ポロシャツ カーゴパンツ 着こなし

ポロシャツ+カーゴパンツの着こなし方

ポロシャツ+カーゴパンツの着こなし方

ポロシャツ(ネイビー)・カーゴパンツ(カーキ)・シューズ(黒)

 

ネイビーのポロシャツにカーキのカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

ネイビーのポロシャツは落ち着いた雰囲気の大人のファッションアイテム。全身カッチリめなアイテムでそろえると渋くなります。写真では、カジュアルなカーキのカーゴパンツと合わせ少しくだけたスタイルにしています。

 

あえてルーズなラインのものをセレクトし、上下のシルエットにメリハリをつけています。ダークトーン系でそろえたシンプルな着こなしなので、ブレスレットなどの小物系にこだわるとよりオシャレに。

 

 

ポロシャツ(ワイン)・カーゴパンツ(チャコール)・シューズ(黒)

 

ワインのポロシャツにチャコールのカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

ワインカラーのポロシャツは大人の魅力溢れる、落ち着いた印象のアイテム。胸元にある動物の刺繍がさりげなくもオシャレなポイントとなっています。ボトムスはカーゴパンツ。

 

ブラックだとクールになり過ぎますが少し控えめなチャコールをセレクトし、優しい印象に。また、テーパードシルエットがカジュアルよりもキレイめな印象を強めているアイテムなのでポロシャツにピッタリです。足元はスウェードの高級感溢れるバブーシュシューズです。

 

 

ポロシャツ(チャコール)・カーゴパンツ(ベージュ)・シューズ(黒)

 

チャコールのポロシャツにベージュのカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

トップスに着ているチャコールのポロシャツは、無地ながらも生地にこだわった1枚。ブロックチェックに加工されており光の当たり具合で違った表情を見せます。大人の着こなしをする場合、素材にこだわるとオシャレ度も一段とアップします。

 

写真で着用しているボトムスはサテン素材のカーゴパンツ。また、ストレッチ性も兼ね備えているので履き心地も良いパンツです。足元はバブーシュシューズでカッチリと全身を引き締めます。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ポロシャツとカーゴパンツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

ポロシャツはピンクカラーで細身、胸にポケットが一つついているものを合わせます。襟を立てます。腕にはアクセントとしてシルバーカラーで文字盤が少し大きめの腕時計をつけます。カーゴパンツはブラウンカラーでスリムフィットタイプのものを合わせます。足元にはオレンジカラーのシンプルなデザインのスニーカーを合わせます。【男性 30代】

ポロシャツにカーゴパンツを合わせるとしたら、全体的にすっきりと見えるようにジャストサイズのグレー系の無地のポロシャツを選びます。カーゴパンツはミリタリーテイストのタイプは避けて白か生成りのカーゴチノ型でポケットにマチのないテーパードシルエットのものをセレクトし、裾を2回ほどまくって足首をみせ軽く見せます。足元には素足にエスパドリューを履いて仕上げます。【男性 40代】

私がポロシャツとカーゴパンツを合わせる時はワインレッドに袖と襟にラインの入ったフレッドペリーのポロシャツに米軍払い下げの迷彩のカーゴパンツを合わせます。カーゴパンツは迷彩以外にもオリーブドラブの物も良く合わせますね。足元はゴツ過ぎないブーツを合わせたり、逆にニューバランスなどのランニングタイプのスニーカーをよく履きます。ショートヘアの場合、メッシュのハンチングを被ります。【男性 30代】

ポロシャツとカーゴパンツを合わせる場合、カーゴパンツが定番のブリティシュグリーンならばポロシャツはホワイトが一番きれいです。グレーのソックスに茶系のオイルレザーのブーツを履きます。黒のポロシャツにグレーのカーゴパンツもおしゃれです。こちらはグレーのソックスに白いスニーカーを合わせます。帽子は夏用のニット帽が合います。 【男性 40代】

私がコーディネートするなら緑系のスキニーカーゴパンツを履いて、灰色系の半袖ポロシャツを着ます。靴は茶系のブーツを履きます。スキニーカーゴパンツは美脚をアピールするポイントで、靴を少しゴツイ感じのブーツにすることで美脚をよりアピールすることができます。ベルトも茶色の皮のベルトにすることで靴との色合いなどでオシャレになると思います。【男性 20代】

 

好感のもてるポロシャツとカーゴパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

定番の白いポロシャツに、ベージュもしくはカーキ色のカーゴパンツを合わせると爽やかな印象を受けますね。カーゴパンツは、七分丈かロールアップで少々ダブついたラフな感じもオシャレです。靴は、夏なら華奢な革紐のサンダル、スニーカーなら白を基調としたレザーのものを選ぶと上品になります。ポロシャツも大きめだとおじさんくさくなるのでジャストサイズのものを。【女性 30代】 

甘めなデザインのポロシャツと、男らしいデザインのカーゴパンツを組み合わせると、ギャップがでてオシャレだなぁと思います。ピンクやイエローなどのパステルカラーの淡いポロシャツに、カーキ色や迷彩柄のカーゴパンツなどを組み合わせると、メリハリができていいと思います。ポロシャツもカーゴパンツも、黒や紺などの重めな色よりも、少し明るい色がいいと思います。【女性 20代】

ポロシャツはパステルカラーで、カーゴパンツは半端丈か裾を折って足首が見えるようにして、ツートンカラーのデッキシューズなんかを合わせて爽やかに着こなしてほしい。ダボっとしたカーゴパンツにスニーカーは中学生みたいで嫌。ポロシャツの襟は立てぎみでサングラスとか夏らしいハットをプラスしたらこなれた大人サーファーって感じでかっこいいと思う。【女性 20代】

カーゴパンツの色は一番一般的な深緑のような色でポロシャツは濃紺がよいのではないでしょうか?ポロシャツはシンプルなのでラルフローレンのような有名ブランドのマークがついているのも感じが悪くはないと思います。靴はカジュアルに真っ白のコンバースではどうですか?こんなシンプルな恰好が似合ったらとても素敵な人だと思います。【女性 30代】

もしも男性がトップスにポロシャツを着て、そしてボトムにカーゴパンツを履くとしたら、アクティブな雰囲気になるコーディネートが良いです。例えば白いポロシャツに、カーキ色のカーゴパンツであれば雰囲気は暗くなり過ぎないので好まれると思います。更に靴は、革のサンダルが良いです。スニーカー等ももちろん合うと思いますが、サンダルの方がより気軽なスタイルなので、そちらの方が良いです。【女性 20代】

「ポロシャツ+カーーゴパンツ」ならば、襟を立てた白のポロシャツに、下はベージュ。ストローハットに、オレンジ色のストールを巻いているととてもお洒落で今時の着こなし方だから好みです。地味な色の中に鮮やかな色のさし色があれば、いくつになっても素敵だなと思わせる印象を与えられるので、デートに着てきて欲しい。ただ、汗っかきな男性の場合は、逆に帽子だと蒸れて不潔な印象になるので、そんな場合には帽子をかぶるのはかえってNGかな。

 

ポロシャツの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ポロシャツ+カーゴパンツの着こなし方関連ページ一覧

ポロシャツ(白)の着こなし方
白のポロシャツはそのままシンプルに着こなしてもオシャレですが、レイヤードスタイルやルーズなパンツと合わせるとカジュアルになります。爽やかさ、清潔感を重視したい方はぜひ。
ポロシャツ(黒)の着こなし方
黒のポロシャツは取り入れると大人っぽい印象になるアイテム。カジュアルなパンツとの相性も抜群。ボトムはデニム、グレー、カーキ、ベージュなど何にでも合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(グレー)の着こなし方
グレーのポロシャツは落ち着きある大人のアイテム。黒のカーゴパンツ、ユーズド加工のデニム、ベージュのパンツなどあらゆるボトムスと組み合わせて色々な着こなしを楽しむことができます。
ポロシャツ(チャコール)の着こなし方
チャコールのポロシャツは落ち着きのある大人の男性のコーディネートにぴったりのアイテム。 ベージュのカラーパンツ、デニム、カーキのカーゴパンツ、足元は黒のシューズが合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(ワインレッド)の着こなし方
ワインレッドのポロシャツは大人の色気が漂う1枚。デニムと合わせてカジュアルミックスさせてもオシャレです。黒のシューズとの相性が良いため、黒シューズをよく履く方にもおすすめです。
ポロシャツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのポロシャツはシックにコーデが決まる大人の1枚。レイヤードスタイルにしてもかっこよく決まります。インナーやボトムスはカーキやベージュなどが合わせやすく、黒のシューズが合わせやすいです。
ポロシャツ(カーキ)の着こなし方
カーキのポロシャツはシックで落ち着いた印象のアイテム。レイヤードやボトムスなどで適度にカジュアルダウンするとオシャレです。デニムやカーゴパンツに合わせればアーミースタイルにもなります。明るめのパンツに合わせるのもおすすめです。
ポロシャツ(ピンク)の着こなし方
ピンクのポロシャツは落ち着いた色をセレクトすることで、派手過ぎない大人スタイルになります。英字プリントなどの柄を選ぶことでアメカジスタイルにもなります。
ポロシャツ(ボーダー柄)の着こなし方
ボーダーのポロシャツは、落ち着いた色やデザインのものをセレクトすることで子供っぽくならないコーデに仕上げることができます。トップスが柄のため、ボトムスはシンプルな色合いのパンツがあわせやすくなります。
ポロシャツ(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガードのポロシャツは、それ一枚で存在感があります。そのためシンプルめボトムスと合わせることで模様を活かしたスタイリッシュなコーデに仕上げることができます。
ポロシャツ(アーガイル柄)の着こなし方
アーガイルのポロシャツはカラーパンツと合わせるとキレイめに、デニムと合わせるとカジュアルに着こなせる便利なアイテム。着こなし方で知的に見せたり、大人の雰囲気を出すこともできます。
ポロシャツ(チェック柄)の着こなし方
チェックのポロシャツはキレイめファッションに欠かせないアイテム。デニムに合わせてアクティブに仕上げてもGOOD。チェック柄はオタクっぽいと思われがちでも、髪型、着こなし方しだいでオシャレになります。
ポロシャツ(プリント柄)の着こなし方
プリントのポロシャツはカジュアルなコーディネートのマストアイテム。プリント柄の色とインナーの色を同色にして着こなすことでまた違った雰囲気に変身します。
ポロシャツ(フェイクレイヤード)の着こなし方
フェイクのポロシャツは、1枚で上半身のコーディネートが完成する便利なアイテムです。トップスがポロシャツだけだとシンプル過ぎる、でも重ね着は面倒と思う方にピッタリです。
ポロシャツ(5分袖)の着こなし方
5分袖のポロシャツは、半袖タイプよりキレイめな印象の強い1枚。ラフに着こなせるのも特徴で春〜夏、夏〜秋の季節変わりに役立ちます。二の腕を隠したい人は重宝します。
ポロシャツ(7分袖)の着こなし方
7分袖ポロシャツはロールアップするかどうかで印象が異なる、長いシーズン着まわせる便利なアイテム。手首の細さが部分が気になる人より、腕をスリムに見せたい人に向いています。
ポロシャツ+タンクトップの着こなし方
ポロシャツとタンクトップの組み合わせは、柄もののタンクトップを裾からチラ見せすることでオシャレ度をアップさせます。トップスがポロシャツだけだとさみしいと感じる方にお勧めです。
ポロシャツ+カットソーの着こなし方
ポロシャツとカットソーの組み合わせは、夏にオススメの爽やかなレイヤードスタイルに仕上がります。華奢な体型の人のカバーにもなる着こなしです。
ポロシャツ+デニムパンツの着こなし方
ポロシャツとデニムパンツの組み合わせは、ポロシャツをほどよくカジュアルダウンさせた休日にピッタリのコーディネートです。デニムはダメージやユーズド加工のパンツを選ぶとシンプルになり過ぎるのを防げます。
ポロシャツ+カラーパンツの着こなし方
ポロシャツとチノパンの組み合わせはキレイめながらも、休日のデートやリラックスコーデにピッタリの組み合わせ。無難な配色でまとめる以外にも、シンプルなので新たな配色に挑戦するのにもピッタリです。
ポロシャツ+チノパンの着こなし方
ポロシャツとチノパンの組み合わせは、キレイめコーディネートの定番の組み合わせ。シルエットに変化を付けて楽しむことができます。爽やかなきれいめを考えて着こなすのがお勧めです。
ポロシャツ+クロップドパンツの着こなし方
ポロシャツとクロップドパンツの組み合わせは、落ち着いたポロシャツもカジュアルに着こなせる爽やかコーデ。足元はスニーカーでもサンダルでもよく似合います。
ポロシャツ+ハーフパンツの着こなし方
ポロシャツとショートパンツの組み合わせは季節感溢れ、見る人にも涼しげな印象を与えるカジュアルコーディネート。足元はサンダルでもブーツでもよく似合います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP