チェックマフラー 着こなし

マフラー(チェック)を使った着こなし

マフラー(チェック)の着こなし

マフラー(チェック)・シャツ(白)・カラーパンツ(グレー)・シューズ(黒)

 

チェック柄マフラーと白シャツを合わせた着こなし画像

 

爽やかさを感じさせる白のボタンダウンシャツ、ボトムスにグレーのカラーパンツ、大人っぽくスウェードのバブーシュシューズ、さらにチェック柄のマフラーをプラスしたコーデです。

 

チェックのマフラーのコーディネートには様々なパターンがありますが、シンプルかつキレイめにまとめたい場合には、白シャツとグレーボトムスと合わせると良いです。白もグレーもどのような色とでもよく合う色で、また堅苦しい雰囲気にならずに済みます。

 

 

マフラー(チェック)・カーディガン(グレー)・カットソー(白)・デニム(カーゴ)・靴(茶)

 

チェックのマフラーにグレーのカーディガンを合わせた着こなし画像

 

重くなり過ぎないグレーを基調としたカジュアルなコーディネートです。ホワイトのカットソーの上に、グレーのカーディガンをボタンを開けて着ることですっきりとした印象になります。

 

首元にグレーのチェックマフラーを巻くだけで、さらにキレイ目な印象がプラスされます。ボトムスはデニムカーゴでカジュアル感を出し、足元のバブーシュシューズはダークブラウンを選び全体を引き締めています。

 

 

マフラー(チェック)・ジャケット(黒)・カーゴパンツ(グレー)・シューズ(黒)

 

ボーダーのマフラーに黒のジャケットを合わせた着こなし画像

 

カッチリコーデに欠かせないブラックのテーラードジャケットを取り入れた着こなしですが、ふんだんにハズしアイテムを取り入れることによって、オシャレなカジュアルコーデに仕上がっています。

 

首元のマフラーはマルチボーダーでとても目をひくアイテム。テーラードの硬いイメージをやわらげてくれる効果もあります。ボトムスのカーゴパンツはよく見るとタータンチェック柄になっているのもポイントです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

チェック柄マフラーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

ワインレッドのチェック柄のマフラーに合わせるなら黒のレーザーブルゾンです。チェック柄は可愛らしいのでレザーで引き締めます。中には無地の白いカットソーでシンプルにします。柄物はダメです。ボトムスには色落ちしたレギュラーサイズのジーンズにエンジニアブーツを履けばワイルドで男らしいスタイルになります。ブーツインはしないで下さい。【男性 20代】

チェック柄のベースとなる色にもよりますが、チェック柄はそれだけである程度インパクトもあるし、男性のマフラーはオシャレアイテムとして存在感があるものなので、その他のアイテムはシンプルかつ単色にしたいと思います。私なら緑や赤、黄色などの原色系の鮮やかな色を選びます。トップスはセーターでもシャツでも良いと思いますが、無地の白、ベージュ、黒などでパンツはブルージーンズやチノパンのスッキリしたものです。靴はブーツ系にしたいと思います。【男性 30代】

黒とグリーンの落ち着いたチェック柄のマフラーを選んだ時は、マフラーの柄を主張するために綺麗なホワイトカラーのシャツを着ます。ボトムスはちょっと幅広めなカーキのチノパンツを履きます。靴はパンツの色に合わせてダークブラウンの色のプレーントゥシューズをあわせます。全体的にメリハリをつけて着こなすようにしています。【男性 20代】

チェック柄のマフラーには紺のPコートが合っていると思います。チェック柄のマフラーを引き立たせるためにも、コートはあまり目立たない色が良いと思います。ボトムスはチノパンがいいと思います。色はベージュが無難です。靴はコートとチノパンが地味なので、ベージュのトリッカーズカントリーブーツでアクセントをつけます。【男性 20代】

バッファローチェック、マドラスチェック、ギンガムチェックなど、どんなチェック柄でもポイントとして「チラ見せ」してあげれば大人っぽい着こなしが期待できそう。オススメはコートでもジャケットでも、それらとインナーの間にアントニオ猪木みたいに肩に掛けただけの巻き方。バランスを見ながらチェックが覗く幅が太くなり過ぎないように!【男性 30代】

 

好感のもてるチェック柄マフラーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

チェック柄のマフラーはかわいらしいイメージなので、モノトーンのコーディネートと合わせると、いいなと思います。できれば黒や紺色のカーディガンや、茶色のジャケットなどで、トップスは少しカチッと決めてほしいです。でも他のアイテムは少し外して、ジーパンにかばんはリュック、靴はスニーカーとか素敵だと思います。【女性 20代】

チェック柄のマフラーはピーコートかダッフルコートと組み合わせた着こなしに交換がもてます。赤系チェックならネイビーのコートと合わせると安心感がありますし、イエローやグリーン系チェックのマフラーをグレーのコートと合わせているとやるな、という感じで目をひきます。ボトムスはチノやデニムより、細畝のコーデュロイできちんと感を出してほしいです。【女性 30代】

男性のファッションで気になるのは、プラスαのアイテムです。王道なところでいくとやっぱりマフラー。街中を見ていると、結構着ている洋服に合わせた色(ベージュならベージュ系)を首に巻いている人が多いように思いますが、たまに、普通の地味な色のPコートとデニムの定番ファッションに、ちょっと明るいチェックのマフラーを巻いている男性を見るとドキッとします。なんの変哲もないファッションのワンポイントアイテムとして、チェック柄はおしゃれにも見えるし、なにより清潔感があって好印象です。【女性 20代】

 

マフラーの着こなし 一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マフラー(チェック)を使った着こなし関連ページ一覧

マフラー(黒)を使った着こなし
ホワイトシャツ、グレーのカラーパンツ、シューズというシンプルなコーディネートにマフラーをプラスするだけでキレイ目なオシャレコーデに仕上がります。どのような色とでも合わせやすい黒のマフラーなら失敗も少ないです。
マフラー(グレー)を使った着こなし
コートやマフラー、重苦しく見える冬のファッションも、マフラーをグレーに変えるだけで印象が違いいます。アウターに黒のコートを合わせる場合、首元にグレーをチョイスすれば、重々しい雰囲気にならずに済みます。
マフラー(白)を使った着こなし
合わせにくいと思われがちな白のマフラーですが、インナーやトップスと馴染むように巻くと爽やかで上品な印象に仕上がります。インナーに白系のカットソーをチョイスし、マフラーの両端を垂らして巻くようにすればOKです。
マフラー(ワインレッド)を使った着こなし
大人の男の魅力を演出してくれるワインレッドのマフラーは、ダメージ加工のジーンズやマウンテンブーツなどのカジュアル系アイテムとコーディネートすると堅苦しくならずに済みます。白シャツ、流行のPコートで完成です。
マフラー(ボーダー)を使った着こなし
ボーダーのマフラーは白のインナー、アウターにマフラーと同系色のアイテムを持ってくるとうまくまとまります。ちょっと堅苦しいと感じてしまう時には、ボトムスにジーンズなど、カジュアル感をプラスするとGOODです。
マフラー(柄)を使った着こなし
柄物のマフラーはシンプルなアイテムと合わせると派手にならずに済みます。カットソーやテーラードジャケットのように白のインナー・黒のアウターとの相性も抜群です。マフラーが黒系ならボトムスにブラウンを合わせます。
マフラー+コートの着こなし
コートにマフラーを合わせると重たい雰囲気になりがちです。この場合、重たく見えない合わせ方を抑えておくと良いです。例えば、コートとマフラーは同じ色にしないなどです。また、コートを前開けに着るのも一つの方法です。
マフラー+ロングコートの着こなし
マフラーとロングコートは、違う色や柄でコーディネートすると重苦しい見た目にならずに済みます。また、インナーに白色のシャツを合わせて、コートを前開けにするのも良い方法です。白色が重苦しさを除いてくれます。
マフラー+ジャケットの着こなし
白の長袖カットソー、黒のテーラードジャケット、ボトムスにカラーパンツ、さらにトラッドなチェック柄マフラー合わせれば暖かで上品な、冬のキレイめコーディネートの完成です。ジャケットは前開けで着ると爽やかです。
マフラー+カーディガンの着こなし
マフラーとニットカーディガンの組み合わせは細身のボトムスと合わせるとスッキリとした印象にまとまります。また、襟が高めになっているカーディガンならスッキリ見せの効果抜群です。靴は黒で落ち着いた雰囲気にします。
マフラー+シャツの着こなし
マフラー(ストール)は、シャツとデニムパンツのシンプルな組み合わせにプラスするだけで、いつもと違ったオシャレを楽しめるアイテムです。グレーならどのような色とでも合うので、手持ちのアウターを足してもOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP