ストライプシャツ 半袖

半袖シャツ(ストライプ柄)の着こなし方

半袖シャツ(ストライプ柄)の着こなし方

半袖ストライプシャツ(黒)・カットソー(白)・カーゴパンツ(カーキ)・シューズ(黒)

 

黒の半袖ストライプシャツに白のカットソーを合わせた着こなし画像

 

シンプルに上からシャツを羽織るだけなら無地のものより断然柄物の方がインパクトがあってオシャレです。シンプルなホワイトのカットソーに太いストライプシャツを羽織ってスッキリとした上半身を演出。

 

フォーマルチックに着こなしたい場合はボタンを留めて着るのがおすすめ。ボトムスのカーゴパンツは細身のシルエットなので、全体的にスッキリとした着こなしになっています。足元はリアルスウェードのバブーシュシューズで高級感のある大人の男性のコーディネートの完成です。

 

 

半袖ストライプシャツ(赤)・デニムパンツ(紺)・スニーカー(黒)

 

赤の半袖ストライプシャツに紺のデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

赤のストライプシャツは淡い色なのでさらっとカジュアルに着こなすことができます。トップはこれ1枚で、さらにボタンを留めてストライプ柄を強調した着こなしに。ネイビーインディンゴのデニムパンツはダメージ加工のカジュアルな一枚。

 

スリムなラインな上に裾はブーツカットになっているので、美脚効果があります。足元のスニーカーはユーズド加工なのでデニムパンツと合わせることでこなれたカジュアル感を演出することができます。

 

 

半袖ストライプシャツ(青)・スラックス(チャコール)・シューズ(黒)

 

青の半袖ストライプシャツにチャコールのスラックスを合わせた着こなし画像

 

ストライプのシャツは、色によってカジュアルな印象になりますがこちらは淡いブルーのストライプなのでフォーマル風の落ち着いたキレイめな着こなしをすることができます。秋口に入り、涼しくなってくるとカーディガンと合わせるのもオシャレです。

 

ボトムスはチャコールのスラックス。黒を避けることで重い印象になりません。サルエルタイプなので、ハズしてカジュアルダウンさせて着ることができます。靴はスウェードのバブーシュシューズで大人のキレカジMIXスタイルの完成です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ストライプ柄の半袖シャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

半袖のストライプ柄シャツは薄いものを選択することが多いので、下は地味めか濃い色(紺、赤茶色など)のズボンと合わせています。靴は白や赤のラインが入ったものを愛用しています。全体的に自己主張が弱い感じになりやすいので、靴で調整するのがポイントです。ファッションというと着衣に注目されがちですが、靴も込みで考えるべきだと判断しています。【男性 30代】

私が半袖のストライプ柄シャツを着るなら、シャツはぴったりめのシャツを選びますね。パンツも細めのものを選んで、全体のシルエットがスリムに見えるようにします。パンツはベージュのチノパンあたりが無難ですが良いですね。シャツの色が白や青なら黒のパンツを合わせたりもします。ただ、シャツが青と白のストライプなら、コンビニ店員見えないように気をつけますよ。靴は茶系のブーツを履くか、スニーカーを合わせたりもします。【男性 20代】

半袖のストライプ柄のシャツは、黒やグレー、チャコールなど落ち着いた色の場合はGパンと合わせます。靴は皮系のものにします。全体的に落ち着いた雰囲気のコーディネートです。派手な色合いのシャツの場合は、チノパンやホワイトジーンズと合わせた上で靴はスニーカー系にします。こちらはカジュアル感の強いコーディネートですね。【男性 40代】

半袖のストライプシャツを着こなす場合は、シアサッカー地のブルーのストライプを選びます。下にはオフホワイトの麻か綿麻のカラーパンツをあわせます。素足に茶系のロファーです。ブルーのかわりに赤かピンクのストライプのシャツを選んだ場合は、オフホワイト以外に、ベージュからタンのパンツをあわせるのもきれいです。【男性 40代】

ビジネス用でしか着ません。水色またはグレーと白のストライプのボタンダウン半袖シャツ。ノーネクタイ(クールビズ)。シャツの素材は、春と秋は綿。夏はポリエステル系。ズボンは黒か紺。靴は黒の皮靴。ヒモで縛るタイプ。靴下はズボンと同色の黒か紺のロングソックス。インナー(上下)もズボンと同色の黒か紺が原則です。【男性 60代】

 

好感のもてるストライプの半袖シャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

半袖ストライプシャツは、昔から好きです。夏になると男性に着て欲しいと感じる服なのですが、特に好きなスタイルが、適度にストレッチの入ったカーゴパンツとの組み合わせです。ジーンズだと、おじさんっぽくなる可能性もあるのですが、カーゴパンツだと、オシャレカジュアルな感じがします。それプラス、ボタンをあけて、中のTシャツを見せてもいいかと思います。【女性 30代】

ジーンズや黒のスキニーパンツとかでキレイめに着こなして欲しいです。靴は、スニーカーとかでちょっと外してカジュアルめに見せてたりするとおしゃれだなーと思います。中にTシャツとかを着て、上着みたいに来てもいいと思うけど、ストライプシャツだからキャラクターとか柄物のはごやごちゃするし、子供っぽいので着ないで欲しいです。【女性 20代】

ボトムは暗め(グレーや黒)細身パンツがいいです。靴も黒の皮靴。シャツを何色にするか迷ったときは、ストライプ細めのブルー系だと合わせやすいと思います。シャツがさわやかなイメージなので、その他のアイテムはシックな感じでまとまってるのが好きです。帽子とか、ネクタイをプラスするとちょっとカジュアルよりになって、それもいいかも。【女性 20代】

 

半袖シャツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


半袖シャツ(ストライプ柄)の着こなし方関連ページ一覧

半袖シャツ(白)の着こなし方
白半袖シャツはタンクトップをインナーに、軽く羽織るように着ると爽やかなオシャレ感を演出できます。ボトムスはストレートタイプのカーゴパンツ、足元はサンダルを合わせるとカッコ良くカジュアルにまとまります。
半袖シャツ(黒)の着こなし方
黒色の半袖シャツは、白色カットソーなどのインナーに羽織るように着てもカッコ良いのですが、前締めできるとグッと男らしさが増します。ボトムスは定番のデニムパンツ、足元はカジュアルに黒のスニーカーでまとめます。
半袖シャツ(グレー)の着こなし方
グレーの半袖シャツは着回しが楽しめるアイテムです。オリーブ色のカーゴパンツとスニーカーを合わせるとキレイ感のあるカジュアルスタイルに仕上がります。靴は黒でもOKですが、白なら軽く爽やかな印象にまとまります。
半袖シャツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーの半袖シャツは爽やかな印象に仕上げるようにコーディネートすると、夏によく似合う装いになります。インナーはグレーのカットソー、ボトムスは白のテーパードシルエットのチノパン、足元は黒でまとめます。
半袖シャツ(サックス)の着こなし方
サックスカラーの半袖シャツは、濃い色目のデニムパンツと合わせるとキレイめカジュアルに仕上がります。足元は重すぎず軽すぎないブラウンカラーの靴を合わせれば完成です。サックスカラーが爽やかさを演出してくれます。
半袖シャツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュの半袖シャツは、デニムパンツはもちろんスラックスパンツとの相性も抜群です。スラックスパンツはグレーのサルエルタイプと合わせれば程良くカジュアル感がプラスされ、キレイめにまとめることができます。
半袖シャツ(ブラウン)の着こなし方
落ち着いた雰囲気を演出してくれるブラウンの半袖シャツは、大人っぽいキレイめアイテムでコーディネートすると大人カジュアルにまとまります。ベージュのストレートシルエットパンツ、黒のバブーシュシューズで完成です。
半袖シャツ(赤チェック)の着こなし方
赤のチェック柄半袖シャツは、ブラウンやベージュカラーのボトムスとの相性が抜群に良いです。インナーに白のカットソーを合わせれば清潔感がUP。靴やベルトを黒で配色すれば、キレイめカジュアルコーデの完成です。
半袖シャツ(黒チェック)の着こなし方
黒のチェック柄は手軽なオシャレ感を楽しむのにもってこいのアイテムです。黒×白のチェック柄半袖シャツをトップスに、ユーズド感のあるデニムパンツ、黒のスニーカーを合わせればオシャレな男カジュアルに決まります。
半袖シャツ(緑チェック)の着こなし方
白のカットソー、ベージュのカラーパンツというシンプルな組み合わせに、緑のチェック柄半袖シャツを羽織るだけで爽やかなキレイめカジュアルスタイルになります。足元をブラウンのデッキシューズでまとめれば完璧です。
半袖シャツ(ドット柄)の着こなし方
ドット柄の半袖シャツは、大人っぽさのあるアイテムと合わせると爽やかな大人カジュアルにまとまります。インナーに白のタンクトップ、細身のカーゴパンツ、足元はレザー素材などのお洒落デザインのサンダルでまとめます。
半袖シャツ(花柄)の着こなし方
花柄の半袖シャツは、インナーに白のVネックカットソー、ボトムスに黒のスラックスでコーディネートすれば、お洒落なキレイめスタイルになります。さらにカジュアル感を出したい場合はボトムスをデニムに代えればOKです。
ボタンダウンシャツ(半袖)の着こなし方
半袖ボタンダウンシャツはキレイめコーデにもってこいのアイテム。カラーや模様によってガラっと表情が変わります。飾らないシンプルスタイルが好みの方にお勧めです。普通過ぎると感じる時は小物を使ってみてください。
デニムシャツ(半袖)の着こなし方
半袖デニムシャツは、タンクトップやTシャツに合わせるだけで夏の爽やかコーデが完成します。デニムにも色々なカラーがあるため、コーディネート方法も様々です。
シワ加工シャツ(半袖)の着こなし方
半袖シワ加工シャツはキレイめな印象の強い半袖シャツをカジュアルダウンさせたアイテム。少しワイルドな着こなしをしたい方にピッタリです。自分の容姿にマッチせず頑張り過ぎな服装になりそうだと感じる方は避けてください。
ミリタリーシャツ(半袖)の着こなし方
半袖ミリタリーシャツはキレイめスタイルをカジュアルダウンする時に便利な1着。色々なボトムスにマッチするので合わせやすいです。軍服テイストで通気性・吸水性も良く、機能的。
ウエスタンシャツ(半袖)の着こなし方
半袖ウエスタンシャツは1枚で着ても羽織りものとしても使える、便利なカジュアルアイテムです。カーボーイ風という印象でで避けている人も多いアイテムですが、色や柄も様々でおしゃれに着こなすことができます。いつもと違ったファッションにぜひ。
シャンブレーシャツ(半袖)の着こなし方
半袖シャンブレーシャツは肌触りがよく、夏のコーディネートに取り入れると爽やかな仕上がりになります。シャンブレー独特の霜降り風の布面が、夏の涼しらしさを演出するコーディネートにもピッタリです。
ワークシャツ(半袖)の着こなし方
半袖ワークシャツは1枚で着ても、羽織って着ても自由な動きやすさ機能性優れた使えるアイテム。実用性に優れてるので、ちょっとしたワークスタイルにも、シンプルなカジュアルスタイルにもピッタリです。
半袖シャツ+Tシャツの着こなし方
半袖シャツは前を閉めて1枚で着てもオシャレですが、Tシャツと合わせアウターとして前を開けてサラっと羽織ると爽やかな夏のコーデに仕上がります。ナチュラルカラー、チェック柄など自分の印象に合った着こなしを見つけてみてください。
半袖シャツ+タンクトップの着こなし方
半袖シャツとタンクトップの組み合わせは、色や着こなしによって爽やか系にもワイルド系にも変身します。半袖シャツを前開けしてタンクトップを見せても、タンクトップより着丈の短い半袖シャツを前を閉めて着こなしたもオシャレです。
半袖シャツ+デニムパンツの着こなし方
半袖シャツとデニムパンツの組み合わせはカジュアルなイメージが強いですが、大人っぽいカラーのチョイスで色気漂うコーデにもなります。爽やかなカラーを選ぶと夏らしい涼しいイメージになるのでお勧めです。
半袖シャツ+カラーパンツの着こなし方
半袖シャツとカラーパンツの組み合わせは、それぞれの色や柄を変えるだけでカジュアルにもキレイめにもなるコーディネートです。サックスのチェックシャツと、明るめのパンツを選ぶと爽やかな夏らしいコーディネートになります。
半袖シャツ+カーゴパンツの着こなし方
半袖シャツとカーゴパンツの組み合わせは、夏らしいカジュアルスタイルを着こなす際に便利な組み合わせです。足元にサンダルを履くとよりカジュアルな涼しい着こなしになります。
半袖シャツ+チノパンの着こなし方
半袖シャツとチノパンの組み合わせはキレイめコーデとして合わせやすいですが、カジュアルダウンさせてもこなれたオシャレに。チノパンのカラーもにも、カーキ、白、裏地チェックなど様々で色々な着こなしがあります。
半袖シャツ+スラックスの着こなし方
半袖シャツとスラックスの組み合わせはカッチリスタイルが定番ですが、サルエルやロールアップのスラックスでカジュアルテイストになります。ボトムがシンプルなのでシャツはドット柄、花柄、ストライプ柄などの柄で合わせるのもお勧めです。
半袖シャツ+クロップドパンツの着こなし方
半袖シャツとクロップドパンツの組み合わせは、夏の定番爽やかコーディネート。アンクレットでオシャレ度も更にアップします。涼しさを演出したい方におすすめで直射日光を防ぐために帽子をかぶるのもマッチします。
半袖シャツ+サルエルパンツの着こなし方
半袖シャツとサルエルパンツの組み合わせはやんちゃ系のコーデ。落ち着いた色で揃えることで大人の着こなしにも変身します。ボトムスが特徴的なので、トップスはシンプルにするのもお勧めです。
半袖シャツ+ハーフパンツの着こなし方
半袖シャツとハーフパンツの組み合わせは、ラフに仕上げても夏らしく、またラインをすっきりさせるとキレカジ系にもなります。明るい配色を散りばめれば鮮やかな着こなしにも、ダークカラーでシックな着こなしにもなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP