徳島 服装 4月

徳島県鳴門市と徳島市へ観光旅行に行った時の服装 体験談(4月)

徳島県鳴門市と徳島市へ観光旅行に行った時の服装 体験談(4月8日)

4月8日から連泊で、徳島県鳴門市と徳島市に観光旅行に行って来ました。
その時は東京から出発したのですが、初春ということで都内は少し肌寒さが
残っていました。

 

しかし、四国=暖かいという勝手な思い込みがあり、またマイカーでの旅行
という事もあってそう厚着をする必要もないと考え、上は少し厚手のオープン
シャツと薄手のセーター、下は春物のスラックスという出で立ちで出掛けました。
着替えも、同じような感じの服を持って行きました。

 

しかし、いざ現地に着いてみると予想していたよりずっと肌寒く、ジャケットを
持参しなかった事を後悔しました。特に、鳴門の渦潮を見る為に大鳴門橋の
渦の道を通った時は、吹きさらしの海風でかなり寒く、ガタガタ震えながらの
渦潮見学となってしまいました。

 

周囲の人々を見ると、ちゃんとジャケットなどの羽織るものを着ている人が多く
、備えを怠った事を恥じました。後で調べて分かった事ですが、四国でも殊に
徳島となると、気候は東京とさほど変わらないようです。

 

薄手でもよいので、ジャケットを一枚持って行くべきでした。

 

(53歳、男性、東京都在住)

 

 

 

四国へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP