクレットと色を合わせた濃い目の皮シューズで足元をまとめます。

 

Tシャツ(赤)・シャツ(チェック柄)・クロップドデニム(ユーズト)・ブーツ(茶)

 

赤Tシャツと赤のチェック柄シャツを合わせた着こなし画像

 

Tシャツと襟付きシャツの組み合わせはよくありますが、同系色の組み合わせはどうでしょうか。同系色の組み合わせは、どちらかを薄くまたは濃くすることでコーディネートできます。おすすめはTシャツを濃い赤に、アウターを薄い色にする方法です。こうすることで体は引き締まって見えるのに、アウターの色で爽やかに見せることができます。

 

さらにダメージジーンズの裾をひざ下にしてあわせることで、より男性らしいたくましい印象になります。足元は茶色のローブーツを折り返して履くと、足長効果が生まれます。最後に、ベルトの太い腕時計を合わせれば活動な男を演出するコーディネートの完成です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

赤のTシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

赤のTシャツは半袖で深いVネック、細身のものを着用します。黒のハットをかぶります。ヘッドの小さなネックレスを首にかけます。黒を基調とした文字盤の大き目の腕時計をつけます。ボトムスはスリムフィットタイプのジーンズで多少色落ちやダメージがあるものを着用します。靴は黒、または茶色のレザーのブーツを合わせます。【男性 30代】

黒×赤の二色のみでモードっぽくするスタイリング。赤いTシャツに黒のテーラードジャケット、黒のクロップドかサルエル、黒のローテクスニーカーでまとめます。インナーのTシャツ以外全て黒なので重くなり過ぎないようパンツをロールアップしてくるぶしを見せます(靴下はフットカバー)。ジャケットをワンサイズ小さめにするとバランスがとりやすいと思います。【男性 30代】

ファッションが好きな三十路です。赤い色というのは主張が強い色なので、自分が着るとしたら、赤より主張する色を入れない服装にしたいと思います。例えば、よく自分がする恰好だと、迷彩柄のハーフパンツをシンプルに履いて、靴はコンバースのハイカット黒にしたいと思います。迷彩も暗めの色を持ってきて、トータルコーディネートをしっかりしたいです。【男性 30代】

赤のTシャツに薄めの色合いで英語の文字が入ったプリント物を着ます。赤のTシャツなので全体的に派手にオシャレした方がいいと思うので、少しワイドなインディゴブルーのダメージジーンズを合わせます。余裕があればかなり薄い素材のベージュのストールを首に巻きます。靴はスポーツメーカーの白と紫が基調のスニーカーを着用します。【男性 20代】

Tシャツは真っ赤でもいいですが、好みでいうと臙脂系です。そのどちらでもあうようなコーディネイトを考えてみます。上に長袖の綿シャツをはおります。色は明るいグレー。パンツは濃いグレーのデニムか、カーゴパンツ。パンツがデニムなら靴は茶系か、落ち着いた赤のスニーカー。カーゴなら赤みのかかった茶のレザーにします。Tシャツと靴の色を合わせる感じです。【男性 30代】

 

好感のもてる赤のTシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

私が好きなのは、赤Tシャツにデニムのボトムを合わせる着こなし方です。濃い色のデニムなら、靴も落ち着いた色で綺麗めなものを選ぶと、赤が強調されておしゃれだと思います。薄い色のデニムなら靴も白やベージュなどの明るい色にして、靴紐に赤系の紐を使うなどアクセントをつけるとまとまりが出て素敵ですね。赤は男性が上手く着るのは少し難しい色なので、こういったコーディネイトにまとまりが出る一工夫をして上手く着こなすと、一味違って好感が持てますね。【女性 20代】

赤のTシャツは着ているだけでおしゃれ感が強くアクセントになるので、トップスはストライプやチェックのシャツと合わせて、ボトムスは濃いめの色のジーンズなどで引き締めた感じにするとバランスが良くなります。カジュアルに気こなす方が素敵だと思うので、足は白のスニーカーで軽さを出すと良いと思います。このコーディネートだと若さが出るので、普段スーツの人とかはかなりギャップが出て女心を掴めるはずです。【女性 30代】

赤のTシャツは上に本革のライダースジャケットを着るのは男の人にしかできないワイルドなファッションだと思います。小物はつばの広い帽子で、胸にサングラスをかけてもロックテイストになっていいですね。あとは赤のTシャツ自体がカジュアルなイメージなのでニット帽や、ふちの太いフレームを合わせるとこなれた感じがして素敵だと思います。【女性 20代】

 

Tシャツの着こなし方一覧に戻る

 

Tシャツ(赤系)の着こなし画像集(迷ったときのコーディネートの参考に!)

このエントリーをはてなブックマークに追加


Tシャツ(赤)の着こなし方関連ページ一覧

Tシャツ(白)の着こなし方
白Tシャツはデニムと合わせると爽やかでカジュアルな印象に決まります。ただ、それだけだとシンプルすぎるので、重ね着にしたりベルトを見せたり、またオシャレなサンダルやブレスレットをプラスするとなお良いです。
Tシャツ(黒)の着こなし方
黒×オリーブの組み合わせは男らしさを感じさせるクールなカジュアルスタイルにぴったりです。黒のTシャツ、オリーブカラーのボトムス、さらにインナーやベルトで少し見える程度に白を配色してあげるとバッチリです。
Tシャツ(グレー)の着こなし方
グレーのTシャツ×ボーダー柄カットソーの重ね着に、ユーズド加工のデニムパンツ、レザーのサンダルでまとめれば男カジュアルスタイルの完成です。さらにレザーのベルトやブレスレットを加えればオシャレ度UPです。
Tシャツ(ネイビー)の着こなし方
ボーダー柄をインナーに、ネイビーのTシャツで重ね着し、カーゴパンツ、サンダルを合わせれば、気軽なのにカッコ良い、ラフ・カジュアルスタイルの完成です。ベルトやブレスレットなどをプラスすればオシャレ度UPです。
Tシャツ(緑)の着こなし方
緑のTシャツはベージュのボトムスと合わせると軽やかな印象に仕上がります。トップスは白カットソーなどと重ね着にしてもGOOD。茶色のベルトや黒のサンダルでまとめればダラッとした印象にならずに済みます。
Tシャツ(イエロー)の着こなし方
イエローのTシャツは明るくお洒落な雰囲気を演出してくれるうえに、グレーやデニムカラー、茶色、黒などとの相性も良いので使い易いアイテムです。Tシャツの重ね着とデニムパンツに、黒や茶色のアイテムでまとめます。
Tシャツ(ブラウン)の着こなし方
ブラウンのTシャツは同系色のカーゴパンツと合わせると、カジュアルながらも落ち着いた印象に仕上がります。また、トップスを重ね着にするとお洒落感もUP。足元は黒のスニーカーを選ぶと全体の配色がまとまります。
Tシャツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュのように柔らかな色味のTシャツは、男らしさを感じさせるアイテムとコーディネートするとGOODです。黒のカットソーと重ね着にし、テーパードシルエットデニムパンツ、黒のブーツを合わせれば完成です。
Tシャツ(チャコール)の着こなし方
チャコールのTシャツはベージュのボトムスと合わせると清潔感のある柔らかな印象に仕上がります。足元に茶色のブーツを持って来れば男らしさもUP。白のカットソーで重ね着にすれば、お洒落な休日コーデの完成です。
Tシャツ+カーディガンの着こなし方
Tシャツに合わせるカーディガンは色味にムラのある素材の物を選ぶと地味にならずに済みます。ボトムスはデニムパンツ、足元はスニーカーでカジュアル感をプラス。ネックレスを足すとよりオシャレな仕上がりになります。
Tシャツ+シャツの着こなし方
年中を通して使えるTシャツとシャツの重ね着コーデはぜひポイントを押さえておきたいところです。チェック柄シャツを合わせる場合、配色はその柄にある色をメインにするとまとめやすいです。靴は茶色だと外しが少ないです。
Tシャツ+ポロシャツの着こなし方
ポロシャツは大人の男らしさを演出するのにピッタリなアイテムです。Tシャツをインナーに重ね着し、ボトムスとシューズは黒で大人っぽく纏めます。腕が見える程度の袖丈ならブレスレットを付けるとお洒落感UPです。
Tシャツ+カットソーの着こなし方
2種類のカットソーを重ね着する場合、上のTシャツを白、ボトムスはベージュまたはブラウン系にしておくと、インナーの色を選びやすくなります。オシャレに仕上げたい時はボーダー、シンプルに黒や白でもOKです。
Tシャツ+タンクトップの着こなし方
Tシャツの裾からインナーのタンクトップをのぞかせる重ね着は、タンクトップをトップスとボトムスの中間色にしたり、配色の差し色としてビビットカラーにしたりと、より一層オシャレを楽しみたい方におすすめです。
Tシャツ+デニムパンツの着こなし方
Tシャツとデニムパンツはとても相性が良いですが、一口にデニムパンツと言っても様々な種類があります。キレイめカジュアルやラフなど、男らしく決まるデニムの一つには、テーパードシルエットデニムが挙げられます。
Tシャツ+カーゴパンツの着こなし方
Tシャツとカーゴパンツのコーディネートではダラッとした印象になってしまわないように注意です。カーゴパンツは細めでしっかりした質感の物を選ぶとオシャレカジュアルにまとまります。靴は黒のスニーカーが無難です。
Tシャツ+クロップドパンツの着こなし方
Tシャツの重ね着、ベージュのクロップドパンツ、レザー素材のお洒落なサンダルで、夏にピッタリな爽やかコーデの完成です。ベージュのボトムスは黒や白、赤、ネイビーなど色々なカラーとの相性が良いので着回しも楽しめます。
Tシャツ+カラーパンツの着こなし方
男らしい黒のTシャツは、ベージュのカラーパンツと合わせると清潔感のある印象に仕上がります。また、白色のTシャツと重ね着にしたり、細めのブレスレットを付けたりしてもオシャレです。靴はブラウンを合わせます。
Tシャツ+チノパンの着こなし方
Tシャツ1枚をサラリと着る時は、ダラッとした印象になってしまわないように、シルエットをキレイに見せてくれるボトムスと合わせるのがおすすめです。また、ベージュのチノパンとなら男らしいカジュアル感を演出できます。
Tシャツ+ハーフパンツの着こなし方
Tシャツとハーフパンツのコーディネートは、黒×白×グレーといったモノクロカラーで配色すると子供っぽくならずに済みます。また、Tシャツは白をメインに重ね着すると爽やかな雰囲気で、夏にピッタリな装いになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP