tシャツ グレー 着こなし

Tシャツ(グレー)の着こなし方

Tシャツ(グレー)の着こなし方

Tシャツ(グレー)・5分袖カットソー(ボーダー)・デニム(ユーズド)・サンダル(黒)

 

グレーのTシャツとボーダー柄の5分袖カットソーを合わせた着こなし画像

 

お散歩や買物など、ちょっとしたお出掛けにもオシャレを感じさせるのがこちらのコーデです。グレーのTシャツ、ボーダー柄5分袖カットソー、デニムパンツ、レザーのサンダルでまとめ、レザーのベルトとブレスレットでオシャレ感を演出しています。

 

グレーのTシャツは着方によってはダラッとしたイメージになってしまいますが、ユーズド加工のデニムパンツやレザーの小物といったワイルド感のあるアイテムと合わせるとカッコよく決まります。

 

 

Tシャツ(グレー)・カットソー(ボーダー)・クロップドパンツ(ベージュ)・スニーカー(白)

 

グレーのTシャツにボーダーのカットソーを合わせた着こなし画像

 

グレーのTシャツは1枚あるといろいろなコーディネートに着まわせる便利な1枚。この写真ではボーダーの5分袖カットソーと合わせて、同系色のさりげないオシャレのレイヤードスタイルとして着こなしています。

 

ボトムスは涼しげなベージュのクロップドパンツに、足元はホワイトのコットンキャンバススニーカーで爽やかな組み合わせとなっています。レッドなど、暖色系のブレスレットをつけるとよりオシャレです。

 

 

Tシャツ(グレー)・カットソー(黒)・デニムカーゴ(インディゴ)・シューズ(黒)

 

グレーのTシャツに黒のカットソーを合わせた着こなし画像

 

グレーのTシャツの下にブラックのカットソーを重ね着することで、スリムな印象を作り出すことができます。ボトムスのインディゴのデニムカーゴパンツはサルエルタイプですがタイトな作りになっているので美脚&足長効果を発揮。

 

またTシャツとの相性もバツグンでカジュアルコーデの際に重宝する1着となっています。足元はブラックのバブーシュシューズで落ち着きある印象もプラスされています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

Tシャツ(グレー)の着こなし方 A

Tシャツ(グレー)・Tシャツ(ボーダー)・デニム(ダメージ)・デザインシューズ(黒)

 

グレーのTシャツにボーダーTシャツを合わせた着こなし画像

 

グレーのTシャツは、一枚で着るにはなんだか味気ない、そう思う人も多いはず。この場合は、ざっくりと胸元の開いた無地のグレーのTシャツの中に、グレーのボーダーのTシャツを合わせることで解決できます。

 

無地とボーダーをあわせることで爽やかな印象をあたえることもできます。さらに爽やかさをアップさせるならダメージデニムを合わせましょう。ただはくよりも、ひざ下まで捲り上げることで、ビーチの似合う夏スタイルが完成します。もちろん、ボーダーTシャツはそれ一枚でもOKです。

 

 

Tシャツ(グレー)・デニムシャツ(サックス)・カーゴ(チェック)・サンダル(白×黒)

 

グレーのTシャツにデニムの七部丈シャツを合わせた着こなし画像

 

電車に乗ってどこかお出かけ、という際にグレーのTシャツ一枚ではいまいちですが、上にデニムの襟付きシャツを羽織ることで洗練された都会の男に大変身。この時期なら七部袖に丈は短めがベストマッチ。色も薄めがおすすめ。

 

パンツはひざ下丈のカーゴパンツにします。赤と青のチェック柄を差し色にすればよりオシャレさを演出できます。足元はサンダルでラフなスタイルを演出。カバンを肩にかけてお出かけスタイルの完成です。

 

 

Tシャツ(グレー)・デニムシャツ(サックス)・ハーフパンツ(白)・デザインシューズ(黒)

 

グレーのTシャツに白のハーフパンツを合わせた着こなし画像

 

グレーのTシャツを着こなすならデニムシャツがおすすめ。今人気のデニムシャツをグレーのTシャツの上に羽織れば颯爽と街を駆け抜ける好青年に。七部袖の薄手の生地がおすすめです。

 

さらに爽やかさをアップするならパンツは白を選び暑い夏に汗を忘れるような印象をあたえたいなら、流行のカラーパンツよりも白パンツがベスト。さらにグレーのTシャツと白のハーフパンツの組み合わせなら、全体をまとめた印象にしてくれます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

グレーのTシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

グレーは濃淡によっていろいろな色がマッチしますが、グレーのTシャツには自分の持っている服だと茶色のパンツが一番似合うと思います。明るめの原色に近い茶色で雰囲気としては秋の装いといった感じでしょうか。春先ならば白のパンツでも明るい感じで出ていいかなって感じがします。季節に合わせた色合いにして楽しみたいのがグレーのTシャツだと思います。【男性 30代】

グレーのTシャツは定番中の定番ですよね。自分はこういったアイテムでコーディネートをする時には極力他のものはシンプルにして、シンプルな中にあるかっこよさを追求したいですね。細めのパンツとグレーのTシャツをさらっと着るだけでもう十分だと思います。アクセントで何か一つアクセサリーをつけるのも良いかもしれませんね。【男性 20代】

私がグレーのTシャツを着る場合は、まず全体が暗くならないようにします。パンツはブルーのジーンズで、靴は差し色の赤や白などを使います。次に羽織るものですが、Vネックであれば靴の色と合わせたネルシャツや無地のシャツなどを着ることが多いです。夏であれば、アクセサリーを付けるだけで様になります!ぜひ試して見て下さい。【男性 20代】

グレーのTシャツということは色味のない無彩色とうことなのでモノトーンのコーディネイトにうってつけだと思います。ジャケットとパンツの中間にあるのでジャケットを黒にすればパンツは白、ジャケットを白にすればパンツは黒というふうに間をうまくつないでくれるので意外と難しいモノトーンコーディネイトには重宝しそうです。シルエットはモードっぽいものほどタイトなのでタイトなTシャツを選んで前身ごろもだぶつかないぴたっとしたものを選びます。シューズはパンツの色に合わせてよりすっきりとしたラインを作りたいと思います。【男性 40代】

グレーのTシャツを着こなす場合、まずパンツはカーゴパンツの濃い緑色の物を選びます。シャツの上に何かを羽織るなら、明るい色のカーディガン等です。ネックレスを付けワンポイントを目立たすのも良いと思います。靴は革靴もしくはブーツ、私の場合は茶色を選びます。全体的に落ち着いた雰囲気になります。【男性 20代】

 

好感のもてるグレーのTシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

男性がグレーのTシャツを着る場合は、だらしなさそうに見えない様、少し綺麗目にまとめた着こなし方をして欲しいです。私はボトムは濃い色のデニムを持ってきてもらって、靴はダークブラウンのレザーのものが良いです。グレーのTシャツ自体ラフな洋服の部類に入るので、ラフになり過ぎないボトムや靴を着ていた方が、好感度は上がります。【女性 20代】

グレーのTシャツの着こなしはただデニムとあわせるのもいいですが、それだけではあまりお洒落じゃないので、上に何かを羽織るのがいいですね。グレーと相性がいいのはピンクだと思うのでピンクのフードパーカに黒っぽいデニムなんかはどうでしょうか。足元はお洒落に黒いろのコンバースがいいと思います。カジュアルな感じで。【女性 20代】

私が好感の持てるグレーのTシャツの着こなし方は、どこか一つに明るい色のアイテムを取り入れたスタイルです。グレーのTシャツというのはどうしても暗い印象を持ってしまうので、これに更にGパンと黒の靴なんてスタイルだと、あまりファッションに興味の無い人なのかなと思ってしまいます。しかし、この黒い靴を赤やオレンジなどの明るい色に変えただけでおしゃれだなーと大分印象が良くなり高感度がアップします!【女性 20代】

 

Tシャツの着こなし方一覧に戻る

 

Tシャツ(グレー)の着こなし画像集(迷ったときのコーディネートの参考に!)

このエントリーをはてなブックマークに追加


Tシャツ(グレー)の着こなし方関連ページ一覧

Tシャツ(白)の着こなし方
白Tシャツはデニムと合わせると爽やかでカジュアルな印象に決まります。ただ、それだけだとシンプルすぎるので、重ね着にしたりベルトを見せたり、またオシャレなサンダルやブレスレットをプラスするとなお良いです。
Tシャツ(黒)の着こなし方
黒×オリーブの組み合わせは男らしさを感じさせるクールなカジュアルスタイルにぴったりです。黒のTシャツ、オリーブカラーのボトムス、さらにインナーやベルトで少し見える程度に白を配色してあげるとバッチリです。
Tシャツ(赤)の着こなし方
赤色のTシャツはボーダーカットソーをインナーに、重ね着にすると着やすくなります。ボトムスは黒のカーゴパンツでカジュアルに、シューズも黒でまとめます。赤色のトップスをサラリと着こなすとオシャレ感もUPです。
Tシャツ(ネイビー)の着こなし方
ボーダー柄をインナーに、ネイビーのTシャツで重ね着し、カーゴパンツ、サンダルを合わせれば、気軽なのにカッコ良い、ラフ・カジュアルスタイルの完成です。ベルトやブレスレットなどをプラスすればオシャレ度UPです。
Tシャツ(緑)の着こなし方
緑のTシャツはベージュのボトムスと合わせると軽やかな印象に仕上がります。トップスは白カットソーなどと重ね着にしてもGOOD。茶色のベルトや黒のサンダルでまとめればダラッとした印象にならずに済みます。
Tシャツ(イエロー)の着こなし方
イエローのTシャツは明るくお洒落な雰囲気を演出してくれるうえに、グレーやデニムカラー、茶色、黒などとの相性も良いので使い易いアイテムです。Tシャツの重ね着とデニムパンツに、黒や茶色のアイテムでまとめます。
Tシャツ(ブラウン)の着こなし方
ブラウンのTシャツは同系色のカーゴパンツと合わせると、カジュアルながらも落ち着いた印象に仕上がります。また、トップスを重ね着にするとお洒落感もUP。足元は黒のスニーカーを選ぶと全体の配色がまとまります。
Tシャツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュのように柔らかな色味のTシャツは、男らしさを感じさせるアイテムとコーディネートするとGOODです。黒のカットソーと重ね着にし、テーパードシルエットデニムパンツ、黒のブーツを合わせれば完成です。
Tシャツ(チャコール)の着こなし方
チャコールのTシャツはベージュのボトムスと合わせると清潔感のある柔らかな印象に仕上がります。足元に茶色のブーツを持って来れば男らしさもUP。白のカットソーで重ね着にすれば、お洒落な休日コーデの完成です。
Tシャツ+カーディガンの着こなし方
Tシャツに合わせるカーディガンは色味にムラのある素材の物を選ぶと地味にならずに済みます。ボトムスはデニムパンツ、足元はスニーカーでカジュアル感をプラス。ネックレスを足すとよりオシャレな仕上がりになります。
Tシャツ+シャツの着こなし方
年中を通して使えるTシャツとシャツの重ね着コーデはぜひポイントを押さえておきたいところです。チェック柄シャツを合わせる場合、配色はその柄にある色をメインにするとまとめやすいです。靴は茶色だと外しが少ないです。
Tシャツ+ポロシャツの着こなし方
ポロシャツは大人の男らしさを演出するのにピッタリなアイテムです。Tシャツをインナーに重ね着し、ボトムスとシューズは黒で大人っぽく纏めます。腕が見える程度の袖丈ならブレスレットを付けるとお洒落感UPです。
Tシャツ+カットソーの着こなし方
2種類のカットソーを重ね着する場合、上のTシャツを白、ボトムスはベージュまたはブラウン系にしておくと、インナーの色を選びやすくなります。オシャレに仕上げたい時はボーダー、シンプルに黒や白でもOKです。
Tシャツ+タンクトップの着こなし方
Tシャツの裾からインナーのタンクトップをのぞかせる重ね着は、タンクトップをトップスとボトムスの中間色にしたり、配色の差し色としてビビットカラーにしたりと、より一層オシャレを楽しみたい方におすすめです。
Tシャツ+デニムパンツの着こなし方
Tシャツとデニムパンツはとても相性が良いですが、一口にデニムパンツと言っても様々な種類があります。キレイめカジュアルやラフなど、男らしく決まるデニムの一つには、テーパードシルエットデニムが挙げられます。
Tシャツ+カーゴパンツの着こなし方
Tシャツとカーゴパンツのコーディネートではダラッとした印象になってしまわないように注意です。カーゴパンツは細めでしっかりした質感の物を選ぶとオシャレカジュアルにまとまります。靴は黒のスニーカーが無難です。
Tシャツ+クロップドパンツの着こなし方
Tシャツの重ね着、ベージュのクロップドパンツ、レザー素材のお洒落なサンダルで、夏にピッタリな爽やかコーデの完成です。ベージュのボトムスは黒や白、赤、ネイビーなど色々なカラーとの相性が良いので着回しも楽しめます。
Tシャツ+カラーパンツの着こなし方
男らしい黒のTシャツは、ベージュのカラーパンツと合わせると清潔感のある印象に仕上がります。また、白色のTシャツと重ね着にしたり、細めのブレスレットを付けたりしてもオシャレです。靴はブラウンを合わせます。
Tシャツ+チノパンの着こなし方
Tシャツ1枚をサラリと着る時は、ダラッとした印象になってしまわないように、シルエットをキレイに見せてくれるボトムスと合わせるのがおすすめです。また、ベージュのチノパンとなら男らしいカジュアル感を演出できます。
Tシャツ+ハーフパンツの着こなし方
Tシャツとハーフパンツのコーディネートは、黒×白×グレーといったモノクロカラーで配色すると子供っぽくならずに済みます。また、Tシャツは白をメインに重ね着すると爽やかな雰囲気で、夏にピッタリな装いになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP