tシャツ デニム コーデ

Tシャツ+デニムパンツの着こなし方

Tシャツとデニムパンツを合わせる着こなし方

Tシャツ(白)・デニムパンツ(ユーズド)・5分袖カットソー(黒)・ブーツ(茶)

 

白のプリントTシャツとユーズドのデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

Tシャツと組み合わせるボトムスの定番がデニムパンツ。Tシャツもデニムパンツも、どちらも着回しが利くアイテムなのでぜひ1着はお気に入りの物を見つけておきたいところです。とはいってもデニムには多くの種類があります。

 

こちらのコーデでは腰から足に行くにしたがって幅がタイトになるテーパードシルエットデニムを合わせています。テーパードシルエットは男らしく見せてくれる上にキレイめにもラフにも使いやすいのが特徴です。

 

 

Tシャツ(アイボリー)・デニムパンツ(ユーズド)・ブーツ(茶)

 

アイボリーのTシャツに青のデニムを合わせた着こなし画像

 

アイボリーのTシャツは大きく入ったプリントがカラフルで、1枚で着ても寂しくならない十分なインパクトを持った1枚となっています。首元がUネックとなっているのでゆったりと着こなすことができます。

 

ボトムスはブルーのデニムパンツで上下ともにカジュアルな印象にしています。足元はサンダルだとラフなお出かけスタイルとなるのですが、トレッキングブーツで敢えてカッチリとしたイメージに仕上げています。

 

 

Tシャツ(アイボリー)・デニムパンツ(インディゴブルー)・ブーツ(茶)

 

アイボリーのTシャツにインディゴブルーのデニムを合わせた着こなし画像

 

Tシャツは、そのデザインによってカジュアルなイメージになったり上品なイメージになったり、雰囲気が変わるものです。写真ではアイボリーの、落ち着いたプリントのTシャツを着ることで上品な大人の雰囲気を出しています。

 

ボトムスはテーパードタイプのデニムパンツですが、シックなインディゴブルーなので大人カジュアルな印象。靴に暗い色を持ってくるとどうしても重い印象になってしまうのでブラウンで軽い足元を表現しています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

Tシャツとデニムパンツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

オーバーサイズのTシャツにスキニーデニムを合わせてブーツイン。80年代みたいにして着たいです。例えばデニムをサルエルにしたりトレンドを少し意識して「ガチ80年代」にはならないように注意して。あくまで全体のバランスを大切に。ともすると吉田栄作みたいになりがちなTシャツ×デニム。サイジングや素材感で今風に着たいものです。【男性 30代】

Tシャツとデニムパンツという着こなしは、シンプルで大抵の方には似合うと思うのですが、アクセントを加えないと貧相に見えてしまう可能性がありますので、自分は靴やアクセサリーでのアクセントで際立たせます。Tシャツはなるべくベーシックな柄を選び、デニムパンツとうまく馴染むような靴を選びます。ネックレスやブレスレットなどのアクセントでオリジナリティを出す事で、自分のセンスをアピールします。【男性 20代】

自分がTシャツとデニムパンツを着こなすとしたら、Tシャツは柄のない白のものを着ます。上質なコットンの生地で、少しダメージ加工が入っていたりするものです。そこにカラーデニムか普通のブルーのデニムパンツをはきます。形はスキニーかストレートです。そこにかっちりめのジャケットとヒモがついていないスニーカーを合わせます。【男性 20代】

デニムパンツは通常の青系の色で、スキニータイプを選び、そのデニムの色と対比をするように、シャツはプリントの入った白系のもの。そこにグレーもしくはブラックのテーラードベストを羽織り、靴は布系じゃなくて薄い皮素材を使ったものにすると雰囲気が出ていいかなーと考えるので革のシューズを履きます。オプションとして黒系のハットを被せると思います。【男性 20代】

定番は真っ白なTシャツにブルージーンズですが、私はTシャツが下着に見えない様にバックプリントが入った物を着ています。またデニムはしっかりと柔軟剤を効かせ洗濯したものが、履きやすい。靴は真っ白なデッキシューズもしくはスニーカーを素足で履き、その時ベビーパウダーを靴の中にふりかけておくと、サラサラで臭いも気にならず快適です。【男性 50代】

 

好感のもてるTシャツとデニムパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

デニムパンツに、Tシャツを合わせるとしたら、その人の体型にもよると思うけれど、ガッシリ系や体格がいい人だったら、ピッタリめのTシャツに、少しスリムなジーンズが似合うと思います。細めの人だったら、たとえばTシャツを二枚重ねるとか、上にシャツやジャケットを羽織るなどして、華奢な感じが目立たないほうがいいかなと思います。【女性 30代】

TシャツはVネック、色はシンプルに白や薄いベージュなどのアースカラーで、デニムはラインがほどよくルーズな感じの組み合わせが好きです。デニムの色は濃すぎず薄すぎずの中間のブルージーンズ、下品にならない程度のダメージ加工が入っているのもいいです。ぴったりすぎず、だらしなさすぎずのラインで、裾は折らずに少しだぼついている感じです。シャツの上は黒いジャケット、靴は茶系のワークブーツできれいめに。これに黒ぶちメガネと茶系のハットをかぶってたら完璧に好印象です。【女性 30代】

Tシャツとデニムパンツというと両方ともとてもカジュアルなアイテムなので、少しでもシックになるように、どちらか体にフィットするようにしてほしいかな。個人的に、Tシャツは濃い色が好き。グレーのタイトなTシャツに、自然な色のデニムパンツ、布のシンオウルなスニーカー、そしておしゃれなバッグをもっていたら、私の中の高感度はアップです!【女性 20代】

 

Tシャツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


Tシャツ+デニムパンツの着こなし方関連ページ一覧

Tシャツ(白)の着こなし方
白Tシャツはデニムと合わせると爽やかでカジュアルな印象に決まります。ただ、それだけだとシンプルすぎるので、重ね着にしたりベルトを見せたり、またオシャレなサンダルやブレスレットをプラスするとなお良いです。
Tシャツ(黒)の着こなし方
黒×オリーブの組み合わせは男らしさを感じさせるクールなカジュアルスタイルにぴったりです。黒のTシャツ、オリーブカラーのボトムス、さらにインナーやベルトで少し見える程度に白を配色してあげるとバッチリです。
Tシャツ(赤)の着こなし方
赤色のTシャツはボーダーカットソーをインナーに、重ね着にすると着やすくなります。ボトムスは黒のカーゴパンツでカジュアルに、シューズも黒でまとめます。赤色のトップスをサラリと着こなすとオシャレ感もUPです。
Tシャツ(グレー)の着こなし方
グレーのTシャツ×ボーダー柄カットソーの重ね着に、ユーズド加工のデニムパンツ、レザーのサンダルでまとめれば男カジュアルスタイルの完成です。さらにレザーのベルトやブレスレットを加えればオシャレ度UPです。
Tシャツ(ネイビー)の着こなし方
ボーダー柄をインナーに、ネイビーのTシャツで重ね着し、カーゴパンツ、サンダルを合わせれば、気軽なのにカッコ良い、ラフ・カジュアルスタイルの完成です。ベルトやブレスレットなどをプラスすればオシャレ度UPです。
Tシャツ(緑)の着こなし方
緑のTシャツはベージュのボトムスと合わせると軽やかな印象に仕上がります。トップスは白カットソーなどと重ね着にしてもGOOD。茶色のベルトや黒のサンダルでまとめればダラッとした印象にならずに済みます。
Tシャツ(イエロー)の着こなし方
イエローのTシャツは明るくお洒落な雰囲気を演出してくれるうえに、グレーやデニムカラー、茶色、黒などとの相性も良いので使い易いアイテムです。Tシャツの重ね着とデニムパンツに、黒や茶色のアイテムでまとめます。
Tシャツ(ブラウン)の着こなし方
ブラウンのTシャツは同系色のカーゴパンツと合わせると、カジュアルながらも落ち着いた印象に仕上がります。また、トップスを重ね着にするとお洒落感もUP。足元は黒のスニーカーを選ぶと全体の配色がまとまります。
Tシャツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュのように柔らかな色味のTシャツは、男らしさを感じさせるアイテムとコーディネートするとGOODです。黒のカットソーと重ね着にし、テーパードシルエットデニムパンツ、黒のブーツを合わせれば完成です。
Tシャツ(チャコール)の着こなし方
チャコールのTシャツはベージュのボトムスと合わせると清潔感のある柔らかな印象に仕上がります。足元に茶色のブーツを持って来れば男らしさもUP。白のカットソーで重ね着にすれば、お洒落な休日コーデの完成です。
Tシャツ+カーディガンの着こなし方
Tシャツに合わせるカーディガンは色味にムラのある素材の物を選ぶと地味にならずに済みます。ボトムスはデニムパンツ、足元はスニーカーでカジュアル感をプラス。ネックレスを足すとよりオシャレな仕上がりになります。
Tシャツ+シャツの着こなし方
年中を通して使えるTシャツとシャツの重ね着コーデはぜひポイントを押さえておきたいところです。チェック柄シャツを合わせる場合、配色はその柄にある色をメインにするとまとめやすいです。靴は茶色だと外しが少ないです。
Tシャツ+ポロシャツの着こなし方
ポロシャツは大人の男らしさを演出するのにピッタリなアイテムです。Tシャツをインナーに重ね着し、ボトムスとシューズは黒で大人っぽく纏めます。腕が見える程度の袖丈ならブレスレットを付けるとお洒落感UPです。
Tシャツ+カットソーの着こなし方
2種類のカットソーを重ね着する場合、上のTシャツを白、ボトムスはベージュまたはブラウン系にしておくと、インナーの色を選びやすくなります。オシャレに仕上げたい時はボーダー、シンプルに黒や白でもOKです。
Tシャツ+タンクトップの着こなし方
Tシャツの裾からインナーのタンクトップをのぞかせる重ね着は、タンクトップをトップスとボトムスの中間色にしたり、配色の差し色としてビビットカラーにしたりと、より一層オシャレを楽しみたい方におすすめです。
Tシャツ+カーゴパンツの着こなし方
Tシャツとカーゴパンツのコーディネートではダラッとした印象になってしまわないように注意です。カーゴパンツは細めでしっかりした質感の物を選ぶとオシャレカジュアルにまとまります。靴は黒のスニーカーが無難です。
Tシャツ+クロップドパンツの着こなし方
Tシャツの重ね着、ベージュのクロップドパンツ、レザー素材のお洒落なサンダルで、夏にピッタリな爽やかコーデの完成です。ベージュのボトムスは黒や白、赤、ネイビーなど色々なカラーとの相性が良いので着回しも楽しめます。
Tシャツ+カラーパンツの着こなし方
男らしい黒のTシャツは、ベージュのカラーパンツと合わせると清潔感のある印象に仕上がります。また、白色のTシャツと重ね着にしたり、細めのブレスレットを付けたりしてもオシャレです。靴はブラウンを合わせます。
Tシャツ+チノパンの着こなし方
Tシャツ1枚をサラリと着る時は、ダラッとした印象になってしまわないように、シルエットをキレイに見せてくれるボトムスと合わせるのがおすすめです。また、ベージュのチノパンとなら男らしいカジュアル感を演出できます。
Tシャツ+ハーフパンツの着こなし方
Tシャツとハーフパンツのコーディネートは、黒×白×グレーといったモノクロカラーで配色すると子供っぽくならずに済みます。また、Tシャツは白をメインに重ね着すると爽やかな雰囲気で、夏にピッタリな装いになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP