tシャツ カラーパンツ

Tシャツ+カラーパンツの着こなし方

Tシャツとカラーパンツを合わせる着こなし方

Tシャツ(黒)・カラーパンツ(ベージュ)・5分袖カットソー(白)・ブーツ(茶)

 

黒の英字入りTシャツとベージュのカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

黒のTシャツとベージュのカラーパンツを合わせた男らしいカジュアルスタイルです。黒Tシャツはデニムパンツとの相性も良いのですがボトムスにベージュのカラーパンツを持ってくると清潔感のある印象に仕上がります。

 

Tシャツの英字と同じ白のカットソーをインナーに重ね着するとメリハリのある色合いに。靴は配色のバランスが良いブラウンを合わせます。また細めのブレスレットを付けるとさり気ないオシャレを演出できます。差し色として赤色を入れても良いです。

 

 

Tシャツ(グレーボーダー)・カラーパンツ(ベージュ)・デッキシューズ(茶)

 

グレーボーダーのTシャツにベージュのカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

子供っぽい印象になりがちなボーダーのTシャツですが、写真のものは淡いグレーのマルチボーダーとなっており、大人の雰囲気溢れる落ち着いた1枚となっています。シンプル過ぎないので、これ1枚で着ることができます。

 

Tシャツにはデニムを組み合わせてしまいがちですが、ベージュのカラーパンツをチョイスすることでキレイめな雰囲気をプラスしています。足元はレザーのデッキシューズを履くことで更に爽やかさが増しています。

 

 

Tシャツ(グレー)・カラーパンツ(ベージュ)・カットソー(白)・スニーカー(茶)

 

グレーのTシャツにベージュのカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

グレーのTシャツは色々なコーディネートに着回しが効くため人気のアイテムになっています。写真では下にホワイトのカットソーを合わせ、重ね着スタイルとして着こなしています。ボトムスはベージュのカラーパンツ。

 

ベージュとグレーは淡い色同時で相性が良いので、優しい色のコーディネートにしたい時は定番の組み合わせです。靴はブラウンのトレッキングスニーカーで重さを出し、全体のバランスを良くしています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

Tシャツとカラーパンツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

Tシャツは白のぴっちり目の奴で絵柄は少し女物っぽい(英字)のにします。カラーパンツはワインレッド色のものを履き、たいと目で。全体的にユニセックスな感じにしますが、ブーツやネックレスなどをごつごつとしたもので男らしさもだします。カラーパンツは紫なども好きで、赤っぽい色がいいですね。Tシャツは白がいいですが、黒でも似合うのでは無いかと思います。【男性 10代後半】

ものすごくシンプルに着こなすのであれば、タイトな白Tシャツにワインレッドなどの濃い色のスキニー、ブーツを合わせます。シンプル過ぎないよう、ベルトはゴツめで何点かアクセサリーを合わせると似合います。アクセサリーはつけすぎると気持ち悪いので注意です。私は首が細いのでストールやチョーカーなどをまいてます。【男性 20代】

ちょっと着こなすセンスが問われそうな組み合わせですね。上半身を黒や白のみとするとどことなく浮いているように感じるし、カラーパンツの色と同じTシャツにすると少し時代遅れな服装になってそうです。なので、カラーパンツの色に負けないように、シャツの上にカーディガンなどを重ね着し、シャツをカラーパンツと同じ色にして、カーディガンをダークな色にすれば中々イケるんじゃないでしょうか。【男性 20代】

Tシャツとカラーデニムを合わせてみます。私は白のTシャツが好きなのですが、白は白以外のすべての色と合ってしまうので、ここではピンクで考えてみます。あまりきつくないピンク、桜色くらいのイメージです。パンツの色はグレーで、少し落ち着いた深い色めのもの。靴は臙脂のスニーカーにします。プラスワンで、キャップをかぶってもいいとおもいます。色はグレーで、パンツより明るいグレーにします。【男性 30代】

Tシャツとカラーパンツを着こなす場合は、カラーパンツの色で合わせ方が異なります。間違いないのはホワイトのスリムなカラーパンツです。上にマリンブルーやグリーンやワインレッドのボーダーのTシャツを合わせます。ブルーのソックスにモカシンまたはホワイトのスニーカーを合わせます。無地Tシャツならば霜降りグレーやベージュグレーなどの渋い色がきれいです。 【男性 40代】

 

好感のもてるTシャツとカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カラーパンツを穿く場合、そのパンツの色を活かす着こなし方をして欲しいと思います。最近では、白いパンツが人気ですよね。色白の方の場合は、トップスにパステルカラーを持ってくることで、穏やかな印象を与えることができて、好感が持てます。また、日焼けをしている方はビィビッドなカラーのトップスを合わせることで、元気そうな印象を与えられ、好感が持てます。靴には、シンプルなスニーカーが良いでしょう。【女性 30代】

私の中で、男性は派手すぎず、地味すぎない人が好きなので、カラーパンツも濃い赤や落ち着いたパステルカラーのパンツなどにして、派手さがありながら、疲れる色じゃないのが理想。そして、Tシャツは、私は無地が好きなので、無地の落ち着いた淡い色のTシャツを着てもらいたいな。これに布の肩掛けバッグをもてば、落ち着いた上品なおしゃれ上級者という感じで目をひきます!【女性 20代】

カラーパンツを着るなら、黒、紺、紫などの、濃い目、暗めの色のほうが締まって見えると思います。トップスは、淡目の色がベースのシャツもしくはTシャツ(白・ベージュ・水色・グレー)を着て、なるべく無地よりも、ボーダーやチェック、動物のプリントなど、ワンポイントとなるようなモノのほうがおしゃれに見えます。靴は、個性を出したいのなら柄物のほうがいいと思いますが、その場合はトップスは抑え目のほうがいいかも。靴を派手にするならトップスを控えめに、トップスを派手にするなら靴を控えめにするなど、強調したいところは一つのほうがスッキリ見えます。トップスが派手なら、ボトムスと被らない、シンプルな物を履くといいと思います。

 

Tシャツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


Tシャツ+カラーパンツの着こなし方関連ページ一覧

Tシャツ(白)の着こなし方
白Tシャツはデニムと合わせると爽やかでカジュアルな印象に決まります。ただ、それだけだとシンプルすぎるので、重ね着にしたりベルトを見せたり、またオシャレなサンダルやブレスレットをプラスするとなお良いです。
Tシャツ(黒)の着こなし方
黒×オリーブの組み合わせは男らしさを感じさせるクールなカジュアルスタイルにぴったりです。黒のTシャツ、オリーブカラーのボトムス、さらにインナーやベルトで少し見える程度に白を配色してあげるとバッチリです。
Tシャツ(赤)の着こなし方
赤色のTシャツはボーダーカットソーをインナーに、重ね着にすると着やすくなります。ボトムスは黒のカーゴパンツでカジュアルに、シューズも黒でまとめます。赤色のトップスをサラリと着こなすとオシャレ感もUPです。
Tシャツ(グレー)の着こなし方
グレーのTシャツ×ボーダー柄カットソーの重ね着に、ユーズド加工のデニムパンツ、レザーのサンダルでまとめれば男カジュアルスタイルの完成です。さらにレザーのベルトやブレスレットを加えればオシャレ度UPです。
Tシャツ(ネイビー)の着こなし方
ボーダー柄をインナーに、ネイビーのTシャツで重ね着し、カーゴパンツ、サンダルを合わせれば、気軽なのにカッコ良い、ラフ・カジュアルスタイルの完成です。ベルトやブレスレットなどをプラスすればオシャレ度UPです。
Tシャツ(緑)の着こなし方
緑のTシャツはベージュのボトムスと合わせると軽やかな印象に仕上がります。トップスは白カットソーなどと重ね着にしてもGOOD。茶色のベルトや黒のサンダルでまとめればダラッとした印象にならずに済みます。
Tシャツ(イエロー)の着こなし方
イエローのTシャツは明るくお洒落な雰囲気を演出してくれるうえに、グレーやデニムカラー、茶色、黒などとの相性も良いので使い易いアイテムです。Tシャツの重ね着とデニムパンツに、黒や茶色のアイテムでまとめます。
Tシャツ(ブラウン)の着こなし方
ブラウンのTシャツは同系色のカーゴパンツと合わせると、カジュアルながらも落ち着いた印象に仕上がります。また、トップスを重ね着にするとお洒落感もUP。足元は黒のスニーカーを選ぶと全体の配色がまとまります。
Tシャツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュのように柔らかな色味のTシャツは、男らしさを感じさせるアイテムとコーディネートするとGOODです。黒のカットソーと重ね着にし、テーパードシルエットデニムパンツ、黒のブーツを合わせれば完成です。
Tシャツ(チャコール)の着こなし方
チャコールのTシャツはベージュのボトムスと合わせると清潔感のある柔らかな印象に仕上がります。足元に茶色のブーツを持って来れば男らしさもUP。白のカットソーで重ね着にすれば、お洒落な休日コーデの完成です。
Tシャツ+カーディガンの着こなし方
Tシャツに合わせるカーディガンは色味にムラのある素材の物を選ぶと地味にならずに済みます。ボトムスはデニムパンツ、足元はスニーカーでカジュアル感をプラス。ネックレスを足すとよりオシャレな仕上がりになります。
Tシャツ+シャツの着こなし方
年中を通して使えるTシャツとシャツの重ね着コーデはぜひポイントを押さえておきたいところです。チェック柄シャツを合わせる場合、配色はその柄にある色をメインにするとまとめやすいです。靴は茶色だと外しが少ないです。
Tシャツ+ポロシャツの着こなし方
ポロシャツは大人の男らしさを演出するのにピッタリなアイテムです。Tシャツをインナーに重ね着し、ボトムスとシューズは黒で大人っぽく纏めます。腕が見える程度の袖丈ならブレスレットを付けるとお洒落感UPです。
Tシャツ+カットソーの着こなし方
2種類のカットソーを重ね着する場合、上のTシャツを白、ボトムスはベージュまたはブラウン系にしておくと、インナーの色を選びやすくなります。オシャレに仕上げたい時はボーダー、シンプルに黒や白でもOKです。
Tシャツ+タンクトップの着こなし方
Tシャツの裾からインナーのタンクトップをのぞかせる重ね着は、タンクトップをトップスとボトムスの中間色にしたり、配色の差し色としてビビットカラーにしたりと、より一層オシャレを楽しみたい方におすすめです。
Tシャツ+デニムパンツの着こなし方
Tシャツとデニムパンツはとても相性が良いですが、一口にデニムパンツと言っても様々な種類があります。キレイめカジュアルやラフなど、男らしく決まるデニムの一つには、テーパードシルエットデニムが挙げられます。
Tシャツ+カーゴパンツの着こなし方
Tシャツとカーゴパンツのコーディネートではダラッとした印象になってしまわないように注意です。カーゴパンツは細めでしっかりした質感の物を選ぶとオシャレカジュアルにまとまります。靴は黒のスニーカーが無難です。
Tシャツ+クロップドパンツの着こなし方
Tシャツの重ね着、ベージュのクロップドパンツ、レザー素材のお洒落なサンダルで、夏にピッタリな爽やかコーデの完成です。ベージュのボトムスは黒や白、赤、ネイビーなど色々なカラーとの相性が良いので着回しも楽しめます。
Tシャツ+チノパンの着こなし方
Tシャツ1枚をサラリと着る時は、ダラッとした印象になってしまわないように、シルエットをキレイに見せてくれるボトムスと合わせるのがおすすめです。また、ベージュのチノパンとなら男らしいカジュアル感を演出できます。
Tシャツ+ハーフパンツの着こなし方
Tシャツとハーフパンツのコーディネートは、黒×白×グレーといったモノクロカラーで配色すると子供っぽくならずに済みます。また、Tシャツは白をメインに重ね着すると爽やかな雰囲気で、夏にピッタリな装いになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP