チェック セーター

セーター(チェック柄)の着こなし方

セーター(チェック柄)の着こなし方

セーター(チェック柄)・テーラードジャケット(黒)・ダメージデニム・シューズ(茶)

 

チェック柄のセーターとダメージデニム合わせた着こなし画像

 

大人らしい上品さを感じさせるバイアスチェックは、それ一枚でも十分に存在感があり、テーラードジャケットのインナーとして着ても決して印象の薄れないアイテムです。一枚でインナーとして着てもよし、シンプルなホワイトシャツと重ねてさらに上品さをアップさせることもでき、幅広い着こなしができます。

 

柔らかな雰囲気のあるニット素材なので、ボトムスにデニムを合わせてかっちり感を薄める事もできます。上品でオシャレなバイアスチェックは、デートなどでも好印象を得やすいです。

 

 

セーター(チェック柄)・カーゴパンツ(カーキ)・シューズ(黒)

 

チェック柄のセーターとカーキのカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

チェック柄のトップスは一枚で着るとカジュアルな印象になってしまいがちですが、シックカラーのものなら、大人っぽさを残したままラフに着こなすこともできます。休日コーデならカーゴパンツと合わせてゆったりと仕上げてもOK。

 

トップスが上品さのあるデザインなのでカジュアルアイテムと合わせてもダラしない印象にならずにすみます。また、足元にブーツなどの大人っぽさのあるアイテムを合わせる事も、コーデを崩さないポイントです。

 

 

セーター(チェック柄)・シャツ(白)・カラーパンツ(ベージュ)・シューズ(茶)

 

チェック柄のセーターとベージュのカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

こちらは、シャツ×ニットを重ね着にした、キレイめ正統派スタイルです。バイアスチェック柄が大人の品格を演出。ベージュのカラーパンツが柔らかな印象に仕上げてくれています。

 

靴はブラウンで重すぎす軽すぎないバランスで。男らしさを出したい時には黒色をチョイスしても良いです。もう少しカジュアル感を出したいという時はデニムパンツを合わせるとGOOD。真面目っぽく、キレイめっぽく、などシーンに合わせて着こなしを楽しめます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

チェック柄セーターをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

セーターを着るときってどちらかと言うとフォーマルな服装の時の方が多いと思います。もちろんビジネスの場だけでなく、きれい目なカジュアルファッションをするときにも有効でしょう。しかし無地の地味目なセーターだとカジュアルさが出てこないと思います。そこでジャケットなどのなかにチェック柄と言う遊び心を入れたセーターを着ることで柔らかい感じを出すようにしています。【男性 20代】

セーターを着る機会は多いです。チェック柄のセーターは、V字のを持ってるんですが、セーターの下にオーソドックスに襟付きのYシャツ系統を合わせることが多いです。あとは黒の無地マフラーとか、セーターの上に デニム生地のジャンパーを着てみたりもします。これからまだまだ寒くなってくるので冬を越すのに必需品です。【男性 30代】

チェック柄のセーターの着こなし方ですが、冬場はジャケットの下に着ることが多いです。もう少し暖かくなれば襟付きのシャツの上から着る場合もあります。パンツはなるべくシンプルに黒のジーンズやチノパンなどと合わせます。着こなす上での注意点は、チェック柄を際立たせるために他のアイテムはなるべくシンプルにするということです。同じチェック柄など柄物は避けるようにします。【男性 30代】

チェック柄セーターのような定番アイテムを選ぶときは、どこかに「おっ」と目を引くような特徴のあるものを探すようにしています。大枠で王道の安定感を損なわずに、個性を感じさせるポイントのある服が好きです。ぱっと見たときはオーソドックスな印象なのに、ポイントに特徴があって、何となく印象に残る服が理想なので、チェック柄にプラスアルファがあるセーターが気に入っています。最近購入したのは、チェック柄で裾に細い縁取りがあるセーターで、ぱっと見には気づかないほどの細い縁取りが、調度良いアクセントになっています。【男性 30代】

チェックの柄が入っているので、これに合わせるものは基本的に無地を選びます。うるさくない程度の柄のシャツで冒険してもいいかもしれませんが難しいと思いますしあえてやる必要は無いと思います。ベースが濃い目のセーターならインナーは白のシャツかカットソー。パンツはチノかデニム。マフラーや靴下などをチェックの柄にして合せるのはアリかと思います。【男性 30代】

 

好感のもてる男性のチェック柄のセーターの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

チェック柄のセーターってなんだかお洒落な人しか着こなせない印象があります。好みの着こなし方としては、そのセーター自体がかなりキャラクターが強めなので合わせるほかのアイテムはなるべく控えめで無難なものが良いと思います。よくばり過ぎて柄がぶつかりあっているような着こなしは避けて欲しいです。シンプルな方が好感がもてますね。【女性 20代

シャツの上から、細身のXネックのチェック柄のセーターという着こなし方が好き。チェック柄って、柄の大きさによっては、少し子供っぽくやんちゃな感じに見えることあるし…、シャツと組み合わせたりすると、きちんと感や清潔感でて、チェック柄のニットでもお洒落な大人の男性という風に見える気がして好きだな…。寒い季節なら、その上から少し大きめの、ざっくりとしたケーブル網のニットカーデなんか合わせる着こなしもカッコよくて好き。 【女性 20代】

チェック柄セーターは、シャツとジャケットと合わせて着る、定番の着方が、さわやかで、小ぎれいな感じで好きです。または、ジーパンを合わせて、アウターにはダッフルコートを着てもらえると、カジュアルだけど、でもどこかトラッドっぽい感じもあって、好感が持てます。アーガイル柄だけでなく、いろいろなチェック柄を着こなして欲しいです。【女性 30代】

 

セーターの着こなし方一覧に戻る

 

セーター(チェック柄)の着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


セーター(チェック柄)の着こなし方関連ページ一覧

セーター(黒)の着こなし方
メンズファッションに欠かす事ができないのが、黒のトップス。柔らかな印象の強いニットでも、黒はやっぱりタフでハードなイメージがあります。男らしい黒のニットをスリムに着こなすコツを、写真と共にご紹介しています。
セーター(白)の着こなし方
メンズの上品コーデの代表格とも言えるのが、白のニットです。秋冬にふさわしいぬくもりと、クラシカルな気品漂うホワイトニットを、周囲と一歩差をつけて着こなすためのポイントを、写真を例に挙げて説明します。
セーター(グレー)の着こなし方
柔らかで落ち着きのあるグレーのセーターは、キレイ目なチノパンと合わせても、タフなカーゴパンツと合わせても好相性です。幅広いコーディネートで着回せるので、ぜひ一点は持っておきたいアイテムです。
セーター(赤)の着こなし方
オシャレな男を演出するなら、黒やグレーだけでなく、赤のニットを使ったコーディネートもマスターしたいところ。華やかな赤にはシンプルなシャツやボトムなどと合わせて、スマートなコーディネートを目指しませんか?
セーター(ベージュ)の着こなし方
秋冬の着こなしには欠かせない、スリムで綺麗なシルエットのニット。中でもベージュは人気のカラーのひとつです。着回し力抜群な定番ニットを、周囲よりもワンランクオシャレに着こなすためのコツをご紹介します。
セーター(オレンジ)の着こなし方
黒やグレーの定番コーデに飽きてしまったら、ぜひトライしたいのがオレンジなどの暖色ニットを使った着こなしです。派手目なオレンジのニットを、大人っぽくコーディネートするためのポイントを、写真でご紹介しています。
セーター(ボーダー柄)の着こなし方
秋冬ニットの定番として外す事ができないアイテムは、何と言ってもボーダーニットです。着こなしを間違えればダサい、子供っぽい印象になりがちなボーダーニットを、大人らしく上品に着こなすコツをご紹介しています。
セーター(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガード柄のニットは、秋冬のアイテムとして一つは持っておくと便利なアイテム。一歩間違えると派手すぎてしまうジャガードニットを、大人らしく綺麗に着こなすためのコツを、写真と共に紹介しています。
セーター(アーガイル柄)の着こなし方
ニットで上品な大人スタイルを目指すなら、アーガイル柄は外せないアイテムですね。色味やコーディネートを工夫して、上品でありながら男らしく、程良くカジュアルに着こなすためのコツについて、ご紹介しています。
セーター(シャギー)の着こなし方
独特の風合いがあるシャギーニットは、その素材感だけで存在を主張できる貴重なアイテムです。大人らしい余裕で、シンプルなデザインを、シンプルに着こなすためのコツについて、写真と一緒にご紹介しています。
ライン入りセーターの着こなし方
胸元にラインの入ったセーターは、男のキレイ目スタイルの定番アイテム。上品に着こなすためには、シャツやボトムスとの組み合わせが重要です。シルエットにこだわった、大人のトラッドコーデを目指します。
タートルネックセーターの着こなし方
首回りが温かいタートルネックのセーターは秋冬の定番アイテムですが、地味になりがちなのが難点。深みのあるカラーをチョイスし、スリムなシルエットで着こなす事で、シンプルだけれど人目を引くオシャレ感を演出できます。
セーター+ジャケットの着こなし方
シンプルなセーターなら、合わせるジャケットも幅広く選べます。カジュアルなデニムジャケットも、シックなブラックセーターとコーデすればシックで落ち着いた印象に。大人のオフスタイルをさらに楽しめます。
セーター+コートの着こなし方
手持ちのVネックセーターを、もっとカジュアルに着こなしたいなら、フード付きのダッフルコートなどがおススメです。セーターの上品さをコートが程良くカジュアルにブレンドし、デートにぴったりの甘さをプラスしてくれます。
セーター+シャツの着こなし方
大人カジュアルの定番アイテム、ラインセーター。美しく着こなすには、インナーのシャツ選びが重要なポイントです。クラッシックな白シャツを合わせてキレイめ感をプラスすれば、デートなどにも好印象なオフスタイルの完成です。
セーター+カットソーの着こなし方
セーターとカットソーのコーディネートは秋冬には外せませんが、上手くレイヤードするのが難しいのが難点です。着こなしのしやすいグレーや黒を基調としたコーデなら、無理のない重ね着感が楽しめておススメです。
セーター+デニムパンツの着こなし方
ざっくりした温かみのあるセーターのボトムスには、定番のデニムがやっぱりおススメ。ウォッシュ加工などで立体感を出したボトムを合わせる事で、セーターの柔らかさや素材感が引き立ち、洗練されたオシャレを演出します。
セーター+カラーパンツの着こなし方
定番のアーガイルセーターを買ったはいいけれど、合わせるボトムスが難しい時に活躍するのがカラーパンツです。どんなトップスにも合わせやすく、スッキリしたシルエットがセーターの上品さを引き立ててくれます。
セーター+カーゴパンツの着こなし方
柔らかみのあるセーターを男らしく着こなしたい時には、カーゴパンツとのコーデがおススメです。トップスのシルエットに合わせたデザインをチョイスすれば、無理なく自然に着こなせ、スパイシーな雰囲気を演出できます。
セーター+チノパンの着こなし方
セーターを使ったキレイ目コーデの定番と言えば、チノパンとの組み合わせです。適当に合わせても無難に決まるだけに、細部にこだわってオシャレ感を演出したい所。セーターの魅力を損なわないデザインを徹底して選びます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP