ポロシャツ フェイクレイヤード 着こなし

ポロシャツ(フェイクレイヤード)の着こなし方

ポロシャツ(フェイクレイヤード)の着こなし方

ポロシャツ(フェイク)・チノパン(ベージュ)・ローファー(茶)

 

フェイクのポロシャツにベージュのチノパンを合わせた着こなし画像

 

レイヤードスタイルはオシャレですがどうしてもかさばってしまいがち。フェイクタイプのものならば1枚でスッキリと着ることができます。ホワイトのポロシャツの中にストライプシャツを重ね着しているデザインのトップスは、清潔感溢れる爽やかな印象で女性からの高感度も高い1枚。

 

ボトムスもトップスに合わせ、ベージュのチノパンで優しい印象に。ストレッチタイプで下半身を引き締めスタイリッシュな印象にすることでワンランク上のオシャレにしています。

 

 

ポロシャツ(フェイク)・カーゴパンツ(黒)・シューズ(黒)

 

フェイクのポロシャツに黒のカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

ワインのポロシャツは、色気と知性が溢れる着こなしが1枚で完成するフェイクレイヤードのシャツ。タイトめのラインになっているので上半身をスッキリさせる効果も。下半身もボディラインにこだわったブラックのカーゴパンツを履いています。

 

美脚効果があり、ぜひキレイめコーデに取り入れたいカーゴです。足元は遊び心のあるユーズド加工のバブーシュシューズで、初めての人でも着こなしやすい大人のファッションに。

 

 

ポロシャツ(フェイク)・デニムパンツ(グレー)・サンダル(黒)

 

フェイクのポロシャツにグレーのデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

ブラックのポロシャツはクールな、まさに大人のためのカジュアルアイテム。写真で着ているポロシャツは中にグレーのシャツを着込んでいるように見えるフェイクレイヤードのシャツ。

 

1枚なのでスッキリと着こなすことができます。ボトムスはブラックのポロシャツにピッタリなグレーのデニムパンツ。ユーズド加工がオシャレで、スリムなラインなのでスタイルをよく見せてくれる1枚です。足元はブラックのサンダルでラフな大人のオフスタイルの完成です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

 

 

フェイクレイヤードのポロシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート】

 

フェイクレイヤードのポロシャツはそれだけで十分に存在感があります。ですので、そのほかの部分では、あまり色んなことをせずにシンプルに着こなしたいです。ボトムは必ず細身のパンツを選びます。フェイクとは言え、トップではレイヤードしているので、ボトムはすっきりしたモノのほうが野暮ったくなくてスッキリすると思います。【男性 30代】

フェイクレイヤードのポロシャツならば、半袖ではなく長袖が似合います。たとえば身ごろが白で両袖がブルーグレー襟がサーモンピンクのフェイクレイヤードのポロシャツとすると、グレーのカラーパンツかジーンズをあわせます。赤か茶のソックスに白のスニーカーを履きます。グリーンのキャップをかぶるとスペクテイタールックのようで似合います。【男性 40代】

私の場合ですが、シンプルなデニム、もしくはブラック系のクロップドパンツを合わせる事が多いです。靴は、デッキシューズを履きますが、夏場はレザーのサンダルを合わせる時もあります。帽子は中折れハットをかぶります。小物に関しては腕時計のみというのが多いです。着こなしで特に気をつけていることはサイズです。基本的には細身のスタイルが好きなので、カジュアルな服装でもだらしなく見えないように注意しています。【男性 30代】

私がフェイクレイヤードのポロシャツを着る場合は、七分丈のスキニーのようなタイトなチェックのパンツを履いてます。ボタンなどは少しあけ気味にして、首にはネックレスなど小物をいやらしくない物を選びフェミニンな感じにしています。ポロシャツは黒でフェイクの襟は白黒の細かめのチェックであれば、パンツと合います。靴は、スニーカーで黒以外の色があるスニーカーを選ぶと良いと思います。できれば、紫など寒色系が落ち着きます。

フェイクレイヤードのポロシャツを着こなす場合、ポロシャツはなるべく明るい色や薄い色のモノを選びます。そしてパンツは黒やネイビーといった濃い色のモノを合わすことで重ね着とのバランスを取り、スッキリ見える様に着こなします。足元はスニーカにするとラフな感じになるし、ローファーなんかでキレイめに着こなしをすることもあります。

 

好感のもてるフェイクレイヤードのポロシャツの着こなし方は?【女性へアンケート】

 

フェイクレイヤードのポロシャツは、カーゴパンツやチノパンなどの、シルエットがラフなものと合わせるのがいいと思います。体格のいい人はイカつい印象になりそうなので、色を白やベージュなどの優しいものにするといいと思います。【女性 20代】

フェイクレイヤードのポロシャツの着こなし方で良いと思うのは、ポロシャツ自体が色見が何色か使ってあるから、ボトムスはシンプルな色がいいと思います。古着のようなデニムはピッタリだと思いますが、もっとキレイな着こなし方をしたければホワイトパンツやベージュのパンツなんかが合うと思います。でも思いっきりカジュアル感を出すならばデニムのハーフパンツがいいです。【女性 30代】

フェイクレイヤードのポロシャツは、一見ポロシャツに見えないぐらい着込んでいるように見えるので、がっつりコーディネートして良いと思います。ジーパンで軽く着ても良いですが、シルエットの綺麗めなパンツと合わせると大人の印象を持ちます。足元は革靴やブーツで、軽すぎず重すぎない普段のデートに着てきてほしいスタイルです。【女性 20代】

 

ポロシャツの着こなし方一覧に戻る

 

ポロシャツ(フェイクレイヤード)の着こなし画像集(迷ったときのコーディネートの参考に!)

このエントリーをはてなブックマークに追加


ポロシャツ(フェイクレイヤード)の着こなし方関連ページ一覧

ポロシャツ(白)の着こなし方
白のポロシャツはそのままシンプルに着こなしてもオシャレですが、レイヤードスタイルやルーズなパンツと合わせるとカジュアルになります。爽やかさ、清潔感を重視したい方はぜひ。
ポロシャツ(黒)の着こなし方
黒のポロシャツは取り入れると大人っぽい印象になるアイテム。カジュアルなパンツとの相性も抜群。ボトムはデニム、グレー、カーキ、ベージュなど何にでも合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(グレー)の着こなし方
グレーのポロシャツは落ち着きある大人のアイテム。黒のカーゴパンツ、ユーズド加工のデニム、ベージュのパンツなどあらゆるボトムスと組み合わせて色々な着こなしを楽しむことができます。
ポロシャツ(チャコール)の着こなし方
チャコールのポロシャツは落ち着きのある大人の男性のコーディネートにぴったりのアイテム。 ベージュのカラーパンツ、デニム、カーキのカーゴパンツ、足元は黒のシューズが合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(ワインレッド)の着こなし方
ワインレッドのポロシャツは大人の色気が漂う1枚。デニムと合わせてカジュアルミックスさせてもオシャレです。黒のシューズとの相性が良いため、黒シューズをよく履く方にもおすすめです。
ポロシャツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのポロシャツはシックにコーデが決まる大人の1枚。レイヤードスタイルにしてもかっこよく決まります。インナーやボトムスはカーキやベージュなどが合わせやすく、黒のシューズが合わせやすいです。
ポロシャツ(カーキ)の着こなし方
カーキのポロシャツはシックで落ち着いた印象のアイテム。レイヤードやボトムスなどで適度にカジュアルダウンするとオシャレです。デニムやカーゴパンツに合わせればアーミースタイルにもなります。明るめのパンツに合わせるのもおすすめです。
ポロシャツ(ピンク)の着こなし方
ピンクのポロシャツは落ち着いた色をセレクトすることで、派手過ぎない大人スタイルになります。英字プリントなどの柄を選ぶことでアメカジスタイルにもなります。
ポロシャツ(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダーのポロシャツは、落ち着いた色やデザインのものをセレクトすることで子供っぽくならないコーデに仕上げることができます。トップスが柄のため、ボトムスはシンプルな色合いのパンツがあわせやすくなります。
ポロシャツ(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガードのポロシャツは、それ一枚で存在感があります。そのためシンプルめボトムスと合わせることで模様を活かしたスタイリッシュなコーデに仕上げることができます。
ポロシャツ(アーガイル柄)の着こなし方
アーガイルのポロシャツはカラーパンツと合わせるとキレイめに、デニムと合わせるとカジュアルに着こなせる便利なアイテム。着こなし方で知的に見せたり、大人の雰囲気を出すこともできます。
ポロシャツ(チェック柄)の着こなし方
チェックのポロシャツはキレイめファッションに欠かせないアイテム。デニムに合わせてアクティブに仕上げてもGOOD。チェック柄はオタクっぽいと思われがちでも、髪型、着こなし方しだいでオシャレになります。
ポロシャツ(プリント柄)の着こなし方
プリントのポロシャツはカジュアルなコーディネートのマストアイテム。プリント柄の色とインナーの色を同色にして着こなすことでまた違った雰囲気に変身します。
ポロシャツ(5分袖)の着こなし方
5分袖のポロシャツは、半袖タイプよりキレイめな印象の強い1枚。ラフに着こなせるのも特徴で春〜夏、夏〜秋の季節変わりに役立ちます。二の腕を隠したい人は重宝します。
ポロシャツ(7分袖)の着こなし方
7分袖ポロシャツはロールアップするかどうかで印象が異なる、長いシーズン着まわせる便利なアイテム。手首の細さが部分が気になる人より、腕をスリムに見せたい人に向いています。
ポロシャツ+タンクトップの着こなし方
ポロシャツとタンクトップの組み合わせは、柄もののタンクトップを裾からチラ見せすることでオシャレ度をアップさせます。トップスがポロシャツだけだとさみしいと感じる方にお勧めです。
ポロシャツ+カットソーの着こなし方
ポロシャツとカットソーの組み合わせは、夏にオススメの爽やかなレイヤードスタイルに仕上がります。華奢な体型の人のカバーにもなる着こなしです。
ポロシャツ+デニムパンツの着こなし方
ポロシャツとデニムパンツの組み合わせは、ポロシャツをほどよくカジュアルダウンさせた休日にピッタリのコーディネートです。デニムはダメージやユーズド加工のパンツを選ぶとシンプルになり過ぎるのを防げます。
ポロシャツ+カーゴパンツの着こなし方
ポロシャツとカーゴパンツの組み合わせは、キレイめとカジュアルをミクスチャーさせた着こなし。タイトのカーゴパンツを選ぶことで、大人びたコーディネートにもなります。
ポロシャツ+カラーパンツの着こなし方
ポロシャツとチノパンの組み合わせはキレイめながらも、休日のデートやリラックスコーデにピッタリの組み合わせ。無難な配色でまとめる以外にも、シンプルなので新たな配色に挑戦するのにもピッタリです。
ポロシャツ+チノパンの着こなし方
ポロシャツとチノパンの組み合わせは、キレイめコーディネートの定番の組み合わせ。シルエットに変化を付けて楽しむことができます。爽やかなきれいめを考えて着こなすのがお勧めです。
ポロシャツ+クロップドパンツの着こなし方
ポロシャツとクロップドパンツの組み合わせは、落ち着いたポロシャツもカジュアルに着こなせる爽やかコーデ。足元はスニーカーでもサンダルでもよく似合います。
ポロシャツ+ハーフパンツの着こなし方
ポロシャツとショートパンツの組み合わせは季節感溢れ、見る人にも涼しげな印象を与えるカジュアルコーディネート。足元はサンダルでもブーツでもよく似合います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP