青森 スキー 服装

青森県大鰐町にスキーに行った時の服装 体験談(12月)

青森県大鰐町にスキーに行った時の服装 体験談(12月10日)

友達4人で1泊2日のスキー旅行に行きました。
今回の旅先と同じ青森に住んでいるのですが、私の住んでいる太平洋側と
日本海側では気候、特に積雪量は雲泥の差があるので、念のために防寒具
は普段より多めに準備万端で向かいました。

 

雪国の方やウインタースポーツをやった方は経験があると思うのですが、真冬の
雪の中でも激しい運動をすると思っている以上に汗をかいてしまいます。なので、
まず替えの下着と靴下は3枚持っていきました。

 

スキー場に向かうまでの服装は厚手のセーターとジーンズ、その下にスポーツタイツ。
それとダッフルコートとマフラー、グローブタイプの手袋、靴は防寒使用のブーツです。
日本海側特有の寒さはありましたが、普通に行動するぐらいは私のしていった服装
でも問題ありませんでした。

 

しかし、目的のスキーをしていた時、なぜか普段よりもよく鼻水が出ました。スキーを
している最中はもちろんスキー仕様の服装でしたが、地元のスキー場で滑っている時
はそれほど出ないのに、これも気候の違いによるものだったのか、まるで風邪を引いて
いる時のようにたらたら出てしまいました。

 

一応ポケットティッシュは1袋持って行ったのですが、全然足りずに困りました。周りは
雪なので、雪で拭うこともできますが、女性と一緒にいる側ではなかなかそんな行動
とれませんからね。

 

服装はばっちりだったんですが、ポケットティッシュは盲点でした。慣れない旅先では、
ティッシュなどの常備品も多めに持っていくべきですね。

 

(30歳 男性 青森県在住)

 

 

 

東北へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP