セーター グレー 着こなし

セーター(グレー)の着こなし方

セーター(グレー)の着こなし方

セーター(グレー)・カットソー(黒)・カーゴパンツ(カーキ)・シューズ(黒)

 

グレーのセーターとカーキのカーゴパンツの着こなし画像

 

優しく、落ち着いた印象のあるグレーのセーターは、女性からも好印象間違いなしの優れものです。写真では、タフなカーゴパンツと合わせる事で、上品な中にも男らしさをプラスしています。

 

襟や袖にレイヤードを効かせているのもオシャレです。逆に、キレイ目のチノパンと合わせれば、それだけで柔らかな大人カジュアルが楽しめます。余裕のある印象を引き立てるため、ボトムスも真っ直ぐなシルエットを意識してチョイスするのがポイントです。

 

 

セーター(グレー)・ピーコート(黒)・デニムパンツ・シューズ(黒)

 

グレーのジャガード柄セーターと黒のピーコートを合わせた着こなし画像

 

シックにキマるグレーのセーターは、モノクロでまとめると男らしくカッコ良い仕上がりになります。ただ、アウターからのぞくセーターが無地だとやや地味な印象になってしまうことも。

 

シンプルにまとめたいけど、ちょっと地味かな、と感じる時には、ライン状やワインポイント程度に柄の入っている物を選べば、解決できます。こちらの写真で着用しているのは、ライン状にジャガード柄が入ったタイプ。柄の色味が程よいアクセントになっています。

 

 

セーター(フェイク)・ジャケット(茶)・カラーパンツ(ベージュ)・シューズ(黒茶)

 

フェイクレイヤードのセーターとベージュのカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

グレーのセーターは多くの色と相性が良いので、主役としてもアクセントとしても使いやすいです。

 

また、複数の色を繋げてくれる調和的な役割もしっかりこなしてくれるので、たまには違った色合いを試してみたい、色味が多すぎてうまくまとめられない、という時にもぜひ取り入れたいアイテムです。こちらの写真ではフェイクレイヤードタイプを着用していますが、紫、緑、オレンジ、茶色、ベージュと多色をうまく調和させています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

グレーのセーターをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

Vネックで細身のグレーカラーのセーターを着用しています。セーターの下にはホワイトカラーのシャツを合わせています。パンツはブラックカラーの細身のものを合わせています。靴はグレーカラー、もしくはオレンジカラーのスニーカーです。セーターやパンツのカラーが地味なので派手目のカラーのスニーカーを合わせるといい感じでアクセントになります。 【男性 30代】

グレーのセーターは色使いとしては難しいと思います。特にインナーに色のものを合わせるとお年寄りのコーディネートみたいになりそうです。やはり白いシャツなどでを着てモノトーンでシックに着こなすのがいいと思います。パンツも黒や白など色味のないものか、色があっても濃い目のブラウン系のものがいいと思います。セーターも薄手でVネックのものが野暮ったくなく軽めでいいと思います。【男性 40代】

グレーのセーターは丸首ではなくVネックが好きです。素材もカシミアや上質のメリノウールの薄いものです。色はミディアムグレー。下には薄いブルーのオックスフォードのストライプか無地のボタンダウンのシャツを合わせます。パンツはセーターより少し濃いグレーのウール素材か、薄いベージュからカーキのチノパンです。靴はデザートブーツ。【男性 40代】

グレーのセーターは職場でもプライベートでも着用しています。職場ではスラックスにそのまま合わせています。プライベートでは、チノパン、ジーンズなど、何にでも合わせています。一つ注意しているのは、ピタッとジャストサイズのを着ることです。当然、体系にも気を配っており、胸筋が強調されるような着こなしです。あとシルバーのアクセサリーは必須です。【男性 30代】 

グレーのセーターはインナーに白のシャツを持ってきます。パンツは黒か赤のカラーパンツかベージュのチノパン、インディゴブルーのジーンズなど。アウター以外にトップスはこれといって合せません。靴は黒やダークブラウンの革靴、或いは白やグレーのスニーカーなど。黒い細めのネクタイなどを気分で付けます。ネクタイ【男性 30代】

 

好感のもてる男性のグレーのセーターの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

グレーのセーターと言えば定番ですよね。なんにでも合うのでとても合わせやすいアイテムだと思います。しかしその反面で無難になりすぎてしまうんですよね。それはそれで悪くはないのですが、グレーの落ち着いたセーターでのコーデでも靴や小物などで少しキャラクターの強いものをもってくると、この人お洒落だなという感じで好感度は高いです。【女性 20代】

グレーのセーター自体色が地味なので、他のアイテムを派手目にしてはどうでしょうか。ジャケットを黒の入ったチェックとかにして、パンツを派手目な色にしては?服は抑え目にして、マフラーをカラフルな色にしてもいいかもしれませんね。思い切って赤色とか、オレンジとか巻いてみてはどうでしょう。靴はシンプルなもので。【女性 20代】

グレーのセーターは、黒より柔らかさや優しい雰囲気があって安心しますね。グレーって地味な印象がありますが、どんな色とも合わせやすく馴染みやすい色だと思うので、コートやボトムスはどんな形や色でも合うかなと思います。個人的には白のパンツと合わせてもらえると爽やかで好印象ですね。後はジーパンかな。柄物のパンツはグレーの良さが際立たないので合わないように思います。【女性 30代】

 

セーターの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


セーター(グレー)の着こなし方関連ページ一覧

セーター(黒)の着こなし方
メンズファッションに欠かす事ができないのが、黒のトップス。柔らかな印象の強いニットでも、黒はやっぱりタフでハードなイメージがあります。男らしい黒のニットをスリムに着こなすコツを、写真と共にご紹介しています。
セーター(白)の着こなし方
メンズの上品コーデの代表格とも言えるのが、白のニットです。秋冬にふさわしいぬくもりと、クラシカルな気品漂うホワイトニットを、周囲と一歩差をつけて着こなすためのポイントを、写真を例に挙げて説明します。
セーター(赤)の着こなし方
オシャレな男を演出するなら、黒やグレーだけでなく、赤のニットを使ったコーディネートもマスターしたいところ。華やかな赤にはシンプルなシャツやボトムなどと合わせて、スマートなコーディネートを目指しませんか?
セーター(ベージュ)の着こなし方
秋冬の着こなしには欠かせない、スリムで綺麗なシルエットのニット。中でもベージュは人気のカラーのひとつです。着回し力抜群な定番ニットを、周囲よりもワンランクオシャレに着こなすためのコツをご紹介します。
セーター(オレンジ)の着こなし方
黒やグレーの定番コーデに飽きてしまったら、ぜひトライしたいのがオレンジなどの暖色ニットを使った着こなしです。派手目なオレンジのニットを、大人っぽくコーディネートするためのポイントを、写真でご紹介しています。
セーター(ボーダー柄)の着こなし方
秋冬ニットの定番として外す事ができないアイテムは、何と言ってもボーダーニットです。着こなしを間違えればダサい、子供っぽい印象になりがちなボーダーニットを、大人らしく上品に着こなすコツをご紹介しています。
セーター(チェック柄)の着こなし方
ボーダーと並び、ニットの定番柄と言われているのが、チェックです。この秋冬のファッションシーンにぜひ取り入れたい、バイアスチェックのニットのオシャレな着こなし方について、写真と共にご紹介しています。
セーター(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガード柄のニットは、秋冬のアイテムとして一つは持っておくと便利なアイテム。一歩間違えると派手すぎてしまうジャガードニットを、大人らしく綺麗に着こなすためのコツを、写真と共に紹介しています。
セーター(アーガイル柄)の着こなし方
ニットで上品な大人スタイルを目指すなら、アーガイル柄は外せないアイテムですね。色味やコーディネートを工夫して、上品でありながら男らしく、程良くカジュアルに着こなすためのコツについて、ご紹介しています。
セーター(シャギー)の着こなし方
独特の風合いがあるシャギーニットは、その素材感だけで存在を主張できる貴重なアイテムです。大人らしい余裕で、シンプルなデザインを、シンプルに着こなすためのコツについて、写真と一緒にご紹介しています。
ライン入りセーターの着こなし方
胸元にラインの入ったセーターは、男のキレイ目スタイルの定番アイテム。上品に着こなすためには、シャツやボトムスとの組み合わせが重要です。シルエットにこだわった、大人のトラッドコーデを目指します。
タートルネックセーターの着こなし方
首回りが温かいタートルネックのセーターは秋冬の定番アイテムですが、地味になりがちなのが難点。深みのあるカラーをチョイスし、スリムなシルエットで着こなす事で、シンプルだけれど人目を引くオシャレ感を演出できます。
セーター+ジャケットの着こなし方
シンプルなセーターなら、合わせるジャケットも幅広く選べます。カジュアルなデニムジャケットも、シックなブラックセーターとコーデすればシックで落ち着いた印象に。大人のオフスタイルをさらに楽しめます。
セーター+コートの着こなし方
手持ちのVネックセーターを、もっとカジュアルに着こなしたいなら、フード付きのダッフルコートなどがおススメです。セーターの上品さをコートが程良くカジュアルにブレンドし、デートにぴったりの甘さをプラスしてくれます。
セーター+シャツの着こなし方
大人カジュアルの定番アイテム、ラインセーター。美しく着こなすには、インナーのシャツ選びが重要なポイントです。クラッシックな白シャツを合わせてキレイめ感をプラスすれば、デートなどにも好印象なオフスタイルの完成です。
セーター+カットソーの着こなし方
セーターとカットソーのコーディネートは秋冬には外せませんが、上手くレイヤードするのが難しいのが難点です。着こなしのしやすいグレーや黒を基調としたコーデなら、無理のない重ね着感が楽しめておススメです。
セーター+デニムパンツの着こなし方
ざっくりした温かみのあるセーターのボトムスには、定番のデニムがやっぱりおススメ。ウォッシュ加工などで立体感を出したボトムを合わせる事で、セーターの柔らかさや素材感が引き立ち、洗練されたオシャレを演出します。
セーター+カラーパンツの着こなし方
定番のアーガイルセーターを買ったはいいけれど、合わせるボトムスが難しい時に活躍するのがカラーパンツです。どんなトップスにも合わせやすく、スッキリしたシルエットがセーターの上品さを引き立ててくれます。
セーター+カーゴパンツの着こなし方
柔らかみのあるセーターを男らしく着こなしたい時には、カーゴパンツとのコーデがおススメです。トップスのシルエットに合わせたデザインをチョイスすれば、無理なく自然に着こなせ、スパイシーな雰囲気を演出できます。
セーター+チノパンの着こなし方
セーターを使ったキレイ目コーデの定番と言えば、チノパンとの組み合わせです。適当に合わせても無難に決まるだけに、細部にこだわってオシャレ感を演出したい所。セーターの魅力を損なわないデザインを徹底して選びます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP