ポロシャツ ジャガード 着こなし

ポロシャツ(ジャガード柄)の着こなし方

ポロシャツ(ジャガード柄)の着こなし方

ポロシャツ(ジャガード)・カーゴパンツ(黒)・スニーカー(黒)

 

ジャガードのポロシャツに黒のカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

ジャガードのポロシャツはデザインが特徴的、ボトムスとも合わせやすいので1枚持っておくと、その一枚だけで様になります。写真では、グレー地のジャガードポロシャツをトップスに着ています。襟部分と袖のリブデザインがおしゃれでレイヤード風にも見えます。

 

ボトムスには、細身のラインでスタイリッシュなカーゴパンツ。生地はサテンで高級感があり、とことんこだわった1枚です。足元はユーズド加工のスニーカーで少しカジュアルダウンさせ、気軽に着れるコーディネートに仕上がっています。

 

 

ポロシャツ(ジャガード)・デニムカーゴ(ユーズド)・シューズ(茶)

 

ジャガードのポロシャツにデニムのカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

トップスに着ているポロシャツは襟と袖部分の切り替えリブがおしゃれな1枚。上品なデザインで、あらゆるボトムスにマッチします。写真では、デニム素材のカーゴパンツと組み合わせ、カジュアルコーディネートにしています。

 

あえて色味の違うメッシュベルトをつけ、アクセントに。足元はブラウンのバブーシュシューズで落ち着いた印象にしており、大人が楽しめるカジュアルコーデに仕上がっています。

 

 

ポロシャツ(ジャガード)・カーゴパンツ(黒)・サンダル(黒)

 

ジャガードのポロシャツに黒のカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

ジャガードのポロシャツは、落ち着いた色のものを選ぶと派手な印象にならず、大人のアイテムとして着こなすことが可能です。写真で着ているポロシャツは襟と前立て部分にシャンブレー生地が施されているのがポイント。

 

さりげなくおしゃれ度をアップさせています。下半身は細身のカーゴパンツ。トングタイプのサンダルの両方をブラックで統一し、シャツを主役としたクールなコーディネートに仕上がっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ジャガード柄のポロシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

もし私がジャガード柄のポロシャツを着るとしたら、カラーは濃いものを選びます。ただでさえ存在感のある素材ですので、ちょっと抑え目でないと着こなしにくいと思います。私なら紺色のジャガード柄のポロシャツにインディゴブルーのデニムを合わせたいです。これならトップもボトムもトータルで落ち着いて見えると思います。【男性 30代】

ジャガード柄は使い方の難しい素材と言うことができます。下手に使うと年配の方のように見られてしまいます。しかし、ワンポイントとしてうまく活用すると今度はおしゃれとして見られるのですから非常に難しいものです。ジャガード柄のポロシャツを着るならば極力ジーパンにしてカーディガンを羽織るなど若者らしく見えるアレンジをしますね。【男性 20代】

寒色系のジャガード柄のポロシャツならジーンズを合わせますね。全体的にソリッドな雰囲気を出そうとします。足元は黒のモンクストラップで決まりです。暖色系の場合はカラーパンツを合わせます。色はポロシャツよりやや薄めの同色系で。こちらは暖かく穏やかなイメージでまとめたいので同色系の飾り付きのローファーを履きたいですね。【男性 40代】

自分の年齢だとジャガード柄は無地に比べ、色がどうしても杢調になり地味な感じに見えてしまうので、夏でも必ず無地のジャケットを合わせます。これからの時季だと麻混の暖色系を選んで、ポロの色は極力見せない。むしろ、某芸能人のようにスカーフでネクタイのように襟元に巻き、アクセントにする。靴は敢えてスニーカーではなく、くだけたデザインの皮靴をはきます。【男性 40代】

ちょい悪、遊び、怪しげというのがジャガード柄の特徴なので、時計やネックレスもパンチのきいたものにする。時計はごつごつの重たそうなものにして、ネックレスは金。パンツは逆にシンプルな単色系にして、サイズはだぼだぼ感が出るものを選ぶ。サングラスは淵が細くなっているタイプにして、フレームはゴールドのものにする。【男性 30代】

 

好感のもてるジャガード柄のポロシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ジャガード柄自体が、秋冬に着ることが多い柄なのかな…と思うので、暖かい季節に着ることが多いポロシャツの場合だと、ジャガード柄と無地とが切り替えになってるタイプの物や、ワンポイント的に使われているもの、少し明るめのカラーの物が良いと思います。ジャガード柄は少し落ち着いて見える雰囲気があるので、きちんとしたボトムスやローファーなどと合わせるとカッコよいと思います。【女性 20代】

ちょっとクセのあるジャガード柄のポロシャツは、シンプルに着こなして欲しいなと思います。スリムなラインのボトムと合わせるとスッキリきれいに着られそうです。柄の印象が強すぎる時は、ジレを羽織るとカッコいいコーディネートになりますよね。メリハリがあって好きなコーディネートです。あとは、ゴツめのアクセサリーをプラス。男っぽい印象でgoodです。【女性 20代】

ジャガード柄のポロシャツはレベルが高いので、少しストレッチの入ったチノパンに合わせるのが無難にまとまるかと思います。私の好みは襟や袖口など、ポイント部分にジャガード柄を使ったデザインですが、派手な色味ではなく、落ち着いたカラーで主張しすぎない総柄ならおしゃれだと思います。派手なジャガード柄は下品に見えるので、角度によって柄が見えるぐらいがお勧めです。【女性 30代】

 

ポロシャツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ポロシャツ(ジャガード柄)の着こなし方関連ページ一覧

ポロシャツ(白)の着こなし方
白のポロシャツはそのままシンプルに着こなしてもオシャレですが、レイヤードスタイルやルーズなパンツと合わせるとカジュアルになります。爽やかさ、清潔感を重視したい方はぜひ。
ポロシャツ(黒)の着こなし方
黒のポロシャツは取り入れると大人っぽい印象になるアイテム。カジュアルなパンツとの相性も抜群。ボトムはデニム、グレー、カーキ、ベージュなど何にでも合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(グレー)の着こなし方
グレーのポロシャツは落ち着きある大人のアイテム。黒のカーゴパンツ、ユーズド加工のデニム、ベージュのパンツなどあらゆるボトムスと組み合わせて色々な着こなしを楽しむことができます。
ポロシャツ(チャコール)の着こなし方
チャコールのポロシャツは落ち着きのある大人の男性のコーディネートにぴったりのアイテム。 ベージュのカラーパンツ、デニム、カーキのカーゴパンツ、足元は黒のシューズが合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(ワインレッド)の着こなし方
ワインレッドのポロシャツは大人の色気が漂う1枚。デニムと合わせてカジュアルミックスさせてもオシャレです。黒のシューズとの相性が良いため、黒シューズをよく履く方にもおすすめです。
ポロシャツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのポロシャツはシックにコーデが決まる大人の1枚。レイヤードスタイルにしてもかっこよく決まります。インナーやボトムスはカーキやベージュなどが合わせやすく、黒のシューズが合わせやすいです。
ポロシャツ(カーキ)の着こなし方
カーキのポロシャツはシックで落ち着いた印象のアイテム。レイヤードやボトムスなどで適度にカジュアルダウンするとオシャレです。デニムやカーゴパンツに合わせればアーミースタイルにもなります。明るめのパンツに合わせるのもおすすめです。
ポロシャツ(ピンク)の着こなし方
ピンクのポロシャツは落ち着いた色をセレクトすることで、派手過ぎない大人スタイルになります。英字プリントなどの柄を選ぶことでアメカジスタイルにもなります。
ポロシャツ(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダーのポロシャツは、落ち着いた色やデザインのものをセレクトすることで子供っぽくならないコーデに仕上げることができます。トップスが柄のため、ボトムスはシンプルな色合いのパンツがあわせやすくなります。
ポロシャツ(アーガイル柄)の着こなし方
アーガイルのポロシャツはカラーパンツと合わせるとキレイめに、デニムと合わせるとカジュアルに着こなせる便利なアイテム。着こなし方で知的に見せたり、大人の雰囲気を出すこともできます。
ポロシャツ(チェック柄)の着こなし方
チェックのポロシャツはキレイめファッションに欠かせないアイテム。デニムに合わせてアクティブに仕上げてもGOOD。チェック柄はオタクっぽいと思われがちでも、髪型、着こなし方しだいでオシャレになります。
ポロシャツ(プリント柄)の着こなし方
プリントのポロシャツはカジュアルなコーディネートのマストアイテム。プリント柄の色とインナーの色を同色にして着こなすことでまた違った雰囲気に変身します。
ポロシャツ(フェイクレイヤード)の着こなし方
フェイクのポロシャツは、1枚で上半身のコーディネートが完成する便利なアイテムです。トップスがポロシャツだけだとシンプル過ぎる、でも重ね着は面倒と思う方にピッタリです。
ポロシャツ(5分袖)の着こなし方
5分袖のポロシャツは、半袖タイプよりキレイめな印象の強い1枚。ラフに着こなせるのも特徴で春〜夏、夏〜秋の季節変わりに役立ちます。二の腕を隠したい人は重宝します。
ポロシャツ(7分袖)の着こなし方
7分袖ポロシャツはロールアップするかどうかで印象が異なる、長いシーズン着まわせる便利なアイテム。手首の細さが部分が気になる人より、腕をスリムに見せたい人に向いています。
ポロシャツ+タンクトップの着こなし方
ポロシャツとタンクトップの組み合わせは、柄もののタンクトップを裾からチラ見せすることでオシャレ度をアップさせます。トップスがポロシャツだけだとさみしいと感じる方にお勧めです。
ポロシャツ+カットソーの着こなし方
ポロシャツとカットソーの組み合わせは、夏にオススメの爽やかなレイヤードスタイルに仕上がります。華奢な体型の人のカバーにもなる着こなしです。
ポロシャツ+デニムパンツの着こなし方
ポロシャツとデニムパンツの組み合わせは、ポロシャツをほどよくカジュアルダウンさせた休日にピッタリのコーディネートです。デニムはダメージやユーズド加工のパンツを選ぶとシンプルになり過ぎるのを防げます。
ポロシャツ+カーゴパンツの着こなし方
ポロシャツとカーゴパンツの組み合わせは、キレイめとカジュアルをミクスチャーさせた着こなし。タイトのカーゴパンツを選ぶことで、大人びたコーディネートにもなります。
ポロシャツ+カラーパンツの着こなし方
ポロシャツとチノパンの組み合わせはキレイめながらも、休日のデートやリラックスコーデにピッタリの組み合わせ。無難な配色でまとめる以外にも、シンプルなので新たな配色に挑戦するのにもピッタリです。
ポロシャツ+チノパンの着こなし方
ポロシャツとチノパンの組み合わせは、キレイめコーディネートの定番の組み合わせ。シルエットに変化を付けて楽しむことができます。爽やかなきれいめを考えて着こなすのがお勧めです。
ポロシャツ+クロップドパンツの着こなし方
ポロシャツとクロップドパンツの組み合わせは、落ち着いたポロシャツもカジュアルに着こなせる爽やかコーデ。足元はスニーカーでもサンダルでもよく似合います。
ポロシャツ+ハーフパンツの着こなし方
ポロシャツとショートパンツの組み合わせは季節感溢れ、見る人にも涼しげな印象を与えるカジュアルコーディネート。足元はサンダルでもブーツでもよく似合います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP