パーカー カーゴパンツ

パーカー+カーゴパンツの着こなし方

パーカーとカーゴパンツを合わせる着こなし方

パーカー(グレー)・カーゴパンツ(カーキ)・レザーシューズ(黒)

 

グレーのパーカーと濃いめのブラウンのカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

少し厚手のスタンドカラーパーカーは、パーカーの柔らかさと男らしさを同時に楽しめる人気アイテム。合わせるボトムスも、キレイめパンツよりはカーゴパンツがおススメです。

 

ブラックレザーシューズと合わせたハードな着こなしを、トップスが程良くカジュアルにブレンド。パーカーの持つ大人っぽい雰囲気を損なうことなく、周囲とワンランク差をつける着こなしになります。気取らず、ラフに着こなすのがポイントです。

 

 

パーカー(グレー)・カーゴパンツ(カーキ)・カットソー(白)・ブーツ(茶)

 

グレーのパーカーとカーキのカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

軽く合わせるとラフすぎる見た目になってしまう事もあるパーカーですが、ディティールにもこだわったデザインのものを1着持っていれば突然の外出にも難なく対応できます。こちらの写真で着用しているのはマイクロファーのパーカーです。

 

柔らかな質感と独特の光沢感はそれだけでトップスをオシャレに見せてくれます。ボトムは男らしい色のカーゴパンツでカジュアルに。デニムパンツや黒のカラーパンツを合わせてもよく似合います。

 

 

パーカー(チャコール)・カーゴパンツ(茶)・カットソー(グレー)・スニーカー(黒)

 

チャコールのパーカーと茶色のカーゴパンツを合わせた着こなし画像

 

パーカーでかっちりとした男らしさを演出するのは難しいと思われがちですが、しっかりした質感のボトムと合わせれば、凛々しさの漂うスタイルが作れます。パーカーは男らしさを引き立てるスモーク色で。そこに、サテンカーゴパンツを合わせます。

 

カーゴの色はトップスの雰囲気を崩さないように渋めのブラウンをチョイス。インナーもモノクロカラーを合わせます。そして足元をレザートレッキングスニーカーでまとめれば男のオフコーデが完成です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

パーカーとカーゴパンツをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

専らバイカーズスタイルが多いので紺や黒系パーカーにカーキ、ベージュ系のカーゴパンツにレザーのライダースジャケットと黒のエンジニアブーツや、ブラウンのセッターブーツを履いています。ブーツは多少ソールやヒールが厚いので、少し緩めのカーゴパンツを履いても足が短く見えにくいので気に入ってます。【男性 40代】

パーカーとカーゴパンツを合わせるのは、少し選択を間違えると、ものすごくカッコ悪いこーでになるので気を付けます。カーゴはカーキで少しだぼっとしたもの、パーカーは色は何でもいいですが、タイトなものはやめます。少し余裕のあるものを着ます。靴は、スニーカーだと、ちょっとダサいので、ブーツにします。私的には革製のもののほうがお勧めです。【男性 20代】

もし少し太めのカーゴパンツを着用するならトップスはジャストサイズか細めのものを合わせます。無難なのはグレーカラー、またはネイビーカラーのパーカーにカーキまたはベージュのカーゴパンツ、靴はホワイトカラーのスニーカーといったところだと思います。もしジップアップのパーカーを着用するならインナーはTシャツかカットソーですがホワイトカラーのものを合わせます。【男性 30代】

パーカーとカーゴパンツなら両方可愛いイメージなので、リュックでさらに活発な感じにしたいです。靴は温かい季節ならキャンバススニーカー、寒くなってきたらゴツ目のブーツで。グレーパーカーが無難ですが、たまには他の色もローテーションに入れたいですね。中はシャツのほうが好み。中がシャツだったらループタイも付け足しちゃいます。【男性 10後半】

初夏ならネイビーブルーのパーカーにカーキ色のカーゴパンツ。ベージュでもいいと思いますが、カーキのほうが個性的に見えると思います。白か水色の無地のカットソー。あるいは、その二色のボーダーでもいいかもしれません。靴はスニーカーかデッキシューズでしょうか。色はネイビーブルーか茶系(ただしカーキ色と離れた色調のもの)が無難かなと思います。カーキに近い色のキャップもありだと思います。【男性 30代】

 

好感のもてるパーカーとカーゴパンツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

私は大人っぽいスタイルが好きなので、サイズはジャストサイズでピッタリと着こなしているのが理想です。インナーはカジュアルならチェックのネルシャツで、上から3番目くらいまでのボタンを開けて中のTシャツをチラ見せ、キレイ目だったら白い綿素材のシャツを一番上のボタンだけ開けて着るのがいいと思います!アウターはハード過ぎない皮のジャケットとかだとオシャレですね。【女性 20代】

私は着こなしとしては、大きめサイズでダボっと着こなすのは好みではありません。若い方でも自分のサイズに合ったものを着た方がグッとカッコ良く見えますよ。色は無難にベージュやカーキ、ブラックなどであわせるのをオススメします。レッドなどの原色は難易度高めかも。カジュアルだけど、きちんと見えるように着こなすと良いと思います。【女性 30代】

パーカーとカーゴパンツの組み合わせなら、同系色同士を合わせて、パンツの裾をエンジニアか編み上げブーツにインした、ちょっとハード目の着こなしが好きです。カーゴパンツといえばミリタリーカラーがポピュラーですが、ブラックやグレーだとさらに雰囲気が出て好感度大です。ブーツはぜひごつめで。前を開けたらカラーTというのも意外性があって素敵です。【女性 30代】

 

パーカーの着こなし方一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


パーカー+カーゴパンツの着こなし方関連ページ一覧

ジップパーカーの着こなし方
ジップパーカーを前締めに着ると上半身をスッキリと見せる事ができます。カーゴパンツを合わせると絶妙な仕上がりに。気軽なのにオシャレを感じさせるコーデです。パーカーを前開けにする場合、インナーは白がおすすめです。
ダブルジップパーカーの着こなし方
ダブルジップパーカーは、いつものスタイルをよりカジュアルに仕上げてくれます。カットソー、カーゴパンツといったシンプルアイテムと合わせても良いですし、ベルトのバックルをのぞかせてオシャレに決めても良いです。
ボリュームネックパーカーの着こなし方
ボリュームネックパーカーは首元に厚みがあるので、暗めの色や細身のボトムスといったアイテムを合わせると全体をバランスよくまとめる事ができます。デニムカーゴパンツをチョイスすればカジュアルに仕上がります。
マウンテンパーカーの着こなし方
マウンテンパーカーはラフになりすぎないように注意です。カットソーとデニムといったシンプルなアイテムでも、足元に行くにしたがって濃い色合いにしたり、シューズにしっかりした質感の物を合わせたりすると良いです。
ボタン付きパーカーの着こなし方
ボタンパーカーは、カジュアルはもちろんキレイめアイテムとも相性が良いです。ジップパーカーよりもカジュアル度が抑えられていますので、ボタンダウンシャツと黒のボトムスと合わせると程良くラフさが加わります。
ダブルフードパーカーの着こなし方
ダブルフードデザインのパーカーは、カットソーとボトムスという単純なコーディネートでもオシャレな雰囲気に仕上がります。合わせるボトムスも悩みません。さらに、インナーをシャツにすれば爽やかさと知的さもUPです。
ナイロンパーカーの着こなし方
白のカットソー、黒のダメージ加工デニム、茶色のレースアップブーツのコーデは、ナイロン素材のジャケットを、男らしさを感じさせるスタイルに仕上げます。ナイロン素材のパーカーと合わせても甘くなりすぎません。
ノースリーブパーカーの着こなし方
カジュアルやポップスタイルの印象が強いノースリーブパーカーは、黒×白でまとめると大人っぽく仕上げることができます。白カットソー、サルエルパンツ、黒のシューズでアウトドアにも出かけられる大人スタイルの完成です。
パーカー(黒)の着こなし方
黒のパーカーの着こなしで迷った時には、ホワイトとブラウン系のアイテムでコーディネートすると失敗が少ないです。黒のパーカー、白のカットソー、ブラウン系のボトムスとシューズで仕上げます。赤色の小物も相性抜群です。
パーカー(グレー) の着こなし方
グレーのパーカー、白のカットソー、ブラウンのカーゴパンツ、黒のトレッキングスニーカーという具合に、アウターをグレーにする場合は足元にいくにつれ濃い色になるように配色すると全体がバランス良くまとまります。
パーカー(ネイビー)の着こなし方
落ち着きを感じさせるネイビーのパーカーは、大人っぽさを残しつつラフ感を出したいという時にもピッタリなアイテムです。白シャツ、黒のボトムス、スウェードバブーシュシューズでラフ感のあるキレイめコーデの完成です。
パーカー(ピンク)の着こなし方
着るまでに少し勇気がいるピンク色のアイテム。着こなすポイントは「シンプルに」です。ピンク色のパーカーの場合は、ホワイトカットソーやブラックカーゴパンツ、ブラウンのシューズなどと合わせるとサラリと着こなせます。
パーカー(イエロー)の着こなし方
マスタードカラーなどのイエロー系は、デニムパンツとの相性が抜群に良いです。イエロー系のパーカーなら迷わずデニムパンツをチョイス、インナーはホワイトで決まりです。足元に大人っぽさプラスするアイテムを選び完成です。
パーカー(オレンジ)の着こなし方
オレンジのパーカーは、ハードな質感のアイテムと合わせると子供っぽくならずに済みます。また、どんな色とでも馴染みやすい白やデニムカラーでシンプルにまとめると失敗が少ないです。足元は黒色のシューズでまとめます。
パーカー(ブルー)の着こなし方
ブルーのパーカーのコーディネートでは、白色のアイテムをバランス良く取り入れると爽やかさと清潔感のあるコーデに仕上がります。ストレートデニム、キャンバススニーカーでシンプルかつ爽やかスタイルの完成です。
パーカー(ボーダー柄)の着こなし方
子供っぽくなってしまいがちなボーダー柄パーカーは、インナーにVネックを合わせると大人度がUPします。白のカットソー、ベージュ系のワークパンツ、白のデッキシューズで大人の爽やかカジュアルスタイルの完成です。
パーカー(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガードパーカーはホワイトのUネックカットソー、デニムカーゴパンツを合わせると爽やかさを感じさせる仕上がりになります。足元をスウェードバブーシュシューズでまとめれば大人カジュアルスタイルの完成です。
パーカー(チェック柄)の着こなし方
チェック柄のパーカーは男らしさを感じさせるアイテムで合わせるとカッコよく着こなすことができます。ダメージ加工ジーンズ、ハイカットスニーカーでクールコーデの完成です。色をシンプルにまとめると大人度UPです。
パーカー+シャツの着こなし方
程良い抜け感が楽しめる、パーカーとシャツのコーディネート。上品さと優しさを併せ持つグレーのパーカーには、青や白と言った爽やか系のシャツが好相性です。綺麗だけど気取らない、柔らかオフスタイルを演出します。
パーカー+カットソーの着こなし方
カジュアルスタイルの定番、パーカーとカットソーのコーデ。大人っぽく着こなすなら、アイテム選びが重要です。個性的なデザインのパーカーにシンプルなカットソーを合わせる事で、アウターの魅力を引き立てます。
パーカー+デニムパンツの着こなし方
パーカーとデニムパンツの組み合わせは、シンプルなカジュアルコーデの定番です。タイトなシルエットのパーカーに、男らしいヴィンテージデニムを合わせれば、タフなだけでない落ち着きのあるメンズカジュアルが完成します。
パーカー+カラーパンツの着こなし方
パーカーを使ったカジュアルファッションを楽しむなら、カラーパンツとのコーディネートは欠かせません。パーカーの色味に合わせてボトムをチョイスするだけで、幅広いオフカジュアルが楽しめます。
パーカー+チノパンの着こなし方
少し個性のあるパーカーを買ってみたけど、合わせるボトムスがない。そんな時におススメなのが、万能ボトムのチノパンです。パーカーの個性を上品に引き出す、大人カジュアルに必須のコーディネートです。
20代女性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代女性が選ぶパーカーのコーディネート一覧
30代女性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代女性が選ぶパーカーのコーディネート一覧
40代女性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代女性が選ぶパーカーのコーディネート一覧
20代男性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代男性が選ぶパーカーのコーディネート一覧
30代男性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代男性が選ぶパーカーのコーディネート一覧
40代男性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代男性が選ぶパーカーのコーディネート一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP