フィッシャーマンセーターとは

フィッシャーマンセーターとは

フィッシャーマンセーター

フィッシャーマンセーターとは

 

フィッシャーマンセーターとは、漁師が着るセーターを意味しています。イギリスや
フランス方面の漁師たちが漁に出るときに着ていたニットが元になっています。

 

セーターの着こなし方一覧はこちら

 

フィッシャーマンセーターの特徴

 

本来は海の男の作業着ですので、防寒性だけではなく防水性も必要です。その
ため、未脱脂ウールを使用しています。油分を含む分、ズシッとした重みがあります。
色は生成り、グレーなど。単色使いですが、模様編みを施しているものもあれば、
シンプルなタイプもあります。

 

フィッシャーマンセーターの種類

 

フィッシャーマンセーターの代表的な種類は、アランセーターとガーンジーセーター
に二分されます。

 

【アランセーター】
アイルランドのアラン諸島が発祥の地で、縄目、ひし形などの独特な模様編みが
特徴的です。フィッシャーマンセーターといえばアランセーターを想像する人が多い
ですね。

 

【ガーンジーセーター】
イギリスのガーンジー島が発祥の地で、フランスの漁師たちも好んで着ます。アラン
セーターは全面に浮きだす編み模様がありますが、ガーンジーセーターはとてもシン
プルです。特徴的なのは、アームホールや裾にぐるりと施した編み模様です。前後
どこを前にしても着られるクルーネックなどもガーンジーセーターの特徴です。

 

フィッシャーマンズセーターの選び方

 

日本でも1970年代にアランセーターが人気だったのですが、最近またその人気が
再燃しています。冬にトラッドに決めたいならアランセーターが便利ですが、一歩
間違えるとおじさんぽくなってしまうので、合わせるアイテムにも気を配りたいですね。

 

重ね着をしたい、厚ぼったくさせたくないというなら、ガーンジーセーターの方が向いて
います。シンプルなデザインなので、様々なファッションコーディネートに取り入れること
もできます。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


フィッシャーマンセーターとは関連ページ一覧

セーターとは
冬の定番アイテムといえばセーターで、男女問わず持っている人も多いですね。カジュアル、トラッドと幅広いファッションで活用することができます。ここではそんなセーターについて、色々と解説しています。
スクールセーターとは
学生時代に着ていたと言う人も多いのが、スクールセーターです。しかし、近年では学校用ではなく、ファッションとして用いることもあります。そんなスクールセーターについて解説しています。
クルーネックセーターとは
名前は効いたことが無くても、ほとんどの人が持っているのがクルーネックセーターです。コーディネートの基本にまず1着、そんなクルーネックセーターについて、色々と説明しています。
タートルネックセーターとは
首周りは寒さを感じやすい場所ですが、1枚だけでも十分に温かいタートルネックセーターは、冬には欠かせない定番ファッションアイテムです。ここではそんなタートルネックセーターについて、色々と解説しています。
サマーセーターとは
セーターといえば冬のアイテムと言うイメージがありますが、サマーセーターは夏でも着られるファッションアイテムです。ここではそんなサマーセーターについて、色々と解説しています。
ケーブルセーターとは
トラッドな着こなしだけではなく、幅広いカジュアルスタイルにも合わせることができるケーブルセーターは、1着あると冬に便利です。ここではケーブルセーターについて、色々と説明しています。
シャギーセーターとは
女性向けアイテムと思われがちなシャギーセーターですが、意外にもメンズファッションに取り入れるとコーディネートの幅が広がります。そんなシャギーセーターについて、説明しています。
カウチンセーターとは
ルーツを探ると非常に歴史のあるカウチンセーターは、冬の寒い時期に便利なニットです。今ではバリエーションも増えていますね。そんなカウチンセーターについて、色々と説明しています。
カシミアセーターとは
肌触りの良いカシミアセーターは、素材感を重視する人の間でとても人気があるニットです。冬のオシャレメンズファッションのアイテム・カシミアセーターについて、色々と説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP