アーガイル セーター 着こなし メンズ

セーター(アーガイル柄)の着こなし方

セーター(アーガイル柄)の着こなし方

アーガイル柄セーター(黒×白)・シャツ(白)・カーゴパンツ(カーキ)・シューズ(黒)

 

アーガイル柄セーターとカーキのカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

アーガイル柄セーターをシックに着回すなら、グレーなどのシンプルなカラーが便利です。定番のインナーは、ホワイトシャツで。周囲からの好感度も高く、ボトムスとの組み合わせによってはちょっとしたレストランにでもそのまま入れてしまう高級感が魅力です。

 

男らしさもプラスしたいなら、スリム目のカーゴパンツを合わせると、程良くカジュアルになります。シューズも少しラフなタイプを選ぶ事で、かっちりし過ぎない、余裕のある大人スタイルが完成します。

 

 

アーガイル柄セーター(黒×紫)・ダッフルコート(グレー)・デニム・ブーツ(茶)

 

アーガイル柄セーターとグレーのダッフルコートを合わせた着こなし画像

 

ブラック×パープルのアーガイル柄セーターに、ショート丈ダッフルコート、ユーズド加工のデニムパンツを合わせたコーデです。こちらで着用しているような目を引く色味のセーターは、グレーと重ねると派手さが抑えられ、こなれ感のある着こなしに仕上がります。

 

また、セーターの大人っぽさと、ダッフルコートの甘さが絶妙にまざり合い、女性にも好印象な着こなしに。足元には編み上げレースアップブーツを合わせて大人度を上げます。

 

 

セーター(赤×紺)・テーラード(黒)・シャツ(白)・パンツ(ベージュ)・ブーツ(茶)

 

アーガイル柄セーターと黒のテーラードジャケットを合わせた着こなし画像

 

大人の雰囲気を演出してくれるアーガイル柄のセーターは、シャツやテーラードジャケットでまとめるとキレイめな正統派の着こなしに。ディナーデートはもちろん、ビジネスカジュアルとしても使える紳士的な装いに仕上がります。

 

また、ボトムスにベージュのカラーパンツをチョイスすれば、堅苦しさが程よく抜けた優しい雰囲気になります。シューズは男らしく締まった印象で決めるなら黒がおすすめですが、柔らかさを出すなら茶色が合わせやすいです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

アーガイル柄セーターをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

アーガイルセーターは柄物なので合わせるものは基本的に無地になります。アウターにチェックのアウターなど羽織ったりする人もいますが、個人的にはどうかなと思います。やっぱりうるさく感じてしまうので。インナーは白のシャツで裾は出しません。パンツはチノやデニム。コーデュロイパンツもいいです。カジュアルというよりは落ち着いた感じにしたいので、靴は革素材のものにします。【男性 20代】

オフホワイトがベースの、レッドとネイビーがポイントになっているアーガイル柄のセーターに、淡いブルーのデニムをあわせた格好がお気に入りです。子供っぽくなく、なおかつおじさんっぽくならないように、デニムの裾を少し折り、靴はホワイトのデッキシューズであわせ、カジュアルかつ清潔感のある大人な雰囲気になるようコーディネートしています。【男性 20代】

アーガイル柄はトラッドっぽいデザインなのでアーガイル柄のセーターもイギリスチックなトラッドっぽい着こなしになります。さりげない感じのデザインのほうがあわせやすいように思います。いかにもでアーガイル柄がやけに目立つようなものだといやみな感じがしたり、かっちりしすぎて固い印象にもなってしまいます。また柄のインパクトも強いので柄に使われている色に気をつけて他のアイテムのカラーコーディネイトにも気をつけています。【男性 40代】

 

セーターの着こなし方一覧に戻る

 

好感のもてる男性のアーガイル柄セーターの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

アーガイル柄セーターはかっこかわいく着こなしてほしいですね。白シャツをインナーにしてアーガイル柄セーターを主役にするコーディネートも良いですが、ちょっと地味かな。インナーにしてさし色にするとかわいいと思います。明るめの色の柄だと、優しい印象に見えて良いですね。黒ぶちのだて眼鏡をして、知的な雰囲気を演出するのも、優等生風で良いと思いますよ。普段とのギャップにクラクラしちゃうかも。【女性 20代】

色合いや柄の大きさを気を付けないと、正直しんどいです。ダサい。お金持ちの小学生のお坊ちゃまみたいな感じになると思います。あまり全面に押し出しすぎず、さりげなく見えるようにするとか、パーカーだったら前を開けて、中を見えるようにする(そちらに目を引かせる)ようにすると、逆に柄がスパイスのような役割になってよいかも。 また、黒のデニム等を下にもってくることで、全体的に締まってクールな印象になると思います。【女性20代】

アーガイルのセーター優等生風なイメージのあるアイテムなので、少しだけざっくりしたラインのものを古着のブルーデニムと着たりカーキのパンツに合わせたりと気くずした感じのスタイルが好きです。少し年齢層が上の方には素材の上質なものを着て、ジーンズでもラインのきれいなものを選んで大人のカジュアルを目指してほしいです。【女性 30代】

 

セーターの着こなし方一覧に戻る

 

セーター(アーガイル柄)の着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


セーター(アーガイル柄)の着こなし方関連ページ一覧

セーター(黒)の着こなし方
メンズファッションに欠かす事ができないのが、黒のトップス。柔らかな印象の強いニットでも、黒はやっぱりタフでハードなイメージがあります。男らしい黒のニットをスリムに着こなすコツを、写真と共にご紹介しています。
セーター(白)の着こなし方
メンズの上品コーデの代表格とも言えるのが、白のニットです。秋冬にふさわしいぬくもりと、クラシカルな気品漂うホワイトニットを、周囲と一歩差をつけて着こなすためのポイントを、写真を例に挙げて説明します。
セーター(グレー)の着こなし方
柔らかで落ち着きのあるグレーのセーターは、キレイ目なチノパンと合わせても、タフなカーゴパンツと合わせても好相性です。幅広いコーディネートで着回せるので、ぜひ一点は持っておきたいアイテムです。
セーター(赤)の着こなし方
オシャレな男を演出するなら、黒やグレーだけでなく、赤のニットを使ったコーディネートもマスターしたいところ。華やかな赤にはシンプルなシャツやボトムなどと合わせて、スマートなコーディネートを目指しませんか?
セーター(ベージュ)の着こなし方
秋冬の着こなしには欠かせない、スリムで綺麗なシルエットのニット。中でもベージュは人気のカラーのひとつです。着回し力抜群な定番ニットを、周囲よりもワンランクオシャレに着こなすためのコツをご紹介します。
セーター(オレンジ)の着こなし方
黒やグレーの定番コーデに飽きてしまったら、ぜひトライしたいのがオレンジなどの暖色ニットを使った着こなしです。派手目なオレンジのニットを、大人っぽくコーディネートするためのポイントを、写真でご紹介しています。
セーター(ボーダー柄)の着こなし方
秋冬ニットの定番として外す事ができないアイテムは、何と言ってもボーダーニットです。着こなしを間違えればダサい、子供っぽい印象になりがちなボーダーニットを、大人らしく上品に着こなすコツをご紹介しています。
セーター(チェック柄)の着こなし方
ボーダーと並び、ニットの定番柄と言われているのが、チェックです。この秋冬のファッションシーンにぜひ取り入れたい、バイアスチェックのニットのオシャレな着こなし方について、写真と共にご紹介しています。
セーター(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガード柄のニットは、秋冬のアイテムとして一つは持っておくと便利なアイテム。一歩間違えると派手すぎてしまうジャガードニットを、大人らしく綺麗に着こなすためのコツを、写真と共に紹介しています。
セーター(シャギー)の着こなし方
独特の風合いがあるシャギーニットは、その素材感だけで存在を主張できる貴重なアイテムです。大人らしい余裕で、シンプルなデザインを、シンプルに着こなすためのコツについて、写真と一緒にご紹介しています。
ライン入りセーターの着こなし方
胸元にラインの入ったセーターは、男のキレイ目スタイルの定番アイテム。上品に着こなすためには、シャツやボトムスとの組み合わせが重要です。シルエットにこだわった、大人のトラッドコーデを目指します。
タートルネックセーターの着こなし方
首回りが温かいタートルネックのセーターは秋冬の定番アイテムですが、地味になりがちなのが難点。深みのあるカラーをチョイスし、スリムなシルエットで着こなす事で、シンプルだけれど人目を引くオシャレ感を演出できます。
セーター+ジャケットの着こなし方
シンプルなセーターなら、合わせるジャケットも幅広く選べます。カジュアルなデニムジャケットも、シックなブラックセーターとコーデすればシックで落ち着いた印象に。大人のオフスタイルをさらに楽しめます。
セーター+コートの着こなし方
手持ちのVネックセーターを、もっとカジュアルに着こなしたいなら、フード付きのダッフルコートなどがおススメです。セーターの上品さをコートが程良くカジュアルにブレンドし、デートにぴったりの甘さをプラスしてくれます。
セーター+シャツの着こなし方
大人カジュアルの定番アイテム、ラインセーター。美しく着こなすには、インナーのシャツ選びが重要なポイントです。クラッシックな白シャツを合わせてキレイめ感をプラスすれば、デートなどにも好印象なオフスタイルの完成です。
セーター+カットソーの着こなし方
セーターとカットソーのコーディネートは秋冬には外せませんが、上手くレイヤードするのが難しいのが難点です。着こなしのしやすいグレーや黒を基調としたコーデなら、無理のない重ね着感が楽しめておススメです。
セーター+デニムパンツの着こなし方
ざっくりした温かみのあるセーターのボトムスには、定番のデニムがやっぱりおススメ。ウォッシュ加工などで立体感を出したボトムを合わせる事で、セーターの柔らかさや素材感が引き立ち、洗練されたオシャレを演出します。
セーター+カラーパンツの着こなし方
定番のアーガイルセーターを買ったはいいけれど、合わせるボトムスが難しい時に活躍するのがカラーパンツです。どんなトップスにも合わせやすく、スッキリしたシルエットがセーターの上品さを引き立ててくれます。
セーター+カーゴパンツの着こなし方
柔らかみのあるセーターを男らしく着こなしたい時には、カーゴパンツとのコーデがおススメです。トップスのシルエットに合わせたデザインをチョイスすれば、無理なく自然に着こなせ、スパイシーな雰囲気を演出できます。
セーター+チノパンの着こなし方
セーターを使ったキレイ目コーデの定番と言えば、チノパンとの組み合わせです。適当に合わせても無難に決まるだけに、細部にこだわってオシャレ感を演出したい所。セーターの魅力を損なわないデザインを徹底して選びます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP