ポロシャツ タンクトップ 重ね着

ポロシャツ+タンクトップの着こなし方

ポロシャツ+タンクトップの着こなし方

ポロシャツ(ナチュラル)・タンクトップ(グレー)・デニム(ウォッシュド)・サンダル(黒)

 

ナチュラルのポロシャツにグレーのタンクトップを合わせた着こなし画像

 

タンクトップとポロシャツを組み合わせると、涼しげな印象のレイヤードスタイルになります。トップスはブタの刺繍がユニークなナチュラルのポロシャツ。その中にインナーとして、ジャガード模様がオシャレなタンクトップを重ね着しています。

 

裾からチラリと見えるタンクトップがとてもオシャレ。ヴィンテージ感たっぷりなデニムパンツはゆったりとしたシルエットで、動きやすさも抜群。ブラウンのメッシュベルトをつけて細部のオシャレにもこだわっています。

 

 

ポロシャツ(カーキ)・タンクトップ(ボーダー)・カーゴパンツ(黒)・スニーカー(白)

 

カーキのポロシャツにボーダーのタンクトップを合わせた着こなし画像

 

トップスのポロシャツは珍しいフード尽きのタイプ。色もカーキでカジュアルなのでパーカー感覚で気軽に着ることができるアイテムです。ポロシャツの下にはボーダーのタンクトップを着てレイヤードスタイルにしていて、さらにオシャレ度もアップ。

 

タンクトップの丈が長いと不恰好になってしまうので、裾を少しだけチラ見せさせるのがポイントです。下半身は細身のカーゴパンツでスッキリとしたラインのコーデに仕上がっています。

 

 

ポロシャツ(グレー)・タンクトップ(ボーダー)・パンツ(ベージュ)・スニーカー(黒茶)

 

グレーのポロシャツボーダーのタンクトップを合わせた着こなし画像

 

トップスに着ているグレーのポロシャツは、ショール衿が特徴の非常にシンプルな1枚。1枚で着ることで上品な印象を与えます。写真では、インナーとしてボーダーのタンクトップを着ることで、遊び心のあるアクセントをプラスしています。

 

ほんの少しの違いですが、裾から見えるボーダータンクがオシャレ度をグッとアップさせています。ボトムスは落ち着いたカラーのベージュのカラーパンツをチョイス。足元はトレッキングスニーカーで上質な大人コーデの完成です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ポロシャツとタンクトップをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

私がポロシャツとタンクトップを着こなすとしたらまずポロシャツはホワイトかブルー、ピンクなど薄めのカラーのものを選び、インナーのタンクトップは黒など濃いカラーのものを選びます。そしてポロシャツはショート丈にして、裾から少しインナーのタンクトップが見えるように着こなします。こうすることで上半身が一色にならずに、おしゃれ感が増すと思います。【男性 20代】

基本的にポロシャツだけでは面白くないという気持ちがあります。なのでタンクトップを用いて裾を少しだすのがかっこいいなと思います。ポロシャツ自体はシンプルな色で、タンクトップで差し色として目立つ色を用います。ゆるく着ずに、ぴたっとタイト目に着用することを心がけます。サイジングがこのスタイルに一番重要です。【男性 20代】

ポロシャツにタンクトップをあわせる場合は、ルーズな大きめのU首のタンクトップを選びます。アーミーグリーンや深い緑のポロの上にベージュグレーかグレーのタンクトップをあわせます。パンツはタイトな膝丈のハーフパンツで色は白かゴールドを。素足に白いスニーカーを履きます。タンクトップはメッシュ素材のを選ぶのもオシャレです。【男性 40代】

ポロシャツとタンクトップを着こなす場合、キチッとした着こなしでポロシャツの下にタンクトップを着るとただのアンダーシャツのようになってしまします。ですからポロシャツは若干着丈が短めで横幅がボックスタイプのものに白以外のタンクトップを重ねる事が多いです。パンツは縦落ちのヴィンテージタイプのジーンズに足元だけキレイ目にホワイトバックスを合わせます。【男性 30代】 

ポロシャツは基本的にどんな色でもジーンズに合わせればそれなりに見えると思いますが、気を使いたいのはインナーです。胸元にチラッと見えるインナーがシンプル過ぎると「肌着」感が出てダサく見えたりするものです。なので私は黒ポロシャツの下に柄の入ったワイン系色のタンクトップを着て、カジュアル&シックな感じにしています。【男性 20代】

 

好感のもてるポロシャツとタンクトップの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ポロシャツとタンクトップの着こなしで重要な事は、ポロシャツのボタンをあけた時に中のタンクトップが少し見えるか見えないくらいかなところで存在感をアピールする事だと思います。なので思い切った差し色などをタンクトップで入れればとてもお洒落で、好感が持てるタンクトップとポロシャツの着こなしになるんじゃないかと思います。【女性 20代】

ポロシャツ+タンクトップの着こなしは、そのサイズ感がポイントになって来ると思います。大きすぎてもダメだし、からだにぴったりしすぎていてもあまりかっこいいとは思えません。自分のからだに合ったサイズを選ぶことが、清潔感や爽やかさを演出することにもなって来るのではないかと思います。色合わせは、清潔感のあるものがいいです。【女性 30代】 

清潔感があるポロシャツは大好きなアイテムです。ダメージデニムを合わせて少し崩した感じもおしゃれで好きですし、きれい目パンツをあわせてコーディネートすればかしこまりすぎず、親や友達に紹介するときにはぴったりです。大人なきれい目コーディネートができるので、彼氏に着て欲しい洋服です。夏は短めのパンツを合わせてもおしゃれ度アップで良いと思います。

 

ポロシャツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ポロシャツ+タンクトップの着こなし方関連ページ一覧

ポロシャツ(白)の着こなし方
白のポロシャツはそのままシンプルに着こなしてもオシャレですが、レイヤードスタイルやルーズなパンツと合わせるとカジュアルになります。爽やかさ、清潔感を重視したい方はぜひ。
ポロシャツ(黒)の着こなし方
黒のポロシャツは取り入れると大人っぽい印象になるアイテム。カジュアルなパンツとの相性も抜群。ボトムはデニム、グレー、カーキ、ベージュなど何にでも合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(グレー)の着こなし方
グレーのポロシャツは落ち着きある大人のアイテム。黒のカーゴパンツ、ユーズド加工のデニム、ベージュのパンツなどあらゆるボトムスと組み合わせて色々な着こなしを楽しむことができます。
ポロシャツ(チャコール)の着こなし方
チャコールのポロシャツは落ち着きのある大人の男性のコーディネートにぴったりのアイテム。 ベージュのカラーパンツ、デニム、カーキのカーゴパンツ、足元は黒のシューズが合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(ワインレッド)の着こなし方
ワインレッドのポロシャツは大人の色気が漂う1枚。デニムと合わせてカジュアルミックスさせてもオシャレです。黒のシューズとの相性が良いため、黒シューズをよく履く方にもおすすめです。
ポロシャツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのポロシャツはシックにコーデが決まる大人の1枚。レイヤードスタイルにしてもかっこよく決まります。インナーやボトムスはカーキやベージュなどが合わせやすく、黒のシューズが合わせやすいです。
ポロシャツ(カーキ)の着こなし方
カーキのポロシャツはシックで落ち着いた印象のアイテム。レイヤードやボトムスなどで適度にカジュアルダウンするとオシャレです。デニムやカーゴパンツに合わせればアーミースタイルにもなります。明るめのパンツに合わせるのもおすすめです。
ポロシャツ(ピンク)の着こなし方
ピンクのポロシャツは落ち着いた色をセレクトすることで、派手過ぎない大人スタイルになります。英字プリントなどの柄を選ぶことでアメカジスタイルにもなります。
ポロシャツ(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダーのポロシャツは、落ち着いた色やデザインのものをセレクトすることで子供っぽくならないコーデに仕上げることができます。トップスが柄のため、ボトムスはシンプルな色合いのパンツがあわせやすくなります。
ポロシャツ(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガードのポロシャツは、それ一枚で存在感があります。そのためシンプルめボトムスと合わせることで模様を活かしたスタイリッシュなコーデに仕上げることができます。
ポロシャツ(アーガイル柄)の着こなし方
アーガイルのポロシャツはカラーパンツと合わせるとキレイめに、デニムと合わせるとカジュアルに着こなせる便利なアイテム。着こなし方で知的に見せたり、大人の雰囲気を出すこともできます。
ポロシャツ(チェック柄)の着こなし方
チェックのポロシャツはキレイめファッションに欠かせないアイテム。デニムに合わせてアクティブに仕上げてもGOOD。チェック柄はオタクっぽいと思われがちでも、髪型、着こなし方しだいでオシャレになります。
ポロシャツ(プリント柄)の着こなし方
プリントのポロシャツはカジュアルなコーディネートのマストアイテム。プリント柄の色とインナーの色を同色にして着こなすことでまた違った雰囲気に変身します。
ポロシャツ(フェイクレイヤード)の着こなし方
フェイクのポロシャツは、1枚で上半身のコーディネートが完成する便利なアイテムです。トップスがポロシャツだけだとシンプル過ぎる、でも重ね着は面倒と思う方にピッタリです。
ポロシャツ(5分袖)の着こなし方
5分袖のポロシャツは、半袖タイプよりキレイめな印象の強い1枚。ラフに着こなせるのも特徴で春〜夏、夏〜秋の季節変わりに役立ちます。二の腕を隠したい人は重宝します。
ポロシャツ(7分袖)の着こなし方
7分袖ポロシャツはロールアップするかどうかで印象が異なる、長いシーズン着まわせる便利なアイテム。手首の細さが部分が気になる人より、腕をスリムに見せたい人に向いています。
ポロシャツ+カットソーの着こなし方
ポロシャツとカットソーの組み合わせは、夏にオススメの爽やかなレイヤードスタイルに仕上がります。華奢な体型の人のカバーにもなる着こなしです。
ポロシャツ+デニムパンツの着こなし方
ポロシャツとデニムパンツの組み合わせは、ポロシャツをほどよくカジュアルダウンさせた休日にピッタリのコーディネートです。デニムはダメージやユーズド加工のパンツを選ぶとシンプルになり過ぎるのを防げます。
ポロシャツ+カーゴパンツの着こなし方
ポロシャツとカーゴパンツの組み合わせは、キレイめとカジュアルをミクスチャーさせた着こなし。タイトのカーゴパンツを選ぶことで、大人びたコーディネートにもなります。
ポロシャツ+カラーパンツの着こなし方
ポロシャツとチノパンの組み合わせはキレイめながらも、休日のデートやリラックスコーデにピッタリの組み合わせ。無難な配色でまとめる以外にも、シンプルなので新たな配色に挑戦するのにもピッタリです。
ポロシャツ+チノパンの着こなし方
ポロシャツとチノパンの組み合わせは、キレイめコーディネートの定番の組み合わせ。シルエットに変化を付けて楽しむことができます。爽やかなきれいめを考えて着こなすのがお勧めです。
ポロシャツ+クロップドパンツの着こなし方
ポロシャツとクロップドパンツの組み合わせは、落ち着いたポロシャツもカジュアルに着こなせる爽やかコーデ。足元はスニーカーでもサンダルでもよく似合います。
ポロシャツ+ハーフパンツの着こなし方
ポロシャツとショートパンツの組み合わせは季節感溢れ、見る人にも涼しげな印象を与えるカジュアルコーディネート。足元はサンダルでもブーツでもよく似合います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP