ウエスタンシャツ 半袖

ウエスタンシャツ(半袖)の着こなし方

ウエスタンシャツ(半袖)の着こなし方

半袖ウエスタンシャツ(黒)・タンクトップ(白)・カーゴパンツ(黒)・シューズ(黒)

 

黒の半袖ウエスタンシャツに白のタンクトップを合わせた着こなし画像

 

アメカジコーデ定番のウエスタンシャツもカラーによってはシックになったりキレイめになったりもする意外なアイテムです。白のタンクトップの上にはブラックデニムの半袖ウエスタンシャツを羽織っています。

 

ヴィンテージウォッシュ加工なので高級感もあり、大人の雰囲気を持っています。ボトムスはサテン素材のカーゴパンツ。光沢がとても上品な1枚、ストレッチ素材で美脚ラインにもなります。クールなモノクロお出かけコーデの完成です。

 

 

半袖ウエスタンシャツ(デニム)・カットソー(白)・クロップド(キャメル)・靴(黒)

 

デニムの半袖ウエスタンシャツに白のカットソーを合わせた着こなし画像

 

デニム素材の半袖ウエスタンシャツはアメカジ風コーデに欠かせないカジュアルなアイテム。ホワイトカットソーの上に羽織るとスタイリッシュなアメカジスタイルの上半身になります。

 

もちろんシャツ1枚で着てもスッキリ着こなすことが出来ます。ボトムスはサマーコール素材のクロップドパンツ。夏にピッタリのアイテムなので襟付きシャツやTシャツなどに合わせてどんどんヘビロテしたいアイテムです。足元は黒のスニーカーで全体を引き締めます。

 

 

半袖ウエスタンシャツ(緑チェック)・カーゴパンツ(ベージュ)・デッキシューズ(白)

 

緑チェックの半袖ウエスタンシャツにベージュのカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

チェックの半袖ウエスタンシャツは1枚で着ても何かの上から羽織っても、またレイヤードスタイルとしても楽しめる、汎用性の高い1枚です。こちらの写真ではグリーンチェックの夏らしい爽やかなシャツを1枚で着ています。

 

シンプルなのでブレスレットなどのアクセサリーを合わせるとGOOD。ボトムスはベージュのカーゴパンツでさらにカジュアルな印象に。足元はホワイトのデッキシューズで夏のお出かけ&デートにピッタリな爽やかなコーディネートの完成です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

半袖ウエスタンシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

半袖のウエスタンシャツはデニムのズボンと相性がいいです。あとは少し印象の強い色のベルトと、インナーは白か黒といったシンプルな色でまとめます。靴はさわやかに決めたい時は薄い茶色、シックに決めたいときは紺色のものにします。ウエスタンシャツは他の着衣でがらりとイメージが変わるので、コーディネートするときは軽く行くか、大人っぽい雰囲気で行くかコンセプトを決めて選びます。【男性 30代】

ウエスタンシャツを着るからと言って、ウエスタンハットにジーンズさらにウエスタンブーツといかにもカウボーイ風の着こなしは、芸がありません。私ならば、インナーには何も着ず、素肌の胸をやや、はだけるようにします。それに足元はワーキングシューズで固めてワイルドさを強調します。しかしボトムスは、おとなしめにプレーンなチノパンを合わせメリハリをつけます。【男性 50代】

半袖のウエスタンシャツを着こなすときのポイントとしてはウェスタンシャツの作りが細身になっていますので、痩せている時はジャストサイズのジーンズにブーツと言ったキッチリした着こなしがやはり一番シルエットが綺麗に見えますからね。逆にウェスタンシャツを羽織る感じでラフに着こなす場合は柄物やチェックの物をショートパンツや6ポケットのアーミーパンツにスニーカーなど合わせると雰囲気が出ると思います。 【男性 30代】

インナーは、薄いタイプのTシャツがいいです。色はウエスタンシャツに合うものがいいでしょう。ボトムズは迷わずにブーツカットのジーンズです。靴はブーツがいいです。ウエスタンブーツでもいいですし、アーミーブーツでもかっこよく決めることができます。小物は小さめのかばんが似合います。あまり派手なものではないほうがいいです。他にはネックレスなんかいいです。色が付いている石はしっくりときます。ポイントは、あまり派手になりすぎないことです。格好自体、それなりに派手なので、その辺は気をつけたほうがいいでしょう。【男性 40代】

半袖のウエスタンシャツを着こなすには、ホワイト主体のシャツならば下にはウエスタンカットのジーンズを合わせます。色は濃い目のブルー。靴は茶系のウエスタンブーツを。ベルトも靴と同系色のやや幅広のものを。シャツの胸元には赤・水色・緑などのバンダナをスカーフのように巻きます。ウエスタンハットをかぶれば完璧です。 【男性 40代】

 

好感のもてる半袖ウエスタンシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

半袖ウエスタンシャツは、ワイルドにまとめてしまうと、少し大人っぽくなりすぎてしまいそうだから、カジュアルダウンして着てほしいな。ウエスタンシャツのボタンは止めずに、下に着たTシャツをチラ見せする感じで。Tシャツは、細いボーダーや、無地を選んだが無難かも。パンツはベージュのチノパンが合いそう。靴にブーツなんかもってくると、やり過ぎな感じだから、スニーカーでカジュアルダウンするのがおすすめ!【女性 20代】

半袖のウエスタンシャツの着こなしで好きなのは、凄くカジュアルにしたい場合は迷彩柄のパンツをさりげなく合わせて少しゴツイ感じの靴をはいたら良い感じだと思います。あとは、シンプルに穿きこんだ古着のようなデニムにサラリと合わせてウエスタンジュエリーを少し付けると、雰囲気が出ると思います。リゾート地なんかでは、シャツのボタンは全開にして中にはタンクトップを着たりハーフパンツで崩してビーチサンダルな感じでも良いと思います。【女性 30代】

ウエスタンシャツも、さりげなくおしゃれにきこなして欲しいな。いかにも西部劇に出てきそうな、全身ウエスタンとかは、絶対に避けて欲しい。並んで歩くのに、何をきたらいいのかわからなくなっちゃうから。あくまで、ボトムスとクツはナチュラルにして欲しいです。オシャレのワンポイントとして、ウエスタンシャツを取り入れているのなら、素敵だな〜って、思います。【女性 30代】

 

半袖シャツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ウエスタンシャツ(半袖)の着こなし方関連ページ一覧

半袖シャツ(白)の着こなし方
白半袖シャツはタンクトップをインナーに、軽く羽織るように着ると爽やかなオシャレ感を演出できます。ボトムスはストレートタイプのカーゴパンツ、足元はサンダルを合わせるとカッコ良くカジュアルにまとまります。
半袖シャツ(黒)の着こなし方
黒色の半袖シャツは、白色カットソーなどのインナーに羽織るように着てもカッコ良いのですが、前締めできるとグッと男らしさが増します。ボトムスは定番のデニムパンツ、足元はカジュアルに黒のスニーカーでまとめます。
半袖シャツ(グレー)の着こなし方
グレーの半袖シャツは着回しが楽しめるアイテムです。オリーブ色のカーゴパンツとスニーカーを合わせるとキレイ感のあるカジュアルスタイルに仕上がります。靴は黒でもOKですが、白なら軽く爽やかな印象にまとまります。
半袖シャツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーの半袖シャツは爽やかな印象に仕上げるようにコーディネートすると、夏によく似合う装いになります。インナーはグレーのカットソー、ボトムスは白のテーパードシルエットのチノパン、足元は黒でまとめます。
半袖シャツ(サックス)の着こなし方
サックスカラーの半袖シャツは、濃い色目のデニムパンツと合わせるとキレイめカジュアルに仕上がります。足元は重すぎず軽すぎないブラウンカラーの靴を合わせれば完成です。サックスカラーが爽やかさを演出してくれます。
半袖シャツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュの半袖シャツは、デニムパンツはもちろんスラックスパンツとの相性も抜群です。スラックスパンツはグレーのサルエルタイプと合わせれば程良くカジュアル感がプラスされ、キレイめにまとめることができます。
半袖シャツ(ブラウン)の着こなし方
落ち着いた雰囲気を演出してくれるブラウンの半袖シャツは、大人っぽいキレイめアイテムでコーディネートすると大人カジュアルにまとまります。ベージュのストレートシルエットパンツ、黒のバブーシュシューズで完成です。
半袖シャツ(赤チェック)の着こなし方
赤のチェック柄半袖シャツは、ブラウンやベージュカラーのボトムスとの相性が抜群に良いです。インナーに白のカットソーを合わせれば清潔感がUP。靴やベルトを黒で配色すれば、キレイめカジュアルコーデの完成です。
半袖シャツ(黒チェック)の着こなし方
黒のチェック柄は手軽なオシャレ感を楽しむのにもってこいのアイテムです。黒×白のチェック柄半袖シャツをトップスに、ユーズド感のあるデニムパンツ、黒のスニーカーを合わせればオシャレな男カジュアルに決まります。
半袖シャツ(緑チェック)の着こなし方
白のカットソー、ベージュのカラーパンツというシンプルな組み合わせに、緑のチェック柄半袖シャツを羽織るだけで爽やかなキレイめカジュアルスタイルになります。足元をブラウンのデッキシューズでまとめれば完璧です。
半袖シャツ(ドット柄)の着こなし方
ドット柄の半袖シャツは、大人っぽさのあるアイテムと合わせると爽やかな大人カジュアルにまとまります。インナーに白のタンクトップ、細身のカーゴパンツ、足元はレザー素材などのお洒落デザインのサンダルでまとめます。
半袖シャツ(花柄)の着こなし方
花柄の半袖シャツは、インナーに白のVネックカットソー、ボトムスに黒のスラックスでコーディネートすれば、お洒落なキレイめスタイルになります。さらにカジュアル感を出したい場合はボトムスをデニムに代えればOKです。
半袖シャツ(ストライプ柄)の着こなし方
半袖ストライプシャツは、1枚で着てもアウターとして着てもオシャレな1着。カラーによって印象が変わります。縦ラインは太っている体型を少しカバーしてくれるため太っている方は横ラインのボーダーより縦ラインのストライプがお勧めです。
ボタンダウンシャツ(半袖)の着こなし方
半袖ボタンダウンシャツはキレイめコーデにもってこいのアイテム。カラーや模様によってガラっと表情が変わります。飾らないシンプルスタイルが好みの方にお勧めです。普通過ぎると感じる時は小物を使ってみてください。
デニムシャツ(半袖)の着こなし方
半袖デニムシャツは、タンクトップやTシャツに合わせるだけで夏の爽やかコーデが完成します。デニムにも色々なカラーがあるため、コーディネート方法も様々です。
シワ加工シャツ(半袖)の着こなし方
半袖シワ加工シャツはキレイめな印象の強い半袖シャツをカジュアルダウンさせたアイテム。少しワイルドな着こなしをしたい方にピッタリです。自分の容姿にマッチせず頑張り過ぎな服装になりそうだと感じる方は避けてください。
ミリタリーシャツ(半袖)の着こなし方
半袖ミリタリーシャツはキレイめスタイルをカジュアルダウンする時に便利な1着。色々なボトムスにマッチするので合わせやすいです。軍服テイストで通気性・吸水性も良く、機能的。
シャンブレーシャツ(半袖)の着こなし方
半袖シャンブレーシャツは肌触りがよく、夏のコーディネートに取り入れると爽やかな仕上がりになります。シャンブレー独特の霜降り風の布面が、夏の涼しらしさを演出するコーディネートにもピッタリです。
ワークシャツ(半袖)の着こなし方
半袖ワークシャツは1枚で着ても、羽織って着ても自由な動きやすさ機能性優れた使えるアイテム。実用性に優れてるので、ちょっとしたワークスタイルにも、シンプルなカジュアルスタイルにもピッタリです。
半袖シャツ+Tシャツの着こなし方
半袖シャツは前を閉めて1枚で着てもオシャレですが、Tシャツと合わせアウターとして前を開けてサラっと羽織ると爽やかな夏のコーデに仕上がります。ナチュラルカラー、チェック柄など自分の印象に合った着こなしを見つけてみてください。
半袖シャツ+タンクトップの着こなし方
半袖シャツとタンクトップの組み合わせは、色や着こなしによって爽やか系にもワイルド系にも変身します。半袖シャツを前開けしてタンクトップを見せても、タンクトップより着丈の短い半袖シャツを前を閉めて着こなしたもオシャレです。
半袖シャツ+デニムパンツの着こなし方
半袖シャツとデニムパンツの組み合わせはカジュアルなイメージが強いですが、大人っぽいカラーのチョイスで色気漂うコーデにもなります。爽やかなカラーを選ぶと夏らしい涼しいイメージになるのでお勧めです。
半袖シャツ+カラーパンツの着こなし方
半袖シャツとカラーパンツの組み合わせは、それぞれの色や柄を変えるだけでカジュアルにもキレイめにもなるコーディネートです。サックスのチェックシャツと、明るめのパンツを選ぶと爽やかな夏らしいコーディネートになります。
半袖シャツ+カーゴパンツの着こなし方
半袖シャツとカーゴパンツの組み合わせは、夏らしいカジュアルスタイルを着こなす際に便利な組み合わせです。足元にサンダルを履くとよりカジュアルな涼しい着こなしになります。
半袖シャツ+チノパンの着こなし方
半袖シャツとチノパンの組み合わせはキレイめコーデとして合わせやすいですが、カジュアルダウンさせてもこなれたオシャレに。チノパンのカラーもにも、カーキ、白、裏地チェックなど様々で色々な着こなしがあります。
半袖シャツ+スラックスの着こなし方
半袖シャツとスラックスの組み合わせはカッチリスタイルが定番ですが、サルエルやロールアップのスラックスでカジュアルテイストになります。ボトムがシンプルなのでシャツはドット柄、花柄、ストライプ柄などの柄で合わせるのもお勧めです。
半袖シャツ+クロップドパンツの着こなし方
半袖シャツとクロップドパンツの組み合わせは、夏の定番爽やかコーディネート。アンクレットでオシャレ度も更にアップします。涼しさを演出したい方におすすめで直射日光を防ぐために帽子をかぶるのもマッチします。
半袖シャツ+サルエルパンツの着こなし方
半袖シャツとサルエルパンツの組み合わせはやんちゃ系のコーデ。落ち着いた色で揃えることで大人の着こなしにも変身します。ボトムスが特徴的なので、トップスはシンプルにするのもお勧めです。
半袖シャツ+ハーフパンツの着こなし方
半袖シャツとハーフパンツの組み合わせは、ラフに仕上げても夏らしく、またラインをすっきりさせるとキレカジ系にもなります。明るい配色を散りばめれば鮮やかな着こなしにも、ダークカラーでシックな着こなしにもなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP