ポロシャツ ボーダー 着こなし

ポロシャツ(ボーダー柄)の着こなし方

ポロシャツ(ボーダー柄)の着こなし方

ポロシャツ(ボーダー)・カラーパンツ(モカ)・サンダル(黒)

 

ボーダーのポロシャツにモカのカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

ボーダーのポロシャツはボーダーの色や太さによって随分印象の変わるアイテムです。写真では、ブルー系の幾重にも重なったボーダーのポロシャツを着ています。

 

綿素材なので着心地がよくストレスフリーで着れるのもポイントが高いです。ボトムスはモカブラウンの落ち着いたカラーパンツ。シルエットラインなので足を綺麗に見せてくれる効果も。足元はトングサンダルで、ラフ感をプラスした大人の休日スタイルの完成です。

 

 

ポロシャツ(ボーダー)・カラーパンツ(黒)・デッキシューズ(白)

 

ボーダーのポロシャツに黒のカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

ボーダーは割と子供っぽくなりがちな印象の柄ですが、暗めのカラーとデザインをチョイスすることで、落ち着いたイメージにすることができます。トップスに着ているのはブラウンボーダーのポロシャツ。大人っぽく、どこか清潔感もある1枚です。

 

ボトムスは全身を引き締めるブラックのストレートカラーパンツを履き、スラッとした印象にしています。足元はホワイトのデッキシューズで夏の雰囲気をプラスし、季節感を出した着こなしとなっています。

 

 

ポロシャツ(ボーダー)・カーゴパンツ(黒)・スニーカー(白)

 

ボーダーのポロシャツに黒のカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

モノクロ系ボーダーのポロシャツは使い勝手が抜群の1枚。デニムと合わせればカジュアルに、カラーパンツの合わせればキレイめ風に仕上げることができます。写真では、グレー時にホワイトとブラックのボーダーが入ったポロシャツを着ています。

 

ラインがスリムなので、スッキリとした上半身に見せることができます。ボトムスは、細身のラインでキレイめなイメージを持つブラックのカーゴパンツ。足元はホワイトのスニーカーで爽やかかつクールなコーデに仕上がっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ボーダー柄のポロシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

トップスにボーダー柄のポロシャツを着る場合は、ボトムスは基本的に単色系を使います。例えば、ボーダーに明るい色がポロシャツは、ボトムスを単色系、つまりシンプルなものにして、全体がうるさくならないように意識します。また、ボーダーの柄の上に、単色系の上着を羽織ることで、まとまりを演出することもできます。【男性 20代】

夏のカジュアルな服装になくてはならないのがポロシャツですね。ポロシャツには無地のものが多いのですが、一味違うのがボーダー柄のポロシャツです。着こなしによってとても上品なおしゃれ着になります。あまり大柄でないボーダーのものを選び、裾はパンツの中にいれます。パンツはやや細身を選びます。そして、靴はローファー、ウエストの革ベルトは靴と色を合わせます。これだけでどんな高級レストランに行ったとしても違和感のない、とてもシックな夏のカジュアルルックができあがります。【男性 40代】

ポロシャツにボーダー柄だとちょっと「お父さん」ぽい感じがでてしまうかもしれないのでそのあたりを注意して、濃いめの色を選びます。パステル系はNG。ボトムスは七分丈くらいのパンツ、靴は明るめのスニーカーで、ちょっと軽めのイメージにします。長いソックスもNG。腕時計もなしで、アクセサリーは皮紐のブレスレットくらいでしょうか。【男性 30代】

ボーダー柄のポロシャツはよく着ますが、私はポロシャツにはクロップドパンツを合わせることが多いですね。ポロシャツが白かピンク系なら、クロップドパンツはベージュかカーキにします。赤か青系ならパンツの色は黒系ですね。靴はスニーカーでもいいんですが、夏なんかだと、私はサンダルを合わせますよ。あとは腕にアクセサリーを一つ付ける時もあります。【男性 20代】 

ボーダー柄は、太目の人は太って見えてしまうので、できるだけ足が細いように見せたいところです。ボトムスは、2タックのベージュ色のチノパンで、靴は茶系の紐靴で、アウトドアタイプがいいですね。セカンドバッグは、黒系統のポーチにして、少し派手めの腕時計、Gショックや航空時計あたりが似合うと思います。ボーダー柄は定番の赤色と群青色のストライプで決まりです。ただし、襟は立てないようにしたいです。【男性 50代】

 

好感のもてるボーダー柄のポロシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ボーダー柄のポロシャツは、年代問わず誰にでも大体に合う洋服だと思います。私は太いボーダー柄よりも、細いボーダー柄のシャツの方が、きちんとした感じ&大人のキレイ目カジュアルという感じがして好きです。ボトムスはダーメージジーンズなどでもカッコいいと思いますが…、ワンランクお洒落に見せるためには、クロップドパンツ&ハット&ごつめのアクセを付けている男性を見ると素敵だな…と思います。【女性 20代】

ボーダー柄のポロシャツは、爽やかな印象ですよね。爽やかなコーディネートは好きですが、行きすぎると子供っぽく見えてしまいます。10代だったらジーンズを合わせて、カジュアルなコーディネートでもいいけれど、20代以上になると、カジュアルすぎてデートではNGかなと思います。黒のシャツを羽織ったり、足元をスニーカーではなく革素材の靴にしたりと、落ち着いたアイテムと合わせて着て欲しいですね。【女性 20代】

ボーダー柄のポロシャツには、チノパンやデッキシューズと合わせて欲しいです。ポロシャツのカラーは黒や紺などの濃いめの色で、ベージュのチノパンと合わせたら、かっこいいと思います。ハーフパンツにサンダルだと少しカジュアルすぎるので、クロップド丈のチノパンにデッキシューズという組み合わせが、いいバランスだと思います。【女性 30代】

 

ポロシャツの着こなし方一覧に戻る

 

ポロシャツ(ボーダー柄)の着こなし画像集(迷ったときのコーディネートの参考に!)

このエントリーをはてなブックマークに追加


ポロシャツ(ボーダー柄)の着こなし方関連ページ一覧

ポロシャツ(白)の着こなし方
白のポロシャツはそのままシンプルに着こなしてもオシャレですが、レイヤードスタイルやルーズなパンツと合わせるとカジュアルになります。爽やかさ、清潔感を重視したい方はぜひ。
ポロシャツ(黒)の着こなし方
黒のポロシャツは取り入れると大人っぽい印象になるアイテム。カジュアルなパンツとの相性も抜群。ボトムはデニム、グレー、カーキ、ベージュなど何にでも合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(グレー)の着こなし方
グレーのポロシャツは落ち着きある大人のアイテム。黒のカーゴパンツ、ユーズド加工のデニム、ベージュのパンツなどあらゆるボトムスと組み合わせて色々な着こなしを楽しむことができます。
ポロシャツ(チャコール)の着こなし方
チャコールのポロシャツは落ち着きのある大人の男性のコーディネートにぴったりのアイテム。 ベージュのカラーパンツ、デニム、カーキのカーゴパンツ、足元は黒のシューズが合わせやすいアイテムです。
ポロシャツ(ワインレッド)の着こなし方
ワインレッドのポロシャツは大人の色気が漂う1枚。デニムと合わせてカジュアルミックスさせてもオシャレです。黒のシューズとの相性が良いため、黒シューズをよく履く方にもおすすめです。
ポロシャツ(ネイビー)の着こなし方
ネイビーのポロシャツはシックにコーデが決まる大人の1枚。レイヤードスタイルにしてもかっこよく決まります。インナーやボトムスはカーキやベージュなどが合わせやすく、黒のシューズが合わせやすいです。
ポロシャツ(カーキ)の着こなし方
カーキのポロシャツはシックで落ち着いた印象のアイテム。レイヤードやボトムスなどで適度にカジュアルダウンするとオシャレです。デニムやカーゴパンツに合わせればアーミースタイルにもなります。明るめのパンツに合わせるのもおすすめです。
ポロシャツ(ピンク)の着こなし方
ピンクのポロシャツは落ち着いた色をセレクトすることで、派手過ぎない大人スタイルになります。英字プリントなどの柄を選ぶことでアメカジスタイルにもなります。
ポロシャツ(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガードのポロシャツは、それ一枚で存在感があります。そのためシンプルめボトムスと合わせることで模様を活かしたスタイリッシュなコーデに仕上げることができます。
ポロシャツ(アーガイル柄)の着こなし方
アーガイルのポロシャツはカラーパンツと合わせるとキレイめに、デニムと合わせるとカジュアルに着こなせる便利なアイテム。着こなし方で知的に見せたり、大人の雰囲気を出すこともできます。
ポロシャツ(チェック柄)の着こなし方
チェックのポロシャツはキレイめファッションに欠かせないアイテム。デニムに合わせてアクティブに仕上げてもGOOD。チェック柄はオタクっぽいと思われがちでも、髪型、着こなし方しだいでオシャレになります。
ポロシャツ(プリント柄)の着こなし方
プリントのポロシャツはカジュアルなコーディネートのマストアイテム。プリント柄の色とインナーの色を同色にして着こなすことでまた違った雰囲気に変身します。
ポロシャツ(フェイクレイヤード)の着こなし方
フェイクのポロシャツは、1枚で上半身のコーディネートが完成する便利なアイテムです。トップスがポロシャツだけだとシンプル過ぎる、でも重ね着は面倒と思う方にピッタリです。
ポロシャツ(5分袖)の着こなし方
5分袖のポロシャツは、半袖タイプよりキレイめな印象の強い1枚。ラフに着こなせるのも特徴で春〜夏、夏〜秋の季節変わりに役立ちます。二の腕を隠したい人は重宝します。
ポロシャツ(7分袖)の着こなし方
7分袖ポロシャツはロールアップするかどうかで印象が異なる、長いシーズン着まわせる便利なアイテム。手首の細さが部分が気になる人より、腕をスリムに見せたい人に向いています。
ポロシャツ+タンクトップの着こなし方
ポロシャツとタンクトップの組み合わせは、柄もののタンクトップを裾からチラ見せすることでオシャレ度をアップさせます。トップスがポロシャツだけだとさみしいと感じる方にお勧めです。
ポロシャツ+カットソーの着こなし方
ポロシャツとカットソーの組み合わせは、夏にオススメの爽やかなレイヤードスタイルに仕上がります。華奢な体型の人のカバーにもなる着こなしです。
ポロシャツ+デニムパンツの着こなし方
ポロシャツとデニムパンツの組み合わせは、ポロシャツをほどよくカジュアルダウンさせた休日にピッタリのコーディネートです。デニムはダメージやユーズド加工のパンツを選ぶとシンプルになり過ぎるのを防げます。
ポロシャツ+カーゴパンツの着こなし方
ポロシャツとカーゴパンツの組み合わせは、キレイめとカジュアルをミクスチャーさせた着こなし。タイトのカーゴパンツを選ぶことで、大人びたコーディネートにもなります。
ポロシャツ+カラーパンツの着こなし方
ポロシャツとチノパンの組み合わせはキレイめながらも、休日のデートやリラックスコーデにピッタリの組み合わせ。無難な配色でまとめる以外にも、シンプルなので新たな配色に挑戦するのにもピッタリです。
ポロシャツ+チノパンの着こなし方
ポロシャツとチノパンの組み合わせは、キレイめコーディネートの定番の組み合わせ。シルエットに変化を付けて楽しむことができます。爽やかなきれいめを考えて着こなすのがお勧めです。
ポロシャツ+クロップドパンツの着こなし方
ポロシャツとクロップドパンツの組み合わせは、落ち着いたポロシャツもカジュアルに着こなせる爽やかコーデ。足元はスニーカーでもサンダルでもよく似合います。
ポロシャツ+ハーフパンツの着こなし方
ポロシャツとショートパンツの組み合わせは季節感溢れ、見る人にも涼しげな印象を与えるカジュアルコーディネート。足元はサンダルでもブーツでもよく似合います。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP