半袖シャツ デニム

半袖シャツ+デニムパンツの着こなし方

半袖シャツ+デニムパンツの着こなし方

半袖シャツ(サックス)・デニムパンツ(ネイビー)・シューズ(茶)

 

青の半袖シャツにネイビーのデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

トップスの半袖シャツはサックスブルーをチョイスし爽やかな印象となっています。中にインナーを着て、羽織って着てもオシャレですがこちらでは1枚で着ることでスッキリとした印象にしています。

 

ボトムスはネイビーのデニムパンツ。テーパードになっているので脚長効果も抜群です。また、シャツのサックスブルーとデニムのネイビーがマッチしてブルーの爽やか効果も倍増。靴はブラウンのバブーシュシューズで少し色味に変化をつけ、足元をよりオシャレにしています。

 

 

半袖シャツ(グリーンチェック)・デニム(ユーズド)・カットソー(白)・ブーツ(茶)

 

グリーンチェックの半袖シャツにユーズドのデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

ついつい派手になってしまいそうになりがちなグリーンチェックの半袖シャツですが、こちらのものは割と落ちついたカラーのチェックなので幅広い年齢層の方が着用できるアイテムとなっています。ホワイトのVネックカットソーと合わせ羽織りスタイルとして着ています。

 

ボトムスは、カジュアルなデニムのカーゴパンツ。こちらはシンプルにTシャツなどと合わせてもそれだけでオシャレなので使い勝手の良いパンツです。足元はブラウンのトレッキングブーツでベルトとの統一感を持たせています。

 

 

半袖シャツ(ワイン)・デニムパンツ(ネイビー)・レザーベルト(茶)・シューズ(黒)

 

ワインの半袖シャツにネイビーのデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

ワインレッドは大人の色気漂うカラーなので、上手く取り入れると大人コーディネートになります。トップスに着ているのはワインレッドの半袖シャツ。襟・前立て部分がブラックでツートンカラーになっているのもオシャレです。

 

ボトムスはネイビーのデニムパンツで上半身をカジュアルダウンさせています。ストレッチかつブーツカットなので美脚効果もあり、スタイル良く見せてくれるアイテムです。足元はブラックのバブーシュシューズで全身を引き締めています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

半袖シャツ+デニムパンツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

もしわたしが半袖シャツとデニムパンツを着こなすとしたら、まずシャツは爽やかな色合いのチェック柄のシャツかペールカラーのものにします。中にはVネックの無地の白か黒のインナーか、ペールカラーのシャツの場合はボートネックのインナーを合わせます。デニムはできるだけシンプルな加工のものにして、靴は白などのスニーカーを合わせます。【男性 20代】

私が半袖シャツとデニムパンツを着こなす際はシャツはシャンブレーシャツにノンウォッシュのデニムパンツ。この時パンツはジーンズにするとワーク風になってしまいがちなので、スリムタイプにしたり、カラーデニムを合わすことが多いです。ワーク風にならないために足元はラバーソールなどを合わせるとかなり洗練された感じになります。 【男性 20代】 

半袖シャツには基本的には色落ち感が強めの淡い色調のジーンズを合わせます。その方が夏らしいですしね。シワ加工の生地だったりレトロ風の半袖シャツならビンテージ感のあるジーンズをチョイスしてややルーズに着こなします。シャツのボタンを一つ多く外したり。Yシャツに近い感じの半袖シャツなら逆に履き込んでいないようなジーンズにします。 【男性 40代】

デニムパンツにはどんな半袖シャツもそれなりに似合いますが、デニムパンツだけに良く似合うのが、黒のシャツときれいなブルーのシャツです。どちらもパンツの中にシャツを入れてベルトをして着こなします。ベルトと靴は黒でも茶系でも合いますが、茶系のほうがカジュアルな感じが強くなります。靴はスリップオンより紐靴かデザートブーツが合います。 【男性 40代】

半袖のシャツには、サッカー生地で白地に水色のチェックもしくはストライプのシャツを選びます。素肌に着るも良し、またインナーが着たければ、タンクトップや襟ぐりのしっかりしたTシャツでもいいと思います。インナーの色はネイビーやオレンジなどの濃い色がいいと思いますが、黒はやめておきましょう。(清潔感がイマイチになりますので)デニムパンツについては、ベーシックなストレートで靴はスニーカーもしくは真っ白なデッキシューズを素足で【男性 50代】

 

好感のもてる半袖シャツとデニムパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

半そでシャツとデニムパンツなら、デニムはどんなものでもいいです。けっこうダメージが強いものでも、トップスがシャツなのできれいにまとまります。デニムの色は、これから暑くなるので薄めのほうがさわやかにみえて好きです。シャツは、無地でも柄ものでもいいけど、柄の場合は、あんまり柄が大きくない方が素敵にみえます。【女性 20代】

半袖シャツ+デニムパンツを着る場合は、半袖シャツの前を閉じるのならば、デニムパンツと同色でないものがいいと思います。前をあけたままでいるのならば、デニムパンツと同系色にし、中に着るタンクトップやTシャツを別の色にしたらいいと思います。半袖シャツもデニムパンツも、自分の身体のサイズに合った大きさの物がいいです。【女性 20代】

ベタですが、デニムをスッキリしたスマートカジュアル系のシャツと合わせてくれると思わず見とれてしまいます。半袖シャツなのでルーズなものより、男らしい背中のラインを強調するようなウエストを絞ったデザインがいいですね。トップスがスッキリと細身なので、デニムはストレートがベストです。ストレッチタイプものは全体の足の長さが強調されるため、できれば小さめのシャツにややルーズなデニムを合わせてバランスがよく見えるよう気を遣ってほしいです。ボトムがカジュアルなので、トップスはスマートに、ネックレスやブレスレットよりも、シンプルなブラウン系のハンチングや質感のあるレザーウォッチで大人っぽいカジュアルファッションを見せてほしいです。【女性 30代】

 

半袖シャツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


半袖シャツ+デニムパンツの着こなし方関連ページ一覧

半袖シャツ(白)の着こなし方
白半袖シャツはタンクトップをインナーに、軽く羽織るように着ると爽やかなオシャレ感を演出できます。ボトムスはストレートタイプのカーゴパンツ、足元はサンダルを合わせるとカッコ良くカジュアルにまとまります。
半袖シャツ(黒)の着こなし方
黒色の半袖シャツは、白色カットソーなどのインナーに羽織るように着てもカッコ良いのですが、前締めできるとグッと男らしさが増します。ボトムスは定番のデニムパンツ、足元はカジュアルに黒のスニーカーでまとめます。
半袖シャツ(グレー)の着こなし方
グレーの半袖シャツは着回しが楽しめるアイテムです。オリーブ色のカーゴパンツとスニーカーを合わせるとキレイ感のあるカジュアルスタイルに仕上がります。靴は黒でもOKですが、白なら軽く爽やかな印象にまとまります。
半袖シャツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーの半袖シャツは爽やかな印象に仕上げるようにコーディネートすると、夏によく似合う装いになります。インナーはグレーのカットソー、ボトムスは白のテーパードシルエットのチノパン、足元は黒でまとめます。
半袖シャツ(サックス)の着こなし方
サックスカラーの半袖シャツは、濃い色目のデニムパンツと合わせるとキレイめカジュアルに仕上がります。足元は重すぎず軽すぎないブラウンカラーの靴を合わせれば完成です。サックスカラーが爽やかさを演出してくれます。
半袖シャツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュの半袖シャツは、デニムパンツはもちろんスラックスパンツとの相性も抜群です。スラックスパンツはグレーのサルエルタイプと合わせれば程良くカジュアル感がプラスされ、キレイめにまとめることができます。
半袖シャツ(ブラウン)の着こなし方
落ち着いた雰囲気を演出してくれるブラウンの半袖シャツは、大人っぽいキレイめアイテムでコーディネートすると大人カジュアルにまとまります。ベージュのストレートシルエットパンツ、黒のバブーシュシューズで完成です。
半袖シャツ(赤チェック)の着こなし方
赤のチェック柄半袖シャツは、ブラウンやベージュカラーのボトムスとの相性が抜群に良いです。インナーに白のカットソーを合わせれば清潔感がUP。靴やベルトを黒で配色すれば、キレイめカジュアルコーデの完成です。
半袖シャツ(黒チェック)の着こなし方
黒のチェック柄は手軽なオシャレ感を楽しむのにもってこいのアイテムです。黒×白のチェック柄半袖シャツをトップスに、ユーズド感のあるデニムパンツ、黒のスニーカーを合わせればオシャレな男カジュアルに決まります。
半袖シャツ(緑チェック)の着こなし方
白のカットソー、ベージュのカラーパンツというシンプルな組み合わせに、緑のチェック柄半袖シャツを羽織るだけで爽やかなキレイめカジュアルスタイルになります。足元をブラウンのデッキシューズでまとめれば完璧です。
半袖シャツ(ドット柄)の着こなし方
ドット柄の半袖シャツは、大人っぽさのあるアイテムと合わせると爽やかな大人カジュアルにまとまります。インナーに白のタンクトップ、細身のカーゴパンツ、足元はレザー素材などのお洒落デザインのサンダルでまとめます。
半袖シャツ(花柄)の着こなし方
花柄の半袖シャツは、インナーに白のVネックカットソー、ボトムスに黒のスラックスでコーディネートすれば、お洒落なキレイめスタイルになります。さらにカジュアル感を出したい場合はボトムスをデニムに代えればOKです。
半袖シャツ(ストライプ柄)の着こなし方
半袖ストライプシャツは、1枚で着てもアウターとして着てもオシャレな1着。カラーによって印象が変わります。縦ラインは太っている体型を少しカバーしてくれるため太っている方は横ラインのボーダーより縦ラインのストライプがお勧めです。
ボタンダウンシャツ(半袖)の着こなし方
半袖ボタンダウンシャツはキレイめコーデにもってこいのアイテム。カラーや模様によってガラっと表情が変わります。飾らないシンプルスタイルが好みの方にお勧めです。普通過ぎると感じる時は小物を使ってみてください。
デニムシャツ(半袖)の着こなし方
半袖デニムシャツは、タンクトップやTシャツに合わせるだけで夏の爽やかコーデが完成します。デニムにも色々なカラーがあるため、コーディネート方法も様々です。
シワ加工シャツ(半袖)の着こなし方
半袖シワ加工シャツはキレイめな印象の強い半袖シャツをカジュアルダウンさせたアイテム。少しワイルドな着こなしをしたい方にピッタリです。自分の容姿にマッチせず頑張り過ぎな服装になりそうだと感じる方は避けてください。
ミリタリーシャツ(半袖)の着こなし方
半袖ミリタリーシャツはキレイめスタイルをカジュアルダウンする時に便利な1着。色々なボトムスにマッチするので合わせやすいです。軍服テイストで通気性・吸水性も良く、機能的。
ウエスタンシャツ(半袖)の着こなし方
半袖ウエスタンシャツは1枚で着ても羽織りものとしても使える、便利なカジュアルアイテムです。カーボーイ風という印象でで避けている人も多いアイテムですが、色や柄も様々でおしゃれに着こなすことができます。いつもと違ったファッションにぜひ。
シャンブレーシャツ(半袖)の着こなし方
半袖シャンブレーシャツは肌触りがよく、夏のコーディネートに取り入れると爽やかな仕上がりになります。シャンブレー独特の霜降り風の布面が、夏の涼しらしさを演出するコーディネートにもピッタリです。
ワークシャツ(半袖)の着こなし方
半袖ワークシャツは1枚で着ても、羽織って着ても自由な動きやすさ機能性優れた使えるアイテム。実用性に優れてるので、ちょっとしたワークスタイルにも、シンプルなカジュアルスタイルにもピッタリです。
半袖シャツ+Tシャツの着こなし方
半袖シャツは前を閉めて1枚で着てもオシャレですが、Tシャツと合わせアウターとして前を開けてサラっと羽織ると爽やかな夏のコーデに仕上がります。ナチュラルカラー、チェック柄など自分の印象に合った着こなしを見つけてみてください。
半袖シャツ+タンクトップの着こなし方
半袖シャツとタンクトップの組み合わせは、色や着こなしによって爽やか系にもワイルド系にも変身します。半袖シャツを前開けしてタンクトップを見せても、タンクトップより着丈の短い半袖シャツを前を閉めて着こなしたもオシャレです。
半袖シャツ+カラーパンツの着こなし方
半袖シャツとカラーパンツの組み合わせは、それぞれの色や柄を変えるだけでカジュアルにもキレイめにもなるコーディネートです。サックスのチェックシャツと、明るめのパンツを選ぶと爽やかな夏らしいコーディネートになります。
半袖シャツ+カーゴパンツの着こなし方
半袖シャツとカーゴパンツの組み合わせは、夏らしいカジュアルスタイルを着こなす際に便利な組み合わせです。足元にサンダルを履くとよりカジュアルな涼しい着こなしになります。
半袖シャツ+チノパンの着こなし方
半袖シャツとチノパンの組み合わせはキレイめコーデとして合わせやすいですが、カジュアルダウンさせてもこなれたオシャレに。チノパンのカラーもにも、カーキ、白、裏地チェックなど様々で色々な着こなしがあります。
半袖シャツ+スラックスの着こなし方
半袖シャツとスラックスの組み合わせはカッチリスタイルが定番ですが、サルエルやロールアップのスラックスでカジュアルテイストになります。ボトムがシンプルなのでシャツはドット柄、花柄、ストライプ柄などの柄で合わせるのもお勧めです。
半袖シャツ+クロップドパンツの着こなし方
半袖シャツとクロップドパンツの組み合わせは、夏の定番爽やかコーディネート。アンクレットでオシャレ度も更にアップします。涼しさを演出したい方におすすめで直射日光を防ぐために帽子をかぶるのもマッチします。
半袖シャツ+サルエルパンツの着こなし方
半袖シャツとサルエルパンツの組み合わせはやんちゃ系のコーデ。落ち着いた色で揃えることで大人の着こなしにも変身します。ボトムスが特徴的なので、トップスはシンプルにするのもお勧めです。
半袖シャツ+ハーフパンツの着こなし方
半袖シャツとハーフパンツの組み合わせは、ラフに仕上げても夏らしく、またラインをすっきりさせるとキレカジ系にもなります。明るい配色を散りばめれば鮮やかな着こなしにも、ダークカラーでシックな着こなしにもなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP