日光市 服装

栃木県日光市へ紅葉を見に行った時の服装 体験談(11月)

栃木県日光市へ紅葉を見に行った時の服装 体験談(11月上旬)

栃木県日光市に11月上旬頃に紅葉を見に行ったとき天候はあいにくの雨模様で
気温が低いことが予想できました。購入したばかりの冬服を着たい気持ちからテー
ラードジャケットにレザーブーツといった長く歩くのに向かない服装をしてしまいました。
(ジャケットは少し薄手でしたが我慢しました。)

 

特にその時は交際して間もない彼女との旅行でしたので少し背伸びをした格好に
なってしまっていたと思います。歩きまわるような旅行でしたので慣れないブーツでの
移動には非常に疲労を感じました。

 

現地ではゆったりとした格好をされている方が多く場違いな雰囲気でした。ピシっとし
過ぎた格好になってしまっており、もっとラフに見える服装で行けばよかったと思います。

 

その上、足湯など靴を脱ぐ機会も多々ありその度に手こずりイライラとしたのを覚えています。
オシャレかどうかよりも完全に行く環境に合わせて服を選ぶことが旅行自体を楽しくする
秘訣だと学びました。

 

(24歳 男性 埼玉県在住)

 

 

 

関東地方へ旅行に行った時の服装 体験談一覧 へ戻る

栃木県日光市へ温泉旅行に行った時の服装 体験談(11月2日〜3日)

11月2日、横浜市から朝6時頃に栃木県日光市に温泉旅行に行った際地元
横浜の日中や夜の気温は、それ程寒くないのでベースボールキャップにパ
ーカー、秋物のジャケットとジーンズで向かいました。

 

大宮で友人と待ち合わせをしました。電車から降りた時刻は朝7時過ぎ、
朝ということで若干寒さを感じました。しかし、これから日光東照宮の観光
と夜は温泉が待っているので気温の事は深く考えず向かいました。

 

現地の気温は天気が良く観光を楽しめました。昼12時前にランチを食べま
した。旅館のチェックインまで3時間位ある状態で最寄り駅の鬼怒川温泉駅
に到着しました。時間を潰すのに近辺を歩きましたが午後から天気が曇り
気温が下がり始めました。疲れも溜まり時間を潰すのに駅前の足湯に浸か
り寒さをしのぎました。

 

アウターとして11月上旬でもダウンジャケットとマフラー、風を通さないタイツ
を履き冬用の靴下は必要だと感じました。持って行って助かったのは毛糸の
手袋です。100円ショップで買ったやつですが十分暖かかったです。横浜や
都内から真冬の格好で行くと、この時期では目立ちますが大きめのバッグに
詰め込めば大丈夫です。

 

慣れない地域では天気予報の気温で服装を決めてしまいますが
体感温度の事も考えて後悔しないように旅行に行くことをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



ホーム RSS購読 サイトマップ
着こなしガイドTOP