高知 服装 10月

高知県横倉山へ史跡めぐりに行った時のの服装 体験談(10月)

高知県横倉山へ史跡めぐりに行った時のの服装 体験談(10月3日)

2012年10月3日ごろ、高知県の高岡郡越知町に、郷土史の勉強会で横倉山
に史跡ツアーに出かけました。デニムの上下に登山靴、それと麦わら帽子で
出かけたのですが、山の中は低い草木が多くて麦わらは少々不適切でした。
登山用の帽子を被るべきでした。

 

当日は曇りで、山の天気が変わりやすいことを考慮してか、皆事前にポンチョなど
の雨具を持参していたのが印象的でした。初心者の私は大いに勉強になりました。

 

現地は高山ということもあって、既に紅葉も始まっていて、柔らかな風は少し肌寒い
ほどでした。普段から長袖を着用する習慣だったのですが、もう一枚下に通気性の
良い服を着て行っても良かったかもしれません。

 

とにかく山の気候は地上より格段に気温が低いので、ニュースなどの天気
予報での気温数値より、2〜3度低く見積もって臨むことが大事だと思います。

 

山の中にある史跡を巡る、数時間規模の登山でしたが、登山靴に拘るべきでは
ないなと思います。私はこの日のために登山靴を新調したのですが、マメを作って
却って疲れました。普段履いている靴の方が足には良いかもしれません。

 

(31歳 男性 高知県在住)

 

 

 

 

四国へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP