筑波山 服装 6月

茨城県つくば市の筑波山へドライブ旅行に行った時の服装 体験談(6月)

茨城県つくば市の筑波山にドライブ旅行に行った時の服装 体験談(6月12日)

6月12日頃に、茨城県つくば市にある筑波山に旅行に行った時の事です。

 

旅の目的は、ドライブがてら女体山にあるつつじヶ丘駐車場に
行き、そこのレストランで眺望を楽しみながら食事をする事でした。
しかし、食事の後、折角ここまで来たのだから、山頂まで自分の足
で登ってみようかと思い付きました。

 

服装は、車の運転の事しか考えていなかったので、長袖のTシャツに
ジーンズ、足元はカジュアルな革靴という、およそ登山には向かない
出で立ちでした。
しかし、低山なのでそれ程本格的な装備は不要と思っていましたし、
実際普段着そのもののカップルが登山口から登り始めている姿を
見て、自分の服装でも大丈夫だと考えて登り始めました。

 

しかし、まず靴が完全にNGでした。足場の悪い山道では滑り
安い上、足首への負担も大きかったので、途中で後悔しました。

 

また、それ程暑い陽気ではなかったのですが、Tシャツも汗でびっしょりに
なりました。やはり、真夏でなくとも吸湿性の高い登山用のオープンシャツ
でないと、駄目なようです。

 

ジーンズも汗で皮膚にくっついてしまい、動き辛くなるので、登山には不向き
である事を痛感しました。登山者の殆どは皆結構本格的な登山用の服装
だったので、自分ひとり完全に浮いてしまい、気恥ずかしさも感じました。

 

結局、意地で何とか頂上にたどり着きましたが、気まぐれで安易な服装で
登るものではないと、反省しました。

 

(53歳、男、東京都在住)

 

 

 

関東地方へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP