会津 スノーボード

福島会津市へスノーボードに行った時の服装 体験談 ( 12月〜3月 )

福島会津市へスノーボードに行った時の服装 体験談 ( 12月〜3月 )

私は毎年12月〜3月にかけて、日帰りツアーでスノーボードをするために福島県
会津市の会津たかつえスキー場に行きます。

 

だいたい朝の7時ごろにどこかの駅からの出発なのですが、主要な駅まで電車で
向かい、そこからはバスで雪山に向かいます。帰りもその逆のルートになっています。

 

私はすでに慣れたこともあり、行きはスノーボードのウェアで向かい、帰りはジャージ
か私服で帰ります。行きの場合はバスの中では他の人もウェアを着ている人はたく
さんいるので、恥ずかしさはありませんでした。また最近のウェアはデザインがカジュ
アル的になっていることと、割と大荷物で移動しているので電車でもスキー、スノー
ボードに行くんだなぐらいにしか思われません。

 

私服の場合は全身防寒でマフラー、手袋に加えタイツまで履いていきます。
服はジャケットやコートを着ていますが、なるべく撥水性のあるものにしています。

 

靴についても水がしみなそうなもにしています。私はあまり気にしませんがスノーボード
をする時はずっとニット帽をかぶっているので、髪型がくずれることは間違いありません。

 

そのまま帰ることもできますが、雪山で帽子が濡れてしまうこともあるので気になる人
は別の帽子も用意しておくと良いと思いました。

 

 

 

東北へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP