マフラー ジャケット 着こなし

マフラー+ジャケットの着こなし

マフラーとジャケットを合わせたの着こなし

マフラー(ライン柄)・ジャケット(黒)・カットソー(白)・パンツ(モカ)・ブーツ(黒)

 

ライン柄マフラーと黒のジャケットを合わせた着こなし画像

 

カジュアルからフォーマルまで幅広く楽しめるのがマフラーの魅力です。もちろん、ジャケットやカラーパンツと合わせればキレイめカジュアルに仕上げることもできます。

 

こちらはインナーに白の長袖カットソー、アウターは一つボタンテーラードジャケット、ボトムスにカラーパンツを合わせたコーデです。トラッドなチェック柄マフラーをプラスすれば上品さを感じさせるキレイめコーデの完成です。ジャケットを前開けで着れば爽やかさもUPです。

 

 

マフラー(ストライプ)・ジャケット(黒)・カットソー(白)・パンツ(紺)・ブーツ(黒)

 

ストライプのマフラーと黒のジャケットを合わせた着こなし画像

 

柄物のマフラーは、シンプルなコーディネートにアクセントとして取り入れるととてもオシャレになります。

 

ホワイトのカットソーにショールカラーのジャケットを羽織りマルチカラーのストライプマフラーを巻くだけで、上半身はオシャレなモノクロコーデの完成です。ボトムスはネイビーのカラーパンツでカジュアル要素をプラス。足元はブラックのバブーシュシューズで全体を上手くまとめています。

 

 

マフラー(茶)・ジャケット(黒)・カットソー(白)・パンツ(紺)・シューズ(黒)

 

茶のマフラーに黒のジャケットを合わせた着こなし画像

 

カットソーアンサンブルにブラックのテーラードジャケットを羽織り、縦のラインを強調することで細身のラインを作り出しています。マフラーはブラウンのヘリンボーン柄。

 

カッチリとしたジャケットなどに柄物のマフラーをプラスすることで優しい印象になります。ネイビーのカラーパンツはストレートで脚長効果もバッチリ。ブラックのシューズで全体を引き締め、クールなキレイめコーデの完成です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

マフラーとジャケットをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

私がジャケットとマフラーを合わせて着こなす場合は、まずジャケットは暗めの色で、少しゆったりしたサイズのもの。マフラーはボーダーなどのシンプルな柄のもの。インナーには白っぽい明るい色のシャツ。ボトムスは少しタイトで暗めの色のもの。靴は茶色の皮靴とゆうようなコーディネートです。帽子を被る場合は暗めの色のハットなどを被ります。【男性 20代】

ジャケットは着丈の短いグレーのジャケットが着回ししやすいです。それに合わせるマフラーはスヌードタイプのマフラーでサラリーマンっぽさを抜きカジュアル感を出しましょう。マフラーの色は黒がいいですね。ボトムスには紺のリジットジーンズで清潔感を。足元には茶系のデザートブーツがグレーのジャケットによく合うのでオシャレです。【男性 20代】

私がマフラーとジャケットを合わせて着こなすことになったとするとジャケットは細身の青色のジャケットがいいと思います。パンツはベージュ、もしくは灰色にして、上下の色のバランスをとりたいところですね。マフラーは服が無地になるのでチェックのものにして、あえて赤色などのさし色を使うとおしゃれに見えると思うのでおすすめです。【男性 20代】

マフラーとジャケットを合わせる場合は、ノーネクタイでVゾーンにアクセントントとしてマフラーを使うのが好きです。グレーのツイードのジャケットに、薄いブルーのワイドスプレッドのシャツを合わせ、ベージュグレーのシフォン地のマフラーを首にひと巻きしてゆったりたらします。ジャケットは前のボタンを留めて、マフラーはジャケットの中に納めます。シャツは黒もきれいです。【男性 40代】

ジャケットとマフラーを合わせる場合、重要になってくるのは、マフラーのボリューム感だと思います。私なら、ジャケットは細身にして、インナーも薄手のシンプルなものをきます。カットソー、もしくはハイゲージのニット。それに、わりと大ぶりでボリュームのあるマフラーを合わせます。ボトムはカーゴパンツなどでボリュームをだしてもかっこいいかも。【男性 30代】

 

好感のもてるマフラーとジャケットの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

寒くなって来ておしゃれにも気を使うのが億劫になりがちです。これから気温の差が大きく出てきますがそんな中ジャケットとマフラーを合わせるコーディネートが必須になると思います。そんな時ジャケットにはゴワゴワとしたマフラーではなく少し薄手のマフラーを合わせる方がいいのではないかと思います。これから春になるので春の意識が持てるコーディネートが好感が持てますね。【女性 30代】

一番求めたいのは清潔感です。清潔感といってもさまざまかもしれませんが、まず全体的に4色以上の色を過剰に組み合わせないことがひとつ。そして、やっぱり男性だけに強くたくましくあって欲しいという願望が女性にはあるので、あまりボリューム感がありすぎるマフラーは好みません。寒くてもモコモコになりすぎないように、インナーに薄くても身体の熱を逃がさないような素材のものを着用したりして、スッキリとしたシルエットにできると’おっ?’という印象になると思います。【女性 30代】

ジャケットはあまり奇をてらわず落ち着いたシックな色合いのもの。ベージュ系やクロ、グレー系などの素材の質の良さがわかるもの。そこに遊び心を持たせるような柄のマフラーや、パープルやグリーンなどのさし色のマフラーをしているとおしゃれだなと好感を持ちます。室内に入り、マフラーを取ったときに、ジャケットの中のシャツとそのマフラーのデザインや色がリンクしていたりすると、とてもおしゃれだなと思います。【女性 20代】

 

マフラーの着こなし 一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マフラー+ジャケットの着こなし関連ページ一覧

マフラー(黒)を使った着こなし
ホワイトシャツ、グレーのカラーパンツ、シューズというシンプルなコーディネートにマフラーをプラスするだけでキレイ目なオシャレコーデに仕上がります。どのような色とでも合わせやすい黒のマフラーなら失敗も少ないです。
マフラー(グレー)を使った着こなし
コートやマフラー、重苦しく見える冬のファッションも、マフラーをグレーに変えるだけで印象が違いいます。アウターに黒のコートを合わせる場合、首元にグレーをチョイスすれば、重々しい雰囲気にならずに済みます。
マフラー(白)を使った着こなし
合わせにくいと思われがちな白のマフラーですが、インナーやトップスと馴染むように巻くと爽やかで上品な印象に仕上がります。インナーに白系のカットソーをチョイスし、マフラーの両端を垂らして巻くようにすればOKです。
マフラー(ワインレッド)を使った着こなし
大人の男の魅力を演出してくれるワインレッドのマフラーは、ダメージ加工のジーンズやマウンテンブーツなどのカジュアル系アイテムとコーディネートすると堅苦しくならずに済みます。白シャツ、流行のPコートで完成です。
マフラー(ボーダー)を使った着こなし
ボーダーのマフラーは白のインナー、アウターにマフラーと同系色のアイテムを持ってくるとうまくまとまります。ちょっと堅苦しいと感じてしまう時には、ボトムスにジーンズなど、カジュアル感をプラスするとGOODです。
マフラー(チェック)を使った着こなし
オシャレ感を演出してくれるチェック柄のマフラーは、ホワイトシャツ、グレーのボトムスと合わせるとキレイめで軽やかにまとめることができます。足元に黒のシューズをあわせればキレイ目オシャレコーデの完成です。
マフラー(柄)を使った着こなし
柄物のマフラーはシンプルなアイテムと合わせると派手にならずに済みます。カットソーやテーラードジャケットのように白のインナー・黒のアウターとの相性も抜群です。マフラーが黒系ならボトムスにブラウンを合わせます。
マフラー+コートの着こなし
コートにマフラーを合わせると重たい雰囲気になりがちです。この場合、重たく見えない合わせ方を抑えておくと良いです。例えば、コートとマフラーは同じ色にしないなどです。また、コートを前開けに着るのも一つの方法です。
マフラー+ロングコートの着こなし
マフラーとロングコートは、違う色や柄でコーディネートすると重苦しい見た目にならずに済みます。また、インナーに白色のシャツを合わせて、コートを前開けにするのも良い方法です。白色が重苦しさを除いてくれます。
マフラー+カーディガンの着こなし
マフラーとニットカーディガンの組み合わせは細身のボトムスと合わせるとスッキリとした印象にまとまります。また、襟が高めになっているカーディガンならスッキリ見せの効果抜群です。靴は黒で落ち着いた雰囲気にします。
マフラー+シャツの着こなし
マフラー(ストール)は、シャツとデニムパンツのシンプルな組み合わせにプラスするだけで、いつもと違ったオシャレを楽しめるアイテムです。グレーならどのような色とでも合うので、手持ちのアウターを足してもOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP