セーター デニム 着こなし

セーター+デニムパンツの着こなし方

セーターとデニムパンツを合わせる着こなし方

セーター(グレー)・デニムパンツ・シャツ(サックス)・シャーズ(黒)

 

セーターとデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

ざっくりした印象のセーターは、スリムタイプより大人の余裕が感じられ、オフスタイルにぜひ取り入れたいアイテム。合わせるボトムスも、シンプルなだけではない立体感あるデニムパンツがぴったりです。

 

深みのあるセーターの素材感を、こだわりのヴィンテージ加工がさらに引き立て、大人の落ち着きを演出します。加工なしでも、深みのあるデニムなら好相性です。細部にまで気を使った、上品で落ち着きのあるコーディネートが完成します。

 

 

セーター(ボーダー)・デニムパンツ(紺)・カットソー(白)・スニーカー(黒)

 

ニットとデニムにトレッキングスニーカーを合わせた着こなし画像

 

全く違うブルー同士を合わせることでスタイリッシュに仕上げたコーディネートです。落ち着いた雰囲気のナローボーダーのニットセーターをトップスに持ってきています。落ち着いたインクブルーとグレーのボーダーとインナーシャツのホワイトがマッチしています。

 

ボトムスは同じブルーでもワンウォッシュの濃いブルー、サルエルタイプのデニムでオシャレ度もワンランクアップ。同じ色でもまた違った印象となり、また同じ色だからこそ全体的に統一感も出ます。

 

 

セーター(ワイン)・ダメージデニム・シューズ(黒)

 

ワインニットとデニムとバブーシュシューズを合わせた着こなし画像

 

一見ワインという色は着る人や服の系統を選びそうですが合わせる服次第であらゆる着こなしが出来る色です。ワインレッドのタートルネックセーターは一見シンプルに見えて、実はネック部分が非常に斬新でオシャレを感じさせます。

 

無地でもインパクトのあるセーターです。そこに合わせるのはダメージ加工のデニムパンツでペイントなどの装飾がしてあるためトップスと非常に調和が取れています。靴には黒のバブーシュシューズを選びカジュアル感をプラスしています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

セーターとデニムパンツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

セーターとデニムパンツの組み合わせは寒い時期には最適なインナーの組み合わせだと思います。会社にはさすがにいけないですが、アーガイル柄のセーターと、中に白いシャツを着て、デニムの細身のパンツを履けば色々な場面にあっても対応できるプライベートでのスタンダードな服装にすることができます。悩んだときはちょうどよいでしょう。【男性 20代】

セーターとデニムパンツは学生時代によくお世話になった組み合わせです。いつも赤系統のぴったり目のセーターに、濃い目の太めのデニムパンツを合わせていました。デニムパンツの裾はロールアップし、靴はエナメルで派手に決めたり、ローファーで大人しめなオシャレを楽しんだりしていました。この格好には、小物としてハットや伊達メガネなんかもよく合いますよ。【男性 30代】

セーターとデニムなら、やはりデニムのジーンズがアメリカをイメージさせるのでヨーロッパっぽいセーターよりもアメリカのニューヨーカーなど東海岸の若者が着ているファッションが参考になると思います。ブランドのイメージもトミーフィルフィガーやラルフローレン、ギャップなどのディスプレイでコーディネートしているイメージでしょうか。プレーンな丸首のセーターやVネックのセーターでもいいと思いますし、何かモチーフの柄が編んであるのもいいと思います。シューズはスニーカーにしてカラフルなマルチストライプのマフラーなどあわせたいと思います。【男性 40代】

デニムとセーターは比較的合わせやすいと思います。デニムは手持ちのものを着用するとして、アーミー(肘パッチがついているような)系やヘヴィーな素材のものが合います。セーター自体の毛色は黒が合わせやすいと思います。グレーやネイビー(少し黒っぽいで)なども良いですね。ラフだけど、すこし、フィットする雰囲気のものを選んだ方が良いでしょう。ジーンズはストレートタイプでロールアップしても可。すこし着古したデニムやブラックジーンズでもどちらでもOK。【男性 40代】

ホワイトカラーの細身のクルーネックのセーター、もしくはVネックのネイビーカラーのセーターにホワイトカラーのシャツをインナーにもってきたものにスリムフィットスタイルのデニムパンツを合わせます。デニムパンツはあまり色落ちしていないきれい目のものです。足元にはホワイトカラーのシンプルなスニーカーをもっていきます。【男性 30代】

 

好感のもてるセーターとデニムパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ざっくりとした編み目のセーターで大きめの幅のボーダー柄、色は赤系+ブルー系+白系の3色で、前をボタンで留めるカーディガンタイプ、インナーには白系のTシャツを着ると清潔感を感じます。サイズも大きすぎず体にぴったりフィットしているのが素敵です。パンツはデニムで色は濃いブルーかブラックで細身タイプがしまっている感じがしてすっきり見えるのと、ニットが映えていいなと思います。 【女性 30代】

セーターにデニムパンツなら、基本的にセーターは何でも合うと思いますよ。でも、セーターは着こなしが難しいと思っているなら、柄の無い単色のセーターに、インナーはカッターシャツを着るとデキる男性に見えて素敵ですね。余り派手じゃない柄の方が、初心者にはお薦めだと思います。上級者の方は、ノルディック柄など個性的な着こなしでも似合っていれば大丈夫ですよ。【女性 30代】

セーターとデニムパンツの着こなしで好感がもてるのは、キレイ目カジュアルの王道といってもいい、ハイネックやタートルネックセーターと、ヴィンテージカラーのストレートデニム、レザーシューズの組み合わせです。デニムパンツの裾はロールアップして、ステッチがアクセントになるスタイルもいいと思います。デニムブルーに赤セーターの組み合わせだと、コートを羽織った時にさらに映えて素敵だなあと思います。【女性 30代】

 

セーターの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


セーター+デニムパンツの着こなし方関連ページ一覧

セーター(黒)の着こなし方
メンズファッションに欠かす事ができないのが、黒のトップス。柔らかな印象の強いニットでも、黒はやっぱりタフでハードなイメージがあります。男らしい黒のニットをスリムに着こなすコツを、写真と共にご紹介しています。
セーター(白)の着こなし方
メンズの上品コーデの代表格とも言えるのが、白のニットです。秋冬にふさわしいぬくもりと、クラシカルな気品漂うホワイトニットを、周囲と一歩差をつけて着こなすためのポイントを、写真を例に挙げて説明します。
セーター(グレー)の着こなし方
柔らかで落ち着きのあるグレーのセーターは、キレイ目なチノパンと合わせても、タフなカーゴパンツと合わせても好相性です。幅広いコーディネートで着回せるので、ぜひ一点は持っておきたいアイテムです。
セーター(赤)の着こなし方
オシャレな男を演出するなら、黒やグレーだけでなく、赤のニットを使ったコーディネートもマスターしたいところ。華やかな赤にはシンプルなシャツやボトムなどと合わせて、スマートなコーディネートを目指しませんか?
セーター(ベージュ)の着こなし方
秋冬の着こなしには欠かせない、スリムで綺麗なシルエットのニット。中でもベージュは人気のカラーのひとつです。着回し力抜群な定番ニットを、周囲よりもワンランクオシャレに着こなすためのコツをご紹介します。
セーター(オレンジ)の着こなし方
黒やグレーの定番コーデに飽きてしまったら、ぜひトライしたいのがオレンジなどの暖色ニットを使った着こなしです。派手目なオレンジのニットを、大人っぽくコーディネートするためのポイントを、写真でご紹介しています。
セーター(ボーダー柄)の着こなし方
秋冬ニットの定番として外す事ができないアイテムは、何と言ってもボーダーニットです。着こなしを間違えればダサい、子供っぽい印象になりがちなボーダーニットを、大人らしく上品に着こなすコツをご紹介しています。
セーター(チェック柄)の着こなし方
ボーダーと並び、ニットの定番柄と言われているのが、チェックです。この秋冬のファッションシーンにぜひ取り入れたい、バイアスチェックのニットのオシャレな着こなし方について、写真と共にご紹介しています。
セーター(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガード柄のニットは、秋冬のアイテムとして一つは持っておくと便利なアイテム。一歩間違えると派手すぎてしまうジャガードニットを、大人らしく綺麗に着こなすためのコツを、写真と共に紹介しています。
セーター(アーガイル柄)の着こなし方
ニットで上品な大人スタイルを目指すなら、アーガイル柄は外せないアイテムですね。色味やコーディネートを工夫して、上品でありながら男らしく、程良くカジュアルに着こなすためのコツについて、ご紹介しています。
セーター(シャギー)の着こなし方
独特の風合いがあるシャギーニットは、その素材感だけで存在を主張できる貴重なアイテムです。大人らしい余裕で、シンプルなデザインを、シンプルに着こなすためのコツについて、写真と一緒にご紹介しています。
ライン入りセーターの着こなし方
胸元にラインの入ったセーターは、男のキレイ目スタイルの定番アイテム。上品に着こなすためには、シャツやボトムスとの組み合わせが重要です。シルエットにこだわった、大人のトラッドコーデを目指します。
タートルネックセーターの着こなし方
首回りが温かいタートルネックのセーターは秋冬の定番アイテムですが、地味になりがちなのが難点。深みのあるカラーをチョイスし、スリムなシルエットで着こなす事で、シンプルだけれど人目を引くオシャレ感を演出できます。
セーター+ジャケットの着こなし方
シンプルなセーターなら、合わせるジャケットも幅広く選べます。カジュアルなデニムジャケットも、シックなブラックセーターとコーデすればシックで落ち着いた印象に。大人のオフスタイルをさらに楽しめます。
セーター+コートの着こなし方
手持ちのVネックセーターを、もっとカジュアルに着こなしたいなら、フード付きのダッフルコートなどがおススメです。セーターの上品さをコートが程良くカジュアルにブレンドし、デートにぴったりの甘さをプラスしてくれます。
セーター+シャツの着こなし方
大人カジュアルの定番アイテム、ラインセーター。美しく着こなすには、インナーのシャツ選びが重要なポイントです。クラッシックな白シャツを合わせてキレイめ感をプラスすれば、デートなどにも好印象なオフスタイルの完成です。
セーター+カットソーの着こなし方
セーターとカットソーのコーディネートは秋冬には外せませんが、上手くレイヤードするのが難しいのが難点です。着こなしのしやすいグレーや黒を基調としたコーデなら、無理のない重ね着感が楽しめておススメです。
セーター+カラーパンツの着こなし方
定番のアーガイルセーターを買ったはいいけれど、合わせるボトムスが難しい時に活躍するのがカラーパンツです。どんなトップスにも合わせやすく、スッキリしたシルエットがセーターの上品さを引き立ててくれます。
セーター+カーゴパンツの着こなし方
柔らかみのあるセーターを男らしく着こなしたい時には、カーゴパンツとのコーデがおススメです。トップスのシルエットに合わせたデザインをチョイスすれば、無理なく自然に着こなせ、スパイシーな雰囲気を演出できます。
セーター+チノパンの着こなし方
セーターを使ったキレイ目コーデの定番と言えば、チノパンとの組み合わせです。適当に合わせても無難に決まるだけに、細部にこだわってオシャレ感を演出したい所。セーターの魅力を損なわないデザインを徹底して選びます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP