加太 海水浴 服装

和歌山県和歌山市加太へ海水浴に行った時の服装 体験談(7月)

和歌山県和歌山市加太へ海水浴に行った時の服装 体験談(7月13日)

今年の夏、7月の13日ごろのことです。私は大阪に住んでいるのですが、
家族で和歌山県和歌山市の加太へ海水浴に車で行きました。服装は
ティーシャツにコットンのハーフパンツ、サンダルという格好で行きました。

 

まだ暗いうちに出発してたので、海に着くとまだ海の家も空いておらず、人も
ちらほらという感じでした。さっそく海水パンツ一枚になり、子供と遊んでおり
ました。

 

風が吹いたり、海から上がると少し寒かったのを覚えています。
やがて日が上のほうに来ると準備不足を痛感しました。周りにも人が多く
なってきたのですが、ほとんどの人がパラソルやテントを張っていたのです。

 

めったに海に来ないので、うっかりしてたのですが、この直射日光は答えま
した。子供はラッシュガードを着ていたのですが、私は海水パンツ一枚でし
たので、あとから日焼けと日光のもすごい暑さで大変でした。

 

よくよく見ると大人もだいぶラッシュガードを着てたり、Tシャツを着て
海に入っていたりして、海水パンツ一枚の人より多かった気がします。

 

若い人は焼くためなのか、水着のみの人が多かったようですが、家族づれや
高齢者はほとんど来ていたように思いました。急きょ海の家でパラソルを借り
ました。2000円払って、帰るときパラソルの返却と引き換えに1000円戻って
くるというシステムでした。

 

年齢的に若い頃のような感じで海に行くと失敗するなぁと痛感しました。
来年はラッシュガードを用意して、できればテントのようなものも購入したい
と思います。

 

(41歳 男性 大阪府在住)

 

 

 

近畿地方へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP