マフラー シャツ

マフラー+シャツの着こなし

マフラーとシャツを合わせたの着こなし

マフラー(チェック)・シャツ(白)・デニムパンツ・ブーツ(黒茶)

 

チェック柄のマフラーと白シャツを合わせた着こなし画像

 

ボタンダウンシャツ、デニムパンツのシンプルな組み合わせにマフラー(ストール) をプラス。いつものキレイめカジュアルがオシャレに決まるコーディネートです。マフラー(ストール)のグレーが落ち着いた印象を演出してくれますので、アクセサリー代わりに軽く巻いても派手にならずに済みます。

 

またグレーはどのような色とでも合わせやすいのでアウターをプラスしてもOKです。赤などの明るい色の場合は、ボトムスをブラウン系に代えると良いです。

 

 

マフラー(黒)・シャツ(白)・カラーパンツ(チャコール)・シューズ(黒)

 

黒のマフラーに白のシャツを合わせた着こなし画像

 

柄もののマフラーはシンプルな服装に合わせると、良いアクセントになりまた全体的に派手なイメージになり過ぎません。ホワイトのボタンダウンシャツにブラックのチェック模様のマフラーを合わせています。

 

ボトムスはチャコールのカラーパンツ。一見シンプルですが良く見るとチェック柄で凝ったオシャレな作りになっています。靴はブラックのバブーシュシューズでモノトーンでまとめ、全体を引き締めています。

 

 

マフラー(オフホワイト)・シャツ(白)・カーゴパンツ(カーキ)・スニーカー(茶)

 

オフホワイトのマフラーに白のシャツを合わせた着こなし画像

 

シンプルなホワイトのボタンダウンシャツに柄もののマフラーを合わせるだけで一気に華やかな印象になります。マフラーのカラーはオフホワイトですがグレンチェック柄で色々な色がミックスしておりシャツと全く色がかぶりません。

 

ボトムスはカーキのカーゴパンツでカジュアル感を更にプラス。レザーベルトをすることで、全体が更に締まった印象になります。トレッキングスニーカーはブラウンで足元は軽やかなイメージになっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

マフラーとシャツをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

白系のシャツに細めの黒のスラックス、靴には赤系のレッドシューズなどのブーツを持ってきます。マフラーは赤系が入った、明るすぎずにやゆあダークトーンの基本にします。まき方は半分に折ってわっかを通すタイプのまき方がおしゃれ見えるのではないでしょうか?シャツのインナーは、寒くならないようにヒートテックでいいと思います。【男性 20代】

私なら、できるだけ体にフィットしたぴったりめのTシャツをきてそのうえに白のシャツをはおり、その上からマフラーをかけます。そして、一番のポイントはどこかのダンディーおじさま芸能人のようにマフラーをねじねじしてシャツにインすることですかね。さらにボトムスまでいわせていただくならジーンズで革靴。ダンディー系のファッションをめざします。【男性 20代】

マフラーとシャツを着こなす場合は、両者の色でそれぞれ変えています。例えばシャツが白だけなど1色の時にはマフラーはグラデーションなど2つ以上の色が入ったものを選んでいます。最近のマフラーはただ単に防寒用としてだけでなくオシャレに見えるように作られているので巻き方も意識しています。特に冬場はコートなども暗めな色身になってしまうので、そういった時は赤やグレーなどのグラデが入ったマフラーを選んで、コーディネートが重ためにならないようにしています。【男性 30代】

シャツにマフラーを合わせる場合はシャツの質感で異なります。ジーンズ素材のウェスタンシャツにはウールのブラックウォッチのマフラーを合わせます。パンツはシャツより濃い色目のジーンズかカーキのチノパンにオイルレザーのベルトを合わせ、靴はデザートブーツ。上に淡いブルーのきれいなシャツを着たときはシルバーグレーかベージュグレーのシフォンのマフラーをあわせます。 【男性 40代】

襟のついたシャツの上にマフラーを合わせる場合は、大きめのものをゆったりと巻くようにしています。清潔感をキープするために、シャツは白系、ボトムスは濃色のデニム、靴も濃いグリーンやベージュのものを選びます。ベースをシックにまとめた分、マフラーの色や柄で遊び心を持たせたいですね。赤や紫系などのものや、大きな柄もので、マフラーを主役にしたコーディネートを心がけます。

 

好感のもてるマフラーとシャツの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

マフラーとシャツのコーディネートをされるときは、マフラーが目立つものの場合はシャツはシンプルなものを、シャツが目立つようなときはマフラーをシンプルなものにされるとバランスよくコーディネート出来好感がもてます。ボトムはどんなものでも合いそうですね 。靴はシンプルなスニーカーか革靴がオシャレだと思います。【女性 20代】

シャツとマフラーはまずは派手もでもなく地味でもいけない。まずはカラーで決めたいと思う。白シャツなら黒だと思いますが、これではお葬式に行くような格好に見えますが、白シャツなら落ち着いた茶色のマフラーがお勧めです。また、派手な柄ものだと遊びに行く感じになりますがビジネスになると派手な柄だと相手に失礼なのでなるべく落ち着いたマフラーがおすすめです。【女性 30代】

私が見ていいなあと思うシャツとマフラーの着こなしはカラフルなシャツにおとなしめのマフラーを合わせてシャツを殺さない様なコーディネートが好きです。かっこいいというか大人な印象が持てていいなあと思いますね。なんか頼り甲斐のある男って感じでいいと思います。逆に大柄なチェックで無邪気な感じもありかなと思いますね。【女性 30代】

 

マフラーの着こなし 一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マフラー+シャツの着こなし関連ページ一覧

マフラー(黒)を使った着こなし
ホワイトシャツ、グレーのカラーパンツ、シューズというシンプルなコーディネートにマフラーをプラスするだけでキレイ目なオシャレコーデに仕上がります。どのような色とでも合わせやすい黒のマフラーなら失敗も少ないです。
マフラー(グレー)を使った着こなし
コートやマフラー、重苦しく見える冬のファッションも、マフラーをグレーに変えるだけで印象が違いいます。アウターに黒のコートを合わせる場合、首元にグレーをチョイスすれば、重々しい雰囲気にならずに済みます。
マフラー(白)を使った着こなし
合わせにくいと思われがちな白のマフラーですが、インナーやトップスと馴染むように巻くと爽やかで上品な印象に仕上がります。インナーに白系のカットソーをチョイスし、マフラーの両端を垂らして巻くようにすればOKです。
マフラー(ワインレッド)を使った着こなし
大人の男の魅力を演出してくれるワインレッドのマフラーは、ダメージ加工のジーンズやマウンテンブーツなどのカジュアル系アイテムとコーディネートすると堅苦しくならずに済みます。白シャツ、流行のPコートで完成です。
マフラー(ボーダー)を使った着こなし
ボーダーのマフラーは白のインナー、アウターにマフラーと同系色のアイテムを持ってくるとうまくまとまります。ちょっと堅苦しいと感じてしまう時には、ボトムスにジーンズなど、カジュアル感をプラスするとGOODです。
マフラー(チェック)を使った着こなし
オシャレ感を演出してくれるチェック柄のマフラーは、ホワイトシャツ、グレーのボトムスと合わせるとキレイめで軽やかにまとめることができます。足元に黒のシューズをあわせればキレイ目オシャレコーデの完成です。
マフラー(柄)を使った着こなし
柄物のマフラーはシンプルなアイテムと合わせると派手にならずに済みます。カットソーやテーラードジャケットのように白のインナー・黒のアウターとの相性も抜群です。マフラーが黒系ならボトムスにブラウンを合わせます。
マフラー+コートの着こなし
コートにマフラーを合わせると重たい雰囲気になりがちです。この場合、重たく見えない合わせ方を抑えておくと良いです。例えば、コートとマフラーは同じ色にしないなどです。また、コートを前開けに着るのも一つの方法です。
マフラー+ロングコートの着こなし
マフラーとロングコートは、違う色や柄でコーディネートすると重苦しい見た目にならずに済みます。また、インナーに白色のシャツを合わせて、コートを前開けにするのも良い方法です。白色が重苦しさを除いてくれます。
マフラー+ジャケットの着こなし
白の長袖カットソー、黒のテーラードジャケット、ボトムスにカラーパンツ、さらにトラッドなチェック柄マフラー合わせれば暖かで上品な、冬のキレイめコーディネートの完成です。ジャケットは前開けで着ると爽やかです。
マフラー+カーディガンの着こなし
マフラーとニットカーディガンの組み合わせは細身のボトムスと合わせるとスッキリとした印象にまとまります。また、襟が高めになっているカーディガンならスッキリ見せの効果抜群です。靴は黒で落ち着いた雰囲気にします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP