ポロシャツ パンツ 組み合わせ

ポロシャツ+カラーパンツの着こなし方

ポロシャツ+カラーパンツの着こなし方

ポロシャツ(黒)・カラーパンツ(グレー)・シューズ(黒)

 

黒のポロシャツにグレーのカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

スタイリッシュなボディに見せたい場合、アイテムを細身のラインでモノクロカラーのものをチョイスすると、より効果的です。トップスは、ブロックチェックの加工生地がさりげなくオシャレなブラックのポロシャツ。ボタンを開け、ラフな着こなしにしています。

 

ボトムスはグレーのカラーパンツ。一見無地のシンプルなものに見えますがよく見るとチェックがプリントされたこだわりの1枚。足元もブラックのバブーシュシューズとモノクロで揃え、クールな印象に仕上がっています。

 

 

ポロシャツ(白)・カラーパンツ(ベージュ)・シューズ(茶)

 

白のポロシャツにベージュのチノパンを合わせた着こなし画像

 

同色系のコーディネートは難しいと思われがちですが、グラデーションを意識するとかっこよく決まります。トップスはホワイトのポロシャツ。よく見ると生地がダミエ柄になっており、襟や袖の裏地が別生地になっているのもポイント。

 

ボトムスはベージュのカラーパンツで、トップスより濃い色にしています。着こなしによってカジュアルにもキレイめにもなる便利な1枚。靴はブラウンのローファーバブーシュシューズで、足元に重点を置いてグラデーションを意識したコーデに仕上がっています。

 

 

ポロシャツ(赤)・カラーパンツ(黒)・7分袖カットソー(白)・スニーカー(白)

 

赤のポロシャツに黒のチノパンを合わせた着こなし画像

 

トップスはリンゴのプリントがユニークなポロシャツ。鮮やかなレッドが人目を引く1枚となっています。さらにその中にホワイトのカットソーを着て、レイヤードスタイルに仕上げています。

 

ボトムスは少しゆったりめのラインのカラーパンツ。ラフなイメージながらもブラックというカラーで上手く引き締めています。足元はホワイトのスニーカーでスポーティな印象のコーディネートに仕上がっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

 

ポロシャツとカラーパンツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

ポロシャツはブラックカラーで細身、胸にブランドのマークがさりげなくついているものを着用します。ブラックカラーのフレームの伊達メガネをかけます。カラーパンツはベージュカラーに近いイエローカラーのもので、形はスリムフィットで丈の若干短いものを着用します。足元はホワイトカラーのシンプルなデザインのスニーカーを合わせます。【男性 30代】

下がカラーパンツの場合、トップは白ベースでボトムの色とぶつからないように!5月に入り急に暑くなったから、足元は涼しげにロールアップし、トップの白ベースと合わせた白のデッキシューズをチョイス。腕にはバングルか何かを付けてちょっとしたアクセントに。服装が決まったら、あとは気持ちもさわやかに☆【男性 30代】

ポロシャツとカラーパンツを着こなす場合はパンツはスリムフィットの短めのホワイトのカラーパンツをあわせます。裾はシングルで裾幅は細めです。上には鮮やかなブルーやオリーブグリーンのポロシャツをあわせます。赤茶か茶のソックスに茶系のローファーか白いスニーカーを履きます。素足にモカシンでもOKです。帽子はかぶるならハンチングを。 【男性 40代】

カラーパンツはすごく目立つので、ポロシャツはとにかく控えめにします。カラーパンツが主役になるようにコーデしていきます。ここで大事なのはカラーパンツはタイトめにすることです。そうしないとあまりスタイリッシュに着こなせません。他にハット等も合わせて着こなせばさらにいいと思います。夏なので派手な色を選んでみましょう。【男性 20代】

ストライプやボーダーといった派手なポロシャツには、落ち着いた色のカラーパンツを合わせます。グレーやベージュ系の色ですね。シンプルな単色のポロシャツの場合には、明るい色のカラーパンツを合わせます。このようにトップとボトムが対照的なイメージになるよう心がけています。片方を主役、もう一方を引き立て役にするのです。【男性 40代】

 

好感のもてるポロシャツとカラーパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

グリーンのカラーパンツは、色物に抵抗ある人にも挑戦しやすいのではないでしょうか?ポロシャツは紺色で襟は立てない。ゴルフウエアっぽくならないように、ポロシャツもパンツも細身を選んですっきり着こなしてほしいです。ポイントとして腕に革紐のブレスレットとごつめの腕時計を重ねづけすれば、シンプルなスタイルもワンラックアップして見えますよ。【女性 30代】

まずカラーパンツは半ズボンで、ポップな軽さを出すのがいいと思います。流行色のイエローやエメラルドグリーン、定番の赤色でもいいと思います。ポロシャツは、黒以外の明るめの色が合うと思います。白や明るめのグレーのポロシャツに、半ズボンのカラーパンツ、帽子とスリッポンを組み合わせて、カジュアルな夏ボーイな服装は、軽やかで素敵だと思います。【女性 20代】

カラーパンツはおしゃれさんでないと難しい気がしますが、思い切って薄いピンクはどうでしょうか?ポロシャツはピンクに似合う色、クリーム色とか濃紺、または白などが良いのではと思います。ポロシャツですが、サイズが重要です。どんな組み合わせでもサイズは大き目ではなくぴったり目の方がだらしなく見えなくてよいです。靴は茶色のローファーを合わせます。【女性 30代】

男性が着るトップスがポロシャツで、ボトムスがカラーパンツ、というコーディネートは一見すると難しそうですが女性は実は結構好きだと思います。特に、白いポロシャツに、カラーパンツの色はオレンジ色等の少し明るめの色の方が好まれると思います。靴はブランド物のスニーカー、例えば黒いハイカットのコンバースが可愛いので、その様なコーディネートはとても良いと思います。【女性 20代】

黒か白のポロシャツで襟とか袖にインパクトのある色のデザインが入ったものか柄もののポロシャツと、派手な色のカラーパンツを合わせてちょっと個性的に着こなしてほしい。ごつめのスニーカーとごつめの腕時計が合うと思う。派手なサングラスとかキャップもうるさくならない程度に取り入れられたらかっこいいと思う。イメージは、m-floのバーバルみたいな感じ。【女性 20代】

「ポロシャツ+カラーパンツ」といえば、白いポロシャツに、下は草色。下は無地がいいので、上は横に線などのデザインが少し施されたものを着て、スニーカーではなく革靴っぽい茶色の靴を合わせるのが好きかも。スニーカーにしてしまうよりは、都会感がでる出勤靴ではないプライベートではくような紐付きの革靴がポイントなると思います。カラーパンツはチャラ男に見えやすいので、あまり派手にならない組み合わせが世の中の女性には受けると思います。

 

ポロシャツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ポロシャツ+カラーパンツの着こなし方関連ページ一覧

ポロシャツ(白)の着こなし方
白のポロシャツはそのままシンプルに着こなしてもオシャレですが、レイヤードスタイルやルーズなパンツと合わせるとカジュアルになります。爽やかさ、清潔感を重視したい方はぜひ。
ポロシャツ(黒)の着こなし方
黒のポロシャツは取り入れると大人っぽい印象になるアイテム。カジュアルなパンツとの相性も抜群。ボトムはデニム、グレー、カーキ、ベージュなど何にでも合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(グレー)の着こなし方
グレーのポロシャツは落ち着きある大人のアイテム。黒のカーゴパンツ、ユーズド加工のデニム、ベージュのパンツなどあらゆるボトムスと組み合わせて色々な着こなしを楽しむことができます。
ポロシャツ(チャコール)の着こなし方
チャコールのポロシャツは落ち着きのある大人の男性のコーディネートにぴったりのアイテム。 ベージュのカラーパンツ、デニム、カーキのカーゴパンツ、足元は黒のシューズが合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(ワインレッド)の着こなし方
ワインレッドのポロシャツは大人の色気が漂う1枚。デニムと合わせてカジュアルミックスさせてもオシャレです。黒のシューズとの相性が良いため、黒シューズをよく履く方にもおすすめです。
ポロシャツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのポロシャツはシックにコーデが決まる大人の1枚。レイヤードスタイルにしてもかっこよく決まります。インナーやボトムスはカーキやベージュなどが合わせやすく、黒のシューズが合わせやすいです。
ポロシャツ(カーキ)の着こなし方
カーキのポロシャツはシックで落ち着いた印象のアイテム。レイヤードやボトムスなどで適度にカジュアルダウンするとオシャレです。デニムやカーゴパンツに合わせればアーミースタイルにもなります。明るめのパンツに合わせるのもおすすめです。
ポロシャツ(ピンク)の着こなし方
ピンクのポロシャツは落ち着いた色をセレクトすることで、派手過ぎない大人スタイルになります。英字プリントなどの柄を選ぶことでアメカジスタイルにもなります。
ポロシャツ(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダーのポロシャツは、落ち着いた色やデザインのものをセレクトすることで子供っぽくならないコーデに仕上げることができます。トップスが柄のため、ボトムスはシンプルな色合いのパンツがあわせやすくなります。
ポロシャツ(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガードのポロシャツは、それ一枚で存在感があります。そのためシンプルめボトムスと合わせることで模様を活かしたスタイリッシュなコーデに仕上げることができます。
ポロシャツ(アーガイル柄)の着こなし方
アーガイルのポロシャツはカラーパンツと合わせるとキレイめに、デニムと合わせるとカジュアルに着こなせる便利なアイテム。着こなし方で知的に見せたり、大人の雰囲気を出すこともできます。
ポロシャツ(チェック柄)の着こなし方
チェックのポロシャツはキレイめファッションに欠かせないアイテム。デニムに合わせてアクティブに仕上げてもGOOD。チェック柄はオタクっぽいと思われがちでも、髪型、着こなし方しだいでオシャレになります。
ポロシャツ(プリント柄)の着こなし方
プリントのポロシャツはカジュアルなコーディネートのマストアイテム。プリント柄の色とインナーの色を同色にして着こなすことでまた違った雰囲気に変身します。
ポロシャツ(フェイクレイヤード)の着こなし方
フェイクのポロシャツは、1枚で上半身のコーディネートが完成する便利なアイテムです。トップスがポロシャツだけだとシンプル過ぎる、でも重ね着は面倒と思う方にピッタリです。
ポロシャツ(5分袖)の着こなし方
5分袖のポロシャツは、半袖タイプよりキレイめな印象の強い1枚。ラフに着こなせるのも特徴で春〜夏、夏〜秋の季節変わりに役立ちます。二の腕を隠したい人は重宝します。
ポロシャツ(7分袖)の着こなし方
7分袖ポロシャツはロールアップするかどうかで印象が異なる、長いシーズン着まわせる便利なアイテム。手首の細さが部分が気になる人より、腕をスリムに見せたい人に向いています。
ポロシャツ+タンクトップの着こなし方
ポロシャツとタンクトップの組み合わせは、柄もののタンクトップを裾からチラ見せすることでオシャレ度をアップさせます。トップスがポロシャツだけだとさみしいと感じる方にお勧めです。
ポロシャツ+カットソーの着こなし方
ポロシャツとカットソーの組み合わせは、夏にオススメの爽やかなレイヤードスタイルに仕上がります。華奢な体型の人のカバーにもなる着こなしです。
ポロシャツ+デニムパンツの着こなし方
ポロシャツとデニムパンツの組み合わせは、ポロシャツをほどよくカジュアルダウンさせた休日にピッタリのコーディネートです。デニムはダメージやユーズド加工のパンツを選ぶとシンプルになり過ぎるのを防げます。
ポロシャツ+カーゴパンツの着こなし方
ポロシャツとカーゴパンツの組み合わせは、キレイめとカジュアルをミクスチャーさせた着こなし。タイトのカーゴパンツを選ぶことで、大人びたコーディネートにもなります。
ポロシャツ+チノパンの着こなし方
ポロシャツとチノパンの組み合わせは、キレイめコーディネートの定番の組み合わせ。シルエットに変化を付けて楽しむことができます。爽やかなきれいめを考えて着こなすのがお勧めです。
ポロシャツ+クロップドパンツの着こなし方
ポロシャツとクロップドパンツの組み合わせは、落ち着いたポロシャツもカジュアルに着こなせる爽やかコーデ。足元はスニーカーでもサンダルでもよく似合います。
ポロシャツ+ハーフパンツの着こなし方
ポロシャツとショートパンツの組み合わせは季節感溢れ、見る人にも涼しげな印象を与えるカジュアルコーディネート。足元はサンダルでもブーツでもよく似合います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP