ダブルジップパーカーとは

ダブルジップパーカーとは

ダブルジップパーカー

ダブルジップパーカーとは

 

通常のジッパーは、上から下へスライドさせて開けます。しかし、上からでも下から
でも開けられるようなジッパーをダブルジップと呼び、そのジッパーを使用したパーカー
をダブルジップパーカーと呼びます。ダブルジップは逆開ファスナー、ダブルファスナー
と呼ぶこともあります。

 

ダブルジップパーカーの着こなしはこちら

 

ダブルジップの仕組み

 

ジッパーは開閉するときに上下にスライドさせるためのスライダー、エレメント、テープ
の3つで構造されています。エレメントは左右で歯車のように噛み合うようになっていて、
スライダーを動かすことで噛み合ったり離れたりします。そのスライダーを2つ付けること
で、両端どこからでも開け閉めできるようになっています。

 

ダブルジップパーカーの着こなし

 

ジップパーカーは下を少し閉めて上部分を開けるのが定番の着こなしです。
カットソー、シャツ、パーカーといったレイヤードスタイルは、上部分を開ける着こなし
で襟元を強調できます。中にロゴの入ったTシャツやトレーナーを切るなら全開が
いいですね。

 

ダブルジップパーカーならではの着こなしなら、上部分を閉じて下部分を開けるか、
真ん中だけ閉めて上下を開けるスタイルがあります。下部分を開ければTシャツや
シャツの裾をチラ見せすることができます。柄物と無地、もしくはグラデーションなど
違う色使いの重ね着を上と下から見せることで、レイヤードスタイルが生えます。

 

また、通常の丈よりも長いロングパーカーならジッパーを閉めてしまうと足さばきが
悪くなってしまいますが、ダブルジップなら下を開けることができてとても便利です。

 

ダブルジップパーカーが上手に閉められない

 

ダブルジップが上手に上げられないと言う意見も良く聞かれます。多くの場合、
全開した後に閉めようとすると現象が起きるようです。もし一度全開した後に
閉められなくなったら、スライダーに差し込みがしっかりと差さっているかチェックします。
上下のスライダーを合わせて根元までしっかりとテープの差し込みを入れないと、
スライダーは上手く動きません。単に滑りが悪い場合は、ロウを塗ることで解消
できます。

 

 

着こなしガイド TOPページへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


ダブルジップパーカーとは関連ページ一覧

パーカーとは
男女、年齢問わずどんな人でも1着ぐらいは持っているほど、カジュアルファッションアイテムとしては定番になっているのがパーカーです。ここではパーカーについて、色々と解説しています。
マウンテンパーカーとは
マウンテンパーカーはアウトドアファッションに欠かせないアイテムのひとつですが、タウン用としても十分に活用できます。ここではそんなマウンテンパーカーについて、解説しています。
プルオーバーパーカーとは
1着、2着とパーカーは持っている人は多くても、プルオーバータイプとなると着こなしに取り入れる人は減るのではないでしょうか。ここではプルオーバーパーカーについて、色々と説明しています。
ボタンパーカーとは
パーカーコーディネートをワンランクアップさせたいなら、ボタンパーカーも便利ですね。1着だけでも存在感がありデザインは多種多様ですが、そんなボタンパーカーについて、色々と説明しています。
ジップパーカーとは
もっともオーソドックスなパーカーといえばジップタイプで、このタイプのパーカーを持っていると言う人も多いのではないでしょうか。ここでは、そんな定番のジップパーカーについて説明しています。
ボリュームネックパーカーとは
最近メンズのアウターに良く見られるのが、ボリュームネックです。中でもフードが付いたパーカータイプに人気が集中しますね。ここでは、そんなボリュームネックパーカーについて説明しています。
ダブルフードパーカーとは
周囲とは違うパーカーのコーディネートをしたいときに便利なのが、ダブルフードパーカーです。一見に普通に見えても個性を主張できる、そんなダブルフードパーカーについて解説しています。
ノースリーブパーカーとは
パーカーは長袖のイメージが強いですが、半袖や七分丈など、袖丈は色々とあります。なかでも着こなしが難しそうなのが、ノースリーブパーカーです。そんなノースリーブパーカーについて説明しています。
スウェットパーカーとは
部屋着やスポーツウェアだけではなく、幅広いカジュアルファッションの着こなしに活用できるのがスウェットパーカーです。ここではそんなスウェットパーカーについて、色々と説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP