パーカー 黒 着こなし

パーカー(黒)の着こなし方

パーカー(黒)の着こなし方

パーカー(黒)・カットソー(白)・パンツ(ライトブラウン)・シューズ(茶)

 

黒パーカーとベージュのパンツを合わせた着こなし画像

 

黒のパーカーの色合わせに迷った時におすすめなのがこちらのコーディネートです。インナーに爽やかさを感じさせる白、ボトムスには誰からも好まれるライトブラウン、足元は重すぎず軽すぎないダークブラウンです。

 

また、子供っぽくなってしまわないようにVネックとスウェードシューズを選んでいます。黒×白×茶色系の組み合わせは外しが少ないです。それでも少し寂しいと感じる場合には、差し色として赤色の小物を加えると良いです。

 

 

パーカー(黒)・シャツ(チェック柄)・デニムパンツ・シューズ(黒)

 

黒パーカーとデニムパンツを合わせた着こなし画像

 

こちらはチェック柄シャツとデニムパンツに黒のパーカーを合わせたコーディネートです。足元は黒のスウェードバブーシュシューズでまとめています。カジュアルアイテムとパーカーを合わせることで、男っぽさの中にも甘さのあるスタイルに。

 

街歩きデートにも使える着こなしです。また、このコーデは、ボトムスをベージュのチノパンやカラーパンツに変えてもよく合います。ベージュ系ならキレイ感や爽やか感のある装いに仕上がります。

 

 

パーカー(黒)・ボーダーカットソー(白×赤)・カラーパンツ(茶)・ブーツ(茶)

 

黒パーカーとブラウンのカラーパンツを合わせた着こなし画像

 

黒×白×茶の配色に赤をプラスした、オシャレ度抜群のコーディネートがこちらです。黒パーカーのインナーにUネックカットソー、ボトムスはブラウンのカラーパンツ、靴はトレッキングブーツです。チラ見せしているメッシュレザーベルトもオシャレです。

 

この着こなしは、ボトムスをゆったり履いたり、重厚感のある靴を合わせたりと、足元に重みを持たせているのがポイントです。カットソーにパーカーという軽い装いが男らしく決まっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

黒パーカーをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

 

私が黒のパーカーを着る際の合わせ方は、基本はブルーのジーパンにスニーカーです。インナーはTシャツです。スニーカーはアディダスのカントリーで、青のラインが入っているモノです。着こなす上での注意点は重くならない事と、派手な色のモノとは合わせません。特にパーカーの魅力である身軽、軽快さを損ねるようなモノは身につけないように心掛けています。 【男性 30代】

定番アイテムの黒のパーカーは結構着回しに苦労します。普通に濃い目のブルーやブラックのデニムと合わせると、どうしても安っぽくなってしまいます。色々試して気づいたのが、ボトムスとの組み合わせよりもパーカーのインナーに何を着るかのほうが重要でした。黒のパーカーのインナーに白のワイシャツを着るだけで、急に清潔感が出てきます。下はカーキかベージュのカーゴパンツが合います。【男性 30代】

大体黒いパーカーを羽織るときは地元のスーパーとかレンタルビデオ屋さんに行くときなどです。遠出したりお洒落なところには着ていけません。着こなしはチノパンに灰色など濃い目のカラーの薄手のスウェット、パーカーといった感じです。たまにマフラー黒も巻いたり黒ニットを被るときもあります。足元はスニーカーが多いです。あまりゴアゴアして着太りしないようにしています。【男性 20代】

黒パーカーはとてももともと落ち着いた服なので、着こなしについては、全体的に地に足をつけた落ち着いた着こなし、黒パーカーを基盤にしてほかの場所を明るい色でアクセントにする着こなし、どちらも可能です。全体的に落ち着いた色にする場合はすべて黒やグレーだと暗くなりすぎるのでアースカラーを入れる、など。 ほかの場所を明るい色にする場合はアクセントにする場所は帽子や靴などなるべく小さく、かつアクセント同士を離すことがやりやすい方法です【男性 30代】

私は黒いパーカーを着るときは全体的にブラックな感じで着こなしています。まずだいたい黒いニット帽をかぶります。パーカーの下は暗い色のシャツですね。ズボンは黒系のジーパンやチノパンです。パーカーの背中に柄が入っている時はそれに合ったズボンをはきます。そして靴はブラック系のブーツです。ブーツをはくことで全体的にしまった感じになります。

 

好感のもてる男性の黒パーカーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ボトムスはやさしい色のチノパンやジーンズ、インナーはボーダーのカットソー、そこに黒パーカーをはおるスタイルが好きです。ザ・草食系って感じだけど、親しみやすい印象が持てるところがいいと思います!かわいい感じにもさわやかな感じにも本人の雰囲気次第でどちらにもなれると思うのでコーディネートのパターンのひとつには入れてほしいです。【女性 20代】

黒いパーカーは無難にかっこいいイメージがありますが、無難だからこそこだわって着て欲しいです。どんな色とも合わせられるので、センスの見せ所だと思います。前を開けて着る場合はインナー選びが重要だと思います。色や柄で遊んで重ね着しても良いですし、ボトムとのバランスをとるための色を着たり、可能性は無限です。前を閉じてボトムで遊ぶのも面白いですね。チェックやボーダー等の柄物、ポケットのあるカーゴパンツ等、ボトムに目がいくものを合わせるのが良いのではないでしょうか。黒ならば全身をシンプルにするのもありだと思いますが、その場合ベルトや靴等でどこかにポイントが欲しいです。ぱっと目がいくかっこよさが欲しいですね。【女性 30代】

黒って無難なので何にでも合ってしまうので、そこでどう着こなすかが腕の見せ所ですね。そう考えると一番難しい色だと思います(笑) 黒地に柄のパーカー、スタッズのついたものなどを選ぶのも手ですが、やはり”派手さ”で勝負するよりも他の服との組み合わせで魅せてほしいです。たとえば、細いベルトと細身のパンツを合わせる、とか。私は大好きです!  【女性 20代】

 

パーカーの着こなし方一覧に戻る

 

パーカー(黒)の着こなし画像集【迷ったときのコーディネートの参考に!】

このエントリーをはてなブックマークに追加


パーカー(黒)の着こなし方関連ページ一覧

ジップパーカーの着こなし方
ジップパーカーを前締めに着ると上半身をスッキリと見せる事ができます。カーゴパンツを合わせると絶妙な仕上がりに。気軽なのにオシャレを感じさせるコーデです。パーカーを前開けにする場合、インナーは白がおすすめです。
ダブルジップパーカーの着こなし方
ダブルジップパーカーは、いつものスタイルをよりカジュアルに仕上げてくれます。カットソー、カーゴパンツといったシンプルアイテムと合わせても良いですし、ベルトのバックルをのぞかせてオシャレに決めても良いです。
ボリュームネックパーカーの着こなし方
ボリュームネックパーカーは首元に厚みがあるので、暗めの色や細身のボトムスといったアイテムを合わせると全体をバランスよくまとめる事ができます。デニムカーゴパンツをチョイスすればカジュアルに仕上がります。
マウンテンパーカーの着こなし方
マウンテンパーカーはラフになりすぎないように注意です。カットソーとデニムといったシンプルなアイテムでも、足元に行くにしたがって濃い色合いにしたり、シューズにしっかりした質感の物を合わせたりすると良いです。
ボタン付きパーカーの着こなし方
ボタンパーカーは、カジュアルはもちろんキレイめアイテムとも相性が良いです。ジップパーカーよりもカジュアル度が抑えられていますので、ボタンダウンシャツと黒のボトムスと合わせると程良くラフさが加わります。
ダブルフードパーカーの着こなし方
ダブルフードデザインのパーカーは、カットソーとボトムスという単純なコーディネートでもオシャレな雰囲気に仕上がります。合わせるボトムスも悩みません。さらに、インナーをシャツにすれば爽やかさと知的さもUPです。
ナイロンパーカーの着こなし方
白のカットソー、黒のダメージ加工デニム、茶色のレースアップブーツのコーデは、ナイロン素材のジャケットを、男らしさを感じさせるスタイルに仕上げます。ナイロン素材のパーカーと合わせても甘くなりすぎません。
ノースリーブパーカーの着こなし方
カジュアルやポップスタイルの印象が強いノースリーブパーカーは、黒×白でまとめると大人っぽく仕上げることができます。白カットソー、サルエルパンツ、黒のシューズでアウトドアにも出かけられる大人スタイルの完成です。
パーカー(グレー) の着こなし方
グレーのパーカー、白のカットソー、ブラウンのカーゴパンツ、黒のトレッキングスニーカーという具合に、アウターをグレーにする場合は足元にいくにつれ濃い色になるように配色すると全体がバランス良くまとまります。
パーカー(ネイビー)の着こなし方
落ち着きを感じさせるネイビーのパーカーは、大人っぽさを残しつつラフ感を出したいという時にもピッタリなアイテムです。白シャツ、黒のボトムス、スウェードバブーシュシューズでラフ感のあるキレイめコーデの完成です。
パーカー(ピンク)の着こなし方
着るまでに少し勇気がいるピンク色のアイテム。着こなすポイントは「シンプルに」です。ピンク色のパーカーの場合は、ホワイトカットソーやブラックカーゴパンツ、ブラウンのシューズなどと合わせるとサラリと着こなせます。
パーカー(イエロー)の着こなし方
マスタードカラーなどのイエロー系は、デニムパンツとの相性が抜群に良いです。イエロー系のパーカーなら迷わずデニムパンツをチョイス、インナーはホワイトで決まりです。足元に大人っぽさプラスするアイテムを選び完成です。
パーカー(オレンジ)の着こなし方
オレンジのパーカーは、ハードな質感のアイテムと合わせると子供っぽくならずに済みます。また、どんな色とでも馴染みやすい白やデニムカラーでシンプルにまとめると失敗が少ないです。足元は黒色のシューズでまとめます。
パーカー(ブルー)の着こなし方
ブルーのパーカーのコーディネートでは、白色のアイテムをバランス良く取り入れると爽やかさと清潔感のあるコーデに仕上がります。ストレートデニム、キャンバススニーカーでシンプルかつ爽やかスタイルの完成です。
パーカー(ボーダー柄)の着こなし方
子供っぽくなってしまいがちなボーダー柄パーカーは、インナーにVネックを合わせると大人度がUPします。白のカットソー、ベージュ系のワークパンツ、白のデッキシューズで大人の爽やかカジュアルスタイルの完成です。
パーカー(ジャガード柄)の着こなし方
ジャガードパーカーはホワイトのUネックカットソー、デニムカーゴパンツを合わせると爽やかさを感じさせる仕上がりになります。足元をスウェードバブーシュシューズでまとめれば大人カジュアルスタイルの完成です。
パーカー(チェック柄)の着こなし方
チェック柄のパーカーは男らしさを感じさせるアイテムで合わせるとカッコよく着こなすことができます。ダメージ加工ジーンズ、ハイカットスニーカーでクールコーデの完成です。色をシンプルにまとめると大人度UPです。
パーカー+シャツの着こなし方
程良い抜け感が楽しめる、パーカーとシャツのコーディネート。上品さと優しさを併せ持つグレーのパーカーには、青や白と言った爽やか系のシャツが好相性です。綺麗だけど気取らない、柔らかオフスタイルを演出します。
パーカー+カットソーの着こなし方
カジュアルスタイルの定番、パーカーとカットソーのコーデ。大人っぽく着こなすなら、アイテム選びが重要です。個性的なデザインのパーカーにシンプルなカットソーを合わせる事で、アウターの魅力を引き立てます。
パーカー+デニムパンツの着こなし方
パーカーとデニムパンツの組み合わせは、シンプルなカジュアルコーデの定番です。タイトなシルエットのパーカーに、男らしいヴィンテージデニムを合わせれば、タフなだけでない落ち着きのあるメンズカジュアルが完成します。
パーカー+カラーパンツの着こなし方
パーカーを使ったカジュアルファッションを楽しむなら、カラーパンツとのコーディネートは欠かせません。パーカーの色味に合わせてボトムをチョイスするだけで、幅広いオフカジュアルが楽しめます。
パーカー+カーゴパンツの着こなし方
キレイ目なシルエットだけど、少しタフなデザインのパーカーに合わせるなら、ボトムスも男らしいカーゴパンツがおススメです。パーカーならではの柔らかさと、ミリタリーテイストがマッチした絶妙なコーディネートです。
パーカー+チノパンの着こなし方
少し個性のあるパーカーを買ってみたけど、合わせるボトムスがない。そんな時におススメなのが、万能ボトムのチノパンです。パーカーの個性を上品に引き出す、大人カジュアルに必須のコーディネートです。
20代女性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代女性が選ぶパーカーのコーディネート一覧
30代女性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代女性が選ぶパーカーのコーディネート一覧
40代女性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代女性が選ぶパーカーのコーディネート一覧
20代男性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで20代男性が選ぶパーカーのコーディネート一覧
30代男性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで30代男性が選ぶパーカーのコーディネート一覧
40代男性が好むパーカーの着こなし方
人気のメンズ通販サイトで40代男性が選ぶパーカーのコーディネート一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP