マフラー コート 着こなし

マフラー+コートの着こなし

マフラーとコートを合わせた着こなし

マフラー(ボーダー)・コート(黒)・ニット(グレー)カットソー(ボーダー)・デニム・靴(茶)

 

ボーダーのマフラーと黒のコートを合わせた着こなし画像

 

マフラーとコートは冬の必須アイテムですが、コートを着てマフラーを巻いてとなると、どうしても重苦しい雰囲気になってしまいます。重苦しく見せない為にはマフラーとコートは同じ黒色にしない、ということも大切ですが、柄物のマフラーならなおGOODです。

 

特にこちらのコーディネートのように、マフラーを巻いた時に縦にラインができる柄の物なら細身に見える効果も期待できます。また、コートを前開けに着ても軽く見せる事ができます。

 

 

マフラー(ワイン)・Pコート(黒)・シャツ(白)・カラーパンツ(ベージュ)・ブーツ(黒)

 

ワインのマフラーに黒のPコートを合わせた着こなし画像

 

冬にキレイめコーデを着こなしたいなら是非持っておきたいのがPコート。ホワイトのボタンチェックシャツにPコートを軽く羽織り、ワインのマフラーを刺し色にすれば華やかなオシャレの完成です。

 

ボトムスはシンプルなベージュのパンツで上半身に比べやや抑え目にしています。レースアップブーツはブラックで全体的な色のバランスをとったコーディネートに仕上がっています。

 

 

マフラー(マルチ)・コート(ワイン)・カットソー(白)・カーゴパンツ(黒)・シューズ(黒)

 

マルチのマフラーにワインのコートを合わせた着こなし画像

 

ただの赤とは違う、ワインのダッフルコートはグッと大人の魅力が高まる1着。丈が短いので脚長に見える効果もあります。ボタンを閉じてもすっきりして見えますが、写真では前を開けて、アクセントとなるマルチカラーのマフラーを見せています。

 

これにより、トップスがホワイトのカットソーでも地味に見えません。上半身がカラフルな分、下半身はブラックのタイトなカーゴパンツとバブーシュシューズで、全体のバランスを上手くとっています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

マフラーとコートをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

どんな丈のどんなコートにもオールマイティに合ってくれ、こなれた感が演出できる巻き方は「ムチウチ巻き」。首にグルグル巻いて後ろで結ぶだけですが、普通のマフラーでも大判のストールでもサマになります。着こなしのポイントとしては、コートの丈、サイズ、カラーが重い場合は細いパンツを合わせること。バランスが取りやすいと思います。【男性 30代】

マフラーは、ポイントとして使っているので少し派手目ですね。柄はネィティブなものです。コートは、最近はショートのダッフルコートが多いですね。かなり厚手なので、その下はサーマルのロンTだけで済ませています。ボトムスは普通にジーンズですね。靴は、最近買ったエンジニアブーツを履いています。革なので冷え性の方にもオススメです。【男性 20代】

定番のネイビーのピーコートにマフラーを合わせるのならチェック柄のグレーのマフラーが似合います。ピーコートは無地の物で前を閉じて中が見えないようにします。マフラーがポイントになるようにするためです。下には細身のブラックジーンズで男らしさを出しましょう。足元には明るい白がメインのスニーカーで軽さを出せば完璧です。【男性 20代】

寒い時には全体的に服装がふくれ気味になるのでシンプルにシックに着こなしてます。太さも長さもスタンダードなグレーのマフラーに黒のウール素材の温かいPコートを着ます。ボトムスは冬でアウターが重めに見えるので細身のブルーカラーのジーパンを履きます。靴はブラックの綺麗目のレザーブーツを履いて全体的に締まるように心掛けています。【男性 20代】

今日は日曜日なので渋谷で彼女に会います。陽光は暖かいが、西風が結構強い。自由な感じのするカ−キのブルゾンにマフラ−をル−プクロスに巻いて出かけます。マフラ−は濃紺でユニクロで買った一本です。下はブラックのカ−コゴパンツにブラウンのスニ−カ−です。まだ初詣に行っていないので、彼女とお参りします。 【男性 50代】

 

好感のもてるマフラーとコートの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

男性でマフラーとコートと聞くと、通勤中のサラリーマンのような、黒いボックスコートにロングマフラーを首にかけただけという姿が真っ先に浮かびます。そういうかっちりしたコーディネートも良いですが、私は前をちゃんと閉めたピーコートやダッフルコートなどから、明るい色のマフラーがちょっとのぞいている感じが好きです。【女性 20代】

マフラーとコートの着こなしは、きちんと折り目のあるタイプのマフラーなら襟元にイン、素材感のあるふんわり系ならラフに巻く、といった巻き方とボリュームにこだわりのある着こなしが好きです。例えばピーコートのインならカシミヤマフラーを、ダッフルコートの上から巻くならストールマフラー、ニットコートならボリューム多めのスヌードをあわせたコーディネートに好感がもてます。【女性 30代】

なかなか思ったように遭遇することができないのですが、ビシッとトレンチコートで決めて、高校生が巻くような、先端にフリンジ(?)のついたマフラーをさらっと巻いている男性が好きです。この感じでいくと、足下はちょっとビジネス寄りのかっちりとした革靴がベターでしょうか。背丈がすらっとした方がこんなファッションをしていると確実に目を引きますね。【女性20代】

 

マフラーの着こなし 一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マフラー+コートの着こなし関連ページ一覧

マフラー(黒)を使った着こなし
ホワイトシャツ、グレーのカラーパンツ、シューズというシンプルなコーディネートにマフラーをプラスするだけでキレイ目なオシャレコーデに仕上がります。どのような色とでも合わせやすい黒のマフラーなら失敗も少ないです。
マフラー(グレー)を使った着こなし
コートやマフラー、重苦しく見える冬のファッションも、マフラーをグレーに変えるだけで印象が違いいます。アウターに黒のコートを合わせる場合、首元にグレーをチョイスすれば、重々しい雰囲気にならずに済みます。
マフラー(白)を使った着こなし
合わせにくいと思われがちな白のマフラーですが、インナーやトップスと馴染むように巻くと爽やかで上品な印象に仕上がります。インナーに白系のカットソーをチョイスし、マフラーの両端を垂らして巻くようにすればOKです。
マフラー(ワインレッド)を使った着こなし
大人の男の魅力を演出してくれるワインレッドのマフラーは、ダメージ加工のジーンズやマウンテンブーツなどのカジュアル系アイテムとコーディネートすると堅苦しくならずに済みます。白シャツ、流行のPコートで完成です。
マフラー(ボーダー)を使った着こなし
ボーダーのマフラーは白のインナー、アウターにマフラーと同系色のアイテムを持ってくるとうまくまとまります。ちょっと堅苦しいと感じてしまう時には、ボトムスにジーンズなど、カジュアル感をプラスするとGOODです。
マフラー(チェック)を使った着こなし
オシャレ感を演出してくれるチェック柄のマフラーは、ホワイトシャツ、グレーのボトムスと合わせるとキレイめで軽やかにまとめることができます。足元に黒のシューズをあわせればキレイ目オシャレコーデの完成です。
マフラー(柄)を使った着こなし
柄物のマフラーはシンプルなアイテムと合わせると派手にならずに済みます。カットソーやテーラードジャケットのように白のインナー・黒のアウターとの相性も抜群です。マフラーが黒系ならボトムスにブラウンを合わせます。
マフラー+ロングコートの着こなし
マフラーとロングコートは、違う色や柄でコーディネートすると重苦しい見た目にならずに済みます。また、インナーに白色のシャツを合わせて、コートを前開けにするのも良い方法です。白色が重苦しさを除いてくれます。
マフラー+ジャケットの着こなし
白の長袖カットソー、黒のテーラードジャケット、ボトムスにカラーパンツ、さらにトラッドなチェック柄マフラー合わせれば暖かで上品な、冬のキレイめコーディネートの完成です。ジャケットは前開けで着ると爽やかです。
マフラー+カーディガンの着こなし
マフラーとニットカーディガンの組み合わせは細身のボトムスと合わせるとスッキリとした印象にまとまります。また、襟が高めになっているカーディガンならスッキリ見せの効果抜群です。靴は黒で落ち着いた雰囲気にします。
マフラー+シャツの着こなし
マフラー(ストール)は、シャツとデニムパンツのシンプルな組み合わせにプラスするだけで、いつもと違ったオシャレを楽しめるアイテムです。グレーならどのような色とでも合うので、手持ちのアウターを足してもOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP