シャツ 用語

シャツ用語集

シャツ用語集記事一覧

シャツとは

シャツとは説明するまでも無いですが、シャツとは上半身に着用する衣服を指す広義的な言葉です。Tシャツや肌着もシャツと呼ぶこともありますが、主に前開きの服をシャツと指すことが多いです。シャツの着こなし方一覧はこちらシャツの歴史諸説ありますが、古代ローマで着られていたチュニックが起源とされている説がありま...

≫続きを読む

 

ボタンダウンシャツとは

ボタンダウンシャツとは襟の先端を小さなボタンで身頃に固定できるシャツのことを、ボタンダウンシャツと呼びます。ボタンダウンという言葉は知らなくても、ボタンが付いたシャツを持っている人は多いかと思われます。それほど今では日本でも広く定着したシャツです。ボタンダウンシャツの着こなしはこちらボタンダウンシャ...

≫続きを読む

 

デニムシャツとは

デニムシャツとはデニム生地を使ってシャツ仕立てしたものを、デニムシャツと呼びます。インディゴブルーが基本ですが、加工によって濃さも様々、長年着用することによって色落ちもします。デニムシャツの着こなしはこちらデニムシャツの素材デニムシャツの素材は、もちろんデニムです。ジーンズにも使用される生地ですが、...

≫続きを読む

 

ミリタリーシャツとは

ミリタリーシャツとはミリタリーシャツとは、軍服として着用されていたシャツ、もしくは軍服風のシャツのことです。HBT(ヘリンボーンツイル)シャツを指すこともあります。ミリタリーシャツの特徴はショルダーストラップ、カーキ色、両胸ポケットなどです。袖部分にワッペンが付いていることもあります。長袖もあります...

≫続きを読む

 

ウエスタンシャツとは

ウエスタンシャツとはアメリカ西部のカウボーイが着ていたような上着を元にデザインされたシャツを、ウエスタンシャツと呼びます。ウエスタンは、アメリカ西部のことを指しています。ウエスタンシャツの特徴は、刺繍、胸部分のフラップポケット、肩・背中上部にあるヨーク(切り替え)、スナップボタンです。スナップボタン...

≫続きを読む

 

シャンブレーシャツとは

シャンブレーシャツとはシャンブレーという生地を全面に使用したシャツを、一般的にシャンブレーシャツと呼びます。デザインは様々で半袖も長袖もありますが、ワークシャツやボタンダウンが多いです。シャンブレーシャツの着こなしはこちらシャンブレーシャツの素材シャンブレーは縦糸に染めた糸を、横糸に未晒し糸を使用し...

≫続きを読む

 

ダンガリーシャツとは

ダンガリーシャツとはダンガリーをいう生地を前面に使用したシャツを、ダンガリーシャツを呼びます。主にワークシャツ、ウエスタンシャツに見られますが、今ではメンズ・レディース問わずカジュアル服の定番アイテムとなっています。ダンガリーシャツの着こなしはこちらダンガリーシャツの素材ダンガリーシャツに使用されて...

≫続きを読む

 

ワークシャツとは

ワークシャツとは作業用の丈夫なシャツのことを、ワークシャツと呼びます。使用されている素材も丈夫なものが選ばれるので、デニムなどが良く使用されます。ダンガリーシャツやデニムシャツも、ワークシャツの一種と考えられます。ワークシャツの着こなしはこちらワークシャツの素材ワークシャツには丈夫な素材が好まれます...

≫続きを読む

 

ラガーシャツとは

ラガーシャツとはラガーマン(ラグビーの選手)が着ていたユニフォームのデザインを元にし、アレンジしたシャツをラガーシャツと呼びます。ラグビージャージと呼ぶこともあります。襟付きで頭からすっぽり被るようになっており、前立てに3個ほどのボタンが付いています。白襟、幅広のボーダーが特徴的なコットン製のシャツ...

≫続きを読む

 

ポロシャツとは

ポロシャツとは襟付きで裾までボタンが付いていないタイプのシャツです。全部前開きにならず胸辺りまで3・4個のボタンで留めるようになっているので、頭からかぶって着用します。名前はポロ競技に由来し、ポロのときに着用されたユニフォームのデザインが元になっています。ポロシャツの着こなし方一覧はこちらポロシャツ...

≫続きを読む

 

ネルシャツとは

ネルシャツとはフランネルのシャツという言葉を略して『ネルシャツ』と呼びます。表面が毛羽立っていて柔らかな肌触りがするので、冬のカジュアル服として広く活用できます。チェック柄が非常に多く見られます。シャツの着こなし方一覧はこちらネルシャツの素材ネルシャツに使用されている素材は、フランネルと呼ばれる毛織...

≫続きを読む

 

カッターシャツとは

カッターシャツとはワイシャツの一種で、襟とカフスが固定されているシャツのことです。通常スーツの下に着て、ネクタイと合わせます。シャツの着こなし方一覧はこちらカッターシャツの歴史なんとなくスーツの下に着るシャツのことをカッターシャツと呼んでいる人もいますが、元々は商品名です。1918年、スポーツ用品メ...

≫続きを読む

 

アロハシャツとは

アロハシャツとは開襟でトロピカルな派手な色・柄の半袖のシャツを、アロハシャツを呼びます。アロハ【aloha】とは、ハワイの言葉で好意や愛情などを意味する言葉です。アロハシャツは南国ハワイを想像させるモチーフや色遣いをしているため、ハワイアンシャツと呼ばれることもあります。シャツの着こなし方一覧はこち...

≫続きを読む

 

チェックシャツとは

チェックシャツとはシャツの身頃・袖と全面にチェック柄が入ったものを、チェックシャツと呼びます。素材、色、デザインは本当に様々ですが、やはりカジュアルな雰囲気が非常に強いです。シャツの着こなし方一覧はこちらチェックシャツの柄の種類チェックと言っても、パターンは色々とあります。代表的なチェック柄名の紹介...

≫続きを読む

 

ワイシャツとは

ワイシャツとはスーツの下に着る白や白っぽい色のシャツのことを、通称ワイシャツと呼びます。襟、カフスが付いていて、通常はネクタイを締めます。良くある勘違いですが、ワイシャツの『ワイ』は英語のホワイトシャツがなまったものなので、色柄シャツをワイシャツとは呼びません。シャツの着こなし方一覧はこちらワイシャ...

≫続きを読む

 

クレリックシャツとは

クレリックシャツとは身頃が柄物で襟が白いデザインのシャツを、クレリックシャツと呼びます。もしくは、身頃と襟やカフスの色が同色系のグラデーションになっているデザインも、クレリックと呼びます。シャツの着こなし方一覧はこちらクレリックシャツの歴史クレリックシャツは、1920年台ごろに流行り始めたシャツです...

≫続きを読む

 

ドレスシャツとは

ドレスシャツとは礼装用のシャツをドレスシャツと解釈している人もいますが、本来はワイシャツやカッターシャツなど、スーツの下に着るようなシャツのことを指します。色や襟の形など、様々なデザインのワークシャツでは無いシャツです。ファッション誌ではワイシャツ、カッターシャツと呼ばずドレスシャツと言うことも多い...

≫続きを読む

 

フードシャツとは

フードシャツとは?フードシャツとは文字のとおりで、シャツなのにフードが付いている服のことです。春先にはシャツ1枚でスッキリと着こなすことができる、カジュアルなシャツの種類です。素材は色々、着こなしも色々と楽しむことができます。シャツの着こなしはこちらフードシャツの素材基本的にどんな素材を使うかは自由...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP