カーディガン マフラー 着こなし

マフラー+カーディガンの着こなし

マフラーとカーディガンを合わせたの着こなし

マフラー(黒)・カーディガン(黒)・カットソー(白)・カラーパンツ(モカ)・靴(黒)

 

黒のマフラーと黒のカーディガンを合わせた着こなし画像

 

白のUネック長袖カットソーに、マフラー、ニットカーディガン、カーゴパンツを合わせて落ち着いた雰囲気に仕上げたコーディネートです。マフラーにアウターの組み合わせをする場合、アウターを前開けに来たり、ボトムスを細身の物で合わせたりするとスッキリとした印象になります。

 

足元を黒で引き締めればなお良いです。また、こちらのカーディガンのように襟が高めにデザインされている物は首元までスッキリと見せてくれます。

 

 

マフラー(茶)・カーディガン(チャコール)・シャツ(白)・デニム(ダメージ)・ブーツ(茶)

 

茶のマフラーにチャコールのカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのボタンダウンシャツとカーディガンの組み合わせは大人の雰囲気溢れる着こなしになります。そこに合わせるのは、暖かみのあるウール素材のマフラー。ウインドウペンチェックという柄で主張し過ぎないアイテムなのが特徴です。

 

ボトムスはユーズド加工のデニムでカジュアル感をプラスしています。いわゆるハズしファッションですが上下ともに締まったラインな上に小物系もブラウンで揃えているので全体的に統一感のある仕上がりとなっています。

 

 

マフラー(黒/青)・カーディガン(チャコール)・デニム(ダメージ)・ブーツ(茶)

 

黒/青のマフラーにチャコールのカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ボタンダウンシャツにチャコールのカーディガンを羽織り、上半身はラフな印象の着こなしになっています。そこにオシャレなツートンカラーのマフラーを更にラフに巻いています。

 

ブラック・ブルーの組み合わせなので決して派手ではないですが、クールな色合いが良いアクセントに。ボトムスはユーズドのダメージデニム、足元にブラウンのマウンテンブーツでカジュアルコーデとなっており、スリムなラインで全体を引き締めています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

マフラーとカーディガンをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

カーディガンが単色系の場合はマフラーはモノトーンのは使わずに何色が入っているのを使っています。また、カーディガン自体がネイビーなど割りと暗めな色が多いので、ボトムスはベージュやカーキのパンツを選ぶようにしています。靴はスニーカーだとバランスが崩れるし10代っぽくなってしまうので、茶色っぽい革靴を履いてラフながらも上品にまとめています。【男性 30代】

持っているカーディガンとマフラーでコーディネートするとしたら、茶系のマフラーとワイン色のカーディガンを着て、カーディガンの中は、ラルフローレンの白のロングセーターを着ます。パンツは、ベージュ色のカーゴパンツをはきます。靴は、ティンバーランドの茶系のタイプを履きます。ワイン色といっても暗めの落ち着いた色なので、色系統の近い、茶系のマフラーにも合います。【男性40代】

カーディガンとマフラーの関係はどちらも暖かい追加アイテムといった感じですが同じ色がどちらも入っていてどちらかが柄ならどちらかを無地にするように気をつけます。モノトーン系が好きなのでグレーか黒のカーディガンにモノトーンのストライプのマフラーなどするとシックでありながらマフラーとカーディガンの相性もいいと思います。パンツやシューズも黒系にするとすっきりとまとまります。【男性 40代】

カーディガンは大きめをチョイスします。そして、黒系の色を選択します。インナーは蛍光色のTシャツや、蛍光色の文字、プリントがあるものにしたいと思います。トップスにボリュームを出したので、ボトムスは黒のカラースキニーを合わせたいです。靴はデッキシューズを合わせたいです。カーディガンとボトムスが黒なので、靴は色があってもいいと思います。【男性 20代】

カーディガンとマフラーを合わせる場合は、マフラーをアスコットタイの感覚で使います。ボルドーかチャコールグレーのラムウールかカシミアのカーディガンにミディアムグレーのフラノのパンツ。シャツはクリーミーホワイトか淡いブルーで、渋いゴールドかネイビーブルーのシルクのマフラーをアスコットタイのようにシャツの中に入れて着こなします。【男性 40代】

 

好感のもてるマフラーとカーディガンの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

春になるに連れて薄着+厚着の様なコーディネートが多くなるかと思います。しかし、そんな中スッキリと着こなす人はいいなと思います。それはカーディガンとマフラーや暖パンにシャツなど少しむずかしいコーディネートが出てくる中うまく着こなすといいなあおしゃれだなあと思います。春のカラーを重い物に入れるだけでかなり違うと思います。【女性 30代】

カーディガンはシルエットが重要だと思います。あまりだぼっとしたルーズなものだと、学生のようになってしまうので、すっきりとシャープなシルエットのほうが好ましいと思います。そこに、色を合わせたマフラーをしているととてもおしゃれだと思います。マフラーとカーディガンの色が、カーキとベージュなどグラデーションになっていたりすると、かなり好感をもちます。【女性 20代】

カーディガンとマフラーの組み合わせは、もともとモコモコのものを組み合わせることになると思うので、それぞれのボリュームがどれくらいのものなのか、合わせたら首元がどれくらいのボリュームになるのかを考慮する必要があると思います。そして、もともと首の太いお方は、あまりボリュームのありすぎるマフラーは品がなくなってしまうように感じるので、薄手のマフラーを選ばれるのが良いかと思います。カーディガンにマフラーなんて聞くと、それだけでどことなくキュンとしてしまうような感じです。色は同系色の物同士を選ばれるのが無難でミスが少なく済むのではないかと思います。【女性 30代】

 

マフラーの着こなし 一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マフラー+カーディガンの着こなし関連ページ一覧

マフラー(黒)を使った着こなし
ホワイトシャツ、グレーのカラーパンツ、シューズというシンプルなコーディネートにマフラーをプラスするだけでキレイ目なオシャレコーデに仕上がります。どのような色とでも合わせやすい黒のマフラーなら失敗も少ないです。
マフラー(グレー)を使った着こなし
コートやマフラー、重苦しく見える冬のファッションも、マフラーをグレーに変えるだけで印象が違いいます。アウターに黒のコートを合わせる場合、首元にグレーをチョイスすれば、重々しい雰囲気にならずに済みます。
マフラー(白)を使った着こなし
合わせにくいと思われがちな白のマフラーですが、インナーやトップスと馴染むように巻くと爽やかで上品な印象に仕上がります。インナーに白系のカットソーをチョイスし、マフラーの両端を垂らして巻くようにすればOKです。
マフラー(ワインレッド)を使った着こなし
大人の男の魅力を演出してくれるワインレッドのマフラーは、ダメージ加工のジーンズやマウンテンブーツなどのカジュアル系アイテムとコーディネートすると堅苦しくならずに済みます。白シャツ、流行のPコートで完成です。
マフラー(ボーダー)を使った着こなし
ボーダーのマフラーは白のインナー、アウターにマフラーと同系色のアイテムを持ってくるとうまくまとまります。ちょっと堅苦しいと感じてしまう時には、ボトムスにジーンズなど、カジュアル感をプラスするとGOODです。
マフラー(チェック)を使った着こなし
オシャレ感を演出してくれるチェック柄のマフラーは、ホワイトシャツ、グレーのボトムスと合わせるとキレイめで軽やかにまとめることができます。足元に黒のシューズをあわせればキレイ目オシャレコーデの完成です。
マフラー(柄)を使った着こなし
柄物のマフラーはシンプルなアイテムと合わせると派手にならずに済みます。カットソーやテーラードジャケットのように白のインナー・黒のアウターとの相性も抜群です。マフラーが黒系ならボトムスにブラウンを合わせます。
マフラー+コートの着こなし
コートにマフラーを合わせると重たい雰囲気になりがちです。この場合、重たく見えない合わせ方を抑えておくと良いです。例えば、コートとマフラーは同じ色にしないなどです。また、コートを前開けに着るのも一つの方法です。
マフラー+ロングコートの着こなし
マフラーとロングコートは、違う色や柄でコーディネートすると重苦しい見た目にならずに済みます。また、インナーに白色のシャツを合わせて、コートを前開けにするのも良い方法です。白色が重苦しさを除いてくれます。
マフラー+ジャケットの着こなし
白の長袖カットソー、黒のテーラードジャケット、ボトムスにカラーパンツ、さらにトラッドなチェック柄マフラー合わせれば暖かで上品な、冬のキレイめコーディネートの完成です。ジャケットは前開けで着ると爽やかです。
マフラー+シャツの着こなし
マフラー(ストール)は、シャツとデニムパンツのシンプルな組み合わせにプラスするだけで、いつもと違ったオシャレを楽しめるアイテムです。グレーならどのような色とでも合うので、手持ちのアウターを足してもOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP