赤セーター 着こなし メンズ

セーター(赤)の着こなし方

セーター(赤)の着こなし方

セーター(赤ボーダー)・シャツ(白)・カーゴパンツ(黒)・シューズ(黒)

 

赤いボーダー柄セーターと黒のカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

赤セーターを使ったコーディネートで注意したいのは、華やかでも決して派手になり過ぎないこと。グラデーション使いのボーダー柄セーターなら、上品な奥行きが表現でき、落ちついた雰囲気を演出できます。

 

堅くなり過ぎなシャツとのコーディネートも、深みのあるワインならぐっとオシャレでこなれた印象に。インナーの色は、白などの淡色がおススメです。黒基調のキレイめシルエットのボトムスでメリハリを付け、大人の赤色コーデを楽しめます。

 

 

セーター(赤)・ダッフルコート(グレー)・カーゴパンツ(黒)・シューズ(グレー)

 

ライン入りの赤いセーターと黒のカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

大人っぽさをグッと引き立てたい時には、チルデンニットがおすすめです。赤のチルデンニットは、ホワイトシャツやテーラードジャケット、スラックスと合わせると簡単に上品さ漂う装いにスタイリングできます。

 

また、ダッフルコートのような、やや幼さのあるアイテムと合わせてもGOOD。セーターの大人っぽさとコートの甘さが絶妙にマッチした仕上がりに。ボトムスには黒でタイトめな物を合わせると全体のバランスを整えやすいです。

 

 

セーター(赤)・ピーコート(黒)・カラーパンツ(ベージュ)・シューズ(黒)

 

赤いセーターと黒のピーコートを合わせた着こなし画像

 

ふんわりとした上質な見栄えのセーターは、それ1着でいろいろな着こなしが楽しめます。デートやレストランでのディナーなど、キレイめにキメたい時は、ピーコートやテーラードジャケットにベージュのカラーパンツなどが向いています。

 

友人との気軽なお出掛けにはデニムパンツでカジュアルに。休日のラフな装いにはカーゴパンツでゆったりと、といった具合です。深みのある赤は大人っぽさと男らしさを演出してくれます。また黒のインナーと重ね着にしてもオシャレです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

赤セーターをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

自分が持っているのはクルーネックの細身の赤色のリブ編みセーターです。インナーにTシャツを着ますが、絶対にそれが首もとから見えないように気をつけています。パンツは細めのブラック、または細めのジーンズを合わせています。ジーンズはあまり色落ちしていない、きれいめのものです。足もとはスニーカーをよく合わせます。 【男性 30代】

私が赤色セーターを着るときは下にスキニーパンツを穿き、靴は白のハイカットスニーカーでよく合わせます。そして頭にはニット帽を合わせることが多いですね。気をつけていることは着こなし方ではないのですが、クリスマスに着ないようにすることです(笑)一度、クリスマスに着ていろいろおちょくられたことがありますので(笑)【男性 30代】

赤色のセーターはインナーに白のシャツ、細めの黒タイをしてもオシャレです。アウターは黒やネイビーのPコートを合わせます。赤いセーターならオリーブ色のアウターもとても合うと思います。インナーはカットソーなどで見えないようにして一枚着で見せてもいいと思います。パンツはチノやジーンズ。ダークブラウンのコーデュロイパンツも合うと思います靴はカジュアルならば白や黒、グレーのスニーカーやベージュのスエード素材のものなども。【男性 30代】

赤色のセーターをチョイスする際は、中に着る服を落ち着いた白かグレー系がお薦めかな。外が赤色でただでさえ強く主張する色を持ってきているのに、中まで色の濃いものを合わせたらお互いに色が喧嘩して見た目が仰々しくなっちゃうんだ。また少しでも赤の強い色を抑えるためにショルダーバッグやリュックなどをからうとベルトのラインがワンポイントとなってきれいにまとまるよね。【男性 20代】

普段わりと地味目の色の服を好んで着ていて(茶系、グレイ系、紺、モノトーンなど)、赤い服とは無縁だったんですが、このアンケート項目を見ていて、そういえば、とタンスの奥から、ちょっと黒みがかった深い色の赤の丸首セーターを引っ張り出しました。6,7年前に、人からプレゼントされたもので、そのころに数回来ただけでタンスに眠っていました。そのセーターをテーマに、部屋でいろいろコーディネイトしてみました。結果、「ベスト」と自分で思ったのは、シャツは明るい目のグレイのボタンダウン。パンツはやや濃いめのグレイのチノパン。靴は明るい茶のレザー。モスグリーンのトレンチっぽいちょっとオールドファッションのコート。マフラーが好きなので、ダークブラウンのリバーシブルを。ほかにもいろいろ試してみましたが、発見したのは、赤いセーターはかなり守備範囲が広く、たとえば真紅だったとしても、色合わせが実はしやすいということでした。若いころは敬遠していた色ですが、これからはレパートリーにぜひ加えようと思っています。【男性 30代】

 

好感のもてる男性の赤セーターの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

赤のセーターは華やかな印象ですね!そういう時は白系を持ってくるとハズレませんよ☆白シャツに赤のセーター。同系色ならストライプの物でもオーケーです!また、これに〜白のパンツを合わせるとイカスと思います♪白のパンツ?って思うかもしれないけど、想像以上に華やかな印象になります。また、靴などでレザーシューズなど……中間色を使うなら茶系を推しますね! 【女性 20代】

赤色セーターは個性的なアイテムですが、配色に気をつけたら上品な印象になりますよ。インパクトが強すぎる時は、ダウンベストをはおると中和されて良い感じです。ボトムはジーンズでも良いけれど、ベージュやネイビーも相性が良いと思います。暗い色を合わせると対比できつく見えてしまうので、裾から白のシャツを見せると、清潔感が出て良いと思います。【女性 20代】

赤色セーターはそれだけで目をひくアイテムです。思い切って可愛らしく着こなしているのが個人的には好印象。ネイビーのピーコートやグレーのダッフルコートのインにもってきたり、クロップドパンツ+ソックス+レースアップシューズとコーディネートしてほしいです。アーミー風カーキのアイテムと合わせているのも好きです。【女性 30代】

 

セーターの着こなし方一覧に戻る

 

セーター(赤系)の着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


セーター(赤)の着こなし方関連ページ一覧

セーター(黒)の着こなし方
メンズファッションに欠かす事ができないのが、黒のトップス。柔らかな印象の強いニットでも、黒はやっぱりタフでハードなイメージがあります。男らしい黒のニットをスリムに着こなすコツを、写真と共にご紹介しています。
セーター(白)の着こなし方
メンズの上品コーデの代表格とも言えるのが、白のニットです。秋冬にふさわしいぬくもりと、クラシカルな気品漂うホワイトニットを、周囲と一歩差をつけて着こなすためのポイントを、写真を例に挙げて説明します。
セーター(グレー)の着こなし方
柔らかで落ち着きのあるグレーのセーターは、キレイ目なチノパンと合わせても、タフなカーゴパンツと合わせても好相性です。幅広いコーディネートで着回せるので、ぜひ一点は持っておきたいアイテムです。
セーター(ベージュ)の着こなし方
秋冬の着こなしには欠かせない、スリムで綺麗なシルエットのニット。中でもベージュは人気のカラーのひとつです。着回し力抜群な定番ニットを、周囲よりもワンランクオシャレに着こなすためのコツをご紹介します。
セーター(オレンジ)の着こなし方
黒やグレーの定番コーデに飽きてしまったら、ぜひトライしたいのがオレンジなどの暖色ニットを使った着こなしです。派手目なオレンジのニットを、大人っぽくコーディネートするためのポイントを、写真でご紹介しています。
セーター(ボーダー柄)の着こなし方
秋冬ニットの定番として外す事ができないアイテムは、何と言ってもボーダーニットです。着こなしを間違えればダサい、子供っぽい印象になりがちなボーダーニットを、大人らしく上品に着こなすコツをご紹介しています。
セーター(チェック柄)の着こなし方
ボーダーと並び、ニットの定番柄と言われているのが、チェックです。この秋冬のファッションシーンにぜひ取り入れたい、バイアスチェックのニットのオシャレな着こなし方について、写真と共にご紹介しています。
セーター(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガード柄のニットは、秋冬のアイテムとして一つは持っておくと便利なアイテム。一歩間違えると派手すぎてしまうジャガードニットを、大人らしく綺麗に着こなすためのコツを、写真と共に紹介しています。
セーター(アーガイル柄)の着こなし方
ニットで上品な大人スタイルを目指すなら、アーガイル柄は外せないアイテムですね。色味やコーディネートを工夫して、上品でありながら男らしく、程良くカジュアルに着こなすためのコツについて、ご紹介しています。
セーター(シャギー)の着こなし方
独特の風合いがあるシャギーニットは、その素材感だけで存在を主張できる貴重なアイテムです。大人らしい余裕で、シンプルなデザインを、シンプルに着こなすためのコツについて、写真と一緒にご紹介しています。
ライン入りセーターの着こなし方
胸元にラインの入ったセーターは、男のキレイ目スタイルの定番アイテム。上品に着こなすためには、シャツやボトムスとの組み合わせが重要です。シルエットにこだわった、大人のトラッドコーデを目指します。
タートルネックセーターの着こなし方
首回りが温かいタートルネックのセーターは秋冬の定番アイテムですが、地味になりがちなのが難点。深みのあるカラーをチョイスし、スリムなシルエットで着こなす事で、シンプルだけれど人目を引くオシャレ感を演出できます。
セーター+ジャケットの着こなし方
シンプルなセーターなら、合わせるジャケットも幅広く選べます。カジュアルなデニムジャケットも、シックなブラックセーターとコーデすればシックで落ち着いた印象に。大人のオフスタイルをさらに楽しめます。
セーター+コートの着こなし方
手持ちのVネックセーターを、もっとカジュアルに着こなしたいなら、フード付きのダッフルコートなどがおススメです。セーターの上品さをコートが程良くカジュアルにブレンドし、デートにぴったりの甘さをプラスしてくれます。
セーター+シャツの着こなし方
大人カジュアルの定番アイテム、ラインセーター。美しく着こなすには、インナーのシャツ選びが重要なポイントです。クラッシックな白シャツを合わせてキレイめ感をプラスすれば、デートなどにも好印象なオフスタイルの完成です。
セーター+カットソーの着こなし方
セーターとカットソーのコーディネートは秋冬には外せませんが、上手くレイヤードするのが難しいのが難点です。着こなしのしやすいグレーや黒を基調としたコーデなら、無理のない重ね着感が楽しめておススメです。
セーター+デニムパンツの着こなし方
ざっくりした温かみのあるセーターのボトムスには、定番のデニムがやっぱりおススメ。ウォッシュ加工などで立体感を出したボトムを合わせる事で、セーターの柔らかさや素材感が引き立ち、洗練されたオシャレを演出します。
セーター+カラーパンツの着こなし方
定番のアーガイルセーターを買ったはいいけれど、合わせるボトムスが難しい時に活躍するのがカラーパンツです。どんなトップスにも合わせやすく、スッキリしたシルエットがセーターの上品さを引き立ててくれます。
セーター+カーゴパンツの着こなし方
柔らかみのあるセーターを男らしく着こなしたい時には、カーゴパンツとのコーデがおススメです。トップスのシルエットに合わせたデザインをチョイスすれば、無理なく自然に着こなせ、スパイシーな雰囲気を演出できます。
セーター+チノパンの着こなし方
セーターを使ったキレイ目コーデの定番と言えば、チノパンとの組み合わせです。適当に合わせても無難に決まるだけに、細部にこだわってオシャレ感を演出したい所。セーターの魅力を損なわないデザインを徹底して選びます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP