山形 服装 1月

山形県山形市に親戚を訪ねに行った時の服装 体験談(1月)

山形県山形市に親戚を訪ねに行った時の服装 体験談(1月10日)

1月10日ごろ山形県山形市にお正月のあいさつで親戚を訪ねに行きました。
親戚からはなるべく暖かい恰好で来たほうがいいといわれていたので、
ダウンジャケット、フリース、デニム、スニーカーにマフラーをしていきました。

 

現地では雪が降っていて風も強かったのですが厚着をしたおかげかそれほど
寒くは感じませんでした。しかし田舎のほうだったせいか除雪がされていない
ところもあり道路は雪が深く積もっていました。

 

足のくるぶしまで雪が積もっていたためスニーカーで歩き回ると靴ごと足が濡れて
しまいました。また凍っていた道の上は滑りやすく危なかったです。防水タイプの
滑りにくいブーツを履いていけばよかったです。

 

現地の人の中には長靴をはいている人もいました。またニット帽などの帽子も
必要でした。雪が降っているため髪が濡れてしまうからです。風の強い日は傘を
さすのが難しいですから帽子などで雪を防いだほうがいいと思いました。

 

(22歳 男性 茨城県在住)

 

 

 

東北へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP