東京 服装 12月

東京都区内へ観光旅行に行った時の服装 体験談(12月)

東京都区内へ観光旅行に行った時の服装 体験談(12月4日)

毎年この時期には東京を訪れていますので大体の様子は分かっています。
今回の服装は、普通の厚さのシャツ、あいのジャケット、綿パン、スプリング
コート、カジュアルシューズーで行きました。東京へ行く時の服装で一番念頭
に置いておくことは、いつでも、何処でも着脱可能な服装でいることです。  

 

この時期ですと木枯らしが吹けばコートにマフラーが必要なほど寒くなりますが、
風がない穏やかな日であれば、コートやジャケットを脱いで歩かなければなりません。

 

また秋霖になれば寒くてマフラー、コート、手袋が必要になるでしょう。電車に
乗ったり百貨店に入ったりすると、脱いだり着たりして温度調整をしないと、
体を冷やして風邪を引いたりします。ホテルの中はまた暖かいですからシャツ
一枚でも十分です。男性女性に拘らず、頸を通す衣類は着脱が簡単には
いきませんから、避けたほうがいいでしょう。

 

(58歳 男性 三重県在住)

 

 

 

関東地方へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP