マフラー 柄 メンズ

マフラー(柄)を使った着こなし

マフラー(柄)の着こなし

マフラー(柄)・ジャケット(黒)・カットソー(白)・カラーパンツ(モカ)・ブーツ(黒)

 

柄のマフラーと黒のテーラードジャケットを合わせた着こなし画像

 

柄物のマフラーはシンプルなアイテムと合わせるのが定番です。こちらでも黒の柄物マフラーにテーラードジャケット、ストレートカラーパンツを合わせています。

 

コーディネートによっては派手に見えてしまう柄物のマフラーも、黒のアウター・白のインナーと合わせることで全体にうまく馴染み、キレイな仕上がりになっています。足元は大人っぽくジップレースアップブーツを合わせていますので、ビジネススタイルにも、デートにもピッタリです。

 

 

マフラー(柄)・カーディガン(チャコール)・シャツ(白)・デニム(グレー)・シューズ(茶)

 

茶のマフラーにチャコールのカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのボタンダウンシャツにショールがオシャレなグレーのカーディガンを着ています。首元にはブラウンの雪柄デザインマフラーを巻くことで、シンプルから一転、アクセントのあるカジュアルコーデとなっています。

 

ボトムスはユーズド加工のグレーのデニムに、足元はブラウンのスウェードバブーシュシューズで、全体的に同系色でまとめ統一感のあるコーディネートとなっています。

 

 

マフラー(柄)・Pコート(黒)・インナー(黒×ボーダー)・パンツ(ベージュ)・靴(黒)

 

黒のマフラーに黒のPコートを合わせた着こなし画像

 

トップスのアンサンブルと、アウターのPコートはどちらもブラックで、更にマフラーもブラック。重苦しい印象になるかと思いきやマフラーがノルディック柄で良いアクセントとなっており、まとまったコーディネートとなってます。

 

ボトムスはカーキベージュのパンツで明るく、軽やかな印象をプラス。ブラックのトレッキングスニーカーで全体を引き締め、冬のデート着にピッタリなオシャレなコーディネートの完成です。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

柄のマフラーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

マフラーを上手く着こなす方法としては年齢別に異なると思いますが、自分と同じ30代であれば落ち着いた黒や紺などの色のマフラーを身に付けると良いと思います。30代の人は殆ど会社勤めをしていると思うので大人の雰囲気にした方が良く合うと思います。派手な赤などもたまには良いと思いますが、ファッションセンスが無いと変に見える可能性があります。【男性 30代】

カモフラージュ柄のマフラーを選んだ時はアーミスタイルになるようにオシャレします。柄物のマフラーなのでトップスはシンプルにワンカラーのカットソーを着ます。ボトムスはちょっとゆるめのカーゴパンツを履きます。靴はワークブーツできめます。アーミースタイルが好きなので全体的に綺麗に決まるように心掛けています。【男性 20代】

柄入りのマフラーを服装に合わせる場合、私ならマフラーに存在感があるために服装はシンプルなものにします。トップスはマフラーがあるためにボリューム感の少ない薄手のニットなどを着て、ボトムスはカーキ色のボトムスなんかを合わせたらどんなマフラーでも無難に合わせることができると思います。全体のバランスがあくまでも重要です。【男性 30代】

ボーダー、チェック、ドットなど色んな柄物のマフラーがあると思いますが、コーディネート時に気をつける点は「マフラーに柄物を持ってきたら他のアイテムは全て無地にすること」。柄×柄はガチャガチャして見えるのでポイントとして使いたいです。トリコロールのボーダーマフラーにネイビーのピーコートを合わせて(ボトムはデニムとか)真冬のマリンテイストとか可愛くなりそう!【男性 30代】

柄入りのマフラーなら、最近流行っているけど手を出しづらい柄を選びますね。私は豹柄を持っています。そのほかはシンプルしていますね。黒のシングルライダースジャケットにインナーは無地のパーカー、ボトムスは少しダメージの入ったジーンズ。靴は、スニーカーよりも革のを履く事が多いです。例えばワークブーツですね。【男性 20代】

 

好感のもてる柄のマフラーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

柄入りのマフラーはインパクトが強いので、シンプルニットと合わせた着こなしが好きです。クルーネックだとちょっと老けてみえるので、ハイゲージのハイネックからタートルネックとあわせてすっきりまとめてほしいです。ボトムスもタイト目のインディゴジーンズやきちんと感のあるクロップド、足元もレースアップのレザーシューズが好感です。【女性 30代】

私は、比較的きちんとしたトラディショナルな着こなしが好きです。見方によっては、保守的に見えるかもしれませんね。今の季節マフラーは無くてはならないアイテムですが、清潔感ある着こなしの場合、ネイビーや黒と言ったプレーンなセーターにアクセントとして柄模様のあるマフラーを合わせると、素敵だと思います。マフラーの柄ですが、やはりきちんとした印象の千鳥格子やアーガイル柄などがお勧めです。【女性 30代】

柄色マフラーをワンポイントにします。後のトップス・ボトムスは単色・無地系(柄なし)にします。若い人であれば、ヒョウ柄のマフラーに、トップス・ボトムスはモノトーン調にまとめる。また、花柄のマフラーであれば、パステルカラー調のトップスボトムスなどがよい。ここで大事なのは、上にも書いたとおり、トップス・ボトムスは無地・単色系にする。靴は黒のスニーカー・黒のハイカットの靴がいいと思う。【女性 30代】

 

マフラーの着こなし 一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マフラー(柄)を使った着こなし関連ページ一覧

マフラー(黒)を使った着こなし
ホワイトシャツ、グレーのカラーパンツ、シューズというシンプルなコーディネートにマフラーをプラスするだけでキレイ目なオシャレコーデに仕上がります。どのような色とでも合わせやすい黒のマフラーなら失敗も少ないです。
マフラー(グレー)を使った着こなし
コートやマフラー、重苦しく見える冬のファッションも、マフラーをグレーに変えるだけで印象が違いいます。アウターに黒のコートを合わせる場合、首元にグレーをチョイスすれば、重々しい雰囲気にならずに済みます。
マフラー(白)を使った着こなし
合わせにくいと思われがちな白のマフラーですが、インナーやトップスと馴染むように巻くと爽やかで上品な印象に仕上がります。インナーに白系のカットソーをチョイスし、マフラーの両端を垂らして巻くようにすればOKです。
マフラー(ワインレッド)を使った着こなし
大人の男の魅力を演出してくれるワインレッドのマフラーは、ダメージ加工のジーンズやマウンテンブーツなどのカジュアル系アイテムとコーディネートすると堅苦しくならずに済みます。白シャツ、流行のPコートで完成です。
マフラー(ボーダー)を使った着こなし
ボーダーのマフラーは白のインナー、アウターにマフラーと同系色のアイテムを持ってくるとうまくまとまります。ちょっと堅苦しいと感じてしまう時には、ボトムスにジーンズなど、カジュアル感をプラスするとGOODです。
マフラー(チェック)を使った着こなし
オシャレ感を演出してくれるチェック柄のマフラーは、ホワイトシャツ、グレーのボトムスと合わせるとキレイめで軽やかにまとめることができます。足元に黒のシューズをあわせればキレイ目オシャレコーデの完成です。
マフラー+コートの着こなし
コートにマフラーを合わせると重たい雰囲気になりがちです。この場合、重たく見えない合わせ方を抑えておくと良いです。例えば、コートとマフラーは同じ色にしないなどです。また、コートを前開けに着るのも一つの方法です。
マフラー+ロングコートの着こなし
マフラーとロングコートは、違う色や柄でコーディネートすると重苦しい見た目にならずに済みます。また、インナーに白色のシャツを合わせて、コートを前開けにするのも良い方法です。白色が重苦しさを除いてくれます。
マフラー+ジャケットの着こなし
白の長袖カットソー、黒のテーラードジャケット、ボトムスにカラーパンツ、さらにトラッドなチェック柄マフラー合わせれば暖かで上品な、冬のキレイめコーディネートの完成です。ジャケットは前開けで着ると爽やかです。
マフラー+カーディガンの着こなし
マフラーとニットカーディガンの組み合わせは細身のボトムスと合わせるとスッキリとした印象にまとまります。また、襟が高めになっているカーディガンならスッキリ見せの効果抜群です。靴は黒で落ち着いた雰囲気にします。
マフラー+シャツの着こなし
マフラー(ストール)は、シャツとデニムパンツのシンプルな組み合わせにプラスするだけで、いつもと違ったオシャレを楽しめるアイテムです。グレーならどのような色とでも合うので、手持ちのアウターを足してもOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP