カシミアセーターとは

カシミアセーターとは

カシミアセーター

カシミアセーターとは

 

素材にカシミアの毛糸を使って編んだニットセーターを、カシミアセーター
と呼びます。肌触りが柔らかでとても良いため非常に人気がありますが、
その分高価なので高級品というイメージも強いです。

 

セーターの着こなし方一覧はこちら

 

カシミアセーターの素材

 

カシミアセーターの素材は、カシミアです。
カシミアとは動物性の繊維で、カシミアヤギから取った毛を使って毛織物です。
毛足が非常に細く繊細なので、肌に触れたときにとても柔らかです。
さらにシルクのような光沢も見られ、高級品として取引されます。
自然のカシミアの色は、ホワイト、グレー、ブラウンに分けられます。

 

毛織物に用いられる毛は、カシミアヤギのアンダーコートを用いています。
アンダーコートは粗いオーバーコートとは違って柔らかで、細い毛が密集しています。
毛の生え変わり時期にすいて集めるのですがその量はとても少なく、そのため希少
価値が出て高価になります。生産量は非常に少ないのですが、流通しているもの
には偽物も多く紛れているようです。

 

カシミアセーターの選び方

 

上質なカシミアセーターはそれだけで存在感があるので、シンプルなデザインを
選んでコーディネートに取り入れるのがオススメです。あまりにも安すぎる場合は
偽物の可能性が高いので、信頼のできる店で適正価格で購入するのが一番です。
見極め方は毛質、重さなど。毛足が細くて長く、光沢があるのが良質です。
しっかりと詰まっているのに、ふんわりと軽いのも良質な特徴ですね。

 

カシミアセーターのお手入れ

 

長持ちさせるためには、連日で着ないことが大切です。
着た後はブラシを掛けるのですが、乱暴にすると痛んでしまうので優しくします。
汚れがついたらその都度丁寧に取るようにし、洗濯はクリーニングに依頼します。
クリーニング店から戻ってきたら、必ずビニールを外して乾燥させ、防虫剤を入れ
てからタンスにしまいます。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


カシミアセーターとは関連ページ一覧

セーターとは
冬の定番アイテムといえばセーターで、男女問わず持っている人も多いですね。カジュアル、トラッドと幅広いファッションで活用することができます。ここではそんなセーターについて、色々と解説しています。
スクールセーターとは
学生時代に着ていたと言う人も多いのが、スクールセーターです。しかし、近年では学校用ではなく、ファッションとして用いることもあります。そんなスクールセーターについて解説しています。
クルーネックセーターとは
名前は効いたことが無くても、ほとんどの人が持っているのがクルーネックセーターです。コーディネートの基本にまず1着、そんなクルーネックセーターについて、色々と説明しています。
タートルネックセーターとは
首周りは寒さを感じやすい場所ですが、1枚だけでも十分に温かいタートルネックセーターは、冬には欠かせない定番ファッションアイテムです。ここではそんなタートルネックセーターについて、色々と解説しています。
サマーセーターとは
セーターといえば冬のアイテムと言うイメージがありますが、サマーセーターは夏でも着られるファッションアイテムです。ここではそんなサマーセーターについて、色々と解説しています。
ケーブルセーターとは
トラッドな着こなしだけではなく、幅広いカジュアルスタイルにも合わせることができるケーブルセーターは、1着あると冬に便利です。ここではケーブルセーターについて、色々と説明しています。
シャギーセーターとは
女性向けアイテムと思われがちなシャギーセーターですが、意外にもメンズファッションに取り入れるとコーディネートの幅が広がります。そんなシャギーセーターについて、説明しています。
カウチンセーターとは
ルーツを探ると非常に歴史のあるカウチンセーターは、冬の寒い時期に便利なニットです。今ではバリエーションも増えていますね。そんなカウチンセーターについて、色々と説明しています。
フィッシャーマンセーターとは
温かみのあるのが特徴のフィッシャーマンセーターは、大人のカジュアルだけではなく冬に1着あればとても便利なニットです。そんなフィッシャーマンセーターについて詳しく解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP