メンズマフラー ボーダー

マフラー(ボーダー)を使った着こなし

マフラー(ボーダー)の着こなし

マフラー(ボーダー)・カーディガン(黒)・カットソー(白)・デニム・スニーカー(黒)

 

ボーダー柄マフラーとカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ボーダーのマフラーを使ったコーディネートがこちらです。ホワイトのVネックカットソーにカーディガン、パンツはデニムパンツです。カーディガン+マフラーの組み合わせはキレイ目になりがちなので、足元はカジュアルにトレッキングスニーカーで仕上げています。

 

ボーダーのマフラーはコーディネートによっては派手に見えてしまうこともありますが、インナーに白を、アウターにマフラーと同系色のアイテムを持ってくる事でうまく馴染みます。

 

 

マフラー(ボーダー)・カーディガン(茶)・シャツ(白)・パンツ(ベージュ)・靴(茶)

 

ネイビーチェックのマフラーに茶のカーディガンを合わせた着こなし画像

 

シャツ+カーディガンは女性受けのいいカジュアルな着こなしです。ホワイトのボタンダウンシャツにブラウンのカーディガンを組み合わせています。

 

首元に巻いたマフラーはネイビーとオフホワイトのボーダーでコーディネートの良い刺し色になっています。ボトムスのパンツはベージュ、バブーシュシューズはダークブラウンで、全体的に優しい色のコーディネートの完成です。

 

 

マフラー(ボーダー)・カーディガン(黒)・カットソー(白)・デニム(ユーズド)・靴(白)

 

ブラックボーダーのマフラーに黒のカーディガンを合わせた着こなし画像

 

ホワイトカットソーをインナーに上からブラックのカーディガンを羽織っています。マフラーもブラックですが、ボーダー柄になっているので重くなり過ぎずオシャレに着こなせてます。

 

下半身はユーズド加工のデニムカーゴとホワイトのスニーカーの組み合わせでカジュアル感がアップします。ベルトが良いアクセントになります。あえてルーズに着崩すのがこのスタイルのポイントです。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

ボーダーのマフラーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

ボーダー柄のマフラーに合わせて服装を着るとしたら、まずマフラーのボーダー柄の色は、朱色と茶色とベージュとインディーブルーに近い4色の色が入った感じのタイプを選び、ダークグレーと黒系のロングデニムコートを着て、中はグレーと白のシマシマタイプのネック無しロングセーターを着て、パンツは黒系の伸縮タイプでシワシワにはき、靴はティンバーランドのグレーと黒の2色タイプを履きます【男性 40代】

選ぶボーダーの色はグリーン×グレーです。トップスはシンプルなブルー系のシャツにベージュ系のカーディガンにします。ボトムスはグリーン、靴はコンバースのスニーカーを。ボーダーのマフラーは少し長めのほうが全体のバランスが良くなると思うので、マフラーの長さと巻き方に気をつけると思います。ボーダーの色はアクセントよりも全体に馴染む色を選びたいです。【男性 30代】

マフラーとしてはボーダー柄は一番合わせやすいものだと思っています。モノトーンでも、カラフルな物でも顔の周りで印象的に映るので便利です。マルチカラーのマフラーを選んだ場合、シャツやパンツはモノトーンにして、ワンポイントだけカラフルにしたいと思います。靴はベーシックなものであれば問題無いでしょう。少し色が付いたバッグを持ってもいいですね。【男性 30代】

ボトムはインディゴブルーのデニム、靴はブラウンのウォーキングシューズがいいです。これだとトップスはほぼ何でも合わせることができますが、今回はボーダーのマフラーということなので、白か薄い青の襟付きのポロシャツを合わせたいと思います。マフラーも同じく白(またはベージュ)と淡いピンクやブルーのボーダーを合わせ、マフラーがあまり目立ち過ぎないようにしたいと思います。【男性 40代】

もし僕がボーダー柄のマフラーを付けることになったら、まず黒系のボーダー、例えば黒と白、黒と赤など、を選びます。黒系ならばジャケットなどある程度カチッとした格好にも合わせやすいと思います。ボーダーのイメージを大切にするなら、トップスはスウェット、ボトムはジーンズなど、思いっきりカジュアル路線でいっても大丈夫だと思います。

 

好感のもてるボーダーのマフラーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

ボーダー柄のマフラーはファッションのポイントとなるアイテムですので、モノトーン系のコーディネートにあわせられてはいかかでしょうか?トップスはパーカーでもジャケットでも何でも合わせることが出来そうですね。少しカジュアルな雰囲気になりますので、デニムやスニーカーをあわせたコーディネートも好感がもてますね。【女性 20代】

ボーダー柄マフラーは、ちょっと個性的な色あわせのものを、カジュアルスタイルと合わせた着こなしが好きです。特に交換なのはデニムジャケットやデニムシャツとのコーディネート。マフラーは長めが合うと思います。マフラーにインパクトがあるので、ボトムスも黒系かインディゴの同形色でまとめて、足元に雰囲気のあるブーツをもってきていたら最高です。【女性 30代】

ボーダーマフラー自体にインパクトがあるから、インナーはクルーネックのシンプルニットやTシャツ、アウターにはカジュアルなPコートやジャケット。細身のボトムと合わせて、足元はごつすぎないスニーカーあたりが、カジュアルでスマートな雰囲気。冬でも楽しくお散歩やショッピングデートが楽しめそう!【女性 30代】

 

マフラーの着こなし 一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マフラー(ボーダー)を使った着こなし関連ページ一覧

マフラー(黒)を使った着こなし
ホワイトシャツ、グレーのカラーパンツ、シューズというシンプルなコーディネートにマフラーをプラスするだけでキレイ目なオシャレコーデに仕上がります。どのような色とでも合わせやすい黒のマフラーなら失敗も少ないです。
マフラー(グレー)を使った着こなし
コートやマフラー、重苦しく見える冬のファッションも、マフラーをグレーに変えるだけで印象が違いいます。アウターに黒のコートを合わせる場合、首元にグレーをチョイスすれば、重々しい雰囲気にならずに済みます。
マフラー(白)を使った着こなし
合わせにくいと思われがちな白のマフラーですが、インナーやトップスと馴染むように巻くと爽やかで上品な印象に仕上がります。インナーに白系のカットソーをチョイスし、マフラーの両端を垂らして巻くようにすればOKです。
マフラー(ワインレッド)を使った着こなし
大人の男の魅力を演出してくれるワインレッドのマフラーは、ダメージ加工のジーンズやマウンテンブーツなどのカジュアル系アイテムとコーディネートすると堅苦しくならずに済みます。白シャツ、流行のPコートで完成です。
マフラー(チェック)を使った着こなし
オシャレ感を演出してくれるチェック柄のマフラーは、ホワイトシャツ、グレーのボトムスと合わせるとキレイめで軽やかにまとめることができます。足元に黒のシューズをあわせればキレイ目オシャレコーデの完成です。
マフラー(柄)を使った着こなし
柄物のマフラーはシンプルなアイテムと合わせると派手にならずに済みます。カットソーやテーラードジャケットのように白のインナー・黒のアウターとの相性も抜群です。マフラーが黒系ならボトムスにブラウンを合わせます。
マフラー+コートの着こなし
コートにマフラーを合わせると重たい雰囲気になりがちです。この場合、重たく見えない合わせ方を抑えておくと良いです。例えば、コートとマフラーは同じ色にしないなどです。また、コートを前開けに着るのも一つの方法です。
マフラー+ロングコートの着こなし
マフラーとロングコートは、違う色や柄でコーディネートすると重苦しい見た目にならずに済みます。また、インナーに白色のシャツを合わせて、コートを前開けにするのも良い方法です。白色が重苦しさを除いてくれます。
マフラー+ジャケットの着こなし
白の長袖カットソー、黒のテーラードジャケット、ボトムスにカラーパンツ、さらにトラッドなチェック柄マフラー合わせれば暖かで上品な、冬のキレイめコーディネートの完成です。ジャケットは前開けで着ると爽やかです。
マフラー+カーディガンの着こなし
マフラーとニットカーディガンの組み合わせは細身のボトムスと合わせるとスッキリとした印象にまとまります。また、襟が高めになっているカーディガンならスッキリ見せの効果抜群です。靴は黒で落ち着いた雰囲気にします。
マフラー+シャツの着こなし
マフラー(ストール)は、シャツとデニムパンツのシンプルな組み合わせにプラスするだけで、いつもと違ったオシャレを楽しめるアイテムです。グレーならどのような色とでも合うので、手持ちのアウターを足してもOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP