マフラー ワインレッド メンズ

マフラー(ワインレッド)を使った着こなし

マフラー(ワインレッド)の着こなし

マフラー(ワインレッド)・ピーコート(黒)・シャツ(白)・デニム(黒)・ブーツ(黒)

 

ワインレッドのマフラーと黒のピーコートを合わせた着こなし画像

 

ワインレッドのマフラーで大人っぽい印象に仕上がっているのがこちらのコーディネートです。ワインレッドは、男性らしさを感じさせる魅力的なカラーですが、キレイ目にまとめすぎるととっつきにくい印象になってしまいますので、カジュアル系のアイテムをうまく合わせるとGOODです。

 

インナーは白シャツで清潔感を。アウターには流行のPコートを、パンツにダメージ加工のデニムパンツ、シューズはマウンテンブーツで仕上げています。

 

 

マフラー(ワイン)・Pコート(黒)・シャツ(白)・カラーパンツ(ベージュ)・ブーツ(黒)

 

ワインのマフラーに黒のPコートを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのボタンダウンシャツとPコートは両方キレイめアイテムで相性バッチリです。Pコートはどうしても重めの印象になるので、ダークトーンを避けて大人の色気が漂うワインのマフラーをチョイスしています。

 

ボトムスはベージュのカラーパンツというシンプルなアイテムにすることにより、ワインのマフラーが更に引き立っています。レースアップブーツはブラックで全体のコーディネートを引き締めています。

 

 

マフラー(ワイン)・ジャケット(黒)・カットソー(白)・デニム(青)・シューズ(黒)

 

ワインのマフラーに黒のジャケットを合わせた着こなし画像

 

ホワイトカットソーの上にブラックのテーラードジャケットを羽織っています。トップスがホワイト、アウターがブラックという組み合わせは、どんなボトムスの色でも割とマッチするので便利です。

 

この着こなしは、細身のデニムをチョイス、全体的にタイトなラインのキレイめコーディネートになっています。首元に巻いたワインチェックのマフラーが華やかで、良いアクセントとなります。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ワインレッドのマフラーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

ワインレッドのマフラーを合わせる時は白いシャツに黒、もしくはダークカラーのカーディガン、下半身は適度に色落ちしたジーンズで足元は黒のローファーがキレイ目で良いんじゃないかと思います。私が気を付けているのは靴とベルトを同じ色に揃える事。黒い足元に薄茶のベルトなどの合わせ方はやめた方がいいので、靴だけでなくベルトも何色か持ったほうがいいでしょう【男性 30代】

まず、服の全体のイメージをシンプルな色、暗い系統の色にします。モノトーンの服のアクセントとして、ワインレッドのマフラーを持ってくると言う感じです。具体的には、グレーのセーターに黒のパンツ、ジャケットはウール地の黒、もしくは濃い目のグレーのものを着用します。もしくは、白のセーターにグレーのパンツ、ジャケットは黒の組み合わせです。そして、ジャケットはラフに崩し、羽織るような感じで、マフラーを目立たせるようにします。【男性 40代】

私がワインレッドのマフラーに合わせて服装を着るとしたら、胸元にジッパーの着いたかっこよくシンプルな黒のスポーツタイプを着て、パンツはインディゴブルーの伸縮するタイプを裾は合わせず足元がシワシワになるようにはき、靴はスポーツ系かティンバーランドのかかとが擦れない船底型で、グレーと黒の2色を使ったタイプをはき、コートは薄い茶系と橙色の2種類の色を使ったコートを着てあわせたいと思います。【男性 40代】

スーツで合わせるのが一番無難かなと思います。マフラーの種類は問わずにグレー系なら淡い色目から深みのあるものまで、チャコール系、ブラックのスーツにも対応できます。シャツはホワイトで織り感のあるもの、タイはスーツの色目に合わせてもいいし、マフラーとトーンになっているものもOK。靴は深い赤茶系なんかがいいかなと思います。無難すぎましたでしょうか?【男性 30代】

種類はウール100%で上質なものを選びます。トップスはネイビーのジャケットにブラックのギンガムチェックシャツとモスグリーンのVネックセーターを合わせ、ボトムスはマスタードカラーのパンツを。靴は冬素材でウォーム感のあるスニーカーを合わせます。ワインレッドはきれいめなスタイルに合う色だと思うので、カジュアルになり過ぎないように気をつけます。【男性 30代】

 

好感のもてるワインレッドのマフラーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ワインレッドのマフラーは、ネイビーのアウターと合わせた着こなしに好感が持てます。テーラードジャケットやピーコート、ダッフルコートもいいと思います。ワインレッドは素材感が出やすいので、できれば上質なカシミヤマフラーで、あまりラフにひっかけたりせず、きちんと襟元でまとまるように巻いているスタイルが好きです。【女性 30代】

世代的に少し難しいカラー・・・でもライトグレーのジャケットに、同系色のタートルネック、その上に軽く締め色として合わせると大人な雰囲気!ボトムはワインレッドの大人度を保つため、ジーンズでもきちんと感を保ったスタイルで。パッと華やかなワインレッドが映えて、こなれたかんじがキュンとくるかも!【女性 30代】

ワインレッドのマフラーは、これ一つで目を引くアイテムですのでシンプルなコーディネートにあわせられると好感がもてますね。ボトムは茶系のチノパン、トップスにはジャケットを着用されてはいかかでしょうか?靴はシンプルな黒系統のものがいいですね。さりげなく靴下などのアイテムがワインレッドだと、オシャレだなという印象を持ちます。【女性 20代】

 

マフラーの着こなし 一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マフラー(ワインレッド)を使った着こなし関連ページ一覧

マフラー(黒)を使った着こなし
ホワイトシャツ、グレーのカラーパンツ、シューズというシンプルなコーディネートにマフラーをプラスするだけでキレイ目なオシャレコーデに仕上がります。どのような色とでも合わせやすい黒のマフラーなら失敗も少ないです。
マフラー(グレー)を使った着こなし
コートやマフラー、重苦しく見える冬のファッションも、マフラーをグレーに変えるだけで印象が違いいます。アウターに黒のコートを合わせる場合、首元にグレーをチョイスすれば、重々しい雰囲気にならずに済みます。
マフラー(白)を使った着こなし
合わせにくいと思われがちな白のマフラーですが、インナーやトップスと馴染むように巻くと爽やかで上品な印象に仕上がります。インナーに白系のカットソーをチョイスし、マフラーの両端を垂らして巻くようにすればOKです。
マフラー(ボーダー)を使った着こなし
ボーダーのマフラーは白のインナー、アウターにマフラーと同系色のアイテムを持ってくるとうまくまとまります。ちょっと堅苦しいと感じてしまう時には、ボトムスにジーンズなど、カジュアル感をプラスするとGOODです。
マフラー(チェック)を使った着こなし
オシャレ感を演出してくれるチェック柄のマフラーは、ホワイトシャツ、グレーのボトムスと合わせるとキレイめで軽やかにまとめることができます。足元に黒のシューズをあわせればキレイ目オシャレコーデの完成です。
マフラー(柄)を使った着こなし
柄物のマフラーはシンプルなアイテムと合わせると派手にならずに済みます。カットソーやテーラードジャケットのように白のインナー・黒のアウターとの相性も抜群です。マフラーが黒系ならボトムスにブラウンを合わせます。
マフラー+コートの着こなし
コートにマフラーを合わせると重たい雰囲気になりがちです。この場合、重たく見えない合わせ方を抑えておくと良いです。例えば、コートとマフラーは同じ色にしないなどです。また、コートを前開けに着るのも一つの方法です。
マフラー+ロングコートの着こなし
マフラーとロングコートは、違う色や柄でコーディネートすると重苦しい見た目にならずに済みます。また、インナーに白色のシャツを合わせて、コートを前開けにするのも良い方法です。白色が重苦しさを除いてくれます。
マフラー+ジャケットの着こなし
白の長袖カットソー、黒のテーラードジャケット、ボトムスにカラーパンツ、さらにトラッドなチェック柄マフラー合わせれば暖かで上品な、冬のキレイめコーディネートの完成です。ジャケットは前開けで着ると爽やかです。
マフラー+カーディガンの着こなし
マフラーとニットカーディガンの組み合わせは細身のボトムスと合わせるとスッキリとした印象にまとまります。また、襟が高めになっているカーディガンならスッキリ見せの効果抜群です。靴は黒で落ち着いた雰囲気にします。
マフラー+シャツの着こなし
マフラー(ストール)は、シャツとデニムパンツのシンプルな組み合わせにプラスするだけで、いつもと違ったオシャレを楽しめるアイテムです。グレーならどのような色とでも合うので、手持ちのアウターを足してもOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP