セーター パンツ

セーター+カラーパンツの着こなし方

セーターとカラーパンツを合わせる着こなし方

セーター(アーガイル)・カラーパンツ(黒)・レザーブーツ(黒)

 

セーターとカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

シャツやチノパンとコーディネートしてしまう人も多いアーガイルセーターですが、カラーパンツと合わせれば、少し男らしい着こなしにもチャレンジできます。写真では、首回りがセクシーなアーガイルセーターを、ストレートタイプのカラーパンツとコーデ。

 

アーガイルの上品さを生かしつつ、男らしさも主張したスタイルを演出しています。セーターのシルエットを生かすため、ボトムも真っ直ぐなラインを意識してチョイスするのがおススメです。

 

 

セーター(黒)・カラーパンツ(グレー)・ジャケット(黒)・カットソー(白)・シューズ(黒)

 

キルティングジャケットにカラーパンツとバブーシュシューズを合わせた着こなし画像

 

ブラックを基調としたコーディネートはやはりクールに決まりますし、スラッと細身に見せる効果もあります。全身ブラックではなく、少しメリハリをつけるのがコツです。

 

アウターのキルティングジャケットはダウンのように膨らまないのでとてもスタイリッシュ。インナーにブラックのニットを着ることでますます細身効果を発揮します。ボトムスは、少し軽めのチャコール。バブーシュシューズで足元までしっかり決めています。

 

 

セーター(アーガイル)・パンツ(ベージュ)・ジャケット(黒)・シャツ(白)・ブーツ(茶)

 

テーラードジャケットにモヘアニットとスリムパンツを合わせた着こなし画像

 

女性に人気のVネックとボタンダウンシャツの組み合わせに、テーラードジャケットを羽織ったコーディネートです。ネイビーのアーガイルニットとテーラードジャケットの組み合わせはどことなく優等生を感じさせる知的なファッション、図書館などのシチュエーションにピッタリです。

 

比較的上半身に重厚感を持たせているのでベージュのスリムなカラーパンツとブラウンの編み上げブーツで下半身はあくまで軽めに仕上げるのがオシャレのコツです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

セーターとカラーパンツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

私は秋になると茶色のセーターに、緑のカラーパンツを合わせることが多いです。パンツはデニムのスキニーパンツで足が長く見えるようタイトにはきこなしています。茶色と緑は相性が良く、初秋はこの組み合わせで、晩秋になると、オレンジのカラーパンツなんて持ってきてもよく合うと思います。とにかくカラーパンツは印象が強いので、季節感を大切にしています。【男性 30代】

セーターはカウチン、KANATAのノルディック柄をチョイス。ノルディック柄を強調したいため、インナーはヘンプ生地の無地にします。カラーパンツは、茶色のコーデュロイパンツを。靴はダナーかティンバーランドのブーツがいいのではないでしょうか。イメージは、カナダのある山麓のログハウスで暖炉傍でコーヒー啜ってます。家の中でも息白いです。【男性 30代】

黒いVネックのセーター。もこもこしていないウールにします。パンツはモスグリーンか、あまり濃すぎない茶色。モカぐらいの感じのチノパン、もしくはカーゴパンツ。インナーはパンツがモスグリーンならかなり薄いグレーのボタンダウンのシャツ。パンツが茶系なら、ごく薄めの水色。どちらのケースも、オフホワイトもあうと思います。靴は茶系のレザー。割と深い色目にします。これにコートを合わせるときは、ファーの付いた茶系のハーフコートにします。Pコートでもいいと思います。【男性 30代】

セーターはグリーンカラーのVネックで細身のものを着用します。その下にホワイトカラーのシャツを着ます。襟を意識してセーターの上に出すのではなく、自然な感じにします。カラーパンツはブラックで細身のストレートスタイルのものを合わせます。裾を少し短めにしてもマッチすると思います。靴はブラウンカラーのスエードのものを合わせます。【男性 30代】

カラーパンツはリーバイスのスリムフィットタイプのイエローを履きます。セーターはSTUSSYのブラウン色のセーターを合わせます。STUSSYのセーターは生地がしっかりしてていいんですよ。靴はドクターマーチンをあわせます。ARROWHEADのパープルの中折れハットをかぶるのが最近の僕のお気に入りです。秋の季節にはとっても合うコーディネートです。【男性 20代】

 

好感のもてるセーターとカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

セーターとカラーパンツの組み合わせなら、60年代っぽい着こなしが好きです。裾フレアーだとやりすぎ感があるので、スリムのカラーパンツに、ハイネックカットソーやニット、上には細みのテーラードを羽織ったり、ニットカーデを重ねたりして、全体にロング&リーンに仕上がっていると好感度大です。カラーパンツは濃いめよりも少し淡めのカラーを選ぶとおしゃれにみえると思います。【女性 30代】

グレー系のニットの下にブルーのギンガムチェックの襟付きのシャツをプラスして、袖口からもチェック柄を見せると爽やかです。このトップスにワインレッドのカラーのパンツを組み合わせるとパンツだけが目立たってしまわず、さし色となっておしゃれです。シャツを着ているのできちんと感も出て、遊び心も失わずカッコいいと思います。 【女性 30代】

セーターにカラーパンツは、結構上級者向けの着こなしですね。それを着こなしているだけで、お洒落だと思ってしまいます。カラーパンツに挑戦していきたい方は、色はセーターに合わせやすいカーキ、ベージュ、ネイビーがお薦めだと思いますよ。スリムタイプもいいですね。セーターは、紺色、ボーダー、柄物など何でも合います。でも、色は1〜2色使いの方がシンプルで爽やかな印象を受けますね。【女性 30代】

 

セーターの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


セーター+カラーパンツの着こなし方関連ページ一覧

セーター(黒)の着こなし方
メンズファッションに欠かす事ができないのが、黒のトップス。柔らかな印象の強いニットでも、黒はやっぱりタフでハードなイメージがあります。男らしい黒のニットをスリムに着こなすコツを、写真と共にご紹介しています。
セーター(白)の着こなし方
メンズの上品コーデの代表格とも言えるのが、白のニットです。秋冬にふさわしいぬくもりと、クラシカルな気品漂うホワイトニットを、周囲と一歩差をつけて着こなすためのポイントを、写真を例に挙げて説明します。
セーター(グレー)の着こなし方
柔らかで落ち着きのあるグレーのセーターは、キレイ目なチノパンと合わせても、タフなカーゴパンツと合わせても好相性です。幅広いコーディネートで着回せるので、ぜひ一点は持っておきたいアイテムです。
セーター(赤)の着こなし方
オシャレな男を演出するなら、黒やグレーだけでなく、赤のニットを使ったコーディネートもマスターしたいところ。華やかな赤にはシンプルなシャツやボトムなどと合わせて、スマートなコーディネートを目指しませんか?
セーター(ベージュ)の着こなし方
秋冬の着こなしには欠かせない、スリムで綺麗なシルエットのニット。中でもベージュは人気のカラーのひとつです。着回し力抜群な定番ニットを、周囲よりもワンランクオシャレに着こなすためのコツをご紹介します。
セーター(オレンジ)の着こなし方
黒やグレーの定番コーデに飽きてしまったら、ぜひトライしたいのがオレンジなどの暖色ニットを使った着こなしです。派手目なオレンジのニットを、大人っぽくコーディネートするためのポイントを、写真でご紹介しています。
セーター(ボーダー柄)の着こなし方
秋冬ニットの定番として外す事ができないアイテムは、何と言ってもボーダーニットです。着こなしを間違えればダサい、子供っぽい印象になりがちなボーダーニットを、大人らしく上品に着こなすコツをご紹介しています。
セーター(チェック柄)の着こなし方
ボーダーと並び、ニットの定番柄と言われているのが、チェックです。この秋冬のファッションシーンにぜひ取り入れたい、バイアスチェックのニットのオシャレな着こなし方について、写真と共にご紹介しています。
セーター(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガード柄のニットは、秋冬のアイテムとして一つは持っておくと便利なアイテム。一歩間違えると派手すぎてしまうジャガードニットを、大人らしく綺麗に着こなすためのコツを、写真と共に紹介しています。
セーター(アーガイル柄)の着こなし方
ニットで上品な大人スタイルを目指すなら、アーガイル柄は外せないアイテムですね。色味やコーディネートを工夫して、上品でありながら男らしく、程良くカジュアルに着こなすためのコツについて、ご紹介しています。
セーター(シャギー)の着こなし方
独特の風合いがあるシャギーニットは、その素材感だけで存在を主張できる貴重なアイテムです。大人らしい余裕で、シンプルなデザインを、シンプルに着こなすためのコツについて、写真と一緒にご紹介しています。
ライン入りセーターの着こなし方
胸元にラインの入ったセーターは、男のキレイ目スタイルの定番アイテム。上品に着こなすためには、シャツやボトムスとの組み合わせが重要です。シルエットにこだわった、大人のトラッドコーデを目指します。
タートルネックセーターの着こなし方
首回りが温かいタートルネックのセーターは秋冬の定番アイテムですが、地味になりがちなのが難点。深みのあるカラーをチョイスし、スリムなシルエットで着こなす事で、シンプルだけれど人目を引くオシャレ感を演出できます。
セーター+ジャケットの着こなし方
シンプルなセーターなら、合わせるジャケットも幅広く選べます。カジュアルなデニムジャケットも、シックなブラックセーターとコーデすればシックで落ち着いた印象に。大人のオフスタイルをさらに楽しめます。
セーター+コートの着こなし方
手持ちのVネックセーターを、もっとカジュアルに着こなしたいなら、フード付きのダッフルコートなどがおススメです。セーターの上品さをコートが程良くカジュアルにブレンドし、デートにぴったりの甘さをプラスしてくれます。
セーター+シャツの着こなし方
大人カジュアルの定番アイテム、ラインセーター。美しく着こなすには、インナーのシャツ選びが重要なポイントです。クラッシックな白シャツを合わせてキレイめ感をプラスすれば、デートなどにも好印象なオフスタイルの完成です。
セーター+カットソーの着こなし方
セーターとカットソーのコーディネートは秋冬には外せませんが、上手くレイヤードするのが難しいのが難点です。着こなしのしやすいグレーや黒を基調としたコーデなら、無理のない重ね着感が楽しめておススメです。
セーター+デニムパンツの着こなし方
ざっくりした温かみのあるセーターのボトムスには、定番のデニムがやっぱりおススメ。ウォッシュ加工などで立体感を出したボトムを合わせる事で、セーターの柔らかさや素材感が引き立ち、洗練されたオシャレを演出します。
セーター+カーゴパンツの着こなし方
柔らかみのあるセーターを男らしく着こなしたい時には、カーゴパンツとのコーデがおススメです。トップスのシルエットに合わせたデザインをチョイスすれば、無理なく自然に着こなせ、スパイシーな雰囲気を演出できます。
セーター+チノパンの着こなし方
セーターを使ったキレイ目コーデの定番と言えば、チノパンとの組み合わせです。適当に合わせても無難に決まるだけに、細部にこだわってオシャレ感を演出したい所。セーターの魅力を損なわないデザインを徹底して選びます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP