白マフラー コーデ

マフラー(白)を使った着こなし

マフラー(白)の着こなし

マフラー(白)・ジャケット(黒)・カットソー(白)・カーゴパンツ(茶)・ブーツ(茶)

 

白マフラーと黒のテーラードジャケットを合わせた着こなし画像

 

白色のマフラーはアウターの上に巻くと、白色がやけに強調されて浮いているように見えてしまう為、使い難い色と思われがちです。

 

しかし、こちらのコーディネートのように、マフラーをキッチリと巻くのではなく、両端を少し垂らすように巻き、さらにインナーをマフラーと同じ白系で合わせると全体と馴染み、爽やかで上品な仕上がりになります。こちらではVネックカットソー、カーゴパンツ、テーラードジャケット、ブーツを合わせています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

白マフラーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

白いマフラーはどんな服装にも合うので良く使っています。黒いトップスと合わせてモノトーンも良いのです。ただ私が今シーズン気に入っているのは、トップからボトム、そしてシューズに至るまで白で統一するというものです。清潔感が前面に押し出せて、まるで冬のソナタのぺ・ヨンジュンのようですごく柔らかい雰囲気を出すことができます。【男性 30代】

白いマフラーを着こなす時のポイントとして同系色で合わすか、マフラーの白を差し色にするか。このどちらかだと思います。同系色で合わすならホワイトシャツに薄グレーのジャケットやカーディガン、パンツは細身のベージュのチノパンでゴツくない茶系のブーツ、もしくはスニーカーでハズす。差し色にするならトップスはノンウォッシュのGジャンやブラックデニムのカバーオールにレザーパンツ、足元はゴツめのエンジニアブーツなんか良いのではないでしょうか。【男性 30代】

私が白のマフラーに合わせて服装を着るとしたら、サンタでもわかるように白は赤系の服に合うと思いますので、ジェームスディーンの着ているような赤茶系のジャンバーを着ます、中は白系のネック無しのロングセーターを着て、パンツはインディゴブルーのジーンズを履き、靴はティンバーランドの薄い茶系と橙色を使った物を履きます。【男性 40代】

白いマフラーはカジュアルなスタイルに生地が薄めでストールっぽくふわっと巻きつけるような感じがいいと思います。カラーコーディネイトも淡いグレーのモノトーンのアクセントとして白いマフラーを首周りに差し込む感じに使います。シューズやパンツはマフラーにあわすというよりもグレーのモノトーンに合わせて濃いグレーのものを選びます。ぼやけそうなグレーのコーディネイトを引き立たせるように白いマフラーを付け加えます。【男性 40代】

白のマフラーは少し目立ちそうな気がするので、なるべくそれに近いようなグレーのコートで合わせたいと思います。コートの内側はシャツやカットソーですが、それは少ししか見えないので差し色として赤等の目立つ色でもいいと思います。パンツは特に色を気にする必要が無いとは思いますが、あまり汚くない感じのほうが良いのでデニムではないほうが良いです。

 

好感のもてる白マフラーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

白のマフラーはかわいい印象になってしまうので、ダークな色と合わせると良いと思います。黒のセーターやグレーのコートに合わせると、色のコントラストで印象的なコーディネートになります。男っぽい感じがして良いですね。ハードなイメージの黒のレザージャケットも、白のマフラーを合わせると、柔らかい印象になって良いかも。もっさりしないように、全体のシルエットはすっきりめにさせると、カッコいいと思います。【女性 20代】

白のマフラーを身に着ける時は、トップスはすっきりとしたジャケットで、色は黒かネイビーブルーがいいかな。中にはダークグレーのカーディガンを合わせてね。ボトムスは、ストーンウォッシュのデニムで、敢えて固くなり過ぎない感じで。そこに靴はサイド・ゴアブーツとかを合わせてくれると、全体的に大人の男性って感じがして良いと思うよ。【女性 30代】

白いマフラーはやっぱり黒やグレー、紺色、茶色など、濃いめのメンズ的カラーと合わせてほしいです。服全体のテイストはジャケットとチノパンとか、ちょっとかっちりしたテイストと合わせる方が絶対カッコイイと思います!キャスケットをかぶったり、革の斜めがけバッグと合わせても素敵です。シンプルに黒い丸襟のセーターとジーパン、靴はコンバースというような格好に合わせても良いと思います【女性 20代】

 

マフラーの着こなし 一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マフラー(白)を使った着こなし関連ページ一覧

マフラー(黒)を使った着こなし
ホワイトシャツ、グレーのカラーパンツ、シューズというシンプルなコーディネートにマフラーをプラスするだけでキレイ目なオシャレコーデに仕上がります。どのような色とでも合わせやすい黒のマフラーなら失敗も少ないです。
マフラー(グレー)を使った着こなし
コートやマフラー、重苦しく見える冬のファッションも、マフラーをグレーに変えるだけで印象が違いいます。アウターに黒のコートを合わせる場合、首元にグレーをチョイスすれば、重々しい雰囲気にならずに済みます。
マフラー(ワインレッド)を使った着こなし
大人の男の魅力を演出してくれるワインレッドのマフラーは、ダメージ加工のジーンズやマウンテンブーツなどのカジュアル系アイテムとコーディネートすると堅苦しくならずに済みます。白シャツ、流行のPコートで完成です。
マフラー(ボーダー)を使った着こなし
ボーダーのマフラーは白のインナー、アウターにマフラーと同系色のアイテムを持ってくるとうまくまとまります。ちょっと堅苦しいと感じてしまう時には、ボトムスにジーンズなど、カジュアル感をプラスするとGOODです。
マフラー(チェック)を使った着こなし
オシャレ感を演出してくれるチェック柄のマフラーは、ホワイトシャツ、グレーのボトムスと合わせるとキレイめで軽やかにまとめることができます。足元に黒のシューズをあわせればキレイ目オシャレコーデの完成です。
マフラー(柄)を使った着こなし
柄物のマフラーはシンプルなアイテムと合わせると派手にならずに済みます。カットソーやテーラードジャケットのように白のインナー・黒のアウターとの相性も抜群です。マフラーが黒系ならボトムスにブラウンを合わせます。
マフラー+コートの着こなし
コートにマフラーを合わせると重たい雰囲気になりがちです。この場合、重たく見えない合わせ方を抑えておくと良いです。例えば、コートとマフラーは同じ色にしないなどです。また、コートを前開けに着るのも一つの方法です。
マフラー+ロングコートの着こなし
マフラーとロングコートは、違う色や柄でコーディネートすると重苦しい見た目にならずに済みます。また、インナーに白色のシャツを合わせて、コートを前開けにするのも良い方法です。白色が重苦しさを除いてくれます。
マフラー+ジャケットの着こなし
白の長袖カットソー、黒のテーラードジャケット、ボトムスにカラーパンツ、さらにトラッドなチェック柄マフラー合わせれば暖かで上品な、冬のキレイめコーディネートの完成です。ジャケットは前開けで着ると爽やかです。
マフラー+カーディガンの着こなし
マフラーとニットカーディガンの組み合わせは細身のボトムスと合わせるとスッキリとした印象にまとまります。また、襟が高めになっているカーディガンならスッキリ見せの効果抜群です。靴は黒で落ち着いた雰囲気にします。
マフラー+シャツの着こなし
マフラー(ストール)は、シャツとデニムパンツのシンプルな組み合わせにプラスするだけで、いつもと違ったオシャレを楽しめるアイテムです。グレーならどのような色とでも合うので、手持ちのアウターを足してもOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP