黒マフラー 着こなし

マフラー(黒)を使った着こなし

マフラー(黒)の着こなし

マフラー(黒)・シャツ(白)・カラーパンツ(グレー)・シューズ(黒)

 

黒マフラーと白シャツを合わせた着こなし画像

 

ボタンダウンシャツ、カラーパンツ、スウェードバブーシュシューズというシンプルなコーディネートに、黒のマフラーをプラスしたスタイルです。コーディネートは悪くないけど何だか寂しい…。そんな時に活躍するのがマフラーのような小物。

 

マフラーならアクセサリーで着飾るよりも、嫌味のないキレイ目ファッションに仕上がります。特に、黒はどのような色とも合わせやすいので、黒のマフラーやストールを持っているととても重宝します。

 

 

マフラー(黒)・ニット(アーガイル)・デニム(ダメージ)・シューズ(黒)

 

黒のマフラーに黒のニットを合わせた着こなし画像

 

トップスに着ているはブラックのニットとVネックかとソーのアンサンブル。グレーのアーガイル柄がアクセントになりとてもオシャレです。ブラックマフラーを巻いていますがニットのブラックのトーンが薄めなので重くなりません。

 

上半身は比較的キレイめにしていますがボトムスはユーズド加工のデニムを履きハズしを効かせてカジュアル感を出しています。バブーシュシューズはブラックで全体をまとめています。

 

 

マフラー(黒)・Pコート(黒)・シャツ(白)カラーパンツ(モカ)・シューズ(茶)

 

黒のマフラーに黒のPコートを合わせた着こなし画像

 

ホワイトのボタンダウンシャツにPコートを羽織り、ブラックのマフラーを巻いています。マフラーは巻き方によって印象が変わるものですが、こちらの着こなしはキレイめなイメージとなっています。Pコートは前を閉じてもオシャレです。

 

ボトムスはモカのカラーパンツで上半身にブラックが多い分、軽い印象にしています。バブーシュシューズはブラウンでモカより濃い色にすることで足元を引き締めています。

 

 

着こなし提案元の詳細はコチラ

 

黒マフラーをどんな風に着こなしますか?【男性へアンケート調査】

 

私は黒マフラーを付けるときは、白いニットや白いジャケットに黒いパンツを合わせてモノトーンを演出することが多いです。その他には、オレンジや黄緑のニットなどド派手なトップスを黒マフラーで締めることも多いです。ただし黒マフラーはちょっときつい尖った印象を与える場合も多いので、時と場合によってはハマら無い場合もありました。【男性 30代】

私が黒のマフラーを着用するとしたら、全体的には重めの色使いにします。アウターも、黒のピーコートなどにします。ただアウターでひとつ注意したいのはロングコートにはしないということです。マフラーを着用するとどうしても首元にボリュームが出ますので、ロングコートにすると怪しげな印象になってしまうと思います。ボトムスも黒が良いです。全身黒というのはトレンドでしたが、すっきり見えて良いと思います。ただこれだけだと真っ黒なだけになってしまうので、靴は明るめなブラウンかベージュ系にすると優しくなると思います。【男性 20代】

ブラックを基調としてコーディネートすると今っぽくキマると思います。白のシャツにマフラーをネクタイのように巻くと全体が引き締まって大人っぽい雰囲気が出ます。コートは黒などのダークな色で丈の短いピーコート、パンツは細身であえて明るいカラーパンツを持ってくるとオシャレ上級者に見えます。靴はハイカットでトップスとマフラーに合わせて黒のものがいいかと思います。【男性 30代】

ホワイトカラーのニットをトップスにもってきます。首の形はクルーネックでスタイルは細身のものです。インナーにはTシャツを着用しますがそれがニットからはみ出してしまわないようにします。ブラックカラーのマフラーはウール素材で編み目の粗いものを首に巻きます。ボトムスはブラウンカラーのスリムフィットタイプのチノパンです。靴はグレーカラーのシンプルなデザインのスニーカーです。【男性 30代】

細身の丈が短いアウター、コットン生地で色はグレーとかが良いでしょうか。下は黒の細身のパンツ 、デニムでもいいけどとにかくきつめのスキニーで。靴は明るめの革靴、カーキ色とかが無難でしようか?明るめのブラウンでもいいかも?黒のマフラーは短目になるように首の後ろで結べば、全体的にスッキリすると思います。暗い色のなかで靴がアクセントになると思います。【男性 30代】

 

好感のもてる黒マフラーの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

 

黒いマフラーにあわせるなら、薄いグレーの網目の細かいスッキリ無地のカーディガン。それに中は白シャツで、カーディガンのボタンは1つだけ掛けてユルい感じがいいかな!それに黒いスキニーなチノパン、黒×白のコンバースとかのスニーカー合わせたらラフだけどキレイに着こなせそう♪寒い時は上からトレンチコート羽織れば、スッキリしてるけど絶対オシャレ!伊達メガネとかハットの小物で遊んでもオシャレかも♪【女性 20代】

黒のマフラーって何にでも合わせやすいから、便利なアイテムですよね。だけど地味にもなりがち。暗い雰囲気にならないように、きれい色のアイテムと合わせると、柔らかい雰囲気になって好印象です。グリーンのセーターやラベンダーのカーディガンなど、ちょっと難しいかな、と思うようなアイテムでも黒のマフラーを巻くだけで、引き締まった印象になります。色の馴染みが悪い時は、インナーに白のカットソーを入れると調和されて良いですよ。【女性 20代】

原色、例えば真っ赤や鮮やかなブルーのピーコートに、黒のマフラーを合わせている男性を見ると、自然と目がそちらに向かいます。上半身でアウターとマフラーのコントラストを楽しんでいる感じがして、おしゃれが好きな人なんだなーと感心してしまいます。黒のマフラーはベシックなアイテムなだけに、それを生かすコーディネートをしている人に好感が持てますね◎【女性 20代】

 

マフラーの着こなし 一覧に戻る

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


マフラー(黒)を使った着こなし関連ページ一覧

マフラー(グレー)を使った着こなし
コートやマフラー、重苦しく見える冬のファッションも、マフラーをグレーに変えるだけで印象が違いいます。アウターに黒のコートを合わせる場合、首元にグレーをチョイスすれば、重々しい雰囲気にならずに済みます。
マフラー(白)を使った着こなし
合わせにくいと思われがちな白のマフラーですが、インナーやトップスと馴染むように巻くと爽やかで上品な印象に仕上がります。インナーに白系のカットソーをチョイスし、マフラーの両端を垂らして巻くようにすればOKです。
マフラー(ワインレッド)を使った着こなし
大人の男の魅力を演出してくれるワインレッドのマフラーは、ダメージ加工のジーンズやマウンテンブーツなどのカジュアル系アイテムとコーディネートすると堅苦しくならずに済みます。白シャツ、流行のPコートで完成です。
マフラー(ボーダー)を使った着こなし
ボーダーのマフラーは白のインナー、アウターにマフラーと同系色のアイテムを持ってくるとうまくまとまります。ちょっと堅苦しいと感じてしまう時には、ボトムスにジーンズなど、カジュアル感をプラスするとGOODです。
マフラー(チェック)を使った着こなし
オシャレ感を演出してくれるチェック柄のマフラーは、ホワイトシャツ、グレーのボトムスと合わせるとキレイめで軽やかにまとめることができます。足元に黒のシューズをあわせればキレイ目オシャレコーデの完成です。
マフラー(柄)を使った着こなし
柄物のマフラーはシンプルなアイテムと合わせると派手にならずに済みます。カットソーやテーラードジャケットのように白のインナー・黒のアウターとの相性も抜群です。マフラーが黒系ならボトムスにブラウンを合わせます。
マフラー+コートの着こなし
コートにマフラーを合わせると重たい雰囲気になりがちです。この場合、重たく見えない合わせ方を抑えておくと良いです。例えば、コートとマフラーは同じ色にしないなどです。また、コートを前開けに着るのも一つの方法です。
マフラー+ロングコートの着こなし
マフラーとロングコートは、違う色や柄でコーディネートすると重苦しい見た目にならずに済みます。また、インナーに白色のシャツを合わせて、コートを前開けにするのも良い方法です。白色が重苦しさを除いてくれます。
マフラー+ジャケットの着こなし
白の長袖カットソー、黒のテーラードジャケット、ボトムスにカラーパンツ、さらにトラッドなチェック柄マフラー合わせれば暖かで上品な、冬のキレイめコーディネートの完成です。ジャケットは前開けで着ると爽やかです。
マフラー+カーディガンの着こなし
マフラーとニットカーディガンの組み合わせは細身のボトムスと合わせるとスッキリとした印象にまとまります。また、襟が高めになっているカーディガンならスッキリ見せの効果抜群です。靴は黒で落ち着いた雰囲気にします。
マフラー+シャツの着こなし
マフラー(ストール)は、シャツとデニムパンツのシンプルな組み合わせにプラスするだけで、いつもと違ったオシャレを楽しめるアイテムです。グレーならどのような色とでも合うので、手持ちのアウターを足してもOKです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP