カーディガン インナー シャツ

シャツ+カーディガンの着こなし方

シャツとカーディガンを合わせる着こなし方

シャツ(白)・カーディガン(黒)・デニムパンツ・シューズ(黒茶)

 

白シャツと黒のロングカーディガンを合わせた着こなし画像

 

いつもの白シャツとカーディガンのコーディネートに飽きてしまったら、個性的なロング丈カーディガンにトライしてみるのも新鮮です。緩やかなシルエットがだらしなくなりがちなロング丈も、ホワイトシャツとなら相性抜群。

 

シンプルな着こなしに、大人っぽい余裕が光るカジュアルスタイルを楽しめます。色はメリハリの付けやすい黒がおススメ。ボトムをウォッシュ感あるデニムでまとめれば、程良く男らしさも加えられます。

 

 

シャツ(チェック)・カーディガン(紺)・カーゴパンツ(カーキ)・ブーツ(黒)

 

青チェックのシャツに紺のカーディガンとカーキのパンツを合わせた着こなし画像

 

休日のデートにもピッタリの爽やかなアメリカンカジュアルな着こなしです。淡いブルーが基調のシャツはまるで初夏のような爽やかなイメージの一着。上に羽織るネイビーのカーディガンととても相性が良いです。

 

下半身はカジュアルなカーキのカーゴパンツと黒のレースアップブーツで少しハズしで着崩し、上級者のオシャレとなっています。男性・女性両方から好印象を得やすいコーディネートに仕上がっています。

 

 

シャツ(黒チェック)・カーディガン(グレー)・スラックス(黒)・ブーツ(黒茶)

 

黒チェックのシャツにグレーのカーディガンと黒のスラックスを合わせた着こなし画像

 

黒のチェックシャツを活かす、淡いグレーのカーディガンをアウターにしたコーディネートです。シンプルなデザインながらも襟元の細かいデザインがオシャレです。

 

カーディガンの丈が短めなのでブラックのスラックスを履くことで足が長く見える効果があります。足元のミドルカットブーツはダークブラウンで、軽さをプラス。知的でクールなモノクロコーデの完成です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

シャツとカーディガンをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

カーディガンのインナーに持ってくるシャツはだいたいカッターシャツやドレスシャツにしてますが、その場合は、ボトムもスラックスやチノパンなど落ち着いたものを合わせています。またオフの日には、カーディガンの下には白のTシャツをもってくることもあります。その際のボトムもデニムパンツやカーゴパンツなどで崩して、ブイゾーンにはネックレスなどでアクセントをつけてます。【男性 30代】

カーディガンの色やデザインにもよりますが、単色のグレーやベージュなど落ち着いた色のカーディガンなら、僕は明るいブルーやレッドのシャツを合わせます。ボーダーやアーガイル柄などのカーディガンだったら、逆に中のシャツの入りは白や薄ピンク、薄いブルーなど落ち着いたものを合わせます。気をつけることはカーディガンとシャツがケンカしないような色の組み合わせを行うことですね。【男性 20代】

カーディガンが、ガラやストライプが入っているものであるなら、インナーのシャツは、ガラが入っていないものか、薄めの柄のものを選びます。カーディガンが無地の時は、無地のものも合わせますが、ストライプのシャツを合わせることが多いと思います。ボトムスは、黒系かグレー系のカラーパンツを合わせることが多いかもしれません。【男性 20代】

カーディガンはカシミア・ラム・シェットランドウールで印象が異なります。インナーのシャツはオックスフォード地のボタンダウンです。薄いブルー・グレー・ピンクのストライプかオフホワイト無地です。ざっくりとした粗めの生地でアイロンをかけていないもののほうが好きです。カーディガンの色はグレー・ボルドーが好みです。 【男性 40代】

カーディガンを着る時はインナーのシャツの色に気をつけています。派手な色のシャツを着てしまうとカーディガンが目立たなくなってしまうので、白やネイビーのシャツを合わせるようにしています。特に白のシャツはどの色のカーディガンにも合わせやすいで、迷ったときはおすすめです。またズボンは黒のチノパンか青や紺のジーパンを合わせるようにしています。【男性 40代】

 

好感のもてるシャツとカーディガンの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

カーディガンとシャツの組み合えせって爽やかで良いですよね。両方ともシンプルなものにすれば大人っぽい雰囲気にもできますし、カーディガンの色を派手目にしてシャツも個性的なものにすれば原宿系のお洒落にもなります。私個人としては、カーディガンの色と中のカットソーの色さえあっていれば、結構自由に着こなしても好感の高いコーデになると思います。【女性 20代】

クルーネックカーディガンにシャツを合わせるなら、コットンのボタンダウンのシャツなど、襟の大きすぎないものを合わせるのがおしゃれだと思います。Vネックのカーディガンを選ぶなら、少し襟が大きめなものの方が合うと思うので、カーディガンのデザインによって襟をはじめとするシャツのディティールに気を配りながら組み合わせを考えるといいと思います。【女性 30代】

カーディガンのインにシャツを合わせるなら、深めのグリーンやエンジ色のスナップカーデの襟元を少しあけて、白いシャツをみせる着こなしが好きです。ボトムスはストレッチ素材のスリムパンツなどでタイトに決めていると好感が持てます。カーディガンは長過ぎないジャストサイズで。袖口にもシャツの白がさりげなくみえているのもいいと思います。【女性 30代】

 

シャツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


シャツ+カーディガンの着こなし方関連ページ一覧

シャツ(白)の着こなし方
白色のシャツをアウターにする場合は、黒のインナーで色合いにメリハリを出すとカッコよく着こなせます。黒のタンクトップ、デニムカーゴパンツ、レースアップブーツでコーデすれば、外しのないキレイめカジュアルの完成です。
シャツ(黒)の着こなし方
黒色のシャツをアウターに、グレーのVネックカットソー、ダークブラウンのボトムス、白のスニーカーでまとめた、シンプルで男らしさを感じさせるコーディネートです。ベルトやブレスレットでオシャレ感をプラスします。
シャツ(グレー)の着こなし方
グレーのシャツをアウターに、インナーにはホワイトカットソーを合わせて爽やかさを演出。ボトムスにはブラウン、シューズにダークブランというように足元に向って濃い色めにしていけば配色的にもキレイにまとまります。
シャツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーカラーのシャツは、ホワイトカットソー、デニムパンツと合わせてキレイめカジュアルにコーディネートします。足元には編み上げブーツを合わせ、大人っぽさをプラス。シャツの袖口を軽く上げて着てもオシャレです。
シャツ(サックス)の着こなし方
爽やかさを演出してくれるサックスカラーのシャツは、インナーに白カットソー、ボトムスにベージュのカラーパンツで軽やかにコーディネートします。ベルトにブラウン、足元にダークブラウンを合わせれば綺麗にまとまります。
シャツ(ベージュ)の着こなし方
ベージュのシャツはカジュアルだけではなく、大人の男らしさを演出するのにもピッタリなアイテムです。合わせるアイテムは男らしさや上品さを感じさせるVネックや、レザーブーツなど。色をシックにまとめれば完璧です。
シャツ(ブルー)の着こなし方
清楚な印象が強い青色のシャツは、ボトムスにダメージ加工デニムパンツを合わせてカジュアルに仕上げるとGOODです。インナーにホワイトカットソー、シューズは黒でまとめると青×白×黒の配色でキレイに仕上がります。
シャツ(花柄)の着こなし方
花柄シャツは、男らしさを感じさせるアイテムと合わせるとカッコよく決まります。インナーにVネックカットソー、細身のデニムパンツ、バブーシュシューズをチョイス。デニムやシューズを濃いめの色にすればバッチリです。
シャツ(ドット柄)の着こなし方
ドット柄シャツは、ホワイトカットソー、ブラウンのボトムスと合わせると爽やかな印象に仕上がります。ボトムスにカーゴパンツ、靴にスウェードバブーシュシューズをチョイスすれば、キレイめカジュアルの完成です。
シャツ(ストライプ柄)の着こなし方
ストライプシャツはホワイトカットソーとの相性が抜群に良いです。ストライプ×ホワイトで爽やかな印象に仕上がります。ボトムスは黒のカーゴパンツでカジュアル&スマートに。バブーシュシューズでまとめて完成です。
シャツ(赤チェック柄)の着こなし方
チェック柄のシャツは柄に使われている色でうまくまとめると綺麗に仕上がります。赤のチェックシャツならホワイトカットソー、黒のボトムスと合わせます。足元にブラウンを持って来れば配色的にもオシャレに仕上がります。
シャツ(黒チェック柄)の着こなし方
黒のチェック柄シャツはホワイトのカットソー、デニムパンツとの相性が良いです。Vネックカットソーやダメージ加工のボトムス、靴にバブーシュシューズをチョイスすると男らしさが演出され、カッコよく決まります。
シャツ(緑チェック柄)の着こなし方
カジュアルを代表するアイテムの1つである緑のチェックシャツは、タイトな形の物を選ぶとカッコよく着こなせてGOODです。ホワイトカットソーとデニムカーゴパンツを合わせて爽やか&カジュアルスタイルの完成です。
7分袖シャツの着こなし方
7分袖シャツは、Vネックカットソー、デニムカーゴパンツ、スニーカーの組み合わせに軽く羽織ると爽やかに仕上がります。シャツがシンプルな物であれば、ボトムスはオシャレな物をチョイスするとバランスが良いです。
ボタンダウンシャツの着こなし方
ホワイトカットソー、デニムパンツ、スニーカーのカジュアルスタイルにボタンダウンシャツを羽織れば、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。ボトムスにダメージ加工の物をチョイスすれば、真面目過ぎないスタイルに。
シワ加工シャツの着こなし方
シワ加工が施されたシャツは存在感のある細身のダメージ加工デニムと合わせると、バランスよくまとまります。さらにインナーにはグレーをチョイス。気取っていないのにカッコよく決まる、カジュアルスタイルの完成です。
デニムシャツの着こなし方
シワ加工が施されたデニムシャツはダーク系のカラーでタイトに着るとクールに仕上がります。ただ、全身をダーク系にすると重過ぎるので、インナーには白をチョイス。Vネックカットソーやカーゴパンツで男らしさUPです。
ミリタリーシャツの着こなし方
ミリタリーシャツはボトムスの定番デニムと合わせれば失敗が少ないです。また、インナーは色選びに迷ったらボーダー柄で決まりです。さらに、白色のスニーカーで爽やかさと軽やかさをプラスすればコーディネートの完成です。
ウエスタンシャツの着こなし方
オシャレ度の高いウエスタンシャツは、街歩きや夜遊びの時にもファッショナブルに決まるアイテムです。ボトムスには細身の物をチョイスし、さらに腰の位置からベルトのバックルをのぞかせれば良いアクセントになります。
シャンブレーシャツの着こなし方
シャンブレーシャツをキレイめに着こなしたい場合はタイトな形の物が適しています。袖をロールアップにし、デニムパンツと合わせればキレイめカジュアルスタイルの完成です。大人の休日にぴったりなコーディネートです。
ダンガリーシャツの着こなし方
ダンガリーシャツをロールアップでコーディネートすると周りに差をつける今風な仕上がりになります。ボトムスにはシンプルな黒のカラーパンツをチョイス。ロールアップスタイルにはローカットスニーカーがよく合います。
ロールアップシャツの着こなし方
カジュアルイメージの強いロールアップシャツは、ホワイトカットソーや細身の黒ボトムス、バブーシュシューズでまとめると、大人っぽく清潔感のあるスタイルに仕上がります。腕にはブレスレットなどのアクセサリーを。
ワークシャツ の着こなし方
ワークシャツは着方によってはダラッとした印象になってしまいますが、細身で濃い色目のボトムスを選ぶとスッキリとまとまります。爽やかに仕上げたい時は白のスニーカーを、大人っぽくしたい時は黒のブーツがピッタリです。
ラガーシャツの着こなし方
ラガーシャツにシックカラーのカラーパンツ、ブーツを合わせると大人っぽさが感じられる仕上がりになります。カジュアルになりがちなラガーシャツをキレイめに着こなした、周りとオシャレの差が付くコーディネートです。
シャツ+ジャケットの着こなし方
トレンドのチェックシャツは、秋冬コーデに一枚は欲しいアイテム。合わせるジャケットは、気取らないカーキがおススメです。キルティングなどの素材感があれば、スタイルにさらに奥行きが生まれます。
シャツ+コートの着こなし方
シャツの上から羽織るコートに、時にはハードな印象をプラスするのもオシャレです。ノーブルなシャツコーデの印象を引き立てるには、定番のブラックコートがおススメ。素材感とのメリハリで、スタイリッシュに着こなします。
シャツ+パーカーの着こなし方
秋冬のトレンド、チェックシャツをパーカーと着こなしたいなら、シルエットと色選びが重要なポイントです。チェックシャツの魅力を引き立てるシンプルなパーカーで、スタイリングにメリハリと落ち着きを加えます。
シャツ+セーターの着こなし方
着回し力抜群のシンプルなシャツコーデをもっと楽しみたいなら、華やかな色遣いのセーターがおススメです。着こなしが難しいアイテムも、白シャツとなら好相性。トレンドを押さえたキレイ目スタイルを楽しめます。
シャツ+カットソーの着こなし方
男らしいデニムシャツには、シンプルなカットソーのインナーが似合います。飾り気のない黒や白のカットソーが、個性的なデニムシャツの印象を際立たせ、より洗練されたカジュアルスタイルを演出します。
シャツ+ダウンベストの着こなし方
デニムシャツにカーゴパンツのアウトドア系カジュアルを楽しみたい人には、ダウンベストはぴったりのアウターです。ハード目コーデに軽さをプラスする事で、絶妙の抜け感があるオフスタイルが完成します。
シャツ+ベストの着こなし方
着こなしの難しいシャツとベストのコーデは、オシャレに敏感な人ならぜひマスターしたいもの。レトロ感溢れるトグルボタンのベストなら、いつものシャツも一味違う雰囲気で着こなせて、ワンランク上のオシャレが楽しめます。
シャツ+Tシャツの着こなし方
秋冬のトレンドのチェックシャツは、白のTシャツとコーデする事で抜群の存在感を発揮します。シャツの個性を際立たせるためにも、Tシャツはあくまでシンプルに、さりげなく取り入れるのがポイントです。
シャツ+タンクトップの着こなし方
タイトでマニッシュな黒のシャツには、個性的なタンクトップをインナーにして、チラ見せする着こなしがぴったりです。全身のスタイリングに差し色的にメリハリを加え、より引き締まったコーディネートを演出します。
シャツ+デニムパンツの着こなし方
シックなシャツにデニムパンツをコーディネートする時は、細部にまでこだわった一本を選びたい所です。男らしさか綺麗さか、デニムパンツが変わるだけでいつものシャツの表情が変わり、幅広いコーディネートが楽しめます。
シャツ+カラーパンツの着こなし方
かちっとしたデニムシャツも、カラーパンツと合わせればナチュラルで落ち着いた雰囲気に決まります。シャツの個性を引き出すシルエット選びで、いつものシャツコーデがぐっとスタイリッシュに仕上がります。
シャツ+カーゴパンツの着こなし方
ノーブルなシャツにカーゴパンツのコーディネートは、ちょっと変化球の組み合わせです。キレイめな雰囲気を引き立てるには、リッチな色合いのスリムカーゴが最適。上品な中にもマニッシュさが光る、オシャレな着こなしです。
シャツ+チノパンの着こなし方
定番の着こなし、シャツとチノパンの組み合わせも、色遣いにこだわる事で、周囲と差をつけるワンランク上のオシャレに変わります。ブラックやカーキなど、マニッシュなアイテムで爽やかな中に男らしさが光るコーデを楽しみます。
シャツ+クロップドの着こなし方
いつものシャツを特別に爽やかに着こなしたい時は、クロップドパンツとのコーデがおススメです。腕や足を思い切って露出する事で軽さが生まれ、男らしさとリゾート風の柔らかさを同時に楽しむ事ができます。
シャツ+サルエルパンツの着こなし方
今あるシャツの着こなしに幅を持たせたい時には、サルエルパンツとの組み合わせがおススメです。デニム素材のスリム目サルエルなら、シルエットをさほど崩さず楽しむ事ができます。変化に富んだシルエットが魅力的です。
シャツ+ハーフパンツの着こなし方
シャツにハーフパンツのコーディネートでは、アイテムの色選びがポイントです。シンプルな白シャツには、優しい雰囲気を持ったグレーのハーフパンツがぴったり。ナチュラルで自然な着こなしが、大人のオフスタイルを引き立てます。
シャツ+マフラーの着こなし方
秋冬になると活躍の場が増えてくるストール。手持ちのシャツと合わせる時には、シャツのシルエットを生かすようなアイテムを選び、ボリュームを持たせて巻くのがおススメです。見た目の印象がぐっと華やかになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP