ジャガード セーター メンズ

セーター(ジャガード柄)の着こなし方

セーター(ジャガード柄)の着こなし方

ジャガード柄セーター(グレー)・カットソー(黒)・デニムパンツ・ブーツ(茶)

 

グレーのジャガード柄のセーターとデニムパンツ合わせた着こなし画像

 

ジャガード柄セーターで大人っぽいキレイめスタイルを目指すなら、同色系で編まれたアイテムがおススメです。手軽に重ね着が楽しめる、レイヤードタイプのアイテムも人気になっています。

 

チャコールグレーのセーターから、黒のレイヤードをチラリと見せれば、いつものデニムスタイルがぐっと引き締まり、ワンランク上のオシャレコーデが完成です。色味がシックなので、スニーカーやトレッキングシューズのようなカジュアルアイテムを合わせても、大人っぽい落ち付きはそのままです。

 

 

ジャガード柄セーター(黒×白)・シャツ(白)・カーゴパンツ(カーキ)・ブーツ(黒)

 

ジャガード柄のセーターと白シャツを合わせた着こなし画像

 

こちらは白×黒で編まれたノルディックジャガードセーターの着こなしです。モノトーンのグラデーションで色味感がありつつも派手な印象にはなりにくいのでカジュアルスタイルにもキレイめスタイルにも使いやすい柄です。

 

インナーにホワイトシャツで清潔感を持たせ、ボトムスにはカーゴパンツでカジュアルさを。さらに、足元を黒で締めれば、食事や買物など休日のいろいろなシーンで外しのない大人のオフスタイルの出来上がりです。

 

 

ジャガード柄セーター(マルチ)・ジャケット(黒)・デニムパンツ・シューズ(黒)

 

ジャガード柄のセーターと黒ジャケットを合わせた着こなし画像

 

色味の多いジャガード柄は全身をシックカラーでまとめると失敗が少ないです。また、濃い色のデニムを合わせたりインナーにシャツを合わせたりと、少し色味を外してあげるとなおGOOD。

 

こちらは、グレーが基調のノルディック柄に黒のジャケット、濃いブルーのデニムを合わせたコーデです。合わせ方によっては田舎くさい印象になってしまうこともありますがシンプルなアイテムと色でスタイリングすると大人の品を感じさせる装いに仕上がります。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ジャガード柄セーターをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

ジャガード柄のセーターはジャガード織りの緻密なデザインでカラフルでゴージャスな印象があります。それだけにいやみな感じにもなりやすいのでカラーコーディネートやアイテムの選び方もよく考えないと成金のようになるときもあります。ジャガードの織りの美しさをさりげなく活かすような織りのデザインとシンプルなアイテムの組み合わせがオシャレに見えるコツだと思います。【男性 40代】

基本的にはチェックのセーターもジャガードのセーターも柄物というくくりで、それほど着こなし方に差は無いと思います。合せるものは無地のものが無難だと思います。インナーはカットソーでもいいですが、柄物のセーターの場合は無地のものと違い、これだけではかえって何となく物足り無い感じになるので、白のシャツで襟を出したほうがキレイ目でオシャレな感じになるかと思います。【男性 30代】

 

好感のもてる男性のジャガード柄セーターの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

休日のまったりデートなどのときに着てほしいです。逆に言えばちょっと小綺麗な場所に行くときには着てきて欲しくはないです。なので、昼間にお散歩するとか、街をぶらつくとかそんなときに着る極めてカジュアルなイメージです。明るめの色や派手なものではなく、地味な色とデニムを合わせるとか、一部に柄が入っているとかさりげなく取り入れてもらえるといいかも。あまり全面に押し出しすぎると昭和の香りがしそうです。それに安っぽくなるから、学生ならまだいいけど、社会人にそれは正直しんどいです。 【女性 20代】

ジャガードセーターは黒×グレーなどの単色系でまとまっているものよりも、茶色や紺でいろいろな柄の入っているようなちょっと古着っぽいテイストのものがユニークでいいと思います。パンツはシンプルなものを選び、ショート丈のジャケットを合わせればシンプルだけどおしゃれだと思います。きちっとした印象に見せたい時は、シャツの下にシャツを合わせ、ラインのきれいなパンツを合わせるといいです。【女性 30代】

ジャガード柄セーターはほっこりあたたかみが感じられるアイテムですよね。大人の男性には、かっこよく着てほしいので、黒のジャケットなど、クールな印象のアウターと合わせて欲しいですね。襟元や裾からちらっと白のインナーが見えるのも、清潔感があって印象が良いです。全体のシルエットがモコモコしちゃうと田舎っぽく見えるので、スッキリと着こなしてほしいと思います。【女性 20代】

 

セーターの着こなし方一覧に戻る

 

セーター(ジャガード柄)の着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


セーター(ジャガード柄)の着こなし方関連ページ一覧

セーター(黒)の着こなし方
メンズファッションに欠かす事ができないのが、黒のトップス。柔らかな印象の強いニットでも、黒はやっぱりタフでハードなイメージがあります。男らしい黒のニットをスリムに着こなすコツを、写真と共にご紹介しています。
セーター(白)の着こなし方
メンズの上品コーデの代表格とも言えるのが、白のニットです。秋冬にふさわしいぬくもりと、クラシカルな気品漂うホワイトニットを、周囲と一歩差をつけて着こなすためのポイントを、写真を例に挙げて説明します。
セーター(グレー)の着こなし方
柔らかで落ち着きのあるグレーのセーターは、キレイ目なチノパンと合わせても、タフなカーゴパンツと合わせても好相性です。幅広いコーディネートで着回せるので、ぜひ一点は持っておきたいアイテムです。
セーター(赤)の着こなし方
オシャレな男を演出するなら、黒やグレーだけでなく、赤のニットを使ったコーディネートもマスターしたいところ。華やかな赤にはシンプルなシャツやボトムなどと合わせて、スマートなコーディネートを目指しませんか?
セーター(ベージュ)の着こなし方
秋冬の着こなしには欠かせない、スリムで綺麗なシルエットのニット。中でもベージュは人気のカラーのひとつです。着回し力抜群な定番ニットを、周囲よりもワンランクオシャレに着こなすためのコツをご紹介します。
セーター(オレンジ)の着こなし方
黒やグレーの定番コーデに飽きてしまったら、ぜひトライしたいのがオレンジなどの暖色ニットを使った着こなしです。派手目なオレンジのニットを、大人っぽくコーディネートするためのポイントを、写真でご紹介しています。
セーター(ボーダー柄)の着こなし方
秋冬ニットの定番として外す事ができないアイテムは、何と言ってもボーダーニットです。着こなしを間違えればダサい、子供っぽい印象になりがちなボーダーニットを、大人らしく上品に着こなすコツをご紹介しています。
セーター(チェック柄)の着こなし方
ボーダーと並び、ニットの定番柄と言われているのが、チェックです。この秋冬のファッションシーンにぜひ取り入れたい、バイアスチェックのニットのオシャレな着こなし方について、写真と共にご紹介しています。
セーター(アーガイル柄)の着こなし方
ニットで上品な大人スタイルを目指すなら、アーガイル柄は外せないアイテムですね。色味やコーディネートを工夫して、上品でありながら男らしく、程良くカジュアルに着こなすためのコツについて、ご紹介しています。
セーター(シャギー)の着こなし方
独特の風合いがあるシャギーニットは、その素材感だけで存在を主張できる貴重なアイテムです。大人らしい余裕で、シンプルなデザインを、シンプルに着こなすためのコツについて、写真と一緒にご紹介しています。
ライン入りセーターの着こなし方
胸元にラインの入ったセーターは、男のキレイ目スタイルの定番アイテム。上品に着こなすためには、シャツやボトムスとの組み合わせが重要です。シルエットにこだわった、大人のトラッドコーデを目指します。
タートルネックセーターの着こなし方
首回りが温かいタートルネックのセーターは秋冬の定番アイテムですが、地味になりがちなのが難点。深みのあるカラーをチョイスし、スリムなシルエットで着こなす事で、シンプルだけれど人目を引くオシャレ感を演出できます。
セーター+ジャケットの着こなし方
シンプルなセーターなら、合わせるジャケットも幅広く選べます。カジュアルなデニムジャケットも、シックなブラックセーターとコーデすればシックで落ち着いた印象に。大人のオフスタイルをさらに楽しめます。
セーター+コートの着こなし方
手持ちのVネックセーターを、もっとカジュアルに着こなしたいなら、フード付きのダッフルコートなどがおススメです。セーターの上品さをコートが程良くカジュアルにブレンドし、デートにぴったりの甘さをプラスしてくれます。
セーター+シャツの着こなし方
大人カジュアルの定番アイテム、ラインセーター。美しく着こなすには、インナーのシャツ選びが重要なポイントです。クラッシックな白シャツを合わせてキレイめ感をプラスすれば、デートなどにも好印象なオフスタイルの完成です。
セーター+カットソーの着こなし方
セーターとカットソーのコーディネートは秋冬には外せませんが、上手くレイヤードするのが難しいのが難点です。着こなしのしやすいグレーや黒を基調としたコーデなら、無理のない重ね着感が楽しめておススメです。
セーター+デニムパンツの着こなし方
ざっくりした温かみのあるセーターのボトムスには、定番のデニムがやっぱりおススメ。ウォッシュ加工などで立体感を出したボトムを合わせる事で、セーターの柔らかさや素材感が引き立ち、洗練されたオシャレを演出します。
セーター+カラーパンツの着こなし方
定番のアーガイルセーターを買ったはいいけれど、合わせるボトムスが難しい時に活躍するのがカラーパンツです。どんなトップスにも合わせやすく、スッキリしたシルエットがセーターの上品さを引き立ててくれます。
セーター+カーゴパンツの着こなし方
柔らかみのあるセーターを男らしく着こなしたい時には、カーゴパンツとのコーデがおススメです。トップスのシルエットに合わせたデザインをチョイスすれば、無理なく自然に着こなせ、スパイシーな雰囲気を演出できます。
セーター+チノパンの着こなし方
セーターを使ったキレイ目コーデの定番と言えば、チノパンとの組み合わせです。適当に合わせても無難に決まるだけに、細部にこだわってオシャレ感を演出したい所。セーターの魅力を損なわないデザインを徹底して選びます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP