シャギーセーターとは

シャギーセーターとは

シャギーセーター

シャギーセーターとは

 

シャギー(shaggy)とは毛深いという意味を持ち、通常は毛足の長いけば
立った毛織物を指します。シャギーセーターは、表面に毛足が出たニット
セーターのことです。モコモコとしたぬいぐるみの表面のような質感が特徴です。

 

セーターの着こなし方一覧はこちら

 

シャギーセーターの素材

 

毛足が長いシャギーセーターは、特に素材が決まっているわけではありません。
ウールで織られたものもあれば、アクリル毛糸を加工して毛羽立たせたものも
あります。肌触りを重視するなら、やはり上質なウールが最適です。

 

また、サマーセーターでも、シャギータイプのニットは見られます。
その場合は通気性に富んだ綿素材が向いていますね。

 

シャギーセーターの毛糸の仕組み

 

シャギーセーターの表面の毛足は、毛糸の段階で作られています。
ループと呼ばれる輪っかを作り、そのループ部分を着ることで毛羽立たせます。
その毛羽立った毛糸を使って編むことで、独特の質感を持つシャギーセーター
が出来上がります。

 

通常の編み地よりも厚みが出ますが、密に編まず緩めに編むのが特徴です。

 

シャギーセーターのコーディネート

 

シャギーセーターはお兄系を中心としたカジュアルファッションによく合います。
落ちついた単色でVネックタイプを選べば、厚ぼったく見えがちなシャギー
セーターでもスッキリ着こなせます。シルエットや丈、合わせるアイテムによって、
パンク系やビジュアル系ファッションにも着こなせますよ。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


シャギーセーターとは関連ページ一覧

セーターとは
冬の定番アイテムといえばセーターで、男女問わず持っている人も多いですね。カジュアル、トラッドと幅広いファッションで活用することができます。ここではそんなセーターについて、色々と解説しています。
スクールセーターとは
学生時代に着ていたと言う人も多いのが、スクールセーターです。しかし、近年では学校用ではなく、ファッションとして用いることもあります。そんなスクールセーターについて解説しています。
クルーネックセーターとは
名前は効いたことが無くても、ほとんどの人が持っているのがクルーネックセーターです。コーディネートの基本にまず1着、そんなクルーネックセーターについて、色々と説明しています。
タートルネックセーターとは
首周りは寒さを感じやすい場所ですが、1枚だけでも十分に温かいタートルネックセーターは、冬には欠かせない定番ファッションアイテムです。ここではそんなタートルネックセーターについて、色々と解説しています。
サマーセーターとは
セーターといえば冬のアイテムと言うイメージがありますが、サマーセーターは夏でも着られるファッションアイテムです。ここではそんなサマーセーターについて、色々と解説しています。
ケーブルセーターとは
トラッドな着こなしだけではなく、幅広いカジュアルスタイルにも合わせることができるケーブルセーターは、1着あると冬に便利です。ここではケーブルセーターについて、色々と説明しています。
カウチンセーターとは
ルーツを探ると非常に歴史のあるカウチンセーターは、冬の寒い時期に便利なニットです。今ではバリエーションも増えていますね。そんなカウチンセーターについて、色々と説明しています。
フィッシャーマンセーターとは
温かみのあるのが特徴のフィッシャーマンセーターは、大人のカジュアルだけではなく冬に1着あればとても便利なニットです。そんなフィッシャーマンセーターについて詳しく解説しています。
カシミアセーターとは
肌触りの良いカシミアセーターは、素材感を重視する人の間でとても人気があるニットです。冬のオシャレメンズファッションのアイテム・カシミアセーターについて、色々と説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP