ロングコート マフラー

マフラー+ロングコートの着こなし

マフラーとロングコートを合わせたの着こなし

マフラー(ボーダー)・ロングコート(ベージュ)・シャツ(白)・デニム(紺)・靴(黒)

 

マルチボーダーのマフラーとベージュのロングコートを合わせた着こなし画像

 

通学や通勤、オフの日など、寒い冬に活躍するのがマフラーとロングコートです。こちらではこの2つを白シャツにデニムパンツでコーデしています。注意したいのはマフラーとロングコートの色合いです。

 

マフラーが黒ならコートはベージュといった具合に2つのアイテムを違う色や柄で合わせるようにすると重苦しい装いにならずに済みます。また、マフラーとコートの下から白色のインナーをのぞかせて軽やかな雰囲気に見せるのも良いです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

マフラーとロングコートをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

私は身長が168センチとそれほど高くないため、コートの丈にはすごく慎重になります。あまりにも長いコートになると背が低く見え、足も短く見えるためひざ上くらいの丈の細身のコートを使います。また同じく首元が詰まるとずんぐりした印象が強くなるので暗めの色でシンプルなマフラーを緩めに身につけます。またロングコートを着用する際はボトムも太すぎず細すぎず無難なものを合わせることでコートの中のインナーに合わせやすくしています、【男性 20代】

私の場合、マフラーはツートーンカラーしか着けません。とくに、濃いグレーと薄いグレーが好みです。ロングコートはチャコールなどの明るい色で合わせます。また、赤やオレンジなどのワンポイントがあった方が良いと思います。例えば靴下やネクタイなどのちょっとしたアイテムがベストです。【男性 20代】

マフラーとロングコート合わせて着こなす場合、おしゃれなのは白いマフラーです。カシミアでもシルクでも汚れが目立つの贅沢な色ですが、カーキ色のトレンチコートにも、ダークブルーやダークグレーのカシミアのコートにも合います。これは大人の着こなしです。若い世代ならカーキのトレンチには、ボリュームのあるニット編みロングマフラーがいいでしょう。自然にたらしても、首にぐるぐる巻きにしても様になります。色はボルドーかミディアムグレーです。 【男性 40代】

ロングコートだと縦長のラインを強調できるのでマフラーも長めのものをチョイスします。寒いときだとマフラーを巻く形になりますが、寒さもほどほどだと首にかけただけの形でマフラーを垂らすような感じでもロングコートが生きてくると思います。ロングコートとマフラーのコーディネイトだとほとんどこの二つだけのアイテムが目立つのでボトムやシューズは同系色のものでこの二つのアイテムに干渉しないものを選びます。【男性 40代】

ロングコートは、はっちゃけた感よりもどちらかといいますと紳士のイメージが強いです。ですから、マフラーとロングコートを合わせるのでしたら、地味系の色がよく大人のイメージを創造する感じで着こなしたほうがいいです。しかし、地味系といいましてもロングコートとマフラーは別のほうがよろしいです。顔にちょっとでも自身がある人はマフラーをロングコートより少し明るめな色にしまして顔付近を目立てせるように。体系に自身がある方はロングコートはぴっしり着こなしたほうが良い体系に見えます。【男性 20代】

 

好感のもてるマフラーとロングコートの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

マフラーとロングコートはともするとおじさん風になってしまいそうな組み合わせですが、カジュアルに決めるならロングコートの前を開けた中におさめた着こなしがいいと思います。色のバランスはコートが濃い目でマフラーがナチュラルカラーだと好感です。マフラーは折り目のあるタイプより、素材感のある柔らかいものが合っていると思います。【女性 30代】

今の季節、防寒アイテムとして外すことが出来ないマフラーとコート。個人的に私は、カチっと固めの印象が好きです。20代男性だとピーコートとマフラー、30代だと断然ステンカラーコートとマフラーという組み合わせをお勧めしたいです。いずれにせよ、コートもマフラーもあまり奇抜な色や柄でなく、出来るだけプレーンなものが好感が持てます。例えば、黒のマフラーとグレーのステンカラーコート。シンプルが故に、その人の個性が反映させやすいと思います。【女性 30代】

ヒョウ柄のマフラーであれば、黒のロングコート、デニム調のジーパン・黒もしくはベージュ系の皮系のハイカットの靴がよい。ブルー系の花柄のマフラーであれば、濃いグレーのパンツ・ダークグレーのロングコート・ベージュ・ブラウン系のハイカットの靴がよい。カシミアのライトグレーのマフラーにダッフルの濃紺のロングコート、ブラック系・スカイブルーのパンツ、ダークブラウンのハイカットの靴。【女性 30代】

 

マフラーの着こなし 一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マフラー+ロングコートの着こなし関連ページ一覧

マフラー(黒)を使った着こなし
ホワイトシャツ、グレーのカラーパンツ、シューズというシンプルなコーディネートにマフラーをプラスするだけでキレイ目なオシャレコーデに仕上がります。どのような色とでも合わせやすい黒のマフラーなら失敗も少ないです。
マフラー(グレー)を使った着こなし
コートやマフラー、重苦しく見える冬のファッションも、マフラーをグレーに変えるだけで印象が違いいます。アウターに黒のコートを合わせる場合、首元にグレーをチョイスすれば、重々しい雰囲気にならずに済みます。
マフラー(白)を使った着こなし
合わせにくいと思われがちな白のマフラーですが、インナーやトップスと馴染むように巻くと爽やかで上品な印象に仕上がります。インナーに白系のカットソーをチョイスし、マフラーの両端を垂らして巻くようにすればOKです。
マフラー(ワインレッド)を使った着こなし
大人の男の魅力を演出してくれるワインレッドのマフラーは、ダメージ加工のジーンズやマウンテンブーツなどのカジュアル系アイテムとコーディネートすると堅苦しくならずに済みます。白シャツ、流行のPコートで完成です。
マフラー(ボーダー)を使った着こなし
ボーダーのマフラーは白のインナー、アウターにマフラーと同系色のアイテムを持ってくるとうまくまとまります。ちょっと堅苦しいと感じてしまう時には、ボトムスにジーンズなど、カジュアル感をプラスするとGOODです。
マフラー(チェック)を使った着こなし
オシャレ感を演出してくれるチェック柄のマフラーは、ホワイトシャツ、グレーのボトムスと合わせるとキレイめで軽やかにまとめることができます。足元に黒のシューズをあわせればキレイ目オシャレコーデの完成です。
マフラー(柄)を使った着こなし
柄物のマフラーはシンプルなアイテムと合わせると派手にならずに済みます。カットソーやテーラードジャケットのように白のインナー・黒のアウターとの相性も抜群です。マフラーが黒系ならボトムスにブラウンを合わせます。
マフラー+コートの着こなし
コートにマフラーを合わせると重たい雰囲気になりがちです。この場合、重たく見えない合わせ方を抑えておくと良いです。例えば、コートとマフラーは同じ色にしないなどです。また、コートを前開けに着るのも一つの方法です。
マフラー+ジャケットの着こなし
白の長袖カットソー、黒のテーラードジャケット、ボトムスにカラーパンツ、さらにトラッドなチェック柄マフラー合わせれば暖かで上品な、冬のキレイめコーディネートの完成です。ジャケットは前開けで着ると爽やかです。
マフラー+カーディガンの着こなし
マフラーとニットカーディガンの組み合わせは細身のボトムスと合わせるとスッキリとした印象にまとまります。また、襟が高めになっているカーディガンならスッキリ見せの効果抜群です。靴は黒で落ち着いた雰囲気にします。
マフラー+シャツの着こなし
マフラー(ストール)は、シャツとデニムパンツのシンプルな組み合わせにプラスするだけで、いつもと違ったオシャレを楽しめるアイテムです。グレーならどのような色とでも合うので、手持ちのアウターを足してもOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP